1. ハピすむトップ
  2.  > 
  3. キッチン・台所リフォーム
  4.  > 
  5. アイランドキッチンのメリットとデメリットは?

キーワードから探す


2021年01月07日更新

アイランドキッチンのメリットとデメリットは?

リフォームで部屋の雰囲気を大胆に変えたいという方に、高い人気を誇るのがアイランドキッチンです。通常の壁付けキッチンとは異なる、個性的な形状のアイランドキッチンの、使い勝手や設置時の条件など、様々なメリットとデメリットについてご紹介します。

  • 【監修者】ディバルコンサルタント株式会社 代表 明堂浩治
  • この記事の監修者
    ディバルコンサルタント株式会社
    明堂浩治
    大手建設会社20年勤務

アイランドキッチンの特徴と意味

アイランドキッチンとは、どの壁にも隣接せず、部屋の中央に独立して設置されたキッチンの形状を指します。

アイランドキッチンのメリットとデメリットは?

キッチンを構成するコンロ・カウンター・シンクの全てが独立しているアイランドキッチンもあれば、いずれか1箇所または2箇所のみ壁に面し、それ以外の設備が独立している物もあります。

島のように独立したキッチン

アイランドキッチンは、その名の通り「島」のように独立して設置されたキッチンです。キッチンの種類には、ペニンシュラタイプと呼ばれる物もありますが、ペニンシュラとは「半島」を意味する言葉ですので、こちらはキッチンの両サイドのどちらかが壁に隣接している状態です。

アイランドキッチンにリフォームするのにかかる費用の相場はこちら

アイランドキッチンのおすすめメーカーはこちら


アイランドキッチンのメリット

どのタイプのキッチンよりも個性的な見た目を持つアイランドキッチンは、以下のように使い勝手の良さなどのメリットも持っています。

アイランドキッチンのメリットとデメリットは?

家事動線の確保しやすさ

壁に隣接してキッチンを設置すると、鍋に料理を取りに行くためだけに、壁側に設置されたコンロまで歩かなければなりません。しかし、キッチンの周囲全てが移動スペースとなるアイランドキッチンは、部屋のどの位置からも向かえる使い勝手の良さという、大きなメリットがあります。

モダンで洗練された見た目

部屋の中央に設置されたアイランドキッチンは、モダンな雰囲気をまとい、リフォームによる変化を最も強く感じる事ができるでしょう。

上述の使い勝手の良さも相まって、ホームパーティーなど人が多く集まる場面では、多くの人がスムーズにキッチン周りを行き来し、パーティーをより華やかに演出するという利点があります。

アイランドキッチンのデメリット

利点の多いアイランドキッチンですが、スタンダードな壁付けキッチンに比べると、その個性的な形状から、リフォーム工事の際に受けるデメリットが多いという欠点も否めません。

アイランドキッチンのメリットとデメリットは?

コンロの位置に注意

コンロ部分を独立させるアイランドキッチンでは、レンジフードも部屋の中央に設けなくてはなりません。しかし、既存のコンロの多くは壁付けですので、天井付近への位置変更リフォームには、大規模な工事と費用が発生します。

最悪の場合、天井の梁が換気ダクトに干渉し、リフォームできないケースもあるため注意が必要です。

調理中の汚れが周囲に飛散する

部屋のどこからでも向かえるアイランドキッチンですが、欠点として、キッチン周辺の床に調理中の油汚れや水しぶきが飛散してしまうというデメリットがあります。

飛散防止のためのガラスパネルや、造作壁の設置など、毎日のお手入れを軽減する使い心地の工夫も、リフォームの際に取り入れておくと良いでしょう。

事前に収納スペースの確保を

完全に部屋の中央に独立したアイランドキッチンは、調理器具やカトラリーの収納をキッチン下部に頼らざるを得なくなる点も1つのデメリットです。

収納家具の追加や、キッチン付近にすぐに取り出せる収納を設けておくなど、収納スペースをリフォームのプランニング時に確保して欠点を回避すると良いでしょう。

アイランドキッチンのメリットを活かす工夫とは?

