1. ハピすむ:不動産売却
  2.  > 
  3. 不動産売却のノウハウ
  4.  > 
  5. 自宅の売却…内覧をしよう!!

2021年04月27日更新

自宅の売却…内覧をしよう!!

家の売却は人生において何回も経験することではありません。もし売却すると決めた場合、手順や希望通りに売る方法について戸惑うこともあるでしょう。この記事では、自宅の売却を決めてからの手順や内覧方法について解説します。

  • 【監修者】株式会社worth style home 濵田昭平
  • この記事の監修者
    株式会社worth style home
    濵田昭平
    代表取締役

自宅を売りたい!何から始めればいい?

自宅 売却 内覧

家の購入は人生で一番高い買い物といわれ、人生において幾度も経験することではありません。

同様に自宅の売却も人生において経験することは数少ないため、事情があって自宅の売却を決めた時に何から始めれば良いのかわからず戸惑う人も多いでしょう。

自宅の売却を決断した際には、まずは不動産業者を探すことから始めます。

しかし、不動産業者といっても色々なタイプがあります。

土地を探したり、購入したりするのも不動産会社に依頼しますし、賃貸物件を探す際にも不動産会社に行くでしょう。

アパートの取り扱いが多い業者や一戸建ての取り扱いに慣れている業者など不動産業者によって得意分野は異なるのです。

不動産会社には売却する自宅の査定を依頼することから始まりますが、その際には数社に依頼して比較検討することが重要です。

比較検討することでそれぞれの不動産業者の得意とする分野がより見えてきます。

家の売却が目的なら、一戸建ての売却の取り扱い実績が豊富な不動産業者を見つけます。

無料で複数の業者に一括査定が依頼できるウェブサイトもあるので、不動産売却を検討している際にはぜひ利用しましょう。

不動産業者決定後、不動産業者は売却希望者と購入希望者の仲介として取り引き成立のための仕事を請け負います。

この仲介の契約は媒介契約と呼ばれ、3種類あります。

専属専任媒介契約

1つ目は、専属専任媒介契約です。専属専任媒介契約では媒介契約できる不動産業者は1社だけとなります。契約の期限は3カ月です。

指定流通機構(レインズ)への5日以内の登録と1週間に一度、売却依頼者に販売状況の報告することが義務づけられています。

ただし、専属専任媒介契約では自分で買い手を見つけたとしても不動産業者を通さなければなりません。

専任媒介契約

2つ目は専任媒介契約です。契約できる不動産業者は1社、期限は3カ月という点は専属専任媒介契約と同じです。

専任媒介契約は、不動産業者の依頼者への販売報告義務が2週間に1回となるほか、指定流通機構(レインズ)へは7日以内の登録が義務となります。

売却依頼者が自身で購入希望者を見つけたら不動産業者を通すことなく売れるという点が特徴です。

一般媒介契約

3つ目は一般媒介契約です。一般媒介契約は他の2つの契約よりも自由度が高い契約形態です。

依頼できる不動産業者は1社に限りませんし、契約の期限もありません。買い手を見つけた際に不動産業者を通さずに取り引きできます。

売却予定の物件の特徴や買い手のあてがあるかどうかという点とそれぞれの媒介契約の内容を照らし合わせて適切な契約形態を選びましょう。

自宅を売却!早く売れる方法

不動産業者を選ぶ際は、会社としての得意分野を見分ける必要もありますが、担当者の人柄も重要になります。

担当者とは幾度も連絡を取ることになるので、信頼できる人でなければ安心して任せられないでしょう。

不動産業者と契約した後は価格の設定をすることになります。高く家を売りたいと思っても、あまりにも高すぎる金額では物件の条件が良くても買い手は見つかりません。

また、低すぎる価格設定だと売り手が損をしたり、後悔したりすることになるでしょう。

この値段で売りたいという理想の売却価格と、ローンの返済や売却後の新居のことなどを考えて最悪でもこの価格で売らなければならないという最低値の価格を設定するようにしましょう。

