キーワードから探す


  1. ハピすむ:不動産売却
  2.  > 
  3. 不動産売却のノウハウ
  4.  > 
  5. 不動産査定の種類とは?高く売りたいなら仲介がおすすめ

2021年04月09日更新

不動産査定の種類とは?高く売りたいなら仲介がおすすめ

不動産を売却するとき必要になる査定。どのような種類があるかご存知でしょうか。個人で不動産を売却する頻度はそれほど高くないので、よくわからないという方も多いでしょう。この記事では不動産売却時に必要な査定の種類と不動産仲介について説明します。

  • 【監修者】株式会社worth style home 濵田昭平
  • この記事の監修者
    株式会社worth style home
    濵田昭平
    代表取締役

不動産売却に必要な査定について

不動産 査定 仲介

不動産を売却しようとしたとき、まず必要になるのがその不動産が大体いくらくらいになるのか、市場における価値を知る作業です。

その作業を査定と言い、主に不動産業者に依頼して評価してもらいますが、これはその不動産に関連する条件から導き出されます。

その条件とは例えば、類似している不動産がどれくらいで取引されているのか、ということのみならず、建物そのものがどれくらい古いか、土地がどのような場所にあるか、ということなどが挙げられます。

これらの条件を踏まえて算出される査定ですが、売買の方法によって、査定額も変わってきます。

なぜなら売買をする側の事情も加味されるからです。

さて、不動産売却には2種類あるのをご存知でしょうか。

直接不動産業者に不動産を売却する、不動産買取という方法と不動産業者に仲介してもらって買い手を見つける、不動産仲介という方法です。

前述したとおり、それぞれの事情から、査定の金額が異なりますので説明しましょう。

不動産買取

不動産買取とは保有している不動産を不動産業者に直接買い取ってもらうことを言います。

この場合は、確実に不動産業者が買ってくれる上に仲介手数料が必要ないという利点があります。

また室内残置物をそのままの状態での価格提示など、物件事情に合わせた考慮などもしてもらえる点がメリットです。

また、直接業者に売却することから広告などが不要なため、売却すること自体を近所に知られることがないという利点もあります。

以上のことから、できるだけ早く不動産を売ってしまいたい時や売却することを知られたくない時に有効な方法です。

一方で、買ってもらうことを前提にしている方法のため、買い手主導の売買になります。

不動産業者は買い取った不動産をリフォームするなどして新たな買い手に転売するため、できるだけ低い価格で購入して高く売却することで利益を上げたいと考えています。

つまり、不動産買取を前提とした査定では、相場よりも低く査定されることが多いのが特徴です。

そのため、不動産買取における売却の金額は不動産仲介よりも安くなってしまうことが多くあります。

不動産仲介

対して、不動産仲介は不動産業者を仲介して不動産を売買する方法です。多くの場合、買い手は仲介業者に探してもらうことになります。

売買が成立すると、仲介業者に手数料を支払いますが、仲介業者はネットやチラシなどで広告を出して買い手をさがしてくれます。

仲介の場合の査定は、できるだけ高く査定した方が売り手が仲介業者に依頼することにつながりますし、仲介料を多く支払うことにつながることもあるため、不動産買取に比べて高額になることがほとんどです。

売り手は売却したい金額で買ってくれる買い手を見つけることができる可能性が高くなるので、売却が成立するまでに時間の余裕がある場合はこちらの方が高く売れるのでオススメです。



不動産を少しでも高く売却するなら仲介がおすすめ

上記のとおり、不動産がより高額で売却できる確率が高いのは不動産仲介の方法です。

そこでここからは、不動産仲介の方法についてより詳しく説明していきたいと思います。

個人に売却する仲介は相場どおりの価格で売れやすい

不動産買取と比較して不動産仲介で個人に売却する場合、相場どおりの価格で売れやすいというメリットがあります。

前述のとおり、売り手ができるだけ早く売却したいと思っているケースが多いため不動産買取の場合は買い手が主導になる傾向が強いので相場の価格より低く売却することが多いのですが、仲介の場合はそうではありません。

つまり、仲介の場合は売り手や買い手の都合はあまり価格に影響することなく、相場の価格で取引を行うことができるのです。

この点が、不動産仲介による売却の大きなメリットと言えるでしょう。

買主は仲介業者が探してくれる

不動産売却を仲介業者に依頼しているので、売却に関してはその業者が買主を探してくれます。

仲介している不動産業者は独自のネットワークなどを利用して買主を探したり、事前に買主から希望を聞いている仲介業者が広告などを出さずに、買主に購入を打診して売買が成立する場合もあります。

また、買主がつかない場合には折込チラシやインターネット上で広告などを出して、買主を見つけることもあります。

いずれにしても、自分で買主を探す手間や時間がなくなります。

ただ、中々買い手がつかないときには定期的に設定価格を見直したり、広告の出し方を考えるように業者から提案されることがありますので、その都度対応する必要があるでしょう。

