キーワードから探す


  1. ハピすむ:不動産売却
  2.  > 
  3. マンション売却
  4.  > 
  5. マンション売却における内覧前の掃除のポイント!

2021年05月27日更新

マンション売却における内覧前の掃除のポイント!

マンション売却時の内覧はその後の契約を左右する重要なポイントになります。マンション内覧前の準備として掃除を行うときは,どの程度まできれいにすればいいのでしょうか。今回はマンションの内覧前に行う箇所別の掃除ポイントなどをご紹介します。

  • 【監修者】株式会社worth style home 濵田昭平
  • この記事の監修者
    株式会社worth style home
    濵田昭平
    代表取締役

マンション売却における内覧前の掃除の重要性について

マンション 売却 内覧 掃除

マンション売却時の内覧前に室内を掃除することによって、内覧時の印象は変わるのでしょうか。

マンション売却における内覧前の掃除の重要性を見ていきいきましょう。

内覧前に掃除をするか否かで物件の印象は大きく変わる

内覧者は売却中のマンションに興味を示しており、内覧結果によっては購入する可能性があります。

そのため、内覧の前提として内覧者が「このマンションを購入したい」と思わせることが重要です。

築年数が経過しているマンションでも、掃除が行き届いていることで清潔感を与え、好印象を与えることができます。

不動産会社の中には「普段のままでいいですよ」と言う業者もいるようですが、そのまま鵜呑みにして掃除をしないでいると、マンションの第一印象が悪くなってしまう可能性があります。

また、立地などの住環境が良い好条件の物件でも、掃除が行き届いていないことで魅力が半減し、買い手が決まらないということになりかねません。

マンションなどの物件の第一印象が悪いとそのイメージを払拭できず、成約に繋がらない場合があります。

したがって、できる限り室内を掃除し、きれいにしておいた方がいいでしょう。

住みながら売却活動を行っていて掃除する時間がなかなか取れない場合は、週末にまとめて掃除をしたり、毎日少しずつ掃除を行うなど、工夫しながら部屋を掃除しましょう。



内覧時に好印象を得るための掃除や片づけのポイント

マンション 売却 内覧 掃除

マンションの内覧時に好印象を得るための掃除や片づけのポイントをご紹介します。

物件の第一印象を決める玄関掃除のポイント

玄関は物件の第一印象を決める重要な箇所です。

玄関をきれいにすることで清潔感が増し、内覧者に良い印象を与えることができます。

玄関の掃除のポイントは、廊下などの室内の方から玄関ドア付近へ向かって掃きながら掃除をすることです。

掃き掃除の後は、床の拭き掃除を行うことで舞い上がった砂やほこりを取り除きます。

その際、必要に応じて濡らした新聞紙などを使うと良いでしょう。

そして玄関を掃除するときは、ドアノブのサビを取り除くなど細部まで丁寧に掃除していきましょう。

また、靴箱の臭いが気になる場合は除菌スプレーや拭き取りタイプで除菌をしたり、芳香剤を置くなどして臭い対策を行うといいでしょう。

その他に、内覧時には玄関の電気をつけておくと内覧者に明るい印象を与えることができます。

リビングの掃除や片づけのポイント

リビングは人が集まる場所になるため、内覧者は居心地がよく広い空間を求める傾向があります。

棚の上や部屋の隅々まできれいに掃除することはもちろん、リビングに置く荷物は最小限に留めておくと床面積を広く見せることができるでしょう。

また、内覧時には収納場所も見られる可能性があるため、収納などの見えない部分も整理整頓をしておきましょう。

その他には、内覧時にはカーテンを開けておくとリビングが広く見え、同時にバルコニーも見せることができます。

リビングを掃除するポイントは、天井やエアコンなどの高い箇所から床などの下に向かって掃除をすることです。

先に床を掃除すると高い所を掃除したときのほこりで床が汚れてしまうため、高い所から下へ向かうことを意識しながら掃除をしましょう。

また、掃除機やモップなどで掃き掃除をした後に雑巾などで拭き掃除をすると、ほこりをきれいに拭き取ることができます。

リビングにはソファなどのファブリック製品が多く、ほこりや臭いが溜まりやすい傾向にあります。

特にペットを飼っている場合やタバコを吸う人がいる場合は、掃除する際や内覧前は換気をしたり、スプレータイプの布用消臭剤などを使用して臭い対策もしっかり行いましょう。

