1. ハピすむトップ
  2.  > 
  3. 基礎知識
  4.  > 
  5. キッチン
  6.  > 
  7. 人気でおすすめできる対面キッチンのメーカーはコレ!

キーワードから探す


2017年08月17日更新

人気でおすすめできる対面キッチンのメーカーはコレ!

リビングの様子を見ながらお料理できる対面キッチンは人気が高まっています。住宅設備メーカーからは様々な対面キッチンがラインナップされているので、どのメーカーを選べばよいか迷うところですね。ここではおすすめの対面キッチンをご紹介します。

  • 【監修者】ディバルコンサルタント株式会社 代表 明堂浩治
  • この記事の監修者
    ディバルコンサルタント株式会社
    明堂浩治
    大手建設会社20年勤務

予算で選ぶ対面キッチンのおすすめメーカー

キッチンリフォームをするにあたって、まず重要視したいことは予算ですね。各メーカーのシステムキッチンには、シンプルなものからハイグレードのものまで様々で、グレードによって価格帯も異なってきます。

なるべくリフォーム費用を抑えたいとお考えの方に、シンプルグレードの低価格モデルを紹介しましょう。

対面キッチンにリフォームするのにかかる費用の相場はこちら

対面キッチンのメリット・デメリットはこちら

LIXIL/シエラ

低価格が人気のシンプルグレード「シエラ」です。シンク下のキャビネットは、扉式と引き出し式があります。

開き戸プラン:約49万8,000円前後~

Panasonic/V-style

使いやすい上に低価格な「V-style」は、シンプルスタイリッシュでデザインも納得できる人気のキッチンです。

I型造作対面プラン:約83万3,000円前後~

機能性で選ぶ対面キッチンの人気メーカー

やはりキッチンは使いやすさが必要ですね。ワークトップの素材や、収納力、汚れの落ちやすさなど機能性の高い対面キッチンを紹介します。

タカラスタンダード/エーデル

タカラスタンダードと言えばホーローです。キャビネットも全て高品質のホーローで、お手入れが簡単なキッチンです。

マルチ収納対面プラン:約77万8,000円前後~

LIXIL/アレスタ

「ひろびろシンク」「ひろまるコンロ」「くるりん排水口」「よごれんフード」などユニークなネーミングの機能は、使う人のことを考えたものばかりです。

オープン対面キッチン:約184万円前後〜

デザイン性で選ぶ対面キッチンのおすすめメーカー

キッチンもインテリアのひとつです。リフォームするなら壁紙の色や、お部屋の家具に自然と調和する、キッチンでありたいです。キャビネットの扉の色や素材にもこだわった、デザイン性に優れたおすすめの対面キッチンです。

クリナップ/ラクエラ

日本で初めてシステムキッチンを開発したメーカーであるクリナップ。デザイン性を重視するなら、「ラクエラ」がおすすめです。

人気の北欧カラーや幾何学模様、タイル調など、色だけでなく、こだわりの素材でキッチンもインテリアのひとつになります。

フラット対面プラン:約103万円前後~

ハイグレードモデルで選ぶ対面キッチンの人気メーカー

グレードの高いクラスは、200万円以上するものもあります。予算に余裕があり、充実した機能性と優れたデザイン性の両方にこだわる方におすすめする、ハイグレードクラスの対面キッチンです。

Panasonic/Lクラスキッチン

人それぞれのこだわりに応えてくれるPanasonicの「Lクラスキッチン」です。

キッチンを暮らしの中心に考え、使いやすさと洗練されたデザインで、ワンランク上の対面キッチンが実現します。

スマートステップ対面プラン:約300万円前後~

リフォームする際のポイント

もしリフォームを実際に行うとなった際には、ぜひお近くのリフォーム会社に一度ご相談することをおすすめします。

リフォーム会社に相談する時に一番気になるのは「いくらかかるのか」という金額の部分かと思います。

正確なリフォーム金額を知るためには、リフォーム前に「現地調査」を受ける必要があります。

その際に、損をしないリフォームを実現するために重要なことが一点あります。

それは、リフォーム会社1社のみに現地調査と見積もりをお願いするのではなく、複数社に依頼して、必ず「比較検討」をする!ということです。

複数の会社に依頼する時のポイントは「同じ条件」で依頼することです。バラバラの条件で依頼をすると、正しい比較ができません。

このポイントをきちんと押さえ、複数の会社の提案を受けることでご希望のリフォームの適正価格が見えてきます。

「色んな会社に何度も同じことを伝えるのがめんどくさい…。」という方はカンタンに複数社を比較検討できるサービスもございますので、ぜひご利用ください。

無料の見積もり比較はこちら

一生のうちにリフォームをする機会はそこまで多いものではありません。

後悔しない、失敗しないリフォームをするためにも、リフォーム会社選びは慎重に行いましょう!