1. ハピすむ:建て替え
  2.  > 
  3. ローコスト住宅
  4.  > 
  5. ローコスト住宅を建てる際に資料請求が重要になる理由とは?

2021年03月24日更新

ローコスト住宅を建てる際に資料請求が重要になる理由とは?

  • 【監修者】下久保彰
  • この記事の監修者
    下久保彰
    二級建築設計事務所経営30年

ローコスト住宅を建てる際は資料請求して情報収集を!

ローコスト住宅を建てる際に、最も重要なのが業者選びです。

どの業者に依頼するかによって、ローコスト住宅建築の成否が分かれると言っても過言ではないでしょう。

住宅の建築を依頼する業者を選ぶためには、まずしっかりと情報収集する必要があります。

ここでは、どのような方法で情報収集すれば良いかについて紹介します。

資料請求して業者の特徴を知ることが大切

ほとんどの業者は住宅のカタログや会社概要に関する資料を用意しており、ウェブサイトなどから資料請求をすることができるようになっています。

どのような住宅の建築を得意とするのかといった特徴はそれぞれ業者ごとで異なり、理想の住宅を建てるためには、まず業者の特徴を把握する必要があります。

気になる業者がある場合はまず資料を請求し、自分が希望する住宅を建てることができそうな業者であるかについて確認しましょう。

最近ではローコスト住宅専門の資料を提供している業者も

最近ではローコスト住宅の需要が高いためか、ローコスト住宅専門の資料を提供している業者もあります。

ローコスト住宅専門の資料には、当然ながらローコスト住宅についての情報が満載。また、その資料では予算を大幅に超えるようなハイグレードな住宅に関する宣伝は、ほとんど記載されていないようです。

資料を請求する人は、低予算で住宅を建てたいと考えていると予想され、記載されている住宅は比較的低価格で建てられるものが多いでしょう。

ローコスト住宅専門の資料を扱っている業者を見つけたら、積極的に資料請求してみてください。

ローコスト住宅を建てる際のデメリットとは?

価格が安いため需要が高くなっているローコスト住宅ですが、もちろんデメリットはあります。ローコスト住宅を建ててから後悔しないためには、そのデメリットについても理解しておきましょう。

ここでは、ローコスト住宅を建てる際のデメリットについて説明します。

デザインや間取りなどプランの自由度が低い

ローコスト住宅は、何通りかあるプランから間取りや設備を組み合わせるという規格化されたものとなっています。そのことから、建物のデザインや間取りなどの自由度は低いと言えるでしょう。

ローコスト住宅を検討する場合には、規格化されたプランの中から選ぶこととなるため、イメージしたとおりの家に仕上がらない可能性があるのです。

注文住宅より性能が劣るケースも

ローコスト住宅では価格を安く設定していることもあり、使用する建材や設備のグレードは注文住宅よりも低くなっています。

生活する上で支障はなくても、内装や設備などにこだわりがある場合、完成した後に質感や機能性などに不満を抱えてしまうかもしれません。

また、建材や設備のグレードを落とすことによって、耐久性や耐震性、断熱性などの性能が劣るケースもあります。

家にかかる初期費用を抑えられるメリットと引き換えに、建物の性能や資産価値の低さなどについては、予め理解しておくと良いでしょう。

工期が短い

ローコスト住宅を建てる場合は、人件費などのコストを抑えるために工期の短縮を行っています。一般的な木造住宅の工期は約4~5ヵ月ほどですが、ローコスト住宅では約3~4ヵ月となっています。

工期が短縮されることはメリットとも言えますが、あまりにも工期が短いと、手抜き工事や性能の低下といったことにつながる可能性があるので注意しておく必要があります。

ローコスト住宅の資料を請求する際の注意点

ローコスト住宅を建てる際には、できるだけ多くの情報を集めることが建築を成功させるカギです。

ただし、闇雲に手あたり次第資料請求するという方法はおすすめできせん。資料請求は適切な方法で行い、できるだけ少ない負担で必要な情報を集めましょう。

ここでは資料請求する時に注意したポイントについて紹介します。

住宅展示場で資料請求するのは避ける

一昔前であれば業者に電話で資料の送付を依頼をしたり、住宅展示場で資料請求するという方法が主流でした。しかし、これらの方法は避けた方が良いでしょう。

なぜなら、住宅展示場で資料を請求する際には現地で業者の営業担当者と話をする必要があります。

資料請求をする時点では、まだどの業者へ依頼するか決まっていない状態であるにもかかわらず、長時間拘束されて営業トークに付き合わされてしまう可能性があるからです。

できるだけ多くの業者から情報を集めたいのに、特定の業者に貴重な時間を取られるのは負担が大きくなります。

メーカーの公式サイトから資料請求するのは手間がかかる

多くの業者は、ホームページの公式サイトから資料請求することができます。しかし、資料請求するためには個人情報やその他の必要事項の入力を求められることがほとんどでしょう。

