1. リフォーム費用見積もり比較「ハピすむ」
  2.  > 
  3. 建て替え
  4.  > 
  5. 平屋住宅
  6.  > 
  7. 平屋のメリット・デメリットや費用相場・お得に建築するコツを解説

2023年02月27日更新

平屋のメリット・デメリットや費用相場・お得に建築するコツを解説

「平屋」と聞くと、昔の建物というイメージをお持ちの方もいらっしゃるでしょう。

しかし、平屋には多くの魅力的なポイントがあり、現在でも2階建てより平屋を選ぶ方もいらっしゃいます。

そこで今回は、平屋のメリット・デメリットなどもご紹介しますので、平屋の注文住宅を検討している方は、ぜひ最後まで読んでみて下さい。

平屋住宅の特徴・魅力的なポイントとは?

平屋とは、1階建てのみで建てられた家のことを指します。

全ての空間がワンフロアに収まるのが特徴です。

階段を必要としないため、リビング、キッチン、寝室、水回りなど生活に必要な全てを一

続きの空間にすることも可能です。

平屋の魅力は、暮らしやすさと解放感でしょう。

ワンフロアにまとめられた空間のため、昇降の必要がなく移動がしやすいです。

そのため、どの年齢の方でも暮らしやすくなっています。

また、勾配天井などにして高さ方向の空間もうまく活用した場合、より解放感を感じられ

る空間構成が可能になります。

2階がない分、余裕をもった空間になります。

平屋住宅のメリットとは?

