キーワードから探す


  1. ハピすむ:不動産売却
  2.  > 
  3. マンション売却
  4.  > 
  5. マンション売却時におすすめな仲介業者の選び方を解説!

2020年07月02日更新

マンション売却時におすすめな仲介業者の選び方を解説!

マンションを売却する場合、どうやって仲介を依頼する不動産業者を選ぶと良いのでしょうか?大手や中小、フランチャイズなど、企業規模別の不動産業者の特徴と、不動産業者の比較方法、おすすめの不動産業者の選び方についてご紹介していきます。

  • 【監修者】株式会社worth style home 濵田昭平
  • この記事の監修者
    株式会社worth style home
    濵田昭平
    代表取締役

マンション売却時に知っておきたい仲介業者の特徴

マンション 売却 おすすめ 業者

大手不動産会社の特徴

大手不動産会社の特徴は、なんといっても会社そのもののブランド力の高さです。

さまざまな媒体で宣伝活動を行っているため、知名度が高く、買い手や売り手も集まりやすいでしょう。

また、従業員数も多く、営業担当者も豊富なため、比較的対応もスピーディで、物件取り扱い数が多いことから、宣伝活動も活発です。

反面、物件数の少ない地方では情報不足となりやすく、苦手としている場合もあります。価格帯が安めな場合、新人営業が担当となることもあるので注意が必要です。

フランチャイズ型の不動産会社の特徴

フランチャイズ型の不動産会社とは、地域密着型の不動産会社が大手不動産会社グループに参加し、店舗名を借りて営業している業態です。

大手のブランド力と広告力、地域密着型の情報力が魅力ですが、従業員数が大手に比べて少ないため、営業の手が回らず、対応が遅くなってしまう可能性があります。

地域密着型の不動産会社の特徴

地域密着型の不動産会社は、1店舗または地域内のみのチェーン展開を行っている中小規模の不動産業者です。

地域内の不動産取引を中心に業務を行っていることから、情報の精度が高く、査定額もより正確に算出されるという特徴があります。

しかし、会社規模が小さく、ブランド力も大手に比べて少ないため、広告宣伝費が少なく告知力はやや弱いでしょう。

また、従業員も少ないため、繁忙期などに相談すると、対応が遅くなってしまう可能性がある点には注意しなければなりません。

マンションを売却する際におすすめな業者の選び方

不動産一括査定サイトを利用して選ぶ

インターネット上では、複数の不動産会社に不動産の査定を依頼することができるサービスが展開されています。

このサービスを利用することにより、相見積もりを行っているのと同様の効果が生まれ、不動産業者間で価格競争やサービス競争が起こり、相場から極端に乖離した査定結果が出にくくなるでしょう。

また、不動産業者は契約による仲介手数料が収入源のため、契約を取れるよう売却価格が高くなる傾向もあると言われています。

一括査定サービスを利用することにより、仲介手数料の値下げを受けられる業者もありますので、マンション売却を行う際には、まず一括査定サービスを利用すると良いでしょう。

一括査定サイトでは、比較のために3社以上、地方のマンションの場合はそれよりさらに多くの業者に査定依頼を行うことで、より精度の高い情報を得ることができます。

マンション仲介を得意としている業者を選ぶ

不動産会社によってマンションや一戸建てなど、得意としている分野があります。

そのため、マンションを売却する場合は、できるだけマンションの売買を得意としている不動産会社を選ぶと良いでしょう。

マンションの売買を得意としている業者なら、購入希望者からマンション探しの問い合わせが中心となるため、早い段階で買い手が見つかる可能性が高いと考えられます。

仲介業者の評判や口コミから選ぶ

インターネット上では、仲介業者の評判や口コミを投稿できるサイトがあります。

こういったサイトで自己の物件に近い条件の物件を売却した人を探し、口コミなどを参考にしてみると良いでしょう。

また、業者のサイトには今まで利用した顧客の感想などが掲載されていることもありますので、こちらも参考にして仲介業者の評判を確かめるのもおすすめです。

ただ、口コミはあくまで利用者の主観が元となっているものですので、全ての口コミを鵜呑みにするのは避けた方が良いでしょう。

マンション売却に関するある程度の知識を調べておけば、評判や口コミなどの内容が正しいかどうか見極めることができ、より正確な情報を得ることができます。

仲介業者の対応を比較して選ぶ

仲介業者選びでは、売却価格が高い業者を選ぶことよりも、信頼できる業者を選ぶことも重要です。

市場で反応のない高すぎる価格で売却活動を開始しても、販売期間が延びるだけで売主メリットがありません。

売主の話を良く聞き、希望に添った対応を行ってくれる担当者がいる、査定結果について納得できる根拠を提示してくれる、販売戦略について説得力があることなどを重視しましょう。