おおまかな売却相場は物件情報サイトなどで知ることができるので、事前に調べて理想の売却金額や最低金額を想定します。

ただ、売却価格は相場の通りにはならないことは心得ておきましょう。

また、不動産会社に売却予定の物件の査定を依頼するのも相場を知る上で大切です。

査定結果と理想の売却価格、売却できる最低価格をあわせて売り出し価格を決定するのが良いでしょう。

加えて、購入希望者に値引き交渉されることも考慮しておきましょう。

価格を決めたら、家を早く売るために不動産会社が早速活動を始めます。顧客リストに従って営業をしたり、広告やチラシを出すなど方法は多岐に渡ります。

物件に興味を持ってもらうには、広告の内容が大切です。明るくはっきりした写真を使うなど写真にこだわった方が良いでしょう。

また、多くの箇所の写真を掲載する方が人の関心を惹きつけると言われています。

広告に掲載する物件の大きさや築年数、立地条件等に対しての価格設定は適切かどうかもよく検討しましょう。

広告活動に関して疑問に思う点や改善して欲しい点などがあれば、販売報告を受ける際に担当者に相談することも可能です。

また、買い手が物件の購入を決める上で最も大切なポイントは「内覧」です。

内覧とは、売却予定の物件が気になるという購入希望者に、実際に物件の中を見てもらうことです。

広告を見て物件に興味を持った人が実際に内覧をするとなった場合、購入するかどうかは内覧をした際の印象の良し悪しによって決まると言っても過言ではありません。

内覧によって物件購入希望者の想像通り、もしくは想像以上に物件が魅力的だと伝えることができたなら購入希望者の背中を押すことになるでしょう。



早く!高く!自宅売却のための内覧方法

できるだけ早く、かつ、より高く家を売りたいと考える人は、購入希望者の購入意欲が沸くように家を売り込むためのアピールを行いましょう。

広告などを見て内覧に来てくれる人は、売却予定の物件に興味をもって来ています。

内覧することによって、さらに住みたくなったと思ってもらえるように売却予定の家を魅力的に見せる工夫が必要です。

ここでは、内覧の時のポイントについて見ていきましょう。

まず、内覧してもらうにあたってその前に準備しておくべきことがあります。売却予定の物件の掃除や片付けです。

内覧前の段階で不要な物を捨てながら整理を進めると、部屋はすっきりと見えますし、引っ越しの際の手間も省けます。

賃貸物件を決める際も水回りを気にする人は多くいますが、中古物件でも多くの人が気にするポイントはやはり水回りです。

水回りは毎日使う場所なので、カビが生えやすい場所でもあります。入念な掃除が必要です。

また、水垢も同様です。さらには収納内部にもカビが生えているかもしれません。

普段見落としがちな場所まで入念に確認して掃除しましょう。

自分で対処するのが難しいという人は、ハウスクリーニングサービスがおすすめです。

水回りだけの掃除を依頼することもできますし、家全体のクリーニングも可能です。

臭いについても窓を開けて風を通したり、消臭剤で対策をしましょう。また、壊れている箇所はきちんと修理しておくようにします。

また、内覧時には日中であっても全ての電気をつけて明るくし、物がなるべく少なく見えるよう片づけをし、モデルルームを目指すように心がけましょう。

内覧時には見ただけではわからないことについて質問を受けることもあります。

家の中のことだけとは限りらず、家の周辺環境に関する質問も考えられます。

例えば、近隣のスーパーや学校、病院などのことです。治安や騒音など生活する上で困るような要因がないかどうかを確認する人もいます。

また、物件や周辺環境に売却したいと思わせる理由があるかもしれないと懸念して、なぜ売却するのか理由を知りたいと思う内覧者もいます。

このような質問も想定して事前に回答を準備しておくのも良いでしょう。

内覧後の価格交渉は?

自宅 売却 内覧
家の売却の際に、最初に設定した価格のままで売れることは少ないのが実情です。

なぜならば、内覧をした後に設定金額に対して購入検討者から価格交渉がある場合が多いからです。

相場よりも価格が低く設定されているなどよほど理由がない限りは、不動産売却の際に買主から価格交渉をされることは一般的ですので念頭に置いておきましょう。

設定金額で購入してくれる人がいるだろうと過信していると、その後購入希望者が現れずに家が売れないという可能性もあります。

そのため価格交渉には柔軟に応じる姿勢で臨むのが理想的です。

しかし、購入希望者の言い値だけで売却額を決めるのではなく、お互いに妥協点を探っていくと納得度の高い売却が行えるでしょう。

また、買主側からリフォームの依頼が来る場合もあるので、それも踏まえて不動産業者からアドバイスを受けながら進めることが必要です。

価格交渉の進め方としてよくある方法は、設定価格と購入希望者が提示する価格との間をとった金額を提示して交渉することです。

この価格交渉を成功させるためにも重要となってくるのは不動産業者の存在だと言われています。

不動産業者には、価格設定が相場以下であったり、売り急ぐために適当でないタイミングで価格を下げるように提案するなど利用者にとって良いとは言えない業者も存在します。

信頼できて売買に強い業者を選ぶことがとても大切です。

売買に関する業績や相場よりも高い金額で不動産を売却した実績があると不動産売買に関するノウハウがある会社だと考えられます。

売却希望者の要望に添うように知恵を貸してくれるはずです。

不動産売却に対応する優良な不動産会社を見つけるには?

ここまで説明してきた不動産売却は、あくまで一例となっています。

正確な売却金額を知るためには、売却前に「売却査定」を受ける必要があります。

そのとき大事なのが、複数社に査定依頼して必ず「比較検討」をするということ!

「調べてみたもののどの会社が本当に信頼できるか分からない…」

「複数社に何回も同じ説明をするのが面倒くさい...。」

そんな方は、簡単に無料で一括査定が可能なサービスがありますので、ぜひご利用ください。

無料の一括査定はこちら>>

一生のうちに不動産売却をする機会はそこまで多いものではありません。

後悔しない、失敗しない売却をするためにも、不動産会社選びは慎重に行いましょう!

一括見積もりを依頼する