1. ハピすむトップ
  2.  > 
  3. 基礎知識
  4.  > 
  5. 外構・駐車場
  6.  > 
  7. ウッドフェンスのおすすめできるメーカーはコレ!

キーワードから探す


2019年02月07日更新

ウッドフェンスのおすすめできるメーカーはコレ!

外構・エクステリアのリフォーム工事で、ウッドフェンスの取り付けを考えているという場合、どのようなタイプのウッドを選んだら良いのでしょうか?天然木と樹脂木のそれぞれの特徴と、ウッドフェンスで人気がある、おすすめのメーカーをご紹介します。

  • 【監修者】株式会社KURODA一級建築士事務所 坂田理恵子
  • この記事の監修者
    株式会社KURODA一級建築士事務所
    坂田理恵子

外構・エクステリアでのウッドフェンスの種類と特徴

天然の木の風合いを感じることができるウッドフェンスは、植物ガーデニングに適し、目隠し用のフェンスとしても人気があります。しかし、腐食しやすく、メンテナンスが大変というのも事実です。

ウッドには天然木のソフトウッドとハードウッド、さらに樹脂木(人工木)があります。それぞれの材質の特徴をみてみましょう。

天然木のソフトウッド

ソフトウッドは木の風合いを感じることができ、自然との調和という点でも優れています。柔らかいので加工性も良く、DIYを楽しむこともできます。また、断熱性があり、夏は涼しく冬は暖かいという利点もあります。

しかし、シロアリなどに弱く、腐食しやすいという大きな欠点があります。メンテナンスも大変で、防腐剤などをマメに塗る必要があります。

天然木のハードウッド

海外から輸入されるハードウッドは、天然木でありながら丈夫で耐久性もあります。塗装しなくても数十年も使用できるといわれています。しかし、価格はソフトウッドや樹脂木よりも高価です。

ハードウッドは繊維が蜜で硬いため、リフォーム工事でのカーブや細かい部分の加工は難しいのが欠点です。また、丈夫とはいえ天然木なので、絶対に腐らないとは言えないので注意が必要です。

樹脂木

樹脂のみで作られているものも樹脂木と呼ぶことがありますが、ここでは木粉とプラスティック樹脂を混ぜて押し出し成型した工業製品のことを樹脂木とします。

木粉は使われていますが完全な木ではないので、シロアリに強いという特徴があります。また、水分を含みにくいので防腐性や耐久性が高く、板の反りもほとんどありません。

シロアリ対策のための薬剤や防腐剤を塗る必要がないので、臭いや薬害を心配することがありません。安全性が高く、メンテナンスも非常に楽です。

しかし、熱を吸収しやすいというデメリットがあるので、夏の熱い日差しの下ではかなり高温になることもあります。

外構・エクステリアのリフォーム工事でおすすめのメーカー

ウッドフェンスに使用する木の種類をみてきましたが、どのタイプのウッドを使用するかは、予算や個人の好みがあるので一概には言えません。

ここでは、腐りにくく耐久性があり、エクステリアとしても楽しめるということで、近年、外構のリフォーム工事でも人気が高い樹脂木に注目して、おすすめのメーカーを紹介しましょう。

おすすめしたい人気のアルミメーカー3社

木調ウッドフェンスで人気が高く、おすすめしたいメーカーは、三共アルミのコレットシリーズ、YKKAPのルシアスフェンスシリーズ、タカショーのエバーアートフェンスシリーズです。それぞれの特徴をみてみましょう。

三共アルミ「コレット」

シンプルで味わい深い、落ち着いたデザインと色が特徴です。デザインは横板タイプと縦板タイプの2種類ですが、本物のウッドフェンスと見分けがつかない位、美しいフェンスです。

色はトラッドパイン、マロンノーチェ、アンティークウォールナットの3色で、支柱などのアルミ形材部もダークブラウン1色というシンプルな展開ですが、いずれもシックで落ち着いた雰囲気の木調色です。

YKKAP「ルシアス」

2015年にグッドデザイン賞を受賞しているルシアスは、「建物とコーディネートするエクステリア」をコンセプトにしています。

ウッド調フェンスもシンプルなウッドだけではなく、アルミとコラボレーションしたフェンスなどもあり、デザイン性の高さが特徴です。

アルミの部分のアルミカラーはカームブラツクとプラチナステンの2色、ウッドの色は桑炭、ハニーチェリー、キャラメルチーク、ショコラウォールナットの4色です。

タカショー「エバーアート」

タカショーは、竹垣フェンスでは国内ナンバー1のシェアを誇る和歌山県のメーカーです。

スリムでシンプルなデザインでありながら、見える部分は全てエバーアートウッドを使用しているので、統一感があります。また、カラー展開は他社と比較しても群を抜いています。

色はダークパイン、ブラックエボニー、ブラウンエボニー、ホワイトパイン、ナチュラルパイン、京町家柿茶に加えて、新色のウォールナットの7色展開です。色が多いので、住居の色とのコーディネートにも幅が広がります。

また、フェンス部分と同じ色のフリーポールは、高さ3mまで対応しています。施工性も高く、金具を引っ掛けてビスで固定するだけという簡単な施工方法です。

フリーポールは耐風圧強度、秒速34mの一般仕様の他に、秒速42m相当の仕様も用意されています。

リフォームする際のポイント

もしリフォームを実際に行うとなった際には、ぜひお近くのリフォーム会社に一度ご相談することをおすすめします。

リフォーム会社に相談する時に一番気になるのは「いくらかかるのか」という金額の部分かと思います。

正確なリフォーム金額を知るためには、リフォーム前に「現地調査」を受ける必要があります。

その際に、損をしないリフォームを実現するために重要なことが一点あります。

それは、リフォーム会社1社のみに現地調査と見積もりをお願いするのではなく、複数社に依頼して、必ず「比較検討」をする!ということです。

複数の会社に依頼する時のポイントは「同じ条件」で依頼することです。バラバラの条件で依頼をすると、正しい比較ができません。

このポイントをきちんと押さえ、複数の会社の提案を受けることでご希望のリフォームの適正価格が見えてきます。

「色んな会社に何度も同じことを伝えるのがめんどくさい…。」という方はカンタンに複数社を比較検討できるサービスもございますので、ぜひご利用ください。

無料の見積もり比較はこちら

一生のうちにリフォームをする機会はそこまで多いものではありません。

後悔しない、失敗しないリフォームをするためにも、リフォーム会社選びは慎重に行いましょう!

一括見積もりを依頼する