1. ハピすむトップ
  2.  > 
  3. お風呂・浴室リフォーム
  4.  > 
  5. 和洋折衷式の浴槽とは?メリットとデメリットを解説します

キーワードから探す


2018年10月09日更新

和洋折衷式の浴槽とは?メリットとデメリットを解説します

浴槽には、和式や洋式、和洋折衷(わようせっちゅう)などのタイプがあります。中でも和洋折衷は一般的に広く使われています。メリットとデメリットがあるので確認しておきましょう。今回は、和洋折衷のお風呂にリフォームするメリットとデメリットを解説します。

  • 【監修者】株式会社フレッシュハウス 樋田明夫
  • この記事の監修者
    株式会社フレッシュハウス
    樋田明夫
    営業戦略室 室長

 

和洋折衷の浴槽とは?

和洋折衷(わようせっちゅう)は、洋式と和式のメリットを兼ね揃えたタイプの浴槽です。

サイズは110cm~160cm、深さは60cmのものが主流です。

和洋折衷式の浴槽とは?メリットとデメリットを解説します

和洋折衷の浴槽にリフォームするメリットとは?

和式の浴槽は、肩までしっかり浸かることができる代わりに、膝を曲げなければ浴槽に入ることができません。

和洋折衷のお風呂であれば、肩までしっかり浸かることができるうえに、ある程度足を伸ばしてゆったりと入浴できます。

そのため、高齢者や心臓が弱い方にも向いています。

和洋折衷式の浴槽とは?メリットとデメリットを解説します

また、各メーカーは和洋折衷の浴槽を多く取り扱っているので、様々なデザインから選ぶことができます。

半身浴用のステップ付きのものや、子供と向かい合ってお風呂に入れるよう設計されたものなどもあります。

カーブやスクエア型など、オリジナリティ溢れるデザインのものを選べるのもメリットだと言えるでしょう。

浴室の他の内装をこだわることで、よりオリジナリティ溢れる浴室を作ることができます。

浴槽のデザインと合わせた内装にしたいのであれば、選択肢の多い和洋折衷のユニットバスから選ぶと比較的簡単にリフォームできるでしょう。

安全面に配慮した浴槽もある

一般的に広く流通しているため、滑り止めや手すりなどが付属した安全性の高いものも各メーカーが取り扱っています。

別で取り付けなくてもよいため、リフォームの費用が安く済むというメリットがあります。

このような浴槽は、高齢者や足の不自由なご家族がいる場合に選ぶとよいでしょう。

和洋折衷式の浴槽とは?メリットとデメリットを解説します

また、30~40cmの深さに埋め込む「半埋込み型」でリフォームすれば、簡単にまたいで出入りできるようになります。


和洋折衷の浴槽にリフォームするデメリット

和洋折衷のお風呂に目立ったデメリットはありませんが、体格が大きい方は、しっかりと肩まで浸かることができない場合があります。

和洋折衷式の浴槽とは?メリットとデメリットを解説します

また、ある程度大きいため、使う水量が多くお風呂掃除に時間がかかるのもデメリットだと言えるでしょう。

洋式に近い大きさなので、狭い浴室には導入できない可能性があります。

事前に浴室のサイズを測って、和洋折衷の浴槽にリフォームできるか確認しておきましょう。

和洋折衷タイプのものは、入浴するうえで不便に感じることが少ない、優れた浴槽だと言えます。

各種浴槽のリフォーム、交換費用に関する記事はこちら

各種浴槽のおすすめメーカーに関する記事はこちら

お風呂・浴室リフォームに対応する優良な会社を見つけるには?

ここまで説明してきたお風呂・浴室リフォームは、あくまで一例となっています。

「費用・工事方法」は物件やリフォーム会社によって「大きく異なる」ことがあります。

そのとき大事なのが、複数社に見積もり依頼して必ず「比較検討」をするということ!

この記事で大体の予想がついた方は次のステップへ行きましょう!

「調べてみたもののどの会社が本当に信頼できるか分からない…」

「複数社に何回も同じ説明をするのが面倒くさい...。」

そんな方は、簡単に無料で比較見積もりが可能なサービスがありますので、ぜひご利用ください。

大手ハウスメーカーから地場の工務店まで全国800社以上が加盟しており、お風呂・浴室リフォームを検討している方も安心してご利用いただけます。

無料の見積もり比較はこちら>>

一生のうちにリフォームをする機会はそこまで多いものではありません。

後悔しない、失敗しないリフォームをするためにも、リフォーム会社選びは慎重に行いましょう!

一括見積もりを依頼する