1. ハピすむトップ
  2.  > 
  3. 壁紙・壁リフォーム
  4.  > 
  5. 人気でおすすめできるシーリングファンのメーカーはコレ!

キーワードから探す


2018年11月30日更新

人気でおすすめできるシーリングファンのメーカーはコレ!

天井に取り付けることで室内に空気の流れを作り、空調効率をアップさせてくれるシーリングファン。リフォーム工事で天井にシーリングファンを取り付けるなら、どんな製品を選べば良いのでしょうか?各メーカーの紹介と、人気製品、おすすめ製品を紹介します。

  • 【監修者】下久保彰
  • この記事の監修者
    下久保彰
    二級建築設計事務所経営30年

シーリングファンってどんなもの?

シーリングファンは天井扇とも呼ばれている製品で、名前の通り天井に取り付ける大型のファンです。

天井扇を取り付けることで室内に空気の流れを作ることができ、空調効率のアップに役立ちます。

ただ、リフォームで天井扇を取り付ける場合、注意するべき点が多く、もし適当に設置すると事故が起きてしまうかもしれません。

シーリングファンの取り付けの際に注意することは?

リフォーム工事で天井にシーリングファンを取り付けようと考えている場合、どのような点に注意する必要があるのでしょうか?

風量や駆動音、照明などの天井設置物への干渉も重要なポイントですが、まずは天井の強度について調べておく必要があります。

もし天井が石膏ボードや化粧板だけの場合は、梁に直接取り付けたり、天井裏に新たに梁を追加したりする補強工事が必要です。

天井の強度を確認せずにシーリングファンを設置した場合、しばらくは問題が無いように見えても、使用を続けると落下してしまう可能性が高くなります。

シーリングファンを購入して自分で設置工事を行う場合、シーリングファンは照明などに比べて重量があり、天井の強度がより要求される設備のため、安全性が確保できないかもしれません。

強度確認が自力でできない場合は、リフォーム業者に設置工事を依頼した方が良いでしょう。

シーリングファンの選び方

シーリングファン選びで重要なのはファンの大きさです。

ファンが大きければそれだけ低回転で多くの風を送ることができるため、より静音性が増します。

また、天井に取り付けて使用するものですから、あまり回転数が高いものではモーターの音や風切り音が気になるでしょう。

ただ、ファンが大きい製品はどうしても重量も大きくなってしまうため、天井の強度に不安がある場合は羽や本体の材質によって軽量化されているものを選ぶと良いでしょう。

モーターの種類にも注意

シーリングファンのモーターには、ACモーターとDCモーターの2種類があります。

ACモーターは交流電源をそのまま使うタイプのモーターで、部品価格が安いのが利点ですが、細かな制御ができず、消費電力も多いのが欠点です。

DCモーターは直流電源を用いたモーターで、消費電力が少なく、重量も軽く、振動も少ないという特徴があります。

シーリングファン用として考えると、ランニングコストや使い勝手の面でDCモーターが優れていますので、製品を選ぶ際にはDCモーターが搭載されたものを選びましょう。

天井の高さにも注意しよう

天井が高ければそれだけ部屋の体積が大きくなるため、シーリングファンの性能も高いもの、または天井から離して設置できるものがおすすめです。

逆に、通常の2.4m程度の高さの天井なら、できるだけ天井からの距離が短い製品を選んだ方が視界に入りにくくなります。

シーリングファンは、天井の高さと天井からの距離についてもよく考えて選ぶことが大切です。

シーリングファンの価格

シーリングファンの価格は性能によってある程度似た価格となっており、小型タイプなら約10,000円、中型タイプなら約20,000円、大型タイプや高機能タイプは約40,000円が相場となります。

ただ、軽量であったり、静音であったり、薄型の場合はもう少し値段が高くなるため、予算は多めに見ておいた方が良いでしょう。

天井の強度に問題が無く、自力で取り付けを行えるならシーリングファン本体の価格だけで設置できますが、天井の高さや強度不足で業者に工事を依頼する場合は追加で費用がかかります。

