キーワードから探す


  1. ハピすむ:建て替え
  2.  > 
  3. 平屋住宅
  4.  > 
  5. 平屋住宅を建てるメリットやデメリットを解説!

2019年07月12日更新

平屋住宅を建てるメリットやデメリットを解説!

広々としていて開放的な印象が強い平屋の住宅に、憧れている人は多いのではないでしょうか。しかし、実際に平屋を建てて生活するということを経験されていない方もまた多いでしょう。この記事では、平屋のメリットとデメリットをご紹介していきます。

  • 【監修者】タクトホームコンサルティングサービス
  • この記事の監修者
    タクトホームコンサルティングサービス
    亀田融

平屋住宅を建てるメリットとは

平屋 メリット

平屋住宅を建てることには多くのメリットがあります。

そこで、そのメリットについて、ひとつひとつ詳しくみていきましょう。

構造上安定しやすく地震に強い

平屋は1階部分の上に何ものっていません。

そのため、1階部分の柱や壁に屋根以外の負荷がかかりません。一方、2階建て以上の家屋の場合は1階部分の柱や壁に2階以上の家の重さがかかります。

そのため、地震が起きた時に、平屋は2階部分の重みがかからないために、2階以上の家屋と比較して倒壊しにくい、というメリットがあります。

構造上の利点としてはもう1点、壁が2階以上の家と比べて低いので地震による揺れに対して抵抗が少ないく、倒壊しづらいという利点もあります。

また、平屋は多くの場合、どの部屋にも窓を設置しているため、地震が発生した時に外に避難しやすいという点も大きなメリットと言えるでしょう。

メンテナンス費用が安くなる

家は、建てた後も様々なメンテナンスが必要になります。というのも経年劣化が各所に起こることは避けられないからです。

例えば、外壁や屋根などがその対象になります。

2階建て以上の家屋の場合、メンテナンスをする際には大掛かりな足場の設置が必要になりますが、この費用がかなり高額となり、メンテナンス費用全体に影響しています。

一方、平屋の場合には1階部分のみになりますので、2階建て以上の家と比較すると簡易的な足場の設置で終わることが多く、費用が大幅に抑えられることが多いようです。

もちろん、メンテナンスは一度きりで終わるわけではなく、定期的に必要になります。

長い目でみて、平屋の住宅はメンテナンス費用が安くなるというメリットがあるのです。

階段がないためバリアフリー設計にしやすい

万が一、家族の中の誰かが車椅子の生活になったり、介護が必要な状況になったとき、家の中を動きやすくするためにバリアフリー住宅にリフォームする場合があるでしょう。

平屋の建物は元々2階以上の部分がないので家の中に階段がなく、部屋間の行き来がスムーズです。

そのため、リフォームをする際には段差の解消や、車椅子の幅に合わせた各部屋の間口の拡張などを中心に行うことになります。

しかし、もし2階以上の建物であった場合には2階に上がるための方法を検討する必要が出てくるなど、大掛かりなリフォームが必要になることがあります。

このように万が一、家をバリアフリー設計にするときにも平屋は対応しやすいというメリットがあります。

階段のスペースを活用できる

2階以上の建物の場合、階段が必要になりますが、平屋の場合はそれが必要ありません。

階段は家の中でも思いのほかスペースをとることが多く、階段下を収納にするなどの工夫をする家も少なくありません。

工夫はできても、全くのフリーな場所として活用できるということはないことがほとんどです。

特に敷地が大きくない場合には階段の占めるスペースが気になる方も多いでしょう。

平屋の場合は2階以上がありませんので、階段が必要ないため、その分のスペースが有効に活用できるというメリットがあります。

各部屋への動線が短い

平屋は階段による移動がありません。

そのため、各部屋間の移動に時間がかからないという利点があります。

つまり、2階以上の家に比べて動線が短くなります。

例えば、1階に洗濯機がある家で2階のベランダに洗濯ものを干そうとすると動線は結構な長さになります。

しかし、平屋の場合は階段の上り下りをする必要がありません。

ある程度の重さなら気にならなくても、布団などの重いものを運ぶ時や洗濯の回数が多い場合などには特に平屋は移動が楽に感じるでしょう。

家族間のコミュニケーションが取りやすい

平屋は家族間のコミュニケーションが取りやすいというメリットもあります。フロアが異なると、それぞれの家族のプライバシーは守られやすくなりますが、空気を感じるのが難しくなります。

