1. ハピすむ:不動産売却
  2.  > 
  3. 不動産売却のノウハウ
  4.  > 
  5. 不動産の査定前に行う掃除の重要性やその他の査定ポイントを解説!

2021年05月27日更新

不動産の査定前に行う掃除の重要性やその他の査定ポイントを解説!

不動産の売却をする際、物件を査定するために不動産会社が訪問査定を行います。訪問査定の前にポイントとなる重要な場所を重点的に掃除をしておくと不動産会社の印象が良くなります。今回は査定前に行う掃除の重要性や効果的な掃除方法、その他の査定ポイントなどをご紹介します。

  • 【監修者】株式会社worth style home 濵田昭平
  • この記事の監修者
    株式会社worth style home
    濵田昭平
    代表取締役

不動産の査定前に行う掃除の重要性について

不動産 査定 掃除

不動産の訪問査定は売却価格を決めるために行います。なるべく高い査定額を得るためには、物件の掃除が重要です。

では、具体的にどのように掃除をすればいいのでしょうか。

査定を行う不動産業者は物件の掃除具合を気にしている

「高い査定額を得るために査定前に掃除を行う」と述べましたが、「物件の状態」や「メンテナンスされているか」、物件の使用感などで買主に与える影響があるため、もちろん査定価格に影響があります。

常識の範囲内での掃除はしておくべき

訪問査定前に掃除は行った方がよく、玄関回りや、不要なものは捨てたり査定しやすいように整理整頓をしておくなど、購入検討の方の訪問同様に掃除はしておくべきでしょう。

特に第一印象を与える「玄関」、メインの居住空間の「リビング」「キッチン」「浴室」などは物が少なく見えるよう掃除をした方がいいです。

物件を綺麗な状態で使っているかどうかという点は査定に影響する

物件の状態によっては査定額が変動し、特に、もし破損している部分があれば、査定の減額対象となるでしょう。

破損部分の対象はドアや引戸などがあり、破損部分がある場合は不動産会社に事前に報告し、修繕した方がいいのかどうか確認しておくといいでしょう。

物件の掃除は内覧前に行うべき

物件の掃除は内覧前にも必要があります。不動産会社は見た目より物件の状態などを重要視しますが、内覧では一般の購入希望者が見学に訪れます。

清潔感のある暮らしをしているという印象を持たれるような部屋にしなければなりません。

例えば自分が内覧に行った場合にゴミや物が雑然としている部屋と、物が最小限に抑えられ清潔感のある部屋、どちらの物件の方が購入したいと思うでしょうか。

内覧では特に、どのような印象を与えられるかによって、物件が売却できるかどうかが決まります

。不動産会社と良く相談しながら掃除をしていきましょう。



マンションの不動産査定時に掃除以外で重要になるポイント

マンションの不動産査定時に掃除以外で重要になるポイントは以下の通りです。

【立地と環境】

交通機関や商業施設、教育機関や病院などが近くにあるのかなどの立地や環境は、不動産を売却する際のセールスポイントとなるため、立地や環境がいい不動産ほど査定額も高くなります。