また、査定については、過去のデータや物件情報などから簡易的に査定を行う「机上査定」と、実際に現場を訪問して査定を行う「訪問査定」とがあります。

机上査定の場合は電話やメールで担当者とのやりとりとなりますが、訪問査定なら実際に担当者と顔を合わせることができるため、より詳しく対応について知ることができるでしょう。

訪問査定の際には担当者の名刺に「宅地建物取引主任者」の記載があるかどうかについても確認しておいてください。

宅地建物取引主任者とは、不動産業に必要な国家資格で、不動産業者では一定数の資格取得者を雇用する義務があります。

つまり、宅地建物取引主任者とは、不動産売買においての十分な知識があるという証明となり、より正しい査定結果が得られる可能性が高いと考えられます。

公的な情報を利用して仲介業者を選ぶ

不動産に関係する業種では、さまざまな情報が公的機関から公開されています。

まず、不動産業では「宅地建物取引業免許」というものの交付を受ける必要があり、サイトや広告にはこの免許番号が記載されていますので、業者選びの際にはまずこの数字を確認しておくと良いでしょう。

宅地建物取引業の免許番号には、「(1)」のようにカッコで囲まれた数字がありますが、これは免許を何度更新したかを表しており、数字が大きければ大きいほど営業年数が長いということになります。

また、宅地建物取引業免許については、国土交通大臣によるものと、都道府県知事によるものとがあり、店舗が複数の都道府県の場合は国土交通大臣、1つの都道府県にのみ店舗がある場合は都道府県知事によって交付される仕組みです。

つまり、免許の交付元については、営業規模以外の違いはないと考えて構いません。

その他にも、国土交通省のサイトには「ネガティブ情報等検索システム」というものが公開されており、不動産業者が今までどのような行政処分を受けたかを検索することができます。

この情報については、直近数年で行政処分を受けた場合は警戒が必要ですが、行政処分の数が少なく、処分後に長期間追加処分を受けていない場合はそれほど心配する必要はないでしょう。

これは、行政処分後に問題点を改善し、対応を健全化していることが予想されるためです。



マンションの売却方法の違いとおすすめの選び方

マンション 売却 おすすめ 業者

仲介による売却の特徴

「仲介」とは、不動産会社と契約し、買主を探してもらう一般的な不動産売買で主に用いられている方法です。

売買後に仲介手数料を支払う必要がありますが、原則として売主と買主の間で売買契約を結ぶ仕組みのため、余計な経費がかからず、物件を市場価格に近い価格で売却することができます。

しかし、仲介では買主が見つかるまで物件を売却することができないため、買取の場合と比べて契約が成立するまで比較的時間がかかります。

そのため、仲介による不動産の売却は、ある程度売却期間に余裕を持っておいた方が良いでしょう。

買取による売却の特徴

「買取」とは、不動産会社や不動産買取業者と売買契約をし、物件を直接売却する方法です。

仲介と違い、買主を探す必要がないため、仲介手数料がかからず、早期に物件を売却することができます。

しかし、買取を行う業者には購入した物件が売れるまで税金等の経費がかかり、場合によってはリフォーム工事や修繕工事を行う必要が出てくるため、これらの費用を見越して買取価格はやや安価に設定される傾向があります。

そのため、物件の状況にもよりますが、概ね市場価格の約3割減が買取の売却価格の相場です。

また、買取では、買取価格の違いはありますが、事故物件や痛みの激しい物件に付いても売却することができますので、仲介での売却が難しい物件は買取を選ぶと良いでしょう。

マンションの売却期間をある程度取れる場合については、最初に仲介で販売活動を開始し、売却期限が来たら買取に切り替えるという手法もあります。

この手法なら、仲介中に買主が見つかればある程度の価格で売却することができますし、もし買主が見つからなかったとしても、期限内に売却を済ませることができます。

不動産売却に対応する優良な不動産会社を見つけるには?

ここまで説明してきた不動産売却は、あくまで一例となっています。

正確な売却金額を知るためには、売却前に「売却査定」を受ける必要があります。

そのとき大事なのが、複数社に査定依頼して必ず「比較検討」をするということ!

「調べてみたもののどの会社が本当に信頼できるか分からない…」

「複数社に何回も同じ説明をするのが面倒くさい...。」

そんな方は、簡単に無料で一括査定が可能なサービスがありますので、ぜひご利用ください。

無料の一括査定はこちら>>

一生のうちに不動産売却をする機会はそこまで多いものではありません。

後悔しない、失敗しない売却をするためにも、不動産会社選びは慎重に行いましょう!

一括見積もりを依頼する