1. ハピすむトップ
  2.  > 
  3. 壁紙・壁リフォーム
  4.  > 
  5. 人気でおすすめできるシーリングライトのメーカーはコレ!

キーワードから探す


2018年12月07日更新

人気でおすすめできるシーリングライトのメーカーはコレ!

リフォームで天井にシーリングライトを照明として取り付ける場合、どの器具メーカーの製品が人気なのでしょうか?LED、電球などの光源の違いや調色機能、調光機能の有無など、おすすめのシーリングライトについて調査しました。

  • 【監修者】下久保彰
  • この記事の監修者
    下久保彰
    二級建築設計事務所経営30年

シーリングライトとペンダントライトの違い

部屋の照明には、大きく分けてシーリングライトとペンダントライトの2種類が主流となっています。

シーリングライトは天井に直接取り付けるタイプの照明で、光源が天井付近となるため、広い範囲を照らすことができるのが特徴です。

ペンダントライトは電源ケーブルやチェーンなどを用いて天井から吊り下げて使用する照明器具のことで、天井から距離があるため、照らせる範囲はシーリングライトに比べて狭くなります。

ただ、床までの距離はシーリングライトに比べて近くなるため、机の上や部屋の一部分などを強く照らすことができるのが特徴です。

リフォームで天井の照明を交換する場合、部屋全体を明るくしたいならシーリングライト、照明周辺を明るくしたいならペンダントライトを使うと良いでしょう。

シーリングライトとペンダントライトはどちらがおすすめ?

ペンダントライトは明るさにコントラストがうまれるため、広めの部屋に設置すると部屋の端が暗くなってしまいます。

シーリングライトの場合は設置する器具のサイズにもよりますが、光が広く届くため、広めの部屋でも満遍なく照らすことが可能です。

部屋全体が明るくすることで部屋の広さをより感じられますし、面積以上に広さを感じるようになるため、部屋をリフォームして綺麗にした後はシーリングライトで全体を照らすと、よりリフォームの効果を実感できるでしょう。

また、シーリングライトには調光や調色機能が搭載されているものも多いため、照明の状態を細かく調整したいという方にもおすすめです。

LEDと蛍光灯のどちらがおすすめ?

シーリングライトにはLEDを用いたタイプと蛍光灯を用いたタイプがありますが、どちらがコストや明るさの面で有利なのでしょうか?

LEDが販売されはじめた頃は価格の面で蛍光灯が有利でしたが、現在はLEDでも蛍光灯を用いた製品との価格差はあまり無く、寿命の長さや消費電力を考慮するとLEDが有利となっています。

これからシーリングライトを購入される場合には、ランニングコストのことも考え、LEDタイプの製品がおすすめです。

おすすめのシーリングライトメーカーは?

シーリングライトを販売しているメーカーは東芝、パナソニック、NEC、日立などの電気関係に強いメーカーとなります。

これらの器具メーカーの製品なら、どの製品を選んでも性能的には問題ありません。

ただ、それぞれの器具メーカーの製品ごとに機能や照明の色合いなど、さまざまな違いがありますので、設置場所に合わせて選びましょう。

低価格で使いやすいNEC

NECのシーリングライトは、比較的手ごろな価格で購入できる製品が主力となっています。

NECのシーリングライトの中でも特に人気の商品は「NEC LEDシーリングライト LIFELED’S 調光タイプ」です。

実売価格は8畳用が約6,000円、調光は5段階で、調色機能は付いていません。

明るさについては8畳用が4299ルーメンと価格からすると十分な明るさです。
8畳以外にも12畳、14畳、18畳と広い部屋にも対応しています。

18畳対応製品でも実売価格は約13,000円と安価ですので、とりあえずシーリングライトを使ってみたいという方、LED化して電気代を削減したいという方はこちらの製品を選ぶと良いでしょう。

NECの製品には、こちらの他にも調色が可能なモデルもありますので、もし照明の色も変更させたいならこちらのタイプを選んでください。

光の美しさが特徴の東芝

東芝のシーリングライトの特徴は、なんと言っても演色性の高さです。

演色性とは、光が当たったものをどれだけ美しく見せることができるかという性能のことで、Raという数値で表されます。

東芝の「LEDH94074-LC」は8畳用としては唯一のRa90の製品のため、室内をより美しく照らしたいという方に人気です。

また、こちらの製品は厚みが薄く、約80mmしかないため、天井に設置しても照明器具が目立ちにくいのも特徴となっています。

調光及び調色については調光が20段階、調色が昼光色と電球色と十分な性能を持っているので、照明にこだわりたい方におすすめの製品です。

ただ、実売価格は8畳用で約13,000円とやや高めですので、明るければ良いという方にはおすすめできません。

低価格で調光できる東芝

東芝のシーリングライトは、NECに比べてやや消費電力が高めですが、基本的な性能についてはNECの製品とあまり違いはありません。

おすすめの製品は「LEDH80380-LC」。

実売価格は8畳用が約7,000円とNECの「LIFELED’S 調光タイプ」とほぼ同価格帯ですが、こちらの製品は調色機能が搭載されており、昼白色と電球色を切り替えることができます。

この調色機能は常夜灯にも対応しているので、就寝時などの照明として利用するなら照明の色合いを変更できるこちらの製品がおすすめです。

ムラの無い明るさが特徴のパナソニック

パナソニック製品の特徴は、光にムラが無いことと、省エネ性能の高さです。

省エネ性能については8畳用の製品でも29Wと、他社の製品に比べても低めの数字となっているため、日常的に照明を付けるような環境に向いています。

おすすめの製品は「HH-CB0811A」8畳用で明るさは3800ルーメンとやや暗めですが、光にムラが無く、消費電力も少ない製品です。

また、調色、調光機能も搭載されており、調光は6段階、調色は昼光色、昼白色、電球色の3段階の調整が可能となっています。

実売価格は約7,000円。

室内の照明を細かく調整したい方におすすめの製品です。

室内照明の演出方法としては、シーリングライトの明度調整と柔らかな間接照明用スポットやポイント的なペンダント、アームライトなどの組み合わせで立体的な明暗空間となり昼光時とは全く違った雰囲気が演出できます。

この際シーリングライトの明るさは室内全体のコントラストの調整に役立ちます。

壁紙・壁リフォームに対応する優良な会社を見つけるには?

ここまで説明してきた壁紙・壁リフォームは、あくまで一例となっています。

正確なリフォームの金額を知るためには、リフォーム前に「現地調査」を受ける必要があります。

そのとき大事なのが、複数社に見積もり依頼して必ず「比較検討」をするということ!

「調べてみたもののどの会社が本当に信頼できるか分からない…」

「複数社に何回も同じ説明をするのが面倒くさい...。」

そんな方は、簡単に無料で比較見積もりが可能なサービスがありますので、ぜひご利用ください。

大手ハウスメーカーから地場の工務店まで全国700社以上が加盟しており、壁紙・壁リフォームを検討している方も安心してご利用いただけます。

無料の見積もり比較はこちら>>

一生のうちにリフォームをする機会はそこまで多いものではありません。

後悔しない、失敗しないリフォームをするためにも、リフォーム会社選びは慎重に行いましょう!

一括見積もりを依頼する