買取保証してくれる仲介会社もある

仲介業者に依頼した場合、ある一定期間で売れなかったときにはその業者が買取をしてくれるという保証をつけてくれることがあります。

これを買取保証と言って、物件によって様々な条件があります。

例えば、専有面積や建物の耐震性に条件があったり、売れなかった期間に条件があったりします。

これは業者によって条件が違うことがありますので、仲介を依頼する際には、その条件の詳細について確認するようにしましょう。

仲介手数料が発生する

このようにメリットが多い仲介業者による不動産売買ですが、仲介手数料というコストが発生することはあらかじめわかっている必要があるでしょう。

仲介手数料とは売買が成立したときに仲介業者に支払う手数料のことです。

買い手を見つけるために出してくれた広告などの費用もここに含まれます。

ただし、通常の広告活動以外に遠隔地などでも広告を出すなどの希望を依頼主がした場合には、実費で支払いが必要になることもあります。

仲介手数料は宅地建物取引業法によって上限が決められています。

それによれば、売買価格が200万円以下の部分では取引額の5%以内、200万円以上400万円以下のときは取引額の4%以内、400万円以上の場合は取引額の3%以内となっています。

仲介手数料を支払うタイミングについては、通常契約時に半金、決済時に半金となります。

稀に仲介業者によって異なるので、事前に確認しておきましょう。

長期戦になることがある

不動産仲介の場合は需要と供給のバランスが売買成立のために重要なポイントになります。

そのため、需要が多い場合で相場より価格を下げたくない場合には、なかなか買い手がつかず、長期戦になることがあります。

売却した費用を次の購入資金に充てようと考えている場合には注意が必要です。

中々売却につながらない場合には、仲介業者と相談して価格の見直しをする必要が出てくるかもしれません。

不動産査定にかかる手数料について

不動産 査定 仲介

不動産査定には2種類の方法があります。

一つ目は不動産会社による無料の査定で、二つ目は不動産鑑定士による有料の査定です。

ここからはその2つの方法について説明しましょう。

不動産会社による査定なら無料

無料で行われるのが不動産会社による査定です。

これは不動産を売却したいと考えている売り手がどの不動産業者に仲介してもらおうか考える材料にするために行うことが多く、同時に売り手が保有する不動産の価値を知ることができます。

不動産会社はできるだけ自分のところで売買契約を結んでもらい、仲介手数料を得たいと考えているため、査定では相場より高めの金額を提示してくることが多くあります。

不動産鑑定士による査定とは異なり、専門家が査定をするわけではなく、多くは類似する条件の不動産価格と比較して算出する場合が多いようです。

不動産鑑定士に依頼する査定は有料

対する不動産鑑定士による査定は有料です。不動産鑑定士は国家資格であり、様々な条件を客観的な視点で評価して査定を行います。

こちらは企業間で不動産を売買した後などに、税務署などへ提出する書類に査定の価格を記載する必要があるために査定を依頼します。

国家資格保有者に依頼して算出してもらう査定ですので、当然有料になります。

このように不動産鑑定士に依頼する査定は個人が不動産を売却するときに利用する査定とは目的が異なっていることがわかっていただけたのではないでしょうか。

不動産売却を依頼する際の業者の選び方について

このように仲介業者を利用することは様々な面から利点が多いのですが、この仲介業者をどこにするかも重要になります。

保有している不動産を売却するにあたって、自分たちにとって最適な業者を選ぶにはいくつかポイントがあります。

一つ目は自分たちの事情をしっかり聞いてくれるかどうか、です。

売却したい理由や時期、金額の目安などを聞いてくれた上で、的確なアドバイスをしてくれるところを探しましょう。

二つ目のポイントは、評判がいいかどうかです。

仲介業者によっては仲介手数料を早く欲しいばかりに安い価格で売却させようとするところもあるようですので注意が必要です。

また、有利に不動産売却を行うためにやっておいた方がいいこともいくつかあります。

一つ目ははあらかじめウェブサイトで一括査定を利用して、保有している不動産の価格がだいたいどれくらいなのか、目安を知っておくことです。

そうすれば仲介業者を選ぶ際に必要以上に低い価格を提示する業者や、相場とかけ離れた高い金額を提示する業者などは依頼の候補から外すことができます。

二つ目は内覧者に魅力的に見えるよう、家を整えておくことです。

第一印象が家を買うかどうかに強く影響するため、できるだけ「住みたい」と思わせる家の状態にして内覧してもらうことが有利に不動産売却をするポイントになります。

不動産売却に対応する優良な不動産会社を見つけるには?

ここまで説明してきた不動産売却は、あくまで一例となっています。

正確な売却金額を知るためには、売却前に「売却査定」を受ける必要があります。

そのとき大事なのが、複数社に査定依頼して必ず「比較検討」をするということ!

「調べてみたもののどの会社が本当に信頼できるか分からない…」

「複数社に何回も同じ説明をするのが面倒くさい...。」

そんな方は、簡単に無料で一括査定が可能なサービスがありますので、ぜひご利用ください。

無料の一括査定はこちら>>

一生のうちに不動産売却をする機会はそこまで多いものではありません。

後悔しない、失敗しない売却をするためにも、不動産会社選びは慎重に行いましょう!

一括見積もりを依頼する