ここからは、平屋住宅のメリットについてご紹介します。

生活動線・家事動線が効率的になる

上下の移動がない分、生活動線がシンプルになります。

移動が楽にできることから、毎日の生活においては非常に便利です。

また同様に、家事動線もシンプルで機能的にプランしやすくなります。

掃除機を持って2階まで上がったり、2階に洗濯物を干しに行くこともないため、効率的な家事ができるでしょう。

家族とコミュニケーションを取りやすい

2階がなくワンフロアに生活スペースが収まるため、家族と顔を合わせる機会が増えます。

そのため、自然とコミュニケーションを取る回数が多くなるでしょう。

また、各個室にいたとしても気配を感じられるため、声もかけやすくなります。

さらに、家族が何をしているのかが分かりやすいため、お子様がいらっしゃるご家庭は安心できます。

2階建てより耐震性が高い

建物の重心は、低ければ低いほど安定し、地震に強いと言われています。

重心が低く土地と接している面積が大きい平屋は耐震性が高いといえます。

揺れの影響も2階建てより少なくなります。

また、平屋は2階がない分、上からの荷重が少ないことや高さ方向が低い安定した形であることなどによって耐震性が高いです。

平屋ならではの広い間取りにできる

平屋は、2階建てに比べると階段や2階ホールなどのスペースが必要ない分、リビングやその他の居室などの間取りを大きく取りやすいといえます。

LDKを広くして家族との団らんを楽しむ場を充実させるのも良いかもしれません。

また、平屋は2階がない分、ある程度自由に天井の高さを決められるため、デザインや設計の自由度が高くなります。

屋根の形状に合わせて外観をデザインしたり、スキップフロアを作ることも可能です。

メンテナンス費用を抑えやすい

2階建てに比べ、メンテナンスする必要をともなう外壁面積がやや少ないため、メンテナンス費用を抑えられます。

逆に、屋根面積については2階建てより大きくなります。

建物の寿命を伸ばすためには、定期的なメンテナンスが必要です。

例えば、外壁の塗装は約10年〜約15年に一度必要と言われていますが、その都度、メンテナンス費用を抑えられます。

また、平屋ではメンテナンスの際に足場を組む必要がないため、その分も費用を安くできます。

階段がなくバリアフリー化しやすい

平屋は階段がなく上下の移動が必要ないため、老後の生活がしやすい構造です。

段差をなくすといったバリアフリー化もしやすく、改築費用を抑えられます。

また、車いす生活になったとしても、比較的簡単に部屋の移動ができます。

さらに階段がない分、転倒や転落などのケガの心配をすることも少なくなるでしょう。

光熱費を抑えやすい

平屋は、2階などの上階がないことにより、熱の空間移動が少ないため、冷暖房の効きが良くなります。

暖かい空気や冷たい空気が満遍なく行き渡るため、冷暖房を強く設定しなくてもよく、光熱費を抑えられるでしょう。

また、平屋は2階建てよりも屋根が広くなる場合が多いです。

広い面積の太陽光発電を設置することができれば、通常よりも発電量を増やせます。

それにより家庭内の電気として、あるいは売電するなどして有効利用できれば、光熱費を大きく抑えられます。

各部屋ごとに外との連続性を作ることができる

平屋は部屋が1階にあるため、外の地面との距離が近く、外と繋がりのある部屋を作れます。

また、それにより自然を感じやすい生活をつくれそうです。

テラスを設けてお茶を楽しんだり、芝生を植えてお子様やペットが走り回れるようにしたりすると、より外と部屋との連続性を感じやすくなるでしょう。

平屋住宅のデメリットとは?

メリットをご紹介しましたので、ここからはデメリットについて解説していきます。

広めの敷地が必要

平屋を建てるには、広い土地が必要です。

例えば60坪の土地に60坪の家は建てられません。

それは、建ぺい率によって建てられる家の大きさに制限が設けられているためです。

建ぺい率とは、その敷地面積に対して建築することが可能な建築面積の限度を割合で示したものです。

平家を建ぺい率50%の敷地に建てようとする場合、60坪の土地には30坪以内の家しか建てられません。

しかし2階建ての場合は、容積率によっては、60坪の土地に60坪以上の家でも建てることが可能です。

よって、平屋を建てる場合は、2階建ての場合よりも広い土地が必要です。

中心部の部屋の日当たりや風通しに注意が必要

平屋の中心部の部屋は、どうしても暗くなったり風通しが悪くなりがちです。

また、平屋は高さが低いこともあり、周囲の建物の影響を受けやすく周囲が2階建て以上の家ばかりの場合、日当たりや風通しが悪くなります。

デメリットの解消方法は、家の形をコの字型やロの字型にして中庭を設けることです。

コの字型やロの字型にすることにより、部屋の中心部にも光があたり、風通しも良くすることも可能となります。

また、中庭を作ることで、解放感のある家にもなるでしょう。

坪数当たりの建築費用が高くなりやすい

平屋は、2階建ての家と比べて基礎部分と屋根が最大で2倍近く大きくなる場合があるため、その分基礎工事と屋根工事の費用が高くなります。

2階建ての家と比べて基礎工事をする面積が多いため、費用が高くなってしまいます。

また、平屋は上から見た場合、屋根面積が大きくなります。

よって坪数当たりの建築費用が2階建ての家と比べて高くなりやすいです。

河川の氾濫時など垂直避難ができない

平屋は2階がないため、河川が氾濫した時などに2階に避難できず、逃げ場所の確保が難しくなる点もデメリットだと言えます。

床上浸水が起こった場合も、家全体が水浸しになってしまいます。

もちろん水浸しになるのは平屋だけに限ったことではありませんが、浸水する床面積は大きくなります。

解消方法は、水害の起こる可能性のあるエリアを避けて建築することです。

ハザードマップなどを参考にして、水害が起こりにくい場所を選ぶと良いでしょう。

平屋住宅の費用相場はどのくらい?

