キーワードから探す


  1. ハピすむ:不動産売却
  2.  > 
  3. 不動産売却のノウハウ
  4.  > 
  5. 不動産売却における見積もり査定について詳しく解説!

2020年06月26日更新

不動産売却における見積もり査定について詳しく解説!

不動産売却時の査定ではどのようなことが行われているのでしょうか?見積もりの取り方や査定の方法、査定の際に準備しておくべきことなどの説明と、一括査定サイトで査定を依頼する場合のメリットについてご紹介します。

  • 【監修者】株式会社worth style home 濵田昭平
  • この記事の監修者
    株式会社worth style home
    濵田昭平
    代表取締役

不動産売却における見積もりや査定の種類について

不動産 売却 見積もり

不動産売却時に行う査定および見積もりには、どのようなものがあるのでしょうか?

無料で依頼することができる不動産査定と見積もり

不動産会社などでは、査定や見積もりを無料で行っている場合があります。

これは、自社で物件を仲介してもらうことを目的として行われているもので、見積もり費用を経費として計算することで費用が無料となっているものです。

基本的に有料の場合と同じ手順で査定を行うため、見積もり内容については有料の場合とあまり変わりません。

ただ、物件の相場がわからない場合などは単一の業者に査定を依頼して見積もりを出してもらっても価格感を掴むことができませんので、不動産一括査定サービスを利用して相見積もりをとると良いでしょう。

査定にはどのような方法があるのか?

査定の方法については「机上査定」と「訪問査定」の2種類です。

机上査定では、書類などの情報から査定結果を導き出すため、短期間で見積もりが得られますが、査定価格の正確性がやや低くなります。

訪問査定については、実際に現地を訪れた上で周辺環境などについても調査を行いますので、より詳細な見積もりを得ることが可能です。

ただし、調査に時間がかかるため、見積もりがでるまでに時間がかかる点には注意しておきましょう。

注意点として、無料査定で得られる見積もりは遺産相続などで税務署や裁判所に対して提示する証拠資料にはなりません。

不動産売却における有料での査定や見積もりについて

有料の場合も無料査定と手順自体は変わりません。

有料査定の場合は不動産会社ではなく、専門の資格を持った不動産鑑定士に依頼して調査を行っていきます。

有資格者による調査のため、税務署や裁判所に対しての証拠資料として使用することが可能です。

また、有料査定の場合は不動産会社が間に入らないため、親子間で売買する場合や、法人間で売買する場合など、直接取引で相場より安価に値引きしたい場合などに向いています。

不動産会社に見積もりや査定を依頼する前にやっておくべきことは?

見積もりや査定を依頼する前には、やっておくべきことについて紹介します。

物件情報サイトで売却したい物件と似た条件の物件の相場を調べておく

インターネットで公開されている不動産売買サイトなどを利用し、売却したい物件の近隣地域で似たような物件がどの程度の価格で売買されているか調べておきます。

築年数や最寄り駅、間取りなど、できる限り近いものを選ぶとより参考となるでしょう。

延べ床面積などが近いものが無い場合は、平方メートルあたりの単価や坪あたりの単価で比較します。

注意点として、物件情報サイトに掲載されている価格はあくまでも売主の希望価格のため、その値段で売れるとは限りません。

サイトによっては成約価格を調べることができる場合もありますが、希望価格のみの場合は、あくまで目安として考えると良いでしょう。

また、リノベーションやリフォーム済みの物件は同程度の物件に比べ、比較的高い価格で取引されることが多いようです。

地価に関する情報を公的なサイトで調べておく

国税庁のサイトでは、毎年路線価が公示されていますし、国土交通省でも公示地価が掲載されています。

これらの情報を参考にすることで、ある程度土地価格の相場を把握することが可能です。

ただし、土地の価格は周辺環境や土地の形状によっても大きく変わるため、あくまで参考として考えておきましょう。



不動産の売却査定額が決まるポイントとは?

不動産の売却査定額はどのような判断基準で決まるのでしょうか?

一般的な査定で使用されている基準について見てみましょう。

物件の売却時に不動産会社が注意するポイントは?

不動産会社に査定を依頼した場合、査定の基準となるのは近隣物件の取引事例、公示価格や路線価、立地条件、物件の状態などです。

取引事例による査定では、各不動産会社が自社で販売した実績を元にして価格を決めていきます。

そのため、地域密着型で近隣物件の販売実績が多い方がより正確な査定結果を得ることができるでしょう。

公示地価や路線価については、あくまで基本となる価格帯を決定するために用いられます。

南向きであったり土地の形状が建築に適していたりなどのプラスのポイントが、その物件には無い場合は、基本となる価格帯とあまり変わらない見積もりとなるでしょう。

立地条件については、駅が近い、近隣に公的施設がある、店舗などが豊富といった付加価値があるとより良い査定結果が得られます。

駅からの距離は立地条件の中でも特に注目するポイントです。

物件の条件については、通常の間取りならそれほど注目はされませんが、ロフトが付いていたり、広い収納があったりといった、買い手に人気があるポイントについて見ていきます。

不動産の価格はどうやって査定されているのか?

