1. ハピすむトップ
  2.  > 
  3. 床・フローリングリフォーム
  4.  > 
  5. 床の傾きや傾斜を修理・補修するリフォーム費用は?

キーワードから探す


2018年11月10日更新

床の傾きや傾斜を修理・補修するリフォーム費用は?

床の傾きが一定以上の場合は生活に支障をきたす恐れがあるため、補修工事を行う必要があります。傾きが少しずつ進行する場合もあるため、工賃を抑えるためにも早めに修理工事をすることをおすすめします。今回は、床の傾きを補修リフォームする際にかかる費用の相場を解説します。

  • 【監修者】ディバルコンサルタント株式会社 代表 明堂浩治
  • この記事の監修者
    ディバルコンサルタント株式会社
    明堂浩治
    大手建設会社20年勤務

床材が原因となる傾き

床の傾き具合や原因を知るためには、リフォーム会社に調査を依頼しなければなりません。

調査にかかる費用の相場は、150平方メートル未満で約5万~7万円、150平方メートル以上で約10万円です。

床の傾きの原因がフローリングの剥がれや割れ、畳の腐食やカビなどによるものの場合は、問題がある床材を張り替えるだけで改善されます。

広範囲にわたって床に問題が起こっている場合は、それだけ補修費用が高くなります。また、フローリングや畳などの種類によっても価格が変動します。

価格の相場は、合板フローリングが1平方メートルあたり約4000円、無垢フローリングが約5000円です。

張替え工賃や廃材処分費が別途請求され、5平方メートルの張替えで約5万5000円~6万円の費用がかかります。

床の傾きや傾斜を修理・補修するリフォーム費用は?

畳の場合は畳床ごと張り替える必要があるか確認する必要があります。

畳表だけを張り替える場合は、1畳につき約3500円~2万5000円が価格の相場です。畳床ごと張り替える場合は、約1万~3万円が費用の相場です。



地盤沈下による傾きの補修リフォーム

地盤沈下による傾きを修理するためには、地下を掘り下げて銅管を打ち込み、ジャッキアップしなければなりません。

地盤が緩んでいても、さらに下部にある地盤の強度に問題がない場合に適応できますが、修理リフォームの中で最も大規模な工事になります。

ジャッキアップによる修理リフォームにかかる費用の相場は約700万~1000万円です。

シロアリなどによる根太の損傷

シロアリなどの害虫により住宅の土台部分である根太が損傷した場合にも床が傾きます。この場合はシロアリを駆除した上で補修リフォームを行う必要があります。

根太の修理にかかる費用は範囲により異なるため、実際に床を剥がさなければ正確な費用はわかりませんが、約3万~10万円が相場です。

また、1つの部屋に留まらず、複数の部屋の根太がシロアリにより損傷している可能性があります。後から傾いてくる可能性もあるため、併せて補修しておくことをおすすめします。

床・フローリングリフォームに対応する優良な会社を見つけるには?

ここまで説明してきた床・フローリングリフォームは、あくまで一例となっています。

「費用・工事方法」は物件やリフォーム会社によって「大きく異なる」ことがあります。

そのとき大事なのが、複数社に見積もり依頼して必ず「比較検討」をするということ!

この記事で大体の予想がついた方は次のステップへ行きましょう!

「調べてみたもののどの会社が本当に信頼できるか分からない…」

「複数社に何回も同じ説明をするのが面倒くさい...。」

そんな方は、簡単に無料で比較見積もりが可能なサービスがありますので、ぜひご利用ください。

大手ハウスメーカーから地場の工務店まで全国800社以上が加盟しており、床・フローリングリフォームを検討している方も安心してご利用いただけます。

無料の見積もり比較はこちら>>

一生のうちにリフォームをする機会はそこまで多いものではありません。

後悔しない、失敗しないリフォームをするためにも、リフォーム会社選びは慎重に行いましょう!

一括見積もりを依頼する