平屋の坪単価の費用相場は、木造の場合約65万円〜約110万円です。

ファミリー向けの3LDKの平屋では延床面積が約25坪〜約30坪のため、費用は約1,600万円〜約3,300万円かかります。

平屋の建物価格は、基本的には床面積が小さい家の方が安価に建てられる場合が多いです。

ただし、同じ仕様の家の場合、延床面積が小さい方が坪単価は高くなりがちです。

理由としては、小さい家の工事は作業効率が上がりにくいこともありますが、面積の大小にかかわらずキッチンやお風呂などの設備の数はほぼ同じケースが多いためです。

広さ以外にも、費用の変動に影響を与えるものがいくつかあります。

例えば複雑なデザインの設計プランを発注した場合、工事費だけでなく設計費や建材費も上がります。

また、ハウスメーカー独自のプランを採用する場合も価格変動が起こります。

ハウスメーカーではリーズナブルなプランからハイグレードなプランまで様々なものがあります。

間取りを自由にプランできたり、建材を自由に選べるようなフリープラン、フリースタイルなどの場合、基本設定価格より大幅にアップするケースも珍しくありません。

ハウスメーカーによっても違うため、面積の広さだけが建物価格に影響を与える訳ではないということを覚えておきましょう。

平屋住宅の工期は、約3カ月〜約6カ月です。

建設の期間なので、打ち合わせ期間を入れるとさらに時間はかかります。

なお、こちらの記事に記載の金額や工期はあくまでも一例です。詳しくは業者による現地調査が必要となります。

また、業者によっても金額や工期は変わるため、複数社に見積もりを依頼し、比較・検討するようにしましょう。

平屋住宅に建て替える場合の費用について

既存の二階建て住宅を取り壊して新たに平屋の建物を新築する場合、建築する費用はどの程度必要なのでしょうか。

その点についてご説明します。

平屋住宅へ建て替える費用の算出方法

平屋住宅へ建て替える場合の費用の算出方法ですが、居住空間の広さが同じ平屋住宅と2階建て住宅を比較して考えてみましょう。

面積については、2階建てにすると階段や2階部分のホール、また2階のトイレなどが必要なので、平屋住宅よりも延床面積がどうしても4坪ほどは多くなります。

坪単価で見た場合、屋根や基礎の部分また床の構造の違いなどによって延床面積の割合からすると平屋建ての方が高くなることもあります。

例えば2階建ての住宅の建築費用は、平屋建てと同様の設計で30坪の間取りとした場合、階段や2階ホールと2階トイレで4坪が余分に必要となりますので延床面積は34坪となります。

