1. ハピすむトップ
  2.  > 
  3. 基礎知識
  4.  > 
  5. 天井
  6.  > 
  7. 天井を吹き抜けにリフォームするメリット・デメリットは?

キーワードから探す


2018年10月10日更新

天井を吹き抜けにリフォームするメリット・デメリットは?

天井を吹き抜けにすると開放感が得られます。しかし、リビングなどを吹き抜けにする場合、メリット以外にもデメリットがあることはご存じでしょうか?リフォーム工事で吹き抜けを作ることでどのように住宅環境が変わるのか、その利点と欠点をご紹介します。

リフォーム工事で吹き抜けを作ると何が変わる?

リビングや玄関などをリフォームして吹き抜けを作ると、住宅環境は大きく変化します。

まず、天井が無くなることで開放感が増加し、同じ部屋の広さでもより広々と、快適な生活が送れるようになるでしょう。

また、吹き抜けに窓を多く設置することで、屋外から光をより家の中に取り込むことができるため、室内を明るくなります。

ただ、開放感や明るさを得られるというメリットはありますが、空間を広げることによるデメリットもあるため、リフォームで吹き抜けを作る場合はデメリットを許容できるかどうかを判断しておかなければいけません。

天井を吹き抜けにリフォームするメリット・デメリットは?

天井を吹き抜けリフォームするために必要な準備は?

住宅のリフォームで天井を吹き抜けにリフォームする場合、まず建築士に依頼して吹き抜けのために梁などを取り除いても強度的に問題が無いかどうか確認して貰う必要があります。

注文住宅や建売住宅の場合、一部屋分の構造材を取り除くと強度が不足する可能性があるため、場合によっては補強工事が必要です。

また、家の構造次第では補強工事だけでは構造強度が足りず、柱や梁を追加する必要も出てきますので、家全体のリフォームとなってしまう可能性もあります。

もし新築の段階で将来的に吹き抜けに改装したいと考えるなら、注文住宅ならあらかじめ吹き抜けの設置ができるようにしておくことも可能ですので、設計士と相談しておくと良いでしょう。

吹き抜けを設置するとどんなメリットがある?

開放感や明るさの他にも、吹き抜けには色々な利点があります。

ひとつめの利点は、2階部分とダイレクトに繋がることによって家族の気配が感じやすくなることです。

2階部分と完全に区切られている状態では、階段部分の下から呼ばなければ2階に居る家族に声をかけることができません。

しかし、リビングなどを吹き抜けにすれば2階とダイレクトに繋がるため、料理の準備をしながら2階の家族を呼ぶことができるようになるでしょう。

また、吹き抜けの位置にもよりますが、2階への階段を吹き抜けに設置することで家族が今どこに居るかをある程度把握できるようになります。

高齢者や小さなお子様と一緒に生活しているなら、家族の居場所がわかりやすいというのは何よりのメリットとなるでしょう。


吹き抜けを設置することによるデメリット

リビングなどの居住スペースに吹き抜けを作ると、部屋そのものの体積が増えるため、開放感は得られますが、そのかわり空調の効率が落ちるという欠点もあります。

市販の家庭用エアコンの場合、天井高は2.4mを想定して対応スペースを表示していることが多く、吹き抜けのように天井が高い場合は部屋面積でエアコンを選ぶと空調能力が足りなくなる可能性があるのです。

また、天井が高くなる分、床と天井の温度差も大きくなりますし、屋外や屋根と接する面積も広くなるほか、窓の数も増えるため、外の気温の影響も受けやすくなります。

断熱材を屋根や外壁に追加しても元の部屋と比べて気温の影響はどうしても受けやすくなってしまいますし、部屋の体積のことを考えると、空調設備の更新も同時に考えておかなければいけません。

また、照明についても欠点となる可能性があります。

照明は天井に設置することが多いため、天井が高くなる吹き抜け部分では交換や掃除が個人では行えなくなるかもしれません。

最近はLEDのような長寿命の照明製品も増えてきているため、照明を交換する頻度自体は減少していますが、それでも照明が壊れた時のことを考えると、すぐに修理できないのはデメリットとなるでしょう。

天井を吹き抜けにリフォームするメリット・デメリットは?

吹き抜けのデメリットを抑える方法

空調や設備の面で欠点がある吹き抜けですが、道具を使ったり、リフォームの際に手を加えたりすることで対処が可能です。

まず、照明の交換についてですが、高所の電球を交換するためのグッズが販売されており、3m程度の高さに設置された照明器具の電球を床に立ったまま交換できます。

このグッズはホームセンターなどで販売されており、電球の形状に合わせて先端を交換することができるため、吹き抜けに照明を設置する場合はあらかじめ用意しておくと良いでしょう。

空調効率の低下については、壁や屋根の断熱はもちろん、窓についても断熱サッシの設置や二重窓の設置を行い、できるだけ外気温に影響されにくい状態を作ってください。

また、吹き抜け部分に階段を作り、階段の先に廊下が繋がっている場合は、廊下部分にカーテンを設置して区切ることで体積を減らし、管理しなければいけない空気の量を減らすのも効果的です。

また、天井部分などにシーリングファンを取り付け、室内の空気を循環させることで室温の偏りが抑えられます。

夏場などの気温が高くなる時期なら、室内の空気の流れによって体感温度を下げることもできるので、空調にかかる費用を抑えられるでしょう。

吹き抜けを作る際に注意することは?

リフォーム工事で吹き抜けを作る場合、あらかじめ注意しておかなければいけないことがいくつかあります。

ひとつめの注意点は、部屋数が少なくなることで居住スペースが減少することです。

吹き抜けを作るためには2階部分の部屋を撤去しなければいけないため、これから子供が育って部屋が必要になったり、収納スペースが必要になったりすると手狭に感じるようになるかもしれません。

ふたつめは間取りの変更によるリフォーム費用の増加です。

注文住宅などの場合、家づくりの段階で間取りなどは全て計算尽くで作られています。

そのため、新たに吹き抜けを設置した場合、2階部分のスペースのバランスを取ったり、吹き抜けの大きさを調整したりするために間取りの変更が必要となるかもしれません。

間取りの変更となると、吹き抜け工事以上に多額の費用がかかってしまうため、ローンなどが残っている場合、支払いが厳しくなる可能性も考えられます。

リフォームで吹き抜けを作る際には、総合的な家づくり、将来的な家づくりについてもよく考えておきましょう。

壁紙・壁リフォームに対応する優良な会社を見つけるには?

ここまで説明してきた壁紙・壁リフォームは、あくまで一例となっています。

正確なリフォームの金額を知るためには、リフォーム前に「現地調査」を受ける必要があります。

そのとき大事なのが、複数社に見積もり依頼して必ず「比較検討」をするということ!

「調べてみたもののどの会社が本当に信頼できるか分からない…」

「複数社に何回も同じ説明をするのが面倒くさい...。」

そんな方は、簡単に無料で比較見積もりが可能なサービスがありますので、ぜひご利用ください。

大手ハウスメーカーから地場の工務店まで全国700社以上が加盟しており、壁紙・壁リフォームを検討している方も安心してご利用いただけます。

無料の見積もり比較はこちら>>

一生のうちにリフォームをする機会はそこまで多いものではありません。

後悔しない、失敗しないリフォームをするためにも、リフォーム会社選びは慎重に行いましょう!