1. ハピすむ:不動産売却
  2.  > 
  3. 不動産売却のノウハウ
  4.  > 
  5. 不動産買取を大手に依頼するメリット

2021年05月27日更新

不動産買取を大手に依頼するメリット

急いで不動産を売却しなければならない場合、大手の不動産買取業者に、より高額で買い取ってほしいと思う方も多いのではないでしょうか。不動産買取業者の選び方、大手の不動産買取会社を利用するメリットやデメリットなどについて解説します。

  • 【監修者】株式会社worth style home 濵田昭平
  • この記事の監修者
    株式会社worth style home
    濵田昭平
    代表取締役

不動産の買取業者の選び方

不動産 買取 大手

不動産の買取は、不動産会社が自ら買主となり物件を買い取ります。買い取った物件はハウスクリーニングやリフォーム、リノベーションを施して付加価値を付け、買取価格よりも高値で再販して利益を上げる仕組みが一般的です。

付加価値を付けた物件は、売却に向けての宣伝広告費や人件費を上乗せした金額で再販されます。

しかし、売却できないリスクもあり、すべての物件がすぐに売却や賃貸による収益化につながるとも限りません。

このため、不動産の買取業者を選ぶ際は、買取業者に買い取った物件を収益化させる力があるかどうかが大きなポイントとなります。主に、会社の規模や買取実績、会社の強みなどを確認することが重要です。

買取会社の販売戸数や拠点数など規模を確認する

不動産買取会社を選ぶ際は、まず、その会社が売却したい戸建てやマンションなど、売買物件の買取再販を取り扱っているかを確認します。

それだけではなく、販売戸数の実績、支店や営業所などの拠点数など、会社の規模も確認するようにしましょう。

大手の不動産買取会社であれば支店ネットワークが充実しており、営業に関わる人数も多いことから販売力の高さが期待できます。

また、関連するサービスや社内体制も整っていることから、安心できる対応も期待できるでしょう。

買取会社の買取実績、歴史を参考にする

不動産の買取業者を選ぶ際にはその業者の過去の買取実績を確認することも大切です。

販売戸数、買取戸数ともに多く、両者の戸数が近い数字であれば、スピーディな収益化が安定的に図られていることなどが想像できます。

また、買取会社の歴史もおおいに参考になるでしょう。買取専門の老舗業者であるケースや、建設会社が事業の一環として買取再販事業を始めたケース、経営規模拡大により全国展開を手掛けるようになったケースなどそれぞれに特色があります。

また、詐欺などのトラブルに巻き込まれないようにするためには、宅地建物取引業者を対象とする「国土交通省ネガティブ情報等検索システム」で、行政処分などの有無を確認すると安心です。

「中古マンションに強い」など会社の強みに着目する

不動産買取会社にもそれぞれに会社の強みや特徴があります。

地方の戸建てを中心とした買取再販に強い、中古マンションに強い、リフォームやリノベーション技術に強いなど、会社の強みに着目することで、売却する物件の買取に強い業者を見極めることができるでしょう。

売却を希望する物件が首都圏にある中古マンションであれば、首都圏での中古マンション買取再販に強い会社に依頼する方が、希望に近い価格でスムーズな買取を実現できる可能性が高くなるでしょう。

その他の選ぶ際に着目すべき点

業者を選ぶ際は、担当者の対応も大きなポイントです。売却の段取りなどを詳しく説明してくれる、質問に誠実に答えてくれるなど、親身になって対応してくれる信頼のおける業者であるかどうか、じっくりと見極めることが大切です。

また、買取価格の査定に際し、より適正な不動産の価値を見極めるためには、物件の情報だけでなく、周辺の状況や人気のある物件の傾向、将来性など、物件が所在する地域についての知識も必要となります。

いずれにしても、買取による売却は、長期間かけて売却を行うことになる「仲介」とは異なり、スピーディに進みます。

買取業者が査定する売却価格で契約すればそこで終了し、後戻りすることは困難です。

不動産売却の成否については、不動産買取会社の選択が大きなカギとなることから、慎重な検討が重要であることは言うまでもありません。



不動産買取で大手を利用するメリット

実績があるので安心感がある

大手の不動産買取会社は、ブランド力と知名度が強みになります。知名度が低い会社に比べ、物件の売り手と買い手が自然に集まりやすいことが大きな特徴です。

大手の不動産買取会社には、中古マンションを扱う老舗、選ばれた優良物件を対象として直接買取を行う会社、中古住宅の買取再販に特化した買取専門、首都圏と地方都市で広く仲介や不動産経営を手掛ける会社などがあります。

また、大手は販売網が広く、過去の膨大な取引データをもとに査定価格をスピーディに提示することができるなど、買取物件の再販力や収益力に秀でている点もメリットです。

不動産買取で大手と呼ばれる会社は買取戸数や販売戸数の実績が多くあり、拠点が全国にあるなど、その規模の大きさでも安心感があるでしょう。

また、買取再販だけでなく、不動産売買や不動産管理、また、リフォームやリノベーションを得意とするなど、多分野に精通していることも多いことから、総合的なアドバイスを受けることも期待できます。