坪単価が65万円であった場合には、65万円×34坪で建築費用は2,210万円となります。

いっぽう平屋建ての住宅で延床面積が30坪の住宅を建てようとする場合、坪単価としては2階建てよりも一般的に15%割高になると想定されます。

割高になる理由は、屋根や基礎工事の面積が倍になることや床構造なども割増になるためです。

2,210万円の15%割高で建築費用は約2,542万円です。

2,542万円を30坪で割ると坪単価が約85万円となります。

このように、平屋建ての住宅の建築費用を間取りや延床面積だけで比較するのは、メリットやデメリットを検討するにあたっては困難になります。

既存住宅の解体費用の内訳と相場

既存の住宅を解体して、その土地を整備してから平屋の住宅を建てる必要があります。

それに関連する建物の解体費用についてです。

建物を解体する場合の費用は、建物の構造によって異なります。

例えば木造の建物の場合には、坪単価としてはおよそ4万円から5万円程度ですが、鉄骨の建物では、坪単価が上がり5万円から6万円程度となります。

坪数あたりでは、5万円程度が相場となりますが地域によってかなり解体費の相場は異なります。

主に解体費用の相場としての単価は、床面積で変化します。

一般的に延床面積が広いと解体費用は単価としては下がり、延床面積が狭いと単価としては上がっていきます。

おおよその費用は解体する建物の種類の坪単価に延床面積をかけると算出できます。

さらに解体の相場単価は、住宅の築年数でも多少変わることがあります。

新しい住宅ほど高く、古くなると安くなるという傾向です。

足場や養生にかかる費用相場

解体する場合に足場を組む必要がある場合には、1回の足場の設置に対してもかなり費用がかかります。

それは、広範囲であっても狭い範囲でもかなり高額となります。

また足場を組む際の単価は、業者によっても異なることがありますが一般的には、1㎡あたりでは800円ほどです。

2階建てでは、およそ20万円ほどとなり、解体に関連して養生するための費用は、1㎡あたりおよそ500円程度です。

重機のレンタルにかかる費用相場

建物を解体する場合には、重機を使用することが一般的です。

重機を運搬する費用は、1台あたり3万円程度で、重機で解体する作業をする場合には1坪あたりはおよそ5千円ほどです。

ただ問題となるのは、重機が解体する現場にスム-ズに入れるかどうかでかなり費用も異なります。

道路などの問題で重機が入りにくい場合には、手作業となりますのでかなり費用もかさむこととなります。

警備員費用の相場は

都会などの交通量の多い地域では、トラックの出入りなどで警備員が必要となることもあります。

1日あたりでは、一人につき1万2千円ほどの費用がかかります。

既存住宅の処分費用について

既存の住宅を解体したものを処分する費用も必要となります。

解体工事の際の料金表には、産業廃棄物の処理費用として計上されます。

建物の広さや構造だけでなく外構に使用されていたブロック塀などがあるものは、その撤去したものの処分費用も考慮しておくことが重要です。

同じような工事内容の場合でも業者によって、また地域によって50万円以上の金額差が出ることがあります。

できれば複数の解体業者から見積もりを取ることをおすすめします。

仮住まいへの引越し費用や家賃の目安

引っ越し費用

平屋の住宅に建て替えをする場合には、ある一定の期間は仮住まいをする必要があります。

そして仮住まいの場所から新居へ引っ越しをすることになります。

合計2回引っ越しをしないといけませんので、引っ越し費用もかなりかかります。

仮住まいの費用

仮住まいをするためには、それに伴う家賃などが必要となります。

さらに仮住まいの家賃以外にも、部屋を借りることに関連して敷金や礼金、住宅保険料や鍵の交換代、さらに共益費なども要求されます。

平屋住宅の新築費用の内訳と相場

平屋住宅の40坪の新築を建てる場合には、建築材料や間取りなどにもよりますが、価格の相場としてはおよそ3,000万円ほど必要となります。

建物の設備や部屋数などにより価格は異なりますが、2,000万円よりも安く費用を抑えるのは難しい状況です。

施工業者がハウスメーカーなどの場合には、坪単価の相場としては約70万円程度となります。

業者によっては、費用の計算を延べ床面積でなく施工面積で算出する場合がありますので注意をしてください。

このほかの費用としても1,000万円前後は、必要となりますので心積もりをしておいてください。

ローンを組む場合の月々の返済額の目安

全国の平均である費用として建築費3,300万円のローンを組む場合には、ボーナス払いなしで35年のローンにすると次のような返済額となります。

金利の種類を固定金利にするとおよそ1.5%ですので、総支払額は約42,437,000円となり月々の返済額は約101,000円となります。

また変動金利にするとおよそ0.6%で、総支払額は約36,594,000円となり月々の返済額は約87,100円となります。

固定金利の場合には、金利が変化しませんので金利としては高い傾向となります。

それに対して変動金利は、金利が変わるというリスクがありますから利子としては安くなっています。

この数字は、おおよその目安にすぎませんが費用面での参考にしてください。

地域別の坪単価の目安

建物の坪単価は、地域によって差があります。

建物を新築する場合には、建設費用としての坪単価は北海道や東北では50万円前後、関東では52万円程度です。

しかし東京になると安い場合で60万円前後で高い場合には90万円以上となる場合もあります。

北陸では、51万円、東海では53万円、近畿では55万円、大阪の高い場合は75万円程度になる場合もあります。

また中国や四国などは50万円前後、九州、沖縄でも同様です。

ただ平屋の場合には、この坪単価よりもやや高くなる傾向ですので、検討してください。

平屋か2階建てかどちらの方が良い?

