1. ハピすむトップ
  2.  > 
  3. 不動産売却
  4.  > 
  5. 家・一戸建て売却
  6.  > 
  7. 戸建住宅を業者買取にて売却する場合のポイントは?

キーワードから探す


2019年02月21日更新

戸建住宅を業者買取にて売却する場合のポイントは?

生活環境の変化などで戸建てを手放す必要がある場合、戸建て住宅を買取業者へ売却するときどのようなことに注意すればいいでしょうか。今回は戸建て住宅を「買取」で売却するときのポイントやメリット・デメリットなどをご紹介します。

  • 【監修者】株式会社worth style home 濵田昭平
  • この記事の監修者
    株式会社worth style home
    濵田昭平
    代表取締役

戸建て住宅の売却方法である「買取」とは

戸 建 買取

戸建て住宅の売却方法である「買取」とはどのような特徴があるのでしょうか。

戸建て住宅の売却方法である「仲介」と「買取」の違い

「仲介」とは不動産会社に仲介を依頼し、販売活動などを経て買い手を探す不動産の売却方法です。

一方「買取」とは該当物件の販売活動などを行わず、不動産会社や買取会社に直接不動産を売却する方法です。

「仲介」は不動産を売却する相手が「一般の買い手」なのに対し、「買取」は売却する相手が「業者」と覚えておくと分かりやすいでしょう。

戸建て住宅の売却方法である「買取」のメリットとデメリット

戸建て住宅の売却方法である「買取」のメリットは以下の通りです。

「買取」のメリット

  • 「仲介」に比べて短期間での売却が可能
  • 短期間で物件を売却、現金化できるため資金計画を立てやすい
  • 瑕疵担保責任
  • ※が免責になる
  • ※瑕疵担保責任とは、売買契約から一定期間の間に起きた住宅設備などの不具合について売主が責任を負わなければならないこと
  • 買取業者が一度査定すれば、内覧を行う必要がない
  • 職場や近所など物件を売却する情報を知られずに売却ができる
  • 業者と直接契約するため、仲介手数料がかからない

一方、戸建て住宅の売却方法である「買取」のデメリットを見ていきましょう。

「買取」のデメリット

  • リフォームし付加価値を付けて再販することを前提にしているため、売却価格が「仲介」に比べて一般的に低い
  • リフォーム費用や粗利益などを差し引いた金額が売却価格となる
  • 事業リスクがある場合、借入金利などを計算した上で買取価格を決めるケースがある
  • 「仲介」による売却価格に比べ約70~80%の価格になる場合が多い
  • 新築や築浅物件は「仲介」と比べるとさらに売却価格が低くなる

