1. ハピすむトップ
  2.  > 
  3. 床・フローリングリフォーム
  4.  > 
  5. 激安・格安でフローリングの張替えリフォームをするには?

キーワードから探す


2018年11月04日更新

激安・格安でフローリングの張替えリフォームをするには?

フローリングは消耗品であるため、高級品でもいずれは張替えが必要になります。使用環境により張替えのタイミングは異なりますが、頻繁に張替えるとなると、多くの費用がかかります。今回は、格安、激安でフローリングを張替える方法を紹介します。

  • 【監修者】ディバルコンサルタント株式会社 代表 明堂浩治
  • この記事の監修者
    ディバルコンサルタント株式会社
    明堂浩治
    大手建設会社20年勤務

手数料をできるだけ抑える

リフォーム会社にフローリング材の手配を依頼した場合、手数料が上乗せされた料金を請求されます。自分でフローリング材を調達することで手数料を削減できるため、格安、激安で張替えリフォームができます。

激安・格安でフローリングの張替えリフォームをするには?

材料を自分で手配したくない場合は、大量に材料を仕入れているリフォーム会社に依頼しましょう。材料を大量に仕入れることで単価を下げられるため、それだけ費用を抑えることができます。

また、受注から施工までを行うリフォーム会社に依頼することがポイントです。自社で施工せずに下請け業者に依頼する場合は手数料が発生するため、本来の工賃よりも費用が上乗せされます。自社で施工を行うリフォーム会社に依頼することで、格安、激安でフローリングを張替えることができます。



DIYは極力避ける

6畳の部屋のフローリングの張替えをリフォーム会社に依頼した場合、約7万~13万円が費用の相場です。自分でフローリングを張替える場合は、次のようなものに費用がかかります。

(1)フローリング材(10平方メートル)…約4万~10万円

(2)フロア釘(1kg)…約500円

(3)接着剤(1kg)…約2000円

必要な工具を購入した場合でも、プラス約5000円であるため、総費用は約4万7500円~10万7500円です。

ただし、下地の補修が必要な場合は別途費用がかかります。下地の補修は素人では難しく、仕上がりに差が生じるため、できるだけリフォーム会社に依頼することをおすすめします。下地の補修が必要かどうかは、フローリングを剥がさなければわかりません。下地の補修だけを依頼すると、交通費などにより結果的に高くつく可能性があります。

下地の補修に高い費用がかかる場合は、張替えまで依頼した方がよいかもしれません。

諸経費を抑えて格安でリフォーム

フローリングの張替えの際には、廃材処分や大型家具の撤去、養生などに費用がかかります。これらをすべて自分で行うことで、激安でリフォームできます。廃材処分費は6畳分のフローリングで約1万~2万円、大型家具1つにつき約3000~5000円、養生には約2万~3万円の費用がかかります。

これらをすべて自分で行えば、約3万3000円~5万5000円の費用を削減できます。

床・フローリングリフォームに対応する優良な会社を見つけるには?

ここまで説明してきた床・フローリングリフォームは、あくまで一例となっています。

「費用・工事方法」は物件やリフォーム会社によって「大きく異なる」ことがあります。

そのとき大事なのが、複数社に見積もり依頼して必ず「比較検討」をするということ!

この記事で大体の予想がついた方は次のステップへ行きましょう!

「調べてみたもののどの会社が本当に信頼できるか分からない…」

「複数社に何回も同じ説明をするのが面倒くさい...。」

そんな方は、簡単に無料で比較見積もりが可能なサービスがありますので、ぜひご利用ください。

大手ハウスメーカーから地場の工務店まで全国800社以上が加盟しており、床・フローリングリフォームを検討している方も安心してご利用いただけます。

無料の見積もり比較はこちら>>

一生のうちにリフォームをする機会はそこまで多いものではありません。

後悔しない、失敗しないリフォームをするためにも、リフォーム会社選びは慎重に行いましょう!

一括見積もりを依頼する