キーワードから探す


  1. ハピすむ:不動産売却
  2.  > 
  3. 不動産売却のノウハウ
  4.  > 
  5. 不動産の売却を依頼する業者の選び方を解説!

2020年06月26日更新

不動産の売却を依頼する業者の選び方を解説!

不動産売却を成功させるためには、信頼ができて営業能力が優れている不動産会社を見つけることが大切です。不動産の売却を行う業者には大手や中小業者などがあり、それぞれに特徴があります。今回は不動産会社の特徴や業者の選び方などをご紹介します。

  • 【監修者】株式会社worth style home 濵田昭平
  • この記事の監修者
    株式会社worth style home
    濵田昭平
    代表取締役

不動産売却時に知っておきたい不動産会社の特徴

不動産 売却 業者 の 選び方

不動産会社には大きく分けて「大手不動産会社」「フランチャイズの不動産会社」「地域密着型の不動産会社」の3つがあります。それぞれどのような特徴があるのか見ていきましょう。

大手不動産会社の特徴

大手不動産会社の特徴は何と言ってもその知名度でしょう。

全国展開している不動産会社もあり、ある大手不動産会社では物件保有件数が賃貸で約600万件以上、中古マンションは約10万件以上あると言われています。

大手不動産会社ではブランド力を生かした広報戦略を行うため、物件の売手・買手ともに集まりやすい環境にあります。

また、大手不動産の場合、従業員も多く営業するスタッフも多いため対応がスピーディーであることも特徴だと言えるでしょう。

その他にも、大手不動産会社ならではの販売力で広告費をかけた販売促進を行うケースが多いようです。

また大手不動産会社の場合全国的に店舗があり情報を共有しているため、遠方の物件を現地に行かずに探すこともできます。

一方、大手不動産会社は地方の詳細な情報を把握しきれないところもあるため、地方の不動産情報に疎い場合があります。

フランチャイズの不動産会社の特徴

フランチャイズの不動産会社とは、もともと地域密着型だった中小不動産会社が、大手不動産会社のフランチャイズに加盟し、大手の看板を借りて営業している不動産会社のことです。