アイランドキッチンにはさまざまなメリットがあります。それらのメリットをより活かすための工夫にはどのようなものがあるのでしょうか。ここでは代表的な工夫の方法をいくつか紹介していきます。

アイランドキッチンは動線の自由度が高いので、その点を活かしてダイニングを並列させると、食事の配膳までが楽に行えるようになります。

また、アイランドキッチンの背面を魅せる収納にすることもできます。アイランドキッチンの背面はデッドスペースになりがちですが、収納機能を持たせると同時に間接照明などでおしゃれに演出することも可能です。

背面収納をおしゃれに演出する方法以外にも、実用的な収納として活かすこともできます。取り皿などの食器を収納することで、食事の準備などでお皿が必要なときにすぐに取り出すことができるようになります。

アイランドキッチンは場所をある程度自由に配置することが可能です。例えば、キッチンに大人2人で立つことが多い場合には通路を100センチ確保したり、1人でキッチンに立つことが多い場合には通路を少し狭くしたりなど、生活スタイルに合わせてレイアウトできます。

アイランドキッチンの大きさ選びはどうする?

アイランドキッチンの大きさ選びのポイントとして大切なことは、アイランドキッチンを設置する家の大きさを考慮する、という点です。

特に、リビングルームやダイニングルームの広さによってアイランドキッチンの理想的な大きさは変化します。

アイランドキッチン周辺の安全性や動線のことを考慮すると、キッチンスペースはある程度余裕を持てる広さにし、キッチン本体はあまり大きくないサイズを選ぶと良いでしょう。キッチン本体を大きくしすぎると、作業スペースや動線が圧迫されてしまうためです。

また、同居している家族の人数に合わせてアイランドキッチンのサイズを決めるというのも一つの方法です。人数に対してキッチンを無駄に広くすると、その分ダイニングルームやリビングルームが狭くなることもあります。

しかし、なによりも大切なことは、実際のアイランドキッチンのサイズを目で見て確認するということです。

図面上に書かれた数字では実際のサイズ感の想像がつきにくいので、ある程度決めた時点で、ショールームなどで実際のサイズを確認した上で最終決定するようにしましょう。

アイランドキッチンで後悔しないためには?

アイランドキッチンで後悔しないためには、まずよくある後悔した事例を参考にすることが大切です。ここではアイランドキッチンでの失敗事例を見ていきながら、そうならないためにどうすれば良いかについてもご紹介します。

よくある失敗事例の一つが、アイランドキッチンで丸見えが気になるという点です。リビングやダイニングからキッチンを遮るものがないため、たまった洗い物や油ハネなどの汚れが丸見えになってしまうことが気になるということです。

この対策としては、例えば、軽い目隠しとして観葉植物を置いたりするなど、簡易的に目線を遮断できる工夫を行うと良いでしょう。

次に多いのが、収納の問題です。アイランドキッチンだけでは収納できる部分に限りがあります。そのため、事前に収納スペースを確保できるようなプランニングをしておく必要があります。

アイランドキッチンにする際に、通路幅を間違えて想定よりも狭くなったという失敗例も耳にします。

そうならないためにも、実際にショールームなどで幅の確認を行い、より使いやすい空間を具体的にイメージできるようにしておきましょう。そうした上で施工会社とプランニングを行うことでより快適なアイランドキッチンにすることができます。

アイランドキッチンの施工事例をご紹介

アイランドキッチンと言っても、既製品から造作として一からオリジナルで製作するものまで多種多様にあります。ここでは実際の施工例をご紹介します。

まずは、個性的でオリジナルなオーダーメイドのアイランドキッチンです。アイランドキッチンの背面側には、ガラス扉のキャビネットとして利用できるスペースが設けられており、お気に入りの食器や雑貨などを飾りながら収納できます。

次は狭小地に建てられた一軒家のアイランドキッチンの事例です。19坪の狭小住宅にアイランドキッチンを採用し、キッチンを中心にしてダイニングとリビングをL型に配置しています。また、アイランドキッチンにはデザイン性の高いオールステンレスを採用しています。

キッチン・台所リフォームに対応する優良な会社を見つけるには?

ここまで説明してきたキッチン・台所リフォームは、あくまで一例となっています。

「費用・工事方法」は物件やリフォーム会社によって「大きく異なる」ことがあります。

そのとき大事なのが、複数社に見積もり依頼して必ず「比較検討」をするということ!

この記事で大体の予想がついた方は次のステップへ行きましょう!

「調べてみたもののどの会社が本当に信頼できるか分からない…」

「複数社に何回も同じ説明をするのが面倒くさい...。」

そんな方は、簡単に無料で比較見積もりが可能なサービスがありますので、ぜひご利用ください。

大手ハウスメーカーから地場の工務店まで全国900社以上が加盟しており、キッチン・台所リフォームを検討している方も安心してご利用いただけます。

無料の見積もり比較はこちら>>

一生のうちにリフォームをする機会はそこまで多いものではありません。

後悔しない、失敗しないリフォームをするためにも、リフォーム会社選びは慎重に行いましょう!

一括見積もりを依頼する