1. ハピすむ:建て替え
  2.  > 
  3. 注文住宅見積もり
  4.  > 
  5. 注文住宅の計画!ポイントはメリット・デメリットを知ること

2021年06月10日更新

注文住宅の計画!ポイントはメリット・デメリットを知ること

注文住宅は間取りや仕様を自由に決められる点が魅力的ですが、費用がかかりそうと不安に思う方も多いのではないでしょうか。この記事では注文住宅のメリット・デメリットや建てる際の流れ、建売住宅との違いなどについて解説します。

  • 【監修者】弘中純一
  • この記事の監修者
    一級建築士事務所アルド住宅研究所
    弘中純一

注文住宅とは?そのメリット・デメリット

注文住宅とはその名の通り、注文してから建築するタイプの住宅のことを指します。

注文住宅といえば住宅の全てを自由に決められるというイメージがありますが、必ずしもそうであるとは限りません。

注文住宅は依頼先や予算などにより、大きく2種類の方法に分かれます。フルオーダー式の注文住宅と、セミオーダー式の注文住宅です。

フルオーダーでは間取りや外観、内装など建設する住宅の全てに関して自由に決めることができます。一般的に注文住宅と聞いてイメージするのはこちらの方が多いでしょう。

対してセミオーダーは間取りや外観を中心に、決められた物の中から選んで注文する方法です。構造や水回りの仕様など、注文住宅といえど自由に選べない部分もあります。

注文住宅のメリットとデメリット

次に注文住宅のメリットとデメリットについてチェックしておきましょう。

メリット

注文住宅は、設計の段階から自分たちのライフスタイルや好みに合わせて自由に決められる点が一番のメリットでしょう。特にフルオーダーの場合は自由度の高いプランを立てられます。部屋の間取りや広さ、設備など、思い通りの住宅を建てることができるでしょう。

また、オンリーワンの住宅が建てられるという点もメリットです。依頼者自身が選んで決めるので、全く同じ家ができるということはまずありえません。

加えて注文住宅は工事が始まる段階から、どのように建設するのか様子を確認することが可能な点もメリットでしょう。

基礎工事や木工事など、完成後は隠れてしまう部分の工事まで見ることができることも多く、マイホームの建設を一から見届けることができます。

デメリット

デメリットとしては設計から工事完了、引き渡しまでの期間が長くなりがちであるという点が挙げられます。

土地の購入の段階から考慮すると、完成までの期間はさらに長くなります。注文住宅を建てようと計画していても、気に入った土地が見つからず半年経ってもまだ家づくりに取り掛かれないといったケースもあるのです。

また、費用が高くなる点もデメリットでしょう。間取りや仕様にこだわり過ぎてしまうと、工程が複雑になったり、流通量の少ない資材を使うことになるため、費用が高くなります。加えて、フルオーダーの場合は完成後をイメージしづらいというのも難点でしょう。

さらに、注文住宅は土地の取得やそれに伴う費用の支払いなど、契約するまでの工程も複雑で手間がかかりがちです。

これらの点をしっかり把握した上で、注文住宅を建てるかどうか検討するようにしましょう。


どちらがよい?注文住宅と建売住宅の違い

建売住宅とは土地と建物がセットで購入できるタイプの新築一戸建てのことを言います。家の間取りや仕様などは最初からほぼ決まっています。

では、マイホームを建てる際には、注文住宅をと建売住宅のどちらを選ぶべきでしょうか?建売住宅のメリットに着目しながら注文住宅との違いを見ていきましょう。

建売住宅のメリットとしては、まず購入を決めてから入居するまでの期間が短いということが挙げられます。注文住宅と比較して短期間で入居できるので、引っ越しや子供の転校手続きなどの生活設計も立てやすいでしょう。

また建売住宅の場合はすでに建設してある住宅を購入することになるので、土地を探す手間を省くことができます。

土地の代金と建物の代金を別々に払うのではなく、住宅ローンを利用して一括で払うことも可能です。そのため注文住宅と比べると、購入手続きは非常に簡単です。このようにスムーズに購入できる点も建売住宅のメリットだと言えるでしょう。

