1. ハピすむトップ
  2.  > 
  3. 基礎知識
  4.  > 
  5. 外構・駐車場
  6.  > 
  7. ネットフェンスのおすすめできるメーカーはコレ!

キーワードから探す


2019年02月07日更新

ネットフェンスのおすすめできるメーカーはコレ!

ネットフェンスは隣地や隣宅との境界や、畑や牧場などによく利用されます。住宅のエクステリアとして使用することは少ないのですが、広い土地に長い距離の外構リフォーム工事が必要な場合には便利です。ネットフェンスの特徴とおすすめのメーカーについてみてみましょう。

  • 【監修者】株式会社KURODA一級建築士事務所 坂田理恵子
  • この記事の監修者
    株式会社KURODA一級建築士事務所
    坂田理恵子

外構やエクステリアで使用するネットフェンスの特徴

ネットフェンスは、一般の外構やエクステリアで使用されるフェンスとは大きく異なります。ネットフェンスのネットの部分は鉄線で菱形に編み込まれているため、通常のフェンスのように溶接部がないのが大きな特徴です。

編み込まれた金網は丈夫で弾力性があります。そのため、住宅のバックヤードが山や崖に接している土地や、畑や山林などでの動物侵入防止のためにも使用されています。

外構のリフォーム工事で設置するネットフェンスの特徴

リフォームなどでネットフェンスを設置工事する際にも大きな特徴があります。ネットフェンスの部材は、柱と上下の爪付き胴縁、ネット巻き網(線材)、鉄線、番線などです。

基礎に柱を立てて、爪付きの胴縁を取り付けたら、巻いてあるネットを爪に引っ掛けながら設置します。そして鉄線を横に渡したり、番線で止め付けたりします。

そのため、牧場などの長い距離で柵が必要な場合にもよく使用されています。

金網は一般的にスチール製なので、錆びるという欠点があります。しかし、各メーカーでは、樹脂系塗装や溶融亜鉛メッキなどを施して、錆びにくい工夫をしたり、新しい線材を開発したりしています。

おすすめしたいネットフェンスのメーカー

リフォームなどで外構工事をする際に、ネットフェンスを取り付ける場合、どのようなメーカーから選んだら良いのでしょうか?

実はネットフェンスは、鉄線を編むという技術が必要になるので、メッシュフェンスやウッドフェンスなどのエクステリア専門のメーカーでは、ほとんど扱っていません。

ここでは、「ニッケンフェンス&メタル」と「JFE建材フェンス」の2社のメーカーについてみてみましょう。

株式会社ニッケンフェンス&メタル

日鐵住金建材株式会社のグループ会社でもある、ニッケンフェンス&メタルは、工業用や建築用のフェンスなどを扱っているメーカーです。ネットフェンスシリーズでは、様々なタイプのネットフェンスを取り揃えています。

その中から、いくつかのおすすめしたいタイプを紹介しましょう。

ネットフェンス「塗装・スーパー・めっきタイプ」

軽量で強度に優れたベーシックなモデルです。防錆性と耐久性が高く、主柱と胴縁は3種類の塗装から選ぶことができます。菱形金網の塗装は合成樹脂被覆鉄線や亜鉛メッキ鉄線などから選ぶことができます。

柱と胴縁の塗装と色

塗装タイプの材質は、一般構造用圧延鋼材で、粉体塗装(ポリエステル樹脂系塗装)。スーパータイプの材質は、溶融亜鉛めっき鋼板及び鋼帯で、塗装は粉体塗装です。

また、めっきタイプの材質は一般構造用圧延鋼材で、塗装は溶融亜鉛メッキとなっています。

色はブライトグリーン、ダークブラウン、ホワイト、パールグレイ、溶融亜鉛メッキの5色展開です。

IRフェンス

特におすすめしたいのがこのIRフェンスです。塩、酸、紫外線、排気ガスに強く、海岸地区でも約30年の耐久性が実証されています。また、降雪地帯や寒冷地ではマイナス30度でも常温と同じ耐衝性があります。

材質と表面処理

鋼線に亜鉛メッキを施し、その上に接着性樹脂、さらに低密度ポリエチレン樹脂で仕上げた4重構造になっていて、非常に丈夫です。

低密度ポリエチレン樹脂は、弾力性と柔軟性を持ち、耐食性、耐寒性、耐摩耗性に優れており、どのような環境下でも錆に強いということが大きな特徴です。

色はブライトグリーンとダークブラウンの2色です。

蓄光安全フェンスと丸パイプフェンス

その他としておすすめしたいのは、蓄光安全フェンスです。災害時などで電力が失われた時でも、日中に蓄積したおいた光で、夜間約12時間も暗闇の中で光を発することができるという誘導タイプのフェンスです。

また、主柱や胴縁を強靭な丸パイプにし、表面も溶融亜鉛メッキで耐食性を高めた頑丈な「丸パイプフェンス」もおすすめです。

JFE建材フェンス

JFE建材フェンス株式会社は昭和35年に設立された会社で、商品部門ではフェンス商品、落石防止網、道路施設商品を扱っているメーカーです。また、工事部門もあります。

こちらのメーカーも多数のネットフェンスを用意してありますが、代表的なネットフェンスは「Vネットフェンスシリーズ」です。

Vネットフェンスシリーズ

このシリーズには多くの型番がありますが、どれも柱のV形鋼は熱間圧延で製造されていて、曲がりの部分と強度が必要な部分は肉厚にして、性能を強化しています。

また、ライトグリーン、ダークグリーン、グレー、テンダーブラウン、ホワイト、ブラック、アイボリー、溶融亜鉛メッキの8色という色展開の多さも特徴です。

高耐食フェンス

名前は違いますが、ニッケンフェンス&メタルの「IRフェンス」とほぼ同等のフェンスです。違いを挙げるとすれば、IRは鋼線素地を使用しているのに対して、こちらは鉄素地を使用しているということです。

再生ペットフェンス

JFE建材の特徴的なフェンスとして、「再生ペットフェンス」という商品があります。ネットフェンスに再生PET樹脂の被覆鉄線を取り入れた、エコに特化したフェンスです。

金網1平方メートル当たりに500mlのペットボトル5本分の再生樹脂が、金網表面の被覆材として使用されています。

リフォームでネットフェンスを検討しているという場合は、ご紹介したメーカーやタイプなどを比較しながら、目的に合ったネットフェンスを選択すると良いでしょう。

リフォームする際のポイント

もしリフォームを実際に行うとなった際には、ぜひお近くのリフォーム会社に一度ご相談することをおすすめします。

リフォーム会社に相談する時に一番気になるのは「いくらかかるのか」という金額の部分かと思います。

正確なリフォーム金額を知るためには、リフォーム前に「現地調査」を受ける必要があります。

その際に、損をしないリフォームを実現するために重要なことが一点あります。

それは、リフォーム会社1社のみに現地調査と見積もりをお願いするのではなく、複数社に依頼して、必ず「比較検討」をする!ということです。

複数の会社に依頼する時のポイントは「同じ条件」で依頼することです。バラバラの条件で依頼をすると、正しい比較ができません。

このポイントをきちんと押さえ、複数の会社の提案を受けることでご希望のリフォームの適正価格が見えてきます。

「色んな会社に何度も同じことを伝えるのがめんどくさい…。」という方はカンタンに複数社を比較検討できるサービスもございますので、ぜひご利用ください。

無料の見積もり比較はこちら

一生のうちにリフォームをする機会はそこまで多いものではありません。

後悔しない、失敗しないリフォームをするためにも、リフォーム会社選びは慎重に行いましょう!

一括査定を依頼する