いっぽうで、平屋は大体どこに誰がいて何をしているのか、なんとなく感じられるので声をかけやすい環境になります。

特に目をかける必要のある子育て家庭や介護を必要としている家庭には適した環境づくりが可能と言えるでしょう。

光熱費を抑えやすい

平屋の場合、2階以上の建物とは異なり、ほとんどの水回りの設備が1か所で済みます。

例えば、トイレや洗面所は2階建て以上の場合は各階に設置することが多いと思いますが、平屋の場合は1つの場合がほとんどです。

そうすると平屋の方が、メンテナンスの負荷が軽くて済みます。

また、居住スペースが2階以上に及ぶと空調をつけても、空気が階段を通って別の階に流れてしまい、非効率的です。

しかし、平屋の場合は階段がありませんので空気が別の階に流れることがありません。

そのため、空調利用にかかる電気代も平屋の方が抑えやすくなるというメリットがあります。

天井を高く設定できる

平屋の場合、1階部分の上には何も設置されません。そのため、勾配天井を付けることができます。

それにより、2階建て以上の家屋の1階部分と比較して、天井をかなり高く設定することができます。

勾配天井にすることによって、光を取り入れやすくなるので、2階以上の建物だと暗くなりがちな1階部分も明るくすることが可能になります。

また、天井が高くなることで空間が広く感じられるというメリットもあります。

設計の自由度が高い

2階建て以上の建物の場合、1階の上に2階以上の家屋が乗りますので、それに耐えられる構造にする必要があります。

そのため、柱の数や窓の大きさに制限があることがほとんどで、思うような設計が叶えられない場合があります。

しかし、平屋の住宅の場合、上に何も乗らないので、設計の自由度が高くなるという利点があります。

窓を広くしたり、柱の数を減らして、開放的な家を設計することも可能になるでしょう。

各部屋に外との連続性を作ることができる

平屋の場合、設計の自由度が高いということは上の項目でも説明しましたが、構造上の問題がなければすべての部屋に窓を設けることも可能な場合があります。

窓をつけることで外の景色を取り込み、開放的な印象の家づくりをすることができます。

これにより、空気の流れも生みやすくなり、気持ちの良い生活を送ることができるかもしれません。

一方で小さな部屋をいくつも作ってしまうと、平屋の場合は壁が多くなってせっかくの空気の流れを遮断することにつながりかねません。

平屋を設計するときはできるだけ、広めの空間を心掛けるとよいでしょう。



平屋を建てるデメリットとは

平屋 メリット

ここまで平屋を建てる際のメリットについてご説明してきましたが、逆にデメリットも知っておきたいのではないでしょうか。

ここからはデメリットについてご説明していきます。

限られた敷地では部屋数を増やすのが難しい

前述のとおり、平屋の醍醐味は広々とした空間を作って風通しのよい生活が可能なところです。

そのため、小さな部屋をいくつも作るのは平屋ではあまり適しません。

また、部屋の数を増やすためには土地を広くする方法もありますが、これも2階建ての家と同じ面積にするためには土地が2倍必要になってしまいます。

逆に2階建て以上の家屋の場合であれば、建ぺい率が許す限り上層階に部屋を作ることが可能です。

このように、限られた敷地の場合で平屋を建設しようとすると部屋数を作れないというデメリットがあるのです。

間取りに工夫をすることで、限られた敷地の中で家を建てることができるでしょう。

敷地の占有面積が大きくなる

2階建て以上の家屋の場合、1階の部分を狭くしても2階以上に部屋を作ることができますが、平屋の場合はそれができません。

そのため、平屋と2階建て以上の建物で全く同じ面積の家を作ろうとすると、平屋の方が土地に対して家屋が占める割合が大きくなってしまうというデメリットがあります。

土地いっぱいに平屋を建てても、風通しが悪くなってしまったり周りの家との距離が極端に近くなってしまったり、庭の面積が狭くなってしまいますので家の設計には注意が必要です。