平屋か2階建てかどちらの方が良いのでしょうか。

4つのポイントごとにご紹介します。

予算から判断する

平屋は、2階建ての家よりも基礎部分や屋根の面積が大きくなるため、坪単価が高くなります。

基礎や屋根は材料費がかかり、費用が高くなる工事箇所です。

そのため、予算によって判断する必要があります。

建てる際は平屋の方が費用は高くなりますが、メンテナンス費用は2階建てと比べて安くなります。

一方の面だけを見るのではなく、総合的かつ長期的に考えましょう。

必要な間取りから判断する

必要な間取りを考えて、うまく実現できそうなのは平屋の方か2階建ての方かを考えてみましょう。

例えば、個室をリビング・ダイニングなどの公の空間と隔てて完全にプライバシーを確保したい場合は、2階建てが適しています。

リビング・ダイニングにゆとりを持たせて、どの部屋とも繋がりのある間取りが良い場合は平屋が適しているでしょう。

必要な間取りによって異なってきます。

家族構成から判断する

平屋は階段がないため、つまづきなど不意のケガをすることが少なくなります。

そのため、高齢者や小さなお子様がいる場合は、平屋が適しています。

また、現在は高齢者や小さなお子様がいなくても、将来を考えて平屋を選択する場合もあるでしょう。

平屋はバリアフリー化がしやすいため、その点も考慮した上で判断が必要です。

家族構成によって重視する点が異なりますので、判断のポイントになります。

確保できる土地の広さから判断する

平屋を建てる場合は、2階建てよりも広い土地が必要になります。

確保できる土地が狭い場合は、2階建てにして床面積をやや増やすことも良いでしょう。

理想の間取りを考えて、自分の暮らし方に適する方を選びましょう。

また、建ぺい率を考慮した上での広さを決める必要があります。

確保できる土地に、実際建てられる大きさを確認しておきましょう。

平屋か2階建てかの基本的な判断ポイントになります。

平屋住宅がおすすめな方の特徴

平屋住宅がおすすめの方の特徴をご紹介していきます。

家事動線をコンパクトにしたい方におすすめ

平屋は2階がなく、一続きのワンフロアです。

そのため、掃除機を2階までかけたり、洗濯物を2階まで干しにいく必要がなく、効率の良い家事ができます。

また、家事動線がコンパクトになるため、家事がしやすくなります。

家事動線をコンパクトにして、効率的な家事をしたい方におすすめです。

バリアフリー化を重視する方におすすめ

平屋は2階がないため階段がなく、つまずいて転倒やケガをする可能性が少なくなります。

よって高齢者や小さなお子様がいて、過ごしやすい部屋を作ることを重視する方におすすめです。

また、平屋は2階がない分バリアフリー化がしやすくなっています。

将来的に家をバリアフリー化をしたい方や、家族構成が変わり高齢者や小さなお子様が増える可能性のある方にもおすすめです。

一緒に暮らす方の人数が2.3名の方におすすめ

平屋は2階建てと比べて、少なくとも約2倍程度の土地が必要になります。

そのため、一人あたりに十分な広さを確保しようと思えば、広い土地が必要です。

4人以上で暮らすとなるとかなり広い土地が必要ですが、一緒に暮らす人数が2、3名までだと、そこまで広い土地でなくても対応可能になると考えられます。

よって、一緒に暮らす方の人数が1〜3名までの場合におすすめです。

老後に向けて建て替えを検討している方におすすめ

平屋は、2階建てと比べて階段がなく段差が少なくなっているため、階段や段差につまずいて転倒やケガをする可能性が低いです。

老後に向けて建て替えを検討している方には、平屋へ建て替えをすることをおすすめします。

また、平屋はバリアフリー化をしやすいため、車いすを使用することになった場合でも過ごしやすい家に簡単にリフォームできます。

郊外や田舎などで建築を予定している方におすすめ

平屋を建てる場合は、2階建てよりも広い土地が必要です。

そのため、広い土地を確保しやすい郊外や田舎で建築を予定されている方におすすめします。