バルコニーの掃除や片づけのポイント

内覧者の多くがバルコニーをチェックしますが、売主は掃除を忘れてしまうケースが多いそうです。

内覧時に見られてもいいように、バルコニーはしっかり掃除をしておきましょう。

バルコニーを掃除するポイントはほうきなどで掃き掃除をすることですが、掃き掃除に加え、エアコンの室外機なども忘れずに掃除しておきましょう。

また洗濯物に使用する小物などがある場合は、まとめて端に寄せておくとすっきりした印象を与えることができます。

その他に、内覧時には屋外用のスリッパを何組か用意しておくといいでしょう。

キッチンの掃除や片づけのポイント

キッチンは料理する人にとって重要な場所であり、使い勝手や作業するスペースなどの広さが重視される傾向にあります。

しかしキッチンのスペースには限りがあるため、キッチンをより広く見せるために、不用品は処分し食器類は片づけておきましょう。

その際、調理スペースには何も置かないことでよりキッチンを広く見せることができます。

キッチンの掃除をするポイントは、シンクや蛇口などの水垢をクエン酸などできれいに磨いておくことです。

キッチンの水回りの水垢をきれいにしておくことで、清潔感を与えることができます。

その他に、コンロの調理くずなどをきれいにしたり、レンジフードや換気扇の目立つ汚れは掃除しておきましょう。

お風呂の掃除や片づけのポイント

お風呂やトイレなどの水回りは、物件の印象を左右する重要な場所になります。

お風呂を掃除するときのポイントは、クエン酸やメラミンスポンジ、重曹や歯磨き粉を使って磨くことです。

クエン酸やメラミンスポンジ、歯磨き粉で鏡や蛇口の水垢や皮脂汚れなどを除去することができます。

ピカピカのお風呂や洗面所は内覧者に好印象を与えられるでしょう。

その他に、壁などにカビが生えている場合はカビ取り剤を使って除去しておき、住み ながら内覧する場合は、内覧前に鏡や蛇口などの水滴を拭き取り磨いておきましょう。

また、洗面所の見えるところに物を置かないようにすると、生活感が減り清潔感もアップします。

トイレの掃除や片づけのポイント

トイレは普段のお手入れが行き届いているかが買い手のポイントになります。

普段掃除する部分にプラスして、便座の後ろ側や壁など普段掃除をしない部分も掃除しましょう。

特にトイレの汚れは臭いの原因になるため、床や壁なども重曹やセスキ炭酸ソーダ、クエン酸などを使用して拭き掃除するといいでしょう。

その際に換気などを行い、しっかりと臭い対策をしておくといいでしょう。

また、トイレマットを普段から使用している場合は取り外しておくとすっきりした印象になります。

その他の箇所の掃除や片づけのポイント

その他の箇所の掃除や片づけのポイントは、窓のほこりや手垢を掃除して磨いておいたり、夏場に気になる配管の臭い対策などがあります。

窓掃除の際は、窓専用の掃除用品であるスクイジーや濡らした新聞紙を使うと汚れを落すのに効果的です。

また、必要に応じて共用部や廊下、ポストなどの掃除も行いましょう。

マンションの室内全体の蛇口やシンクなど光るものは光らせ透明な窓ガラスなどは透明に、白いものは白くすることを念頭に置きながら掃除するとモデルルームのようにきれいな印象を与えることができます。

また掃除だけではなく収納方法なども見直して片づけを徹底すると生活感や雑然感をなくすことができ、内覧者に好印象を与えることができるでしょう。

そしてできる限り物は減らしてマンション内を広く見せることがポイントです。

例え古いマンションでも掃除方法によって印象も変わるため、できるだけ清潔感を与えられるように掃除を行いましょう。

不動産売却に対応する優良な不動産会社を見つけるには?

ここまで説明してきた不動産売却は、あくまで一例となっています。

正確な売却金額を知るためには、売却前に「売却査定」を受ける必要があります。

そのとき大事なのが、複数社に査定依頼して必ず「比較検討」をするということ!

「調べてみたもののどの会社が本当に信頼できるか分からない…」

「複数社に何回も同じ説明をするのが面倒くさい...。」

そんな方は、簡単に無料で一括査定が可能なサービスがありますので、ぜひご利用ください。

無料の一括査定はこちら>>

一生のうちに不動産売却をする機会はそこまで多いものではありません。

後悔しない、失敗しない売却をするためにも、不動産会社選びは慎重に行いましょう!

一括見積もりを依頼する