キーワードから探す


  1. ハピすむ:不動産売却
  2.  > 
  3. マンション売却
  4.  > 
  5. マンション売却前のリフォームの必要性について解説!

2019年02月07日更新

マンション売却前のリフォームの必要性について解説!

マンションを売却する場合、部屋を少しでも良く見せるためのリフォームは必要なのでしょうか。今回はマンション売却前のリフォームの必要性について解説します。

  • 【監修者】株式会社worth style home 濵田昭平
  • この記事の監修者
    株式会社worth style home
    濵田昭平
    代表取締役

 

マンション売却前のリフォームの必要性について

マンション売却前のリフォームの必要性について解説!

マンション売却する前のリフォームは必要なのでしょうか。詳細を見ていきましょう。

基本的にマンション売却前のリフォームは必要ない

基本的に中古マンションを売却する前のリフォームは必要ないと言われています。その理由は、買い主はもともと中古物件を求めているため、物件の多少の古さは仕方ないと思っている人がほとんどだと言われているからです。

室内や設備に経年劣化が見られたとしても、中古マンションを購入した後、買い主の思い通りにリフォームできるため、マンションを売却するときはリフォームせずに売り出しても良いでしょう。

マンション売却前にリフォームしなくてもいい理由

では、マンション売却前にリフォームしなくてもいい理由とは、どのようなことがあるのでしょうか。

リフォーム費用を回収できない可能性がある

リフォームを行った後にマンションを売却する場合、ほとんどのケースで売却価格にリフォーム費用を上乗せすることになります。しかし、リフォーム費用を上乗せした場合、買い手が見つかる可能性が下がってしまうでしょう。

なぜかというと、市場相場に近い売却価格を設定し、リフォーム費用を上乗せすることによって割高に感じてしまうからです。

中古マンションの購入希望者は、価格が低い方を選ぶ傾向があるため、マンション売却を成功させるためにも、割高に感じてしまう行為は控えた方がいいでしょう。

リノベーション目的で中古マンションを探している人が多い

マンション売却前にリフォームしない理由として、「買主が自分でリノベーションを行う」ことが挙げられます。

近年中古マンションを購入し、フルリノベーションを行う人が増えているため、内装の劣化などは購買意欲とあまり関係がない場合があります。

そのため、リフォームしたマンションを売却するのは、物件を安く購入し自分の好きなようにリノベーションしたいというニーズに合わない可能性があります。

中古マンションの価値は築年数で決まる部分が大きい

中古マンションの価値は、内装の劣化などよりも築年数で決まる部分が大きいと言われています。例え内装の劣化が見られても、築年数が新しいマンションだとこの先長く住めるため需要があります。

また、構造部分や骨組みなどのリノベーションはできないため、内装よりも築年数を重視する人が多い傾向にあります。



マンション売却前にはリフォームよりクリーニングが大切

マンション売却前にはリフォームよりも室内のクリーニングが大切になります。具体的に見ていきましょう。

室内をクリーニングしておくことで内覧時に好印象を与える

リフォームを行わず購入者に好印象を与えるためには、部屋をきれいにクリーニングすることが大切です。内覧時に買い手が見るポイントには、水回りや壁、床の汚れの程度などかあります。

では、場所ごとのクリーニングポイントを見ていきましょう。

    • 水回り

お風呂やトイレ、キッチンなどの水垢などをできるだけきれいにし、蛇口など金属の部分は磨いておくと清潔感がアップします。

また、水回りは汚れを残すと臭いの原因になるため、汚れはきれいに落とし消臭剤なども利用して臭い対策を行いましょう。

    • 壁や床

壁に剥がれや落書きがあった場合、剥がれなどは修復し落書きは消しておきましょう。床は水拭きなどで汚れを取り除き、ワックスなどを使用してきれいに拭き上げるといいでしょう。

その他に、リビングを重視する買い手は多いためできるだけ床に物は置かず、収納スペースも見せられるように整理整頓しておきます。

また、忙しくてなかなか掃除できない場合は、プロにハウスクリーニングを依頼する方法もあります。

マンション売却前に部分的な修繕を行う場合のポイント

マンション売却前に設備を新しくするなどのリフォームは必要ありませんが、壊れたものを修理したり、剥がれたクロスを直すなどの修繕は必要になる場合があります。具体的にどのようなケースなのか見ていきましょう。

最低限の費用で部分的な修繕を行う

まず、修理や修繕が必要なケースと対処法は以下の通りです。

    • 設備が壊れている

【対処法】設備の修繕を行う

    • トイレが古く汚れが落ちない

【対処法】トイレを新品にすると好印象を与えられる

    • 畳がぼろぼろ

【対処法】全面的に張り替えるのではなく傷みがひどい箇所を部分的に張替える

    • クロスが剥がれていたり汚れが目立つ

【対処法】部分的に張り替える

トイレのリフォームや部分的なクロス張替えであれば約50万円以下で行うことができるため、予算を考慮しながら売却価格にあまり影響を与えない範囲でリフォームするといいでしょう。

また、近隣のライバル物件と比較し、見劣りする部分だけリフォームするという方法もあります。

最終的なリフォームの必要性は不動産会社に相談する

先程修理や修繕が必要なケースをご紹介しましたが、売却価格の兼ね合いもあるため、まずは不動産会社に物件を見てもらい、修繕や修復をした方がいいのか相談するといいでしょう。多くの修繕必要箇所などがある場合など、現状のままで買取をしてくれる不動産会社を探すほうがいいケースもあります。

マンションの成約を決めるのは不動産会社による販売活動力が大きいため、リフォームの必要性の最終的判断は不動産会社になります。

マンション売却を依頼した不動産会社には、成約事例や経験などを元にアドバイスしてもらうといいでしょう。

不動産売却に対応する優良な不動産会社を見つけるには?

ここまで説明してきた不動産売却は、あくまで一例となっています。

正確な売却金額を知るためには、売却前に「売却査定」を受ける必要があります。

そのとき大事なのが、複数社に査定依頼して必ず「比較検討」をするということ!

「調べてみたもののどの会社が本当に信頼できるか分からない…」

「複数社に何回も同じ説明をするのが面倒くさい...。」

そんな方は、簡単に無料で一括査定が可能なサービスがありますので、ぜひご利用ください。

無料の一括査定はこちら>>

一生のうちに不動産売却をする機会はそこまで多いものではありません。

後悔しない、失敗しない売却をするためにも、不動産会社選びは慎重に行いましょう!

一括見積もりを依頼する