キーワードから探す


  1. ハピすむ:建て替え
  2.  > 
  3. ZEH住宅
  4.  > 
  5. ZEH住宅の判断基準について詳しく解説!

2020年01月17日更新

ZEH住宅の判断基準について詳しく解説!

  • 【監修者】タクトホームコンサルティングサービス
  • この記事の監修者
    タクトホームコンサルティングサービス
    亀田融

そもそもZEH住宅とは?

zeh 住宅 基準

ZEH住宅とは「ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス」のことを指し、頭文字を並べて通称「ZEH(ゼッチ)」と呼ばれています。

最近ではメディアのCMなどでも目にする機会の多くなったZEH住宅が、どのような住宅であるかについてご紹介します。

年間の一次エネルギー消費量がでゼロとなることを目指した住宅のこと

「ZEH住宅」とは、年間の一次エネルギー消費量の収支がゼロとなることを目指した住宅のことです。

住宅の断熱性を高めたり再生利用可能エネルギーを利用することによって住宅の省エネ性を高め、同時に太陽光発電システムや蓄電システムを利用して、年間を通して消費するエネルギー量と同等のエネルギーを作り出します。

こうすることによってエネルギーの消費量と生産量をプラスマイナスゼロに近づけようというものがZEH住宅です。

エネルギー基本計画について

国は10年後、30年後を見据えたエネルギー政策の基本的な方向性を示すことを目的としてエネルギー基本計画を策定しています。

2019年10月現在策定されている第5次エネルギー基本計画では、ZEHの実現・普及目標が次のように設定されています。

  • 2020年までにハウスメーカー等が新築する注文戸建住宅の半数以上でZEH住宅の実現を目指す
  • 2030年までに新築住宅の平均でZEH住宅の実現を目指す

このことからも、国がZEH住宅の新築に積極的であることがわかるでしょう。



ZEH住宅の4つの判断基準とは?

zeh 住宅 基準

ZEH住宅としての認定を受けるためには4つの基準を満たしている必要があります。

それぞれの基準について順番に見ていきましょう。

1.強化外皮基準を満たしていること

ZEH住宅であるかどうかの判断基準の中でも特に注目を集める項目がこの「強化外皮基準」です。

この基準を満たしていることで、省エネ性の高い住宅であるという判断をすることができます。

強化外皮基準は建物の外皮の断熱性能を判断するための基準であり、3種類の地域区分ごとに異なる値が設定されています。

具体的な数値として、地域区分ごとにそれぞれ0.4以下、0.5以下、0.6以下というUA値が設定されています。

一方、従来の省エネ基準で設定されているUA値は最も基準の厳しい地域で0.46、逆に最も緩い地域では0.87という値が設定されています。

ZEH住宅の強化外皮基準は従来の省エネ基準よりも厳しい高断熱基準が設定されているのです。

2.基準一次エネルギー消費量を20%以上削減すること

この項目についてはまず一次エネルギーとは何かについて理解しておかなければなりません。

「一次エネルギー」とは、石油や石炭、天然ガスなどの自然界から直接得ることができるエネルギー源のことを指します。

それでは電気は何に該当するかと言うと、一次エネルギーを利用して生み出される「二次エネルギー」に該当します。

電気の様に一次エネルギーから変換加工して得られたエネルギーのことを二次エネルギーといいます。

つまり、この電気の消費エネルギー全てを太陽光で発電した電力に切り替えてしまえば、一次エネルギーの消費量をゼロにすることが可能なのです。

ただし、都心部では高い建物に遮られて十分な日照が得られなかったり、太陽光パネルを設置する屋根を確保できない場合も多々あり、このような事情も考慮した上でZEH住宅の基準は設定されています。

一次エネルギーの消費量を削減する方法は、太陽光発電への切り替えだけではありません。

住宅の断熱性を高めたり、換気扇や空調、給湯器などの設備機器を高効率化して住宅を省エネ化し、必要とするエネルギー量自体を減らすことも重要です。

再生可能エネルギーで生産されてプラスとなる分は除き、住宅の省エネ化によって基準一次エネルギー消費量を20%以上削減することがZEH住宅の基準では求められています。

3.再生可能エネルギーを導入すること

再生可能エネルギーとは太陽光や風力、水力、地熱などの自然界に存在する枯渇することの無いエネルギーのことを指します。

また、再生可能エネルギーは温室効果ガスを排出しない、もしくは増加させないという特徴もあります。

ZEH住宅として認められるためには、この再生可能エネルギーシステム導入している必要があります。

たとえば、太陽光発電システムなどが該当します。

ZEH住宅の基準では再生可能エネルギーの生産量については問われないため、わずかでも再生可能エネルギーを創出していれば問題ありません。

4.1~3により基準一次エネルギー消費量から100%削減すること

ZEH住宅では、基準として定められている一次エネルギー消費量から100%以上の一次エネルギー消費量を削減することも求められます。

まず、1~2の基準を満たすことによって一次エネルギー消費量を20%以上削減することが可能です。

その上でさらに太陽光発電などの再生可能エネルギーを創出することで一次エネルギーの消費量を削減して、ゼロ・エネルギーを目指します。

この「ゼロ・エネルギー」というのはエネルギーの消費量がゼロということや、光熱費がゼロであるという意味ではありません。

年間を通してのエネルギー消費量と、生産量の差し引きが概ねゼロ以下を目指すというものです。

建て替え・注文住宅に対応する優良な建設会社を見つけるには?

こここまで説明してきた建て替えは、あくまで一例となっています。

正確な建て替え金額を知るためには、建て替え前に「見積もり査定」を受ける必要があります。

そのとき大事なのが、複数社に査定依頼して必ず「比較検討」をするということ!

「調べてみたもののどの会社が本当に信頼できるか分からない…」

「複数社に何回も同じ説明をするのが面倒くさい...。」

そんな方は、簡単に無料で一括査定が可能なサービスがありますので、ぜひご利用ください。

無料の一括査定はこちら>>

一生のうちに建て替えをする機会はそこまで多いものではありません。

後悔しない、失敗しない建て替えをするためにも、建設会社選びは慎重に行いましょう!

一括見積もりを依頼する