1. ハピすむ:不動産売却
  2.  > 
  3. 不動産売却のノウハウ
  4.  > 
  5. 収益不動産を高く買取ってもらうには?

2021年05月27日更新

収益不動産を高く買取ってもらうには?

収益不動産を売りに出したい場合「買取」と「売却」の2種類の方法があります。また収益不動産の買取について詳細を知ることで収益不動産の買取時に役立たせることができます。今回は収益不動産についてや高く売れる物件についてご紹介します。

  • 【監修者】株式会社worth style home 濵田昭平
  • この記事の監修者
    株式会社worth style home
    濵田昭平
    代表取締役

不動産の買取とは

収益 不動産 買取

所有する不動産を売りに出したい場合、「買取」と「売却」の2種類があります。

不動産の買取とはどのようなことなのか見ていきましょう。

不動産の買取について

不動産の買取とは、不動産の買取を専門とした不動産会社や企業が買い手となり、物件を直接買い取ることを言います。

不動産売却との違い

不動産「買取」と「売却」の違いは、買取は不動産会社などの買取業者と直接売買契約を結びますが、売却は不動産会社が「仲介」して買い手を探し、購入者との契約を媒介して不動産を売却します。

買取の場合は相手が不動産会社などの買取業者で、売却の場合は相手が最終消費者(不動産購入者)と覚えると分かりやすいでしょう。

築年数が古い、手入れがされていない不動産で、フルリフォームが必要な物件や不要資産が買取向きな物件といえます。

不動産買取のメリット、デメリット

「売却」と比較したときの不動産買取のメリット、デメリットは以下の通りです。

【不動産買取のメリット】

  • 査定次第見積りが出るため短期間で売却できる場合が多い
  • 不動産会社が見積もった金額が売却額になるため確実に買い取ってもらえる
  • 不動産会社と直接売買契約を結ぶため仲介手数料が発生しない

【不動産買取のデメリット】

  • 不動産会社などの買取業者はできるだけ安く買取たいため売却価格が安価になりやすい
  • 買取業者が限られるため複数の買取業者を見つけることが難しい
  • 買取業者が交渉してくるため相手の言いなりになりやすい

収益不動産について

次に収益不動産について詳しく見ていきましょう。

収益不動産とは

収益不動産とは、家賃収入など毎月一定の賃金収入がある投資目的の不動産のことを言います。

物件の種類は主に、アパート・賃貸マンション・テナントビルや投資目的で購入した物件などです。

運用目的で収益不動産を所有する人も多く、高利回りの収益不動産は安定した収入を得ることができるため近年注目されています。

収益不動産の収益方法

収益不動産の収益方法には、「インカムゲイン」と「キャピタルゲイン」があります。

  • インカムゲイン:家賃収入などの継続的かつ安定した現金を受け取ることができる収益のこと
  • キャピタルゲイン:所有する収益不動産を売却することで得られる収益のこと

インカムゲインの場合、ひと月の収入額はあまり大きくありませんが継続して毎月収入を得ることができるため安定した収入と言えます。

一方キャピタルゲインの場合、景気の動向や地価の上昇具合を見ながらタイミングを見て売却する方法のため、インカムゲインとキャピタルゲインを組み合わせて運用することもあります。

収益不動産で収益を得るためには、投資契約や不動産投資のリスクを考慮した上で運用する必要があります。

不動産に詳しい専門家などと相談しながら不動産運用をすると良いでしょう。



高く売れる収益物件は?

収益 不動産 買取

高く売れる収益物件は、いかにより多くの収益を生み出せるかがポイントです。

高く売れる収益物件のポイントをそれぞれ見ていきましょう。

ポイント1:将来性がある物件

収益物件の近くに大きな空き地や駐車場、事業予定地などがある場合将来大型の商業施設などの建築物が建設されるかもしれません。

その場合、地価が上がり賃料も値上がりする可能性があり高く売れるポイントになるでしょう。

その他にも、区画整理や計画道路などにかかる物件も将来保証金が入ったり、税金がほぼかからないなどのメリットがあるため高く売りやすくなります。

ポイント2:立地や環境が整っている物件

人気の土地や駅近く、学校やスーパーなどがある地域は需要があるため高く売れるポイントになるでしょう。

また、日当たりや物件から見える眺めもメリットです。

街の雰囲気やどのような人が住んでいるのか(ファミリー層なのか学生なのか)を下調べし、ターゲットにあうような物件が高く売りやすい物件になるでしょう。

ポイント3:中古や戸建て・マンションの場合

中古物件の場合は、リフォーム履歴やや修繕状況によって大きく変わります。水回りや設備機器が新しくコンディションがいい物件ほど高く売りやすいでしょう。

また、戸建ての場合ターゲットがファミリー層になることが多いため、収納や間取りの使いやすさが重視されます。

マンションの場合は間取りの他に共有部分も重視されるため、共有部分の充実度の高さも売れるメリットとなるでしょう。

不動産売却に対応する優良な不動産会社を見つけるには?

ここまで説明してきた不動産売却は、あくまで一例となっています。

正確な売却金額を知るためには、売却前に「売却査定」を受ける必要があります。

そのとき大事なのが、複数社に査定依頼して必ず「比較検討」をするということ!

「調べてみたもののどの会社が本当に信頼できるか分からない…」

「複数社に何回も同じ説明をするのが面倒くさい...。」

そんな方は、簡単に無料で一括査定が可能なサービスがありますので、ぜひご利用ください。

無料の一括査定はこちら>>

一生のうちに不動産売却をする機会はそこまで多いものではありません。

後悔しない、失敗しない売却をするためにも、不動産会社選びは慎重に行いましょう!

一括見積もりを依頼する