1. ハピすむトップ
  2.  > 
  3. キッチン・台所リフォーム
  4.  > 
  5. 70〜90万円でできるキッチンのリフォームは?

キーワードから探す


2018年10月20日更新

70〜90万円でできるキッチンのリフォームは?

リフォームは予算によって結果が大きく変わってきますが、どの程度の費用がかかるのか予めわかっていれば予算の設定もしやすくなります。今回はキッチン・台所のリフォームで70万~90万円の予算がある場合に、どのようなリフォームができるのかを紹介します。

  • 【監修者】ディバルコンサルタント株式会社 代表 明堂浩治
  • この記事の監修者
    ディバルコンサルタント株式会社
    明堂浩治
    大手建設会社20年勤務

キッチンのリフォームの参考工事費

キッチン・台所のリフォームで予算が70万~90万円の場合、ある程度幅広いリフォームを検討することが可能となります。予算は多ければ多いほど幅が広がりますが、80万円前後の予算ではどういったリフォームプランを組むことができるでしょうか。

費用として計算する際の工賃は最低限の工事の場合約20万円程度となり、目安として次のような内訳となります。

・既存キッチン取外処分 約40000円
・新規キッチン取付費用 約50000円
・配管系工事 約40000円
・キッチンパネル施工費 約20000円
・換気扇ダクト工事 約10000円
・大工手間 約40000円

台所の状態によってはその他工事が必要になる場合もありますが、今回は最低限の工事と想定して予算別にどのようなリフォームができるかをご紹介します。

70〜90万円でできるキッチンのリフォームは?

70万円でできるキッチンリフォーム

70万円の予算でリフォームをする場合、対面型キッチンも選択肢に入ります。工賃は20万円程度なのでキッチン本体の予算は50万円まで。対面型の場合は費用が高くなるためグレードは限られてきますが、40万円台の商品も存在するので50万円の本体購入予算があれば対面型キッチンを選ぶことも可能となります。

対面型キッチンにリフォームするのにかかる費用の相場はこちら

80万円でできるキッチンリフォーム

予算が80万円の場合は、対面型キッチンでも更にワンランク上のグレードを選択肢に入れることが可能となります。工賃分を引いた本体購入予算は60万円となりますが、50万円台のキッチンでは引き出しが静かに閉まる機構のようなちょっとした部分で高機能なキッチンを選ぶことが可能となってくるでしょう。

90万円でできるキッチンリフォーム

90万円の予算を組める場合になると、かなり多くの種類のキッチンから選択することができます。I型やL型はもちろん、メーカーによっては対面型のハイグレードな商品も選択肢となるでしょう。

工賃を約20万円とすると90万円の内70万円程度を本体購入費用に充てられる計算になりますが、人造大理石を使ったちょっと豪華なキッチンなども70万円以下で購入することが可能です。

I型キッチンにリフォームするのにかかる費用の相場はこちら

L型キッチンにリフォームするのにかかる費用の相場はこちら



予想外の費用や工賃には注意

キッチン・台所のリフォームで特に人気が高いL型や対面型システムキッチンへの交換ですが、注意しなければならないこともあります。

注意点は、台所の配管の場所によっては予想外の工事費用が必要になることです。キッチンを交換するだけであれば80万円前後で十分可能なリフォームではありますが、配管の位置を移動する工事が必要な場合、プラス5万~10万円の工賃を計算しなければなりません。

更に床工事が必要な場合、材料費に20万~30万円、工賃に20万円前後が必要になってくる場合もあるので、見積もりの段階でしっかりと把握することが大切です。

キッチン・台所リフォームに対応する優良な会社を見つけるには?

ここまで説明してきたキッチン・台所リフォームは、あくまで一例となっています。

「費用・工事方法」は物件やリフォーム会社によって「大きく異なる」ことがあります。

そのとき大事なのが、複数社に見積もり依頼して必ず「比較検討」をするということ!

この記事で大体の予想がついた方は次のステップへ行きましょう!

「調べてみたもののどの会社が本当に信頼できるか分からない…」

「複数社に何回も同じ説明をするのが面倒くさい...。」

そんな方は、簡単に無料で比較見積もりが可能なサービスがありますので、ぜひご利用ください。

大手ハウスメーカーから地場の工務店まで全国800社以上が加盟しており、キッチン・台所リフォームを検討している方も安心してご利用いただけます。

無料の見積もり比較はこちら>>

一生のうちにリフォームをする機会はそこまで多いものではありません。

後悔しない、失敗しないリフォームをするためにも、リフォーム会社選びは慎重に行いましょう!

一括見積もりを依頼する