また、平屋は2階建てよりも坪単価が高くなります。

坪単価が都会よりも安い郊外や田舎の場合、費用を安く抑えられるでしょう。

光熱費やメンテナンス費用を抑えたい方におすすめ

平屋はワンフロアで一続きになっているため、冷暖房が効きやすいです。

2階がないため、暖かい空気と冷たい空気が上下のどちらかに偏ることなく満遍なく行き渡ります。

また、外壁塗装などメンテナンス工事をする際に足場を組む必要がないため、その分費用を安く抑えられます。

光熱費やメンテナンス費用を抑えたい方におすすめです。

お得に平屋の建築・建て替えを行う方法

お得に平屋の建築・建て替えを行う方法をご紹介します。

固定資産税を抑えて建築する

固定資産税とは、土地や住宅といった固定資産にかかる税金のことです。

所有者に対してその土地の市町村が課税します。

一般的に2階建ての家よりも平屋の方が材料を多く使用するため、固定資産税が高くなります。

そのため、固定資産税を抑える方法についてご紹介します。

  1. 木造建築にする
  2. 木造建築はコンクリート造の住宅に比べて耐久性が低く評価されるため、固定資産税が安くなります。

    平屋は重心が低く安定しているため、木造でも耐久性がある頑丈な家を作れます。

  3. シンプルな構造にする
  4. 材料を少なくしてシンプルな構造の平屋にすると、材料費が抑えられて建物にかかる固定資産税が安くなります。

  5. 土地が安い地域に建てる
  6. 固定資産税は土地と建物に対して課税されます。

    土地が安い地域に建てると土地の評価額が下がり、固定資産税が安くなります。

同じ条件の平屋住宅の注文で相見積もりを取る

住宅建築は会社によって値段が変わるため、相見積もりを取り比較する必要があります。

しかし、どの会社に相見積もりを取れば良いのか迷ってしまう方もいらっしゃるのではないでしょうか。

そのような時は、ハピすむの利用をおすすめします。

ハピすむでは、全国1,000社以上の優良なリフォーム会社から、コンシェルジュが自分に合う会社を3社選んでくれます。

その3社に相見積もりを取り、比較検討することで、納得する金額で平屋住宅を建てられるでしょう。

こちらから無料でハピすむのリフォーム費用の相見積もりをご利用頂けますので、リフォーム会社選びでお困りの際などにはハピすむを活用してみて下さい。

建て替え・注文住宅に対応する優良な建設会社を見つけるには?

ここまで説明してきた建て替えは、あくまで一例となっています。

注文住宅の設計プランや費用は、施工店によって大きく異なることがあります。

そのときに大事なのが、複数社に見積もりを依頼し、「比較検討」をするということ!

実際に注文住宅を建てるには時間がかかるので、この記事で大体の予想がついた方は早めに次のステップへ進みましょう!

「調べてみたもののどの会社が本当に信頼できるか分からない…」

「複数社に何回も同じ説明をするのが面倒くさい...。」

そんな方は、簡単に無料で一括査定が可能なサービスがありますので、ぜひご利用ください。

無料の一括見積もりはこちら>>

一生のうちに注文住宅を建てる機会はそこまで多いものではありません。

後悔しない、失敗しない建て替えをするためにも、建設会社選びは慎重に行いましょう!

この記事の監修者プロフィール

【監修者】岩納年成

大手ゼネコン会社にて、官公庁工事やスタジアム、免震ビル等の工事管理業務を約4年経験。
その後、大手ハウスメーカーにて注文住宅の商談・プランニング・資金計画などの経験を経て、木造の高級注文住宅を主とするビルダーを設立。
土地の目利きや打ち合わせ、プランニング、資金計画、詳細設計、工事統括監理など完成まで一貫した品質管理を遂行し、多数のオーダー住宅を手掛け、住まいづくりの経験は20年以上。
法人の技術顧問アドバイザーとしても活動しながら、これまでの経験を生かし個人の住まいコンサルテイングサービスも行っている。

無料建て替え
一括見積もりをする