二階建てと同じ大きさにする場合は坪単価が高くなる

家を建てるときにかかる費用をその家の面積(坪)で割ったものが坪単価といいます。

建物を建てるのに、どれくらいの費用がかけられたかがわかる指標になります。

さて、平屋は2階建てで同じ居住面積の家と比較して坪単価が高くなるというデメリットがあります。

というのも、平屋の場合はすべて1階部分のため、2階建ての家の2倍の広さの基礎部分が必要になるのです。(総2階の2階建て住宅と比較した場合)

これと同時に、屋根も2倍の広さになります。

この、基礎部分と屋根の費用が2階建ての家に比べてかかるために、平屋の坪単価が高くなってしまうのです。

プライバシーや防犯面で注意が必要

平屋の場合、1階部分しかないため、生垣や塀を作らないと外から家の中が丸見えになってしまい、プライバシーが守られにくいというデメリットがあります。

また、家の中の様子が見えることから不在であることが周囲からわかりやすかったり、窓が多い平屋の場合は侵入経路が多くあるというデメリットもありますので、防犯面で注意が必要です。

家の周りに玉砂利を敷いて、敷地内に誰かが侵入してきたことがわかるようにしたり、防犯カメラの設置やセンサーライトの設置をすることで、ある程度対策を取ることが必要になるでしょう。

プライベート空間の確保が難しい

平屋の家屋は広々とした空間を作り、風通しをよくすることがその特性を生かすことにつながります。

そのため、ひとつひとつの部屋を広く取り、できるだけ壁で小さく区切らないようにするといいのですが、その反面、家族それぞれのプライベートな空間を確保することが難しくなります。

家族の人数が多いと特に問題になるかもしれません。

これに対しては、必要に応じてパーテーションやロールカーテンなどで一時的に部屋を区切るようにすることである程度は対応することが可能です。

周辺環境の影響を受けやすい

平屋の家を建てようとしたとき、周囲に高い建物がひしめき合っているところには建てようと思わないでしょう。

それは周りの建物によって日当たりが悪くなったり、周りの家から家の中が丸見えになってしまったりするからです。

そのため、平屋を建てるにはある程度周囲に土地に余裕がある必要があるでしょう。

このように平屋はどのような環境でも適しているわけではなく、周辺の環境を受けやすいというデメリットがあります。

建物の中心部が暗くなりやすい

平屋の家をできるだけ大きくしようとしたり部屋の数を多くしようとすると、家の中心部が窓から遠ざかってしまいます。

すると、外部から光が入りにくくなり、部屋の中心部が暗くなりがちです。これが平屋のデメリットの一つでもあります。

2階以上の建物であれば、各フロアの面積を狭くして、部屋を上層に増やしていけばいいので、このような問題は起こりにくくなります。

部屋の暗さの対策としては、部屋の中央に坪庭のような中庭を設けて、窓をつけて光を入れられるようにしたり、屋根に天窓を設置して光を取り入れたりする方法があります。

水害があった場合に二階に逃げることができない

昨今の異常気象では予想もつかない天候になることがありますが、河川に近い住宅の場合、洪水などの水害が危惧されます。

このような事態になった場合、平屋の家屋は2階部分がないので、逃げ場がないというデメリットがあります。

この問題の対策としては、できるだけ早くから天候に関する情報を収集し、水害が発生する前に避難をすることが挙げられます。

建て替え・注文住宅に対応する優良な建設会社を見つけるには?

こここまで説明してきた建て替えは、あくまで一例となっています。

正確な建て替え金額を知るためには、建て替え前に「見積もり査定」を受ける必要があります。

そのとき大事なのが、複数社に査定依頼して必ず「比較検討」をするということ!

「調べてみたもののどの会社が本当に信頼できるか分からない…」

「複数社に何回も同じ説明をするのが面倒くさい...。」

そんな方は、簡単に無料で一括査定が可能なサービスがありますので、ぜひご利用ください。

無料の一括査定はこちら>>

一生のうちに建て替えをする機会はそこまで多いものではありません。

後悔しない、失敗しない建て替えをするためにも、建設会社選びは慎重に行いましょう!

一括見積もりを依頼する