1. ハピすむトップ
  2.  > 
  3. お風呂・浴室リフォーム
  4.  > 
  5. 格安・激安で浴槽の交換やリフォームをするには?

キーワードから探す


2019年02月12日更新

格安・激安で浴槽の交換やリフォームをするには?

浴槽に浸かる習慣がある日本人にとって、お風呂は欠かせない場所です。浴槽といっても素材や価格はさまざま。ポイントを押さえれば、格安・激安で浴槽リフォームが実現できます。今回は格安・激安で浴槽の交換やリフォームをする方法を調べてみました。

  • 【監修者】ディバルコンサルタント株式会社 代表 明堂浩治
  • この記事の監修者
    ディバルコンサルタント株式会社
    明堂浩治
    大手建設会社20年勤務

お風呂を格安・激安でリフォームするためには、浴槽本体の価格と、リフォーム工事の費用の両面を考慮する必要があります。

浴槽本体の価格を抑えるには?

浴槽を選ぶ際には、家族構成、浴室のイメージ、お手入れのしやすさ、大きさや材質など、様々な観点から最もふさわしいものを選びましょう。

この場合、材質によって価格に大きな違いがあるので注意が必要です。

浴槽の種類と価格

・FRP

格安・激安で浴槽の交換やリフォームをするには?

相場:約5万円~32万円
価格がお手頃なので、人気ナンバー1。汚れが付着しやすいデメリットがあります。

・ステンレス

格安・激安で浴槽の交換やリフォームをするには?

相場:約9万円~13万円
以前は主流の素材でした。保温性に優れているというメリットがあります。

・ホーロー

格安・激安で浴槽の交換やリフォームをするには?

相場:約10万円~40万円
耐久性に加え、保温性やお手入れのしやすさが特徴です。

・人工大理石のバスタブ

格安・激安で浴槽の交換やリフォームをするには?

相場:約40万円~124万円
掃除がしやすくお手入れが楽というメリットがあります。

・木製(檜など)

格安・激安で浴槽の交換やリフォームをするには?

相場:約30万円~170万円
木の種類もさまざまですが、特に檜のお風呂は香りを楽しむことができ、またその風合 いは他の素材では真似できません。
しかし、年数が経過すると黒ずみなどが発生し、お手入れが難しいといったデメリットがあります。

上記のように、商品の種類や価格帯は様々です。

格安・激安に浴槽をリフォームをするなら、FRP素材やステンレスなど、比較的価格の安い材質を選び、浴槽自体の価格を抑えることがポイントになります。


自身の希望に合うリフォーム会社を探す

浴槽の素材が決まったら、次にその商品をより安く購入・設置できるリフォーム会社をインターネットやチラシなどで探しましょう。

会社によって安くできる商品が違ったりしますので、根気よく探すことをお勧めします。

こうした自身の希望に見合ったリフォーム会社を見つけることが、浴槽の格安リフォームにとって重要なポイントです。

工事を含まないリフォームで激安に

浴槽のリフォームの際に、工事が発生するとやはり費用がかかります。
そこで、浴槽自体の交換のみを行い、「浴槽塗装」という工事を伴わないリフォームで費用を抑えることもできます。

また、反対に浴槽を交換せずに、「浴槽塗装」のみ行えば激安でのリフォームが可能です。

浴槽塗装の工期は短いうえに、浴槽交換に伴う費用に比べ約10分の1の価格で済みます。さらに、塗装によって、浴槽の色を変更することもできますので、お風呂場のイメージを一新できてお勧めです。

お風呂・浴室リフォームに対応する優良な会社を見つけるには?

ここまで説明してきたお風呂・浴室リフォームは、あくまで一例となっています。

「費用・工事方法」は物件やリフォーム会社によって「大きく異なる」ことがあります。

そのとき大事なのが、複数社に見積もり依頼して必ず「比較検討」をするということ!

この記事で大体の予想がついた方は次のステップへ行きましょう!

「調べてみたもののどの会社が本当に信頼できるか分からない…」

「複数社に何回も同じ説明をするのが面倒くさい...。」

そんな方は、簡単に無料で比較見積もりが可能なサービスがありますので、ぜひご利用ください。

大手ハウスメーカーから地場の工務店まで全国800社以上が加盟しており、お風呂・浴室リフォームを検討している方も安心してご利用いただけます。

無料の見積もり比較はこちら>>

一生のうちにリフォームをする機会はそこまで多いものではありません。

後悔しない、失敗しないリフォームをするためにも、リフォーム会社選びは慎重に行いましょう!

一括見積もりを依頼する