業者買取の種類について

「買取」には、「即時買取」と「買取保証」があります。「即時買取」とは、市場への販売活動などを行わず買取業者に即時買取をしてもらう方法です。

売りたいときすぐに売却することができるため、時間がなくすぐに現金化したいときに向いている方法だと言えるでしょう。

一方「買取保証」とは市場で一定期間販売活動を行い、期間中に買手が見つからず成約に至らなかった場合、業者と事前に約束した売却価格で買い取ってもらう方法のことです。

「買取保証」の場合、売却期間を設けるため「即時買取」より売却価格が高くなる傾向にあります。売却時に時間に余裕がある場合に向いている方法だと言えるでしょう。



戸建て住宅を業者買取にて売却する際のポイント

戸 建 買取

ここでは戸建て住宅を業者買取にて売却する際のポイントをご紹介します。

業者買取に向いている戸建て住宅の特徴

業者買取に向いている戸建て住宅の特徴とはどのようなことがあるのでしょうか。それぞれ詳細を見ていきましょう。

築20年超の建物として価値が低い住宅

築20年を超えている建物の場合、建物としての価値はほとんどなく実質土地のみの値段になるケースが多くなります。

業者買取では、リフォームやリノベーションなどをする事を前提として買付ている場合がほとんどですので、建物の状態が値段に影響することは少ないでしょう。

また、築20年超の物件を「仲介」で売却した場合、仮に買手が見つかったとしても経年劣化で瑕疵が発生する恐れがあります。

その場合、売主が費用などの負担をしなければならないため、売却後の瑕疵担保責任のリスクが高くなる可能性があるでしょう。

敷地面積が周囲の住宅の面積と違いすぎる住宅

敷地面積が周囲の住宅の面積より大きすぎると維持管理が大変なため、買い手が現れない可能性があります。

一方、敷地面積が周囲の住宅より狭ぎても再建築の際に制約がかかってしまうことがあり、需要は少ないでしょう。

そのため、敷地面積が周囲の住宅の面積と違いすぎる住宅は、業者買取の方がふさわしいと言えます。

増改築済みである住宅

過去に増改築をしている住宅の場合、建築基準法の容積率をオーバーしていて違法建築である場合があります。

増改築が違法建築と認められた場合、購入時の住宅ローンが通らない可能性があるため、購入する際は現金一括で支払わなければなりません。

そのため、「仲介」で成約するためには売却費用を安くする必要があり、成約までに時間がかかってしまう可能性があります。

戸建て住宅を業者の買取で売却する場合の注意点

戸建て住宅はマンションのように修繕費を積み立てて建物の検査や修繕を行うことがないため、マンションに比べて経年劣化が著しい場合が多いことがあります。

特に査定時に梁や柱などの基礎や構造が傷んでいた場合、その部分を修復した費用が買取時の売値から差し引かれるケースもあります。

戸建て住宅をいずれ業者に買い取ってもらいたいと考えている場合は、家の修復履歴などを作成したり物件の状態を調査するインスペクションなどをして、構造上に問題がないか確認しておくといいでしょう。

戸建住宅を高く売却するには正確な市場価格を知ることが大切

次に戸建て住宅を業者買取にて高く売却する方法をご紹介します。

戸建て住宅を業者買取するときにはまず、複数の買取業者に売却価格の見積りを依頼します。そして、自分が納得する価格で買い取ってくれる業者を見つけたら、成約という流れになります。

査定依頼をする際、複数の買取業者に査定を依頼する「不動産一括査定サービス」があります。

「不動産一括査定サービス」とはインターネットで無料で行うことができるサービスで、一度物件の詳細を入力するだけで複数の買取業者に物件の査定依頼をすることができます。複数社から査定額の提示を受けることができますが、相場とかけ離れた高い金額提示をして、売却活動依頼を受けようとする無用な競争などが発生するため、利用は避けた方がいいでしょう。

価格査定依頼の際は、新築時の図面や修繕履歴などが記載された資料を準備すると良いでしょう。

また、築年数が古く新築時の図面などが手元にない場合は、建築士に住宅診断などを依頼します。住宅診断の結果によって耐久性が認められた場合、買取価格に影響が出る可能性もあります。

高い売却価格をつけたとしても市場価格と大きな差があれば買い手が見つかりにくくなるため、物件の市場価格をしっかりと把握し、それに見合った売却価格をつけることが戸建て住宅を高く売るポイントとなるでしょう。

不動産売却に対応する優良な不動産会社を見つけるには?

ここまで説明してきた不動産売却は、あくまで一例となっています。

正確な売却金額を知るためには、売却前に「売却査定」を受ける必要があります。

そのとき大事なのが、複数社に査定依頼して必ず「比較検討」をするということ!

「調べてみたもののどの会社が本当に信頼できるか分からない…」

「複数社に何回も同じ説明をするのが面倒くさい...。」

そんな方は、簡単に無料で一括査定が可能なサービスがありますので、ぜひご利用ください。

無料の一括査定はこちら>>

一生のうちに不動産売却をする機会はそこまで多いものではありません。

後悔しない、失敗しない売却をするためにも、不動産会社選びは慎重に行いましょう!