昔からそのエリアで営んでいた不動産会社が多いため、地域の不動産情報に詳しい上に大手の看板もあり、集客しやすく買手が見つかりやすいのが特徴です。

しかし、集客できても会社の規模としては中小の不動産会社なので従業員数が少なく、多くの案件を抱えているため対応に時間がかかることがあるとも言われています。

地域密着型の不動産会社の特徴

地域密着型の不動産会社は、その地域の不動産情報に精通しているのが特徴です。

エリアを絞って営業活動を行うため、担当する地域の情報量は大手より多いと言われています。

地域密着型の不動産会社の場合、一人ひとり丁寧に時間をかけて接客する不動産会社も多く、不動産額の精度が高くなったり融通が利きやすくなる傾向にあります。

しかし、一方で大手に比べて販売活動が控えめになるため買手が集まりにくかったり、対応が遅くなったりする可能性があります。

また、担当する地域が限られるためエリア外の情報には疎くなってしまう傾向があるようです。



不動産の売却を依頼する業者のおすすめの選び方

不動産 売却 業者 の 選び方

不動産売却を依頼する業者のおすすめの選び方をご紹介します。

不動産会社一括査定サイトを利用して選ぶ

同時に複数の不動産会社に査定が出来る一括査定サイトは、利用することで様々なメリットを受けることができます。

具体的にどのようなメリットがあるのか見ていきましょう。

一括査定サイトを利用することで対応の違いや相場がわかる

まず、一括査定サイトを利用することで不動産会社各社の対応の違いや相場がわかります。

1社のみの査定を依頼する場合、売却価格の見積りも1パターンしかないため安いのか高いのかを比較検討することができません。

その点、一括査定サイトは一度入力するだけで複数の売却価格の見積りを知ることができ、より正確に不動産の相場を知ることができるでしょう。

一括査定を依頼すると不動産会社同士が競争を意識する

一括査定サイトに依頼する場合、不動産会社同士がそれぞれ選んでもらえるように競争を意識します。

すると、不動産会社は選んでもらえるように高めの査定額を提示する可能性があります。

各社が競争を意識するため極端な査定額が出にくい

1件の不動産会社のみに問い合わせをした場合、それが極端な査定額なのか分かりにくいことがあります。

しかし、不動産会社各社が競争を意識するため極端な査定額を出しにくい状況になります。

各社を競合させることで売却価格のつり上げが可能

不動産会社各社選んでもらいたいため、売却価格をつり上げることが可能です。

しかし、実際その値段で売却できるかは、不動産会社の販売力や市場の状況次第になるでしょう。

一括査定サービスを利用すると仲介手数料が安くなるケースがある

一括査定サービスを利用すると仲介手数料が安くなったり無料になるケースがあります。

このようなサービスを受けられるだけでも、一括査定を依頼するメリットがあるのではないでしょうか。

不動産売却を得意とする不動産会社を選ぶ

不動産会社には得意・不得意な分野があるため、不動産売却を得意とする不動産会社を選ぶようにしましょう。

具体的にどのようなことを基準に選べばいいのでしょうか。

不動産会社の店舗先の物件情報で賃貸が多い場合は候補から除外する

不動産会社の店舗先に掲載してある物件情報に「賃貸」の物件が多い場合、不動産の「売却」はあまり得意ではない可能性があります。

売却が不得意な不動産会社の場合、不動産売却の依頼をしても積極的に行動してくれないことがありますので候補から除外するといいでしょう。

不動産会社のホームページで不動産売却の情報が豊富にあるかチェックする

次に不動産会社のホームページで不動産売却の情報が豊富に掲載してあるかチェックします。

ホームページに不動産売却の実績や仲介を大々的に広告している場合は、不動産売却に得意な不動産会社の可能性が高いでしょう。

不動産会社のホームページで営業活動の仕方などから販売能力をチェックする

不動産会社のホームページでは営業活動の仕方などもチェックすることができます。

その不動産会社に依頼したらどのような営業活動を行うのか、不動産売却の流れや営業方法を見て販売能力をチェックしましょう。

不動産業者の対応を見て選ぶ

不動産売却を依頼する不動産会社と売主は、信頼関係を築く必要があります。

不動産売却を任せられるような不動産会社を選ぶためには、どのようなことをチェックすればいいのでしょうか。

売主の話をよく聞いてくれる担当者がいる不動産会社を選ぶ

まず売却方法や価格など売主の希望をよく聞いてくれる担当者がいる不動産会社を選びます。

担当者は話を聞いたうえで、売主の希望を叶えられるように動いてくれるでしょう。

査定の根拠や売却の戦略など説得力を感じられる不動産会社を選ぶ

不動産を査定した際の根拠や売却の戦略などに説得力を感じられたり、担当者の熱意が伝わることがあったら、その不動産会社は信頼できる可能性が高いでしょう。

反対に、あまり親身になって対応してくれないと感じる不動産会社は相性があまりよくない可能性があるためおすすめしません。

机上査定と訪問査定とは?

売却価格の査定を行う場合、「机上査定」と「机上査定」の2つの方法があります。

「机上査定」とは、データや概要を元にして簡易的に不動産を査定する方法です。

簡易的ですが、市場の相場などを元にして査定するため妥当性のある算出方法と言えます。

一方、「訪問査定」とは机上査定の際に使われるデータに加え、該当する物件に出向き物件の状態を目で見て確かめた上で査定価格を出す方法のことです。

訪問査定を利用することで対応力がチェックできる

訪問査定では実際に不動産会社の担当者が訪れるため、分からないことや不安なことなどできるだけ多くの質問をして、どのような対応をするのかチェックするといいでしょう。

その際、分かりやすく真摯に答えてくれる担当者であれば信頼できる可能性が高くなります。

訪問査定を利用することで精度の高い査定価格がわかる

訪問査定は、物件情報だけでなく近隣の状況や室内の状況なども査定価格に反映されるため、より売却に適正な価格を知ることが可能です。

できる限り積極的に訪問査定を利用しましょう。

訪問査定時の担当者が宅地建物取引主任者であるか確認する

不動産取引をする上で欠かせない資格が「宅地建物取引士資格」です。

国家資格者であり、不動産会社を営業するには1人以上在籍していなければなりません。

この資格を所有する人は不動産の知識が豊富なことを表すため、不動産売却において信頼性が高くなります。

不動産会社の担当者が全員この資格を持っているわけではないので、訪問査定時に名刺をもらったら宅地建物取引主任者かどうか確認するといいでしょう。

公的な情報を利用して不動産会社を選ぶ

最後に公的な情報を利用して不動産会社を選ぶ方法をご紹介します。

免許番号とは?

免許番号とは、不動産の売買や仲介を行うために必要な宅地建物取引業の免許のことです。

免許番号の( )内の数字は更新回数を表します。免許の更新は5年ごとに行われ、( )内の数字が多いほど営業歴が長くなります。

不動産会社のホームページなどで免許番号を確認する

不動産会社の免許番号はホームページや広告などに記載されているため、簡単に確認することができます。不動産会社を選ぶときの参考にするといいでしょう。

国土交通省のサイトで不動産会社の行政処分情報が確認できる

国土交通省のサイトでは、不動産会社の本拠地や他事業の兼業状況、過去の行政処分状況などを確認することができます。

これらの情報だけで不動産会社の善し悪しを判断することはできませんが、あくまでも不動産選びの情報の一つとして活用するといいでしょう。

不動産売却に対応する優良な不動産会社を見つけるには?

ここまで説明してきた不動産売却は、あくまで一例となっています。

正確な売却金額を知るためには、売却前に「売却査定」を受ける必要があります。

そのとき大事なのが、複数社に査定依頼して必ず「比較検討」をするということ!

「調べてみたもののどの会社が本当に信頼できるか分からない…」

「複数社に何回も同じ説明をするのが面倒くさい...。」

そんな方は、簡単に無料で一括査定が可能なサービスがありますので、ぜひご利用ください。

無料の一括査定はこちら>>

一生のうちに不動産売却をする機会はそこまで多いものではありません。

後悔しない、失敗しない売却をするためにも、不動産会社選びは慎重に行いましょう!

一括見積もりを依頼する