シーリングファンの取り付け工事費用

シーリングファンの取り付け工事費用は、既に天井に照明用の引掛シーリングが取り付けられていれば約4,000円が相場となります。

ただ、照明用の端子を使用すると、部屋の照明が利用できなくなってしまうため、ライト付きの製品を選ばなければいけません。

もし既存の引掛シーリングを使わずにシーリングファンを設置する場合は、追加で電気工事も必要となります。

この場合の費用は、電気工事だけで約10,000円が相場です。

補強工事が必要な場合は。天井裏の状態や梁の位置によって費用が変わってきますので、工事業者に下見と見積もりを依頼してください。

おすすめのシーリングファンメーカー

シーリングファンはメーカーごとに特徴があるため、まずは部屋に合ったメーカーのものを選ぶといいでしょう。

そこで、各シーリングファンメーカーの特徴と、おすすめの使用環境について紹介します。

軽量でデザイン性の良いオーデリック

オーデリックのシーリングファンは、シンプルな形状と重量の軽さが特徴です。

人気が高い製品は6枚羽のOLF001、販売価格は約4万円と高めですが、羽が多いことでより自然な風が作れます。

モーターはDCモーターとなっており、静音性、経済性も問題ないでしょう。

重量も約4kgと、1200mmサイズの製品の中では特に軽量なので、引掛シーリングに自分で取り付けられるのもポイントです。

安価で高性能な東京メタル

東京メタルのシーリングファンは、安価で風量が多いことが特徴となっています。

人気の製品はTKM-42WW5、5枚の幅広ファンが取り付けられた製品で、延長パイプによって天井からの距離を4段階に調整可能です。

重量については約5.6kgなので、先ほどのオーデリック社のものと比べるとやや重めですが、引掛シーリングへの取り付けもできます。

ただ、木製の天井に取り付ける場合は、天井裏の構造材にアタッチメントを固定する必要があるので注意してください。

販売価格は約15,000円と、性能を考えると安価ですが、モーターがACモーターなので、多少駆動音が気になる可能性もあります。

シックでモダンなデザインが特徴のダイコー

ダイコーのシーリングファンはデザインのよい製品が多いのが特徴です。

人気製品はDFC042、金属部分には真鍮メッキが施され、ファンが木目調の製品で、シックな洋室にピッタリのデザインとなっています。

重量については約6.7kgとやや重めですので、設置の際は梁や構造材へのアタッチメント取り付けが必須です。

こちらの製品も上で紹介した東京メタルの製品と同じく、天井からの距離を調整できるので、天井が高い部屋でも問題無く設置できます。

モーターはACモーターのため、電力消費が少し気になるかもしれません。

販売価格は約23,000円が相場です。

総合的に見てシーリングファン本体価格は約2万円~5万円ですが、天井コンセントの状態や構造によって取り付け工賃が異なります。

条件が良ければ、ただ差し込むだけですから自分でやれば工事費0円ですが、素人では良いのか悪いのかの判断が付かないのが普通です。

リフォーム会社に下見をしてもらう事をお勧めします。

壁紙・壁リフォームに対応する優良な会社を見つけるには?

ここまで説明してきた壁紙・壁リフォームは、あくまで一例となっています。

正確なリフォームの金額を知るためには、リフォーム前に「現地調査」を受ける必要があります。

そのとき大事なのが、複数社に見積もり依頼して必ず「比較検討」をするということ!

「調べてみたもののどの会社が本当に信頼できるか分からない…」

「複数社に何回も同じ説明をするのが面倒くさい...。」

そんな方は、簡単に無料で比較見積もりが可能なサービスがありますので、ぜひご利用ください。

大手ハウスメーカーから地場の工務店まで全国700社以上が加盟しており、壁紙・壁リフォームを検討している方も安心してご利用いただけます。

無料の見積もり比較はこちら>>

一生のうちにリフォームをする機会はそこまで多いものではありません。

後悔しない、失敗しないリフォームをするためにも、リフォーム会社選びは慎重に行いましょう!