【階数や方角】

マンションの場合は、階数や方角は重要な査定ポイントです。一般的に階数が高いほど査定額が上がりやすくなる傾向にあります。

また、方角は南向きがもっとも査定額が高くなり、東向き・西向きで−5%、北向きは−10%の評価となります。

【広さや間取り】

広さが広い方が価格は高くなり、三角形やデットスペースがある間取りより、なるべく四角形で有効活用しやすい間取りの方が査定有利です。

【設備状況】

設備の状態が良いほど査定額は高くなります。また、多少古くてもきちんとメンテナンスされているか、故障などはないかチェックされます。

特に水回りの設備が劣化していると査定額に影響する可能性は高くなるでしょう。

【築年数や耐震性】

築年数は1年経過するだけで査定額が減少していきます。

基本的には10年を基準に1年毎に±1.5ポイントとなり、築10年より古いほどマイナスポイントとなります。

また耐震性では新耐震基準に適合しているかどうかも重要なポイントです。

【管理会社による管理の状況】

マンションの管理会社による管理状況も査定時のポイントとなります。

共有部の設備に破損や落書きなどがなく、しっかり管理されているかも査定されます。

また、清掃状況なども査定ポイントとなり、掃除がされていない場合はマイナスポイントとなる可能性が高くなるでしょう。

【共有施設】

コンシェルジュやキッズルームなどの共有施設は査定時に必ずチェックされます。

そして防犯面が高いことや使い勝手などが良い共有施設があることなどが査定時にプラスポイントとなるでしょう。

【駐車場】

車を所有する人にとって駐車場がある物件は重宝されるため、駐車場がマンションにあることでプラスポイントとなるケースがあります。

また、駐車場は賃貸方式か分譲方式か、平面の駐車場か機械式かによって査定額が異なります。

【管理費や修繕費】

マンションを売却する際は管理費や修繕費の滞納がない状態にしておく必要があります。

査定時に不動産会社が管理費や修繕費の滞納について必ずチェックするため、もし未納分がある場合は不動産会社にあらかじめ伝えておきましょう。

また、未納分があった場合、査定額は未納分が引かれた金額になります。

破損部分の修繕は複数の不動産会社からアドバイスをもらう

基本的に水回りの交換などのリフォームは不要です。なぜなら、300万円でリフォームしたとしても、査定価格より300万円プラスして売却できることは少ないからです。

近年のリノベーションブームで、自分で思い通りにリノベーションしたいという需要が高まっています。

そのため、中古マンションを出来るだけ安く手に入れたいというケースが増えており、リフォームをしてしまうと割高になってしまい逆に売りにくくなる可能性が高くなります。

ただ、破損した部分に関しては修繕をした方が良いこともあるため、どこまでのリフォームが必要かあらかじめ不動産会社と相談してから修繕を行うようにしましょう。

破損部分の修繕のタイミングは?

破損部分の修繕は、査定前に行うと良いでしょう。査定時に設備が故障したりドアが開きにくいなど基本的な動作が困難な場合、査定価格が下がる可能性があります。

先程ご説明した通り、大規模なリフォームは必要ありませんが最低限の「修繕」は査定前に行っておきましょう。

一戸建ての不動産査定時に掃除以外で重要になるポイント

不動産 査定 掃除

次に、一戸建ての不動産査定時に掃除以外で重要になるポイントは以下の通りです。

【間取り】

一戸建ての場合、マンションと違い間取りにこだわることができてさまざまなタイプがあります。

不動産査定においては万人受けする間取りなのかどうかが重要なポイントとなります。

間取りは、家具の配置を決める際に生活しやすいかどうかの基準になるため、シンプルで使いやすい間取りが重宝されるでしょう。

【生活動線】

生活する上で動きやすい動線なのかも査定時のポイントです。

例えば水回りが近く、キッチンからお風呂や洗濯機に行きやすいかどうかなどもチェックされます。生活動線が確保されている物件ほど査定額も良くなるでしょう。

【近隣関係】

近所の住人との関係が悪いと、敷地の測量がスムーズに行えないなどのトラブルに発展する可能性が高くマイナスポイントとなることがあります。

また、近所が交通量の多い道路で騒音被害があるなども査定額が低くなる可能性があるでしょう。

【雨漏りや白アリ被害の状況】

雨漏りや白アリ被害は家主が気づいていないケースも少なくないため、事前にチェックした方がいいでしょう。

もし雨漏りや白アリ被害があった状態で売却した場合、瑕疵担保責任に問われ売却後に賠償金を支払う必要があります。

また、不動産会社の中には売却前に雨漏りや白アリの検査や改修工事を行ってくれるところもあるため、不安な場合はこのような業者に相談しましょう。

【水回り設備の劣化状況】

水回り設備が劣化していると不動産会社の印象も悪くなる可能性があります。

故障部分に関しては最低限の修繕をして、カビなどが付着している場合は落として出来るだけ綺麗にしておくといいでしょう。

不動産売却に対応する優良な不動産会社を見つけるには?

ここまで説明してきた不動産売却は、あくまで一例となっています。

正確な売却金額を知るためには、売却前に「売却査定」を受ける必要があります。

そのとき大事なのが、複数社に査定依頼して必ず「比較検討」をするということ!

「調べてみたもののどの会社が本当に信頼できるか分からない…」

「複数社に何回も同じ説明をするのが面倒くさい...。」

そんな方は、簡単に無料で一括査定が可能なサービスがありますので、ぜひご利用ください。

無料の一括査定はこちら>>

一生のうちに不動産売却をする機会はそこまで多いものではありません。

後悔しない、失敗しない売却をするためにも、不動産会社選びは慎重に行いましょう!

一括見積もりを依頼する