最初の担当者が合わなくても、社員が多いので担当を変えられる

大手不動産買取会社の場合、担当者との相性が良くなければ、担当者を変更してもらうことも可能です。

担当者の変更は、会社の規模が小さく社員が少ない会社には難しいため、自分と合う担当者を見つけやすいのも大手を利用するメリットの1つです。

個人にとって価値が高く貴重な財産である不動産の売却を、頻繁に経験することはありません。

一生に一度あるかどうかというケースも珍しくはないでしょう。そのため、不動産売却に関する知識が不十分であることも一般的です。

このため、専門的な知識を十分に持っていない依頼者に対し、親身になって対応してくれる担当者であるかも重要なポイントになるのです。

担当者が売主が希望する査定額を売却価格に反映してくれているか、不動産会社から提示される査定額について納得のいく根拠を示してくれるかなど、担当者が納得のいく対応をしてくれるかどうかが重要です。

資金力や総合力が期待できる

中古物件を買取り、リフォームやリノベーションを施して再販するためには、資金力も重要なポイントです。

資金力が高ければ、より多くの買取物件を扱うことができることに加え、再販する物件をより付加価値の高いものに変えることが可能になるからです。

また、不動産買取会社の業務内容が多様であれば、買取以外にも買取保証、買い替えや複雑な売却も相談できる不動産コンサルティングなど、多角的なアドバイスやサービスを受けられるケースもあり、担当者も幅広い知識を持っていることが期待できます。

不動産買取で大手を利用するデメリット

不動産 買取 大手

融通が利かないことがある

大手不動産買取会社は、総合力や資金力で他に勝るメリットがある反面、組織の規模が大きいため、マニュアルに基づく画一的な対応となりがちで、融通が利かない場合があります。

また、売却時の諸費用の大部分を占める仲介手数料の割引などもききません。

このため、地域密着会社など中小規模の不動産会社に比べ、売主である依頼者の心配や要望に対して、きめ細かく、柔軟に対応することが困難な場合もあるでしょう。

特定の地域に精通しておらず価格が低く見積もられる場合がある

地域密着型の不動産会社は、その地域の情報に精通していることが大きな特徴です。このため、売却不動産の売買に関する状況や条件などについて詳しく、大手不動産会社に比べて精度の高い査定額を提示することが可能です。

その反面、大手の不動産買取会社の場合は、地元密着型の不動産会社に比べて地方の情報に精通していない場合もあり、地域の売買傾向や将来性などを見落として、結果的に買取価格が低く見積もられてしまう場合もあるでしょう。

対応が事務的で信頼関係が築きにくい傾向もある

大手不動産買取会社は、高いブランド力がある一方で、その顧客数の多さゆえに、安くても早く売却したいなど、会社にとって都合の良い売主を優先する傾向もあります。

依頼者側の売却に対する希望が高い場合や、疑問や質問に関する対応に時間がかかる場合などは、後回しにされることも想定されます。

また、マニュアルにのっとった対応になるために担当者の対応が事務的で熱意が感じられず、信頼関係を築きにくいこともあるでしょう。

不動産買取をしてもらう際に大手と地域密着どちらが良いか

どちらも大きな差は無い

不動産買取会社を、大手と地域密着型で比較した場合、どちらも大きな差はないと言われています。

大手不動産買取会社のメリットは、地域密着会社のデメリットであり、逆に、大手のデメリットは、地域密着会社のメリットであると言い換えることもできるでしょう。

一般的に、売却不動産が新興住宅地にある場合や、物件の規模が大きい、人気度が高いなどの場合であれば、大手不動産買取会社の方が営業規模や総合力に勝るため、収益力が高く、メリットが大きいと言えます。

一方、売却不動産が郊外や田舎にある場合や、築後年数がかなり経過している場合などは、利益幅が小さいことなどから、大手は積極的な買取を控えます。

このため、地の利を生かしたフットワークや人脈に強い、地域密着会社に期待するメリットが大きいと考えられるでしょう。

不動産売却に対応する優良な不動産会社を見つけるには?

ここまで説明してきた不動産売却は、あくまで一例となっています。

正確な売却金額を知るためには、売却前に「売却査定」を受ける必要があります。

そのとき大事なのが、複数社に査定依頼して必ず「比較検討」をするということ!

「調べてみたもののどの会社が本当に信頼できるか分からない…」

「複数社に何回も同じ説明をするのが面倒くさい...。」

そんな方は、簡単に無料で一括査定が可能なサービスがありますので、ぜひご利用ください。

無料の一括査定はこちら>>

一生のうちに不動産売却をする機会はそこまで多いものではありません。

後悔しない、失敗しない売却をするためにも、不動産会社選びは慎重に行いましょう!

一括見積もりを依頼する