キーワードから探す


  1. ハピすむ:不動産売却
  2.  > 
  3. 不動産売却のノウハウ
  4.  > 
  5. 不動産売却時に買取会社を利用するメリット・デメリットは?

2020年07月02日更新

不動産売却時に買取会社を利用するメリット・デメリットは?

動産の売却には、買取会社に買取してもらう方法があります。聞き慣れない言葉かもしれませんが、不動産の状態によっては「買取」の方がよいケースもあります。大切な不動産を、適切な価格で売却できるように、「買取」についての知識を深めていきましょう!

  • 【監修者】株式会社worth style home 濵田昭平
  • この記事の監修者
    株式会社worth style home
    濵田昭平
    代表取締役

不動産の買取会社とは

不動産 買取 会社

不動産を手放す方法には「買取」と「仲介売却」があります。仲介売却は個人の買主が対象ですが、買取は、買取業者が取引対象となります。

街の不動産会社と買取会社の違い

一般の人にはあまり知られていませんが、世の中には「買取専門」の不動産会社が多く存在しています。

一般個人を相手に商売をしていないので、会社の存在を大々的にアピールしていません。

私たちが街で目にする不動産会社は、「仲介」を得意とした業者です。主に仲介手数料で利益を得ています。

一方の買取会社では、仕入れた土地を転売、運用して利益を得ています。

不動産の買取会社の特徴

買取会社では、物件を「売主から直接買取する」という方法で仕入れています。

買取した不動産は、自社でリフォームして売り出したり、開発してデベロッパーに売却したりして、運用しています。

不動産バブルといわれた時代には、買取による転売で利益を上げた不動産会社が多くみられました。

しかし、最近では転売よりも、運用に力を入れる買取会社が多くなっています。

転売・運用のどちらで利益を上げるのかは、買取会社によって違います。

しかし、共通するのは「不動産を現金で買い取れるほどの、豊富な資金力を持つ」会社であるということです。

不動産の買取には即時買取と買取保証がある

不動産の買取には、即時買取と買取保証という2種類の方法があります。それぞれの特徴は、以下の通りです。

即時買取とは

「即時」という言葉の通り、査定に時間をかけず、すぐに買取をする方法のことです。

急いで不動産を手放したい人には良い方法ですが、すぐに買い取ってもらえる分、価格を下げられる可能性が高くなります。

一般的には、通常の仲介による売却よりも、6割~8割ほど低い価格で、買取が行われるといわれています。

買取保証とは

不動産の売却時に期限を設け、その期限内に売却できなかったときに、契約した不動産会社が物件を買い取ってくれる制度です。

多くの場合、査定価格の8割程度での買取になります。



不動産売却時に買取会社を利用するメリット・デメリット

買取では、仲介による売却に比べて、価格が下がってしまいますが、買取を利用するメリットもあります。

メリットとデメリットをまとめたので、仲介と買取を比較するときの参考にしてください。

買取会社を利用するメリット

【短期間で売却可能】

買取は、業者に不動産を売るので、買主を待つ必要がありません。

価格面で折り合いがつけば、すぐにでも売却ができます。

【瑕疵担保責任の免責がある】

「瑕疵」とは雨漏り、シロアリ被害などの住宅の欠陥のことで、瑕疵担保責任とは、不動産の仲介売買において、売主が2ヵ月~3ヵ月間、瑕疵に責任を持って対処する義務のことです。

買取の場合、買取会社が瑕疵担保責任の免責に合意するケースがほとんどですから、売主が瑕疵担保責任を負うことはありません。

【売却情報を秘密にできる】

買取では、広告を出さずに、売主と買取会社の間で契約が成立しますので、周囲の人に売却の事実を知られる可能性は、極めて低いといえます。

【仲介手数料が発生しない】

買取会社は仲介を行わないので、仲介手数料は発生しません。

【資金計画が立てやすくなる】

買取は、提示された価格がそのまま売却価格となります。

価格が明らかになるため、資金計画が立てやすくなります。

【内覧がない】

買取会社は、査定のときに内覧を行いますが、一度だけです。

仲介売買で何度も行われる「内覧」による心的ストレスが、買取にはありません。

【条件の悪い物件でも価格がつく】

築年数が古く、家が傷んでいる。事故物件で、仲介売却では売りにくい。

このようなケースでも、買取会社が運用できると判断すれば、買取の対象になります。

買取会社を利用するデメリット

【物件の価格が相場より下がる】

相場価格よりも価格が下がってしまうことが、買取会社を利用する最大のデメリットといえるでしょう。

買取会社は、買い取った物件に手を加えて、再び転売や運用をしなければならないからです。

物件価格に費用を上乗せするのですから、買取価格が高いと、売り出すときの価格も高くなってしまいます。

それでは上手く売ることができませんので、買取会社は最初から、手直しや開発にかかる費用を差し引いて、買取価格を決めているのです。

【新築・築浅物件はさらに価格が下がる】

新築や築浅物件は、売れやすい物件です。買取会社にとっても、利益を出しやすい物件ですから、安く仕入れて高く売りたいと考えます。

確実に利益が見込めると分かっているので、その利益を増やすために、相場よりもかなり低い価格での買取になることがあります。

不動産買取会社利用時に物件の売却価格を適切にする方法

不動産 買取 会社

不動産の価値を算定し、そこから、転売や運用にかかる費用と利益を引き算して、算出されるのが買取価格です。

買取価格にも適正な価格があり、提示された価格が適正価格かどうかをチェックするには、「不動産一括査定サービス」を利用し複数社から買取価格提示を受ける方法があります。

不動産一括査定サービスとは?

不動産一括査定サービスとは、不動産会社へ一斉に、価格査定を依頼できるサービスです。

サイトに不動産の情報を入力するだけで、その情報が複数社に届きます。

1回の入力で何社に依頼できるかは、利用するサイトによって変わります。

不動産一括査定サイトのメリット

不動産会社に買取査定の依頼をするとき、一括査定サイトを利用すれば、他の不動産会社に依頼していることも明らかになります。

他にもライバルがいることが分かるので、不動産会社は「自分の会社を選んでもらいたい」という気持ちから、少しでも高い価格を提示する傾向があります。

また、利益優先で一社だけ安い価格を提示するのも不利になりますので、他社を意識して、適正な価格が保たれるともいわれています。

不動産売却に対応する優良な不動産会社を見つけるには?

ここまで説明してきた不動産売却は、あくまで一例となっています。

正確な売却金額を知るためには、売却前に「売却査定」を受ける必要があります。

そのとき大事なのが、複数社に査定依頼して必ず「比較検討」をするということ!

「調べてみたもののどの会社が本当に信頼できるか分からない…」

「複数社に何回も同じ説明をするのが面倒くさい...。」

そんな方は、簡単に無料で一括査定が可能なサービスがありますので、ぜひご利用ください。

無料の一括査定はこちら>>

一生のうちに不動産売却をする機会はそこまで多いものではありません。

後悔しない、失敗しない売却をするためにも、不動産会社選びは慎重に行いましょう!

一括見積もりを依頼する