一般的な不動産の査定では、取引事例を比較して査定を行う「取引事例比較法」、新築時の価格に減価修正を行う「減価法」、賃貸用不動産などで多く用いられる、収益を基準として価格を割り出す「収益還元法」があります。

居住用の不動産の場合は、取引事例比較法が主に用いられますが、取引事例についての情報が少ない場合などには、減価法と併用して査定を行う場合もあるようです。

実際の査定では、これらの査定法を利用して基準となる価格を決め、立地条件やリノベーションの有無などといった付加価値を考慮して査定価格を決定します。

この見積もり手順については、大手不動産会社でも地域密着型の小規模な不動産会社でも基本的な部分は変わりません。

不動産会社としては、売れる見込みがある価格を付けていますので、会社によっては地域密着型の方がより高い価格で売れるかもしれませんし、大手の方が顧客の母数が多いため、有利な条件で売れる可能性もあります。

会社選びの際には、相見積もりを行って色々な不動産会社を比較してみると良いでしょう。

不動産売却で不動産会社へ見積もりや査定を依頼する際に注意すること

不動産 売却 見積もり

不動産会社に見積もりを依頼する際に注意しなければならない点についてご紹介します。

無料見積もり査定では査定額より実際の売価が下がるケースがある

無料査定は、不動産会社と契約する前に行うのですが、不動産会社の収入源となる仲介手数料を確保するために、査定額を高めに提示して契約を勝ち取ろうとする場合があります。

このような場合には、本来の査定額より高い額が提示されるため、実際の売価は査定額より下がってしまうのです。

また、買取契約の場合でも、物件を手に入れるために査定額を高めに提示し、契約交渉で値下げを要求してくる場合もあります。

複数の不動産会社に査定を依頼し、相見積もりを取れば、不自然な価格を提示した業者が見つけやすくなるため、より安全に取引を行うことができるでしょう。

見積もりや査定で適切な不動産会社を選ぶためのチェックポイント

ここまでの記事でご紹介した内容から、査定や見積もりを不動産会社に依頼する際のチェックポイントをまとめてみましょう。

  • 不動産会社に見積もり査定を依頼する前に自分で広告などから近隣地域の相場を調べておくこと。
  • 不動産会社が近隣の物件情報を把握しており、相場に見合った査定額を提示していること。
  • 物件の近隣地域でどのような販売実績があるか提示できる不動産会社であること。
  • 不動産物件の査定額について納得できる根拠と説明ができること。

不動産の売却を行う際には、以上のことに注意し、満足できる不動産会社を選びましょう。

相見積もりを一括査定サービスで依頼するメリットとは?

インターネット上では、さまざまな不動産一括査定サイトが運営されています。

このような一括査定サイトを利用すると、どのようなメリットがあるのでしょうか?

一括査定サイトでは、最初に物件の情報などを記入するのですが、この記入した情報は登録されている査定業者、不動産会社に一括で送信されます。

つまり、個別に入力作業や問い合わせ作業を行う手間を省ける点がメリットです。

また、机上査定によって作られた査定額、見積もりは平均約3日で返信されるため、査定結果の比較を行いやすい点もメリットでしょう。

その他にも、問い合わせ時の対応や、質問への返信スピードなど、査定以外の部分についても比較することができます。

さらに、一括査定サイトでは大手不動産会社と地域密着型の不動産会社に同時に査定を依頼することができるため、大手と地元企業との違いを一目で判断することができる点も魅力だと言えるでしょう。

しかしながら多くの業者から連絡がきての対応に追われる懸念や、査定価格での価格競争などが発生する点などが注意点です。

不動産売却に対応する優良な不動産会社を見つけるには?

ここまで説明してきた不動産売却は、あくまで一例となっています。

正確な売却金額を知るためには、売却前に「売却査定」を受ける必要があります。

そのとき大事なのが、複数社に査定依頼して必ず「比較検討」をするということ!

「調べてみたもののどの会社が本当に信頼できるか分からない…」

「複数社に何回も同じ説明をするのが面倒くさい...。」

そんな方は、簡単に無料で一括査定が可能なサービスがありますので、ぜひご利用ください。

無料の一括査定はこちら>>

一生のうちに不動産売却をする機会はそこまで多いものではありません。

後悔しない、失敗しない売却をするためにも、不動産会社選びは慎重に行いましょう!

一括見積もりを依頼する