仮に複数の業者へ資料請求をしようとする場合、その都度資料請求する業者ごとに必要事項を入力しなければなりません。

また、業者によっては資料請求することで営業の電話や郵便物が届くようになるようです。

メーカーの公式サイトを閲覧することは業者の特徴や施行事例を知る良い機会となりますが、公式サイトからの資料請求は手間がかかるため避けた方が良いでしょう。



ローコスト住宅の資料を効率よく請求する方法

ローコスト住宅を建築する際には、できるだけ多くの業者から情報を集めることが重要です。多くの情報を集めるためには、資料請求にかかる時間の短縮と手間を省くことが必須となります。

ここではローコスト住宅の資料を効率よく請求する方法について紹介します。

資料一括請求サイトを利用する

複数の業者へ一括で資料請求できる資料一括請求サイトを利用するという方法があります。

資料一括請求サイトとは目的に合わせて、一度で複数の業者へ資料請求することができるサービスです。

ローコスト住宅に関する資料一括請求サイトを利用すれば、自宅に居ながら簡単に資料請求することが可能となります。

資料一括請求サイトを利用するメリット

資料一括請求サイトを利用する一番のメリットは、わずかな手間と時間で一度に複数の業者へ資料請求できるという点でしょう。

入力は一度で済むため、資料請求する業者ごとに必要事項を入力する手間が不要となります。

また、複数の業者から情報を得ることができるため、業者が得意とする間取りやデザイン、扱っている住宅の費用相場といった特徴を比較しやすくなります。

その他、資料一括請求サイトから資料請求しても、しつこい営業電話がかかってくる心配もありません。

資料一括請求サイトで定められたポリシーに反する営業行為を行うと、その業者はサイトによるペナルティを受ける可能性があるため、安心して資料請求することができます。

ローコスト住宅の資料を見る際に注目すべきポイント

ローコスト住宅の資料を見る際には次のポイントにも注意しましょう。

間取りや設備だけでなく外観もチェックする

間取りや設備は、実際にその住宅で暮らす上で外すことのできない快適性に直結します。そのため、資料請求したら必ず確認すべき項目です。

さらに、間取りや設備だけでなく外観についても、自分好みのものであるかどうかチェックしておきましょう。

ローコスト住宅は一般的な住宅よりも低価格で建築できるとは言っても、高額な買い物であることには変わりありません。

家の外観を見るたびに後悔してしまわないよう、外観についても自分の好みを反映した住宅を実現できる業者かどうか、資料を見ながら確認しましょう。

複数の業者から資料を請求し比較する

ローコスト住宅を建てる際には必ず複数の業者から資料を請求し、業者ごとの特徴を比較するようにしましょう。

資料だけでなく見積もりについても同様に、複数の業者から取得することが大切です。

なぜなら、複数の業者を比較することによって、より良い条件の業者を選ぶことが可能となります。

比較する際には金額だけではなく、業者が提案してくる間取りやデザイン、資金計画書の内容についても確認すると良いでしょう。

ローコスト住宅は500万円以下で建てられるの?

一般的な住宅メーカーの場合、家を建てるとなると約1,000万円~3,000万円は必要ですが、ローコスト住宅は1,000万円前後と、価格を抑えて建てることができます。

しかし、もっと安く、例えば500万円以下でローコスト住宅を建てることはできるのでしょうか?

実は、500万円以下といった超ローコスト住宅を建てることは可能なのです。実際そのようなプランを提供する住宅メーカーもあります。

ただし、価格が500万円以下という驚異の安さの超ローコスト住宅となると、ローコスト住宅よりもさまざまな制限をされることになります。

超ローコスト住宅のほとんどは平屋造りであり、建坪は20坪未満という小さな家になることが多くなります。

間取りも非常にシンプルで、キッチン、お風呂、トイレなどの必要最低限の設備と、部屋数は1つか2つほどとなってしまいます。

ゆったりとした広い部屋や部屋数については、あまり期待できません。一人暮らしや夫婦2人で生活する場合におすすめの家となります。

建て替え・注文住宅に対応する優良な建設会社を見つけるには?

ここまで説明してきた建て替えは、あくまで一例となっています。

注文住宅の設計プランや費用は、施工店によって大きく異なることがあります。

そのときに大事なのが、複数社に見積もりを依頼し、「比較検討」をするということ!

実際に注文住宅を建てるには時間がかかるので、この記事で大体の予想がついた方は早めに次のステップへ進みましょう!

「調べてみたもののどの会社が本当に信頼できるか分からない…」

「複数社に何回も同じ説明をするのが面倒くさい...。」

そんな方は、簡単に無料で一括査定が可能なサービスがありますので、ぜひご利用ください。

無料の一括見積もりはこちら>>

一生のうちに注文住宅を建てる機会はそこまで多いものではありません。

後悔しない、失敗しない建て替えをするためにも、建設会社選びは慎重に行いましょう!

この記事の監修者プロフィール

【監修者】下久保彰

2級建築士。建築設計や施工業務を30年以上経験。最近は自営にて各種請負業務を行う。

一括見積もりを依頼する