そして、建売住宅は注文住宅よりも価格が安い傾向がある点もメリットです。建売住宅は資材を大量発注してコストを抑え、打ち合わせが少ない分人件費も抑えられるなど、費用を下げるための工夫がなされています。

また、建売住宅を購入する際は、すでに建っている建物を見てから購入を検討することができるため、購入後の生活をイメージしやすくなります。

たしかに建売住宅では間取りを自分で考えることはできません。しかし、住宅のプロが一般的な暮らしやすさを考慮してプランニングしているので、多くの物件は使い勝手良く設計されています。

このように、建売住宅にも注文住宅とはまた違う利点が多々あります。注文住宅を検討する際には、建売住宅のメリットも考慮した上で、判断すると良いでしょう。

注文住宅の計画から引き渡しまでの流れ

注文住宅の計画から引き渡しまでの期間は長く、煩雑になりがちです。ここでその流れを確認しておきましょう。

【1】イメージを固め、予算を決める

注文住宅の家づくりは、まずどのような生活を送りたいのかイメージするところから始まります。

理想のライフスタイルを実現するには、どこで暮らすのかも重要です。住みたいエリアが決まれば最寄駅までの距離や通勤通学にかかる時間、周辺の環境、地価などの希望がより明確になります。

また、現在の生活の不満点などから、理想とする家の設備やデザインなどのイメージを膨らませ、譲れない点や妥協できる点についても考えておきましょう。

イメージを固める作業と併せて注文住宅を建てる上での予算を決め、資金計画を立てていきます。

自己資金はいくら用意できるのかを確認し、ローンを組む金額と、毎月無理なく返済できる額を検討していきます。

注文住宅を建てるには建物代だけでなく土地代も必要です。また、建物の建築費用の他に電気・ガス・外構工事などにかかる付帯工事費、調査費や検査機関等への申請費、さらに新居への引越代や新調する家具代などもかかります。

このような費用についてもしっかりと見積もった上で、予算等を決めていきましょう。

【2】土地を探す

住みたいエリアやおおよその予算が決まったら土地探しをする段階に入ります。土地は住みたい地域の不動産会社と相談し、希望を伝えて探してもらうのが一般的な流れです。

土地が見つかれば、その場所の地盤調査も行う必要があります。場合によってはここまで半年ほどかかることもあります。

問題なく進めば土地を購入し、いよいよ契約です。

またこの段階で土地だけでなく施工会社も探しておくと良いでしょう。

【3】施工会社を決めプランニングを始める

土地と施工会社が決まれば家づくりに向けての具体的なプランニングがスタートします。

フルオーダーの注文住宅の場合は間取りや設備のグレード、家の構造や外壁、素材に関しても自分で決めることができます。

あらかじめ理想の住宅のイメージを固めておくと施工会社とのプランニングもスムーズです。

【4】工事契約を結ぶ

建物のプランが固まれば施工会社との契約に移ります。契約の際には一般的に、工事請負契約書・工事請負契約約款・見積書・設計図書の4つの書類が必要です。

これらはどれも複雑な書類なので、事前に写しをもらっておき、契約前までに必ず目を通しましょう。分からないところや疑問点については事前に問い合わせて解決させておくことをおすすめします。

【5】建築確認申請を行い、工事が始まる

工事着工の前には行政や民間の検査機関への建築確認申請が必要です。建築確認済証の交付を受けなければ工事に着工することはできません。

土地を購入してから実際に施工を始めるまで、少なくとも3か月ほどはかかるでしょう。

工事が始まってからも地鎮祭や上棟式、そして近隣住民への挨拶など、やるべきことはたくさんあります。

施工が終わり第三者機関による完了検査を無事に通過すれば、ほぼ全ての手続きが完了し引き渡しの流れとなります。

注文住宅を建てる場合の注意点

注文住宅は自由に間取りや仕様を決めることができますが、注意すべき点も多々あります。

思い通りの家を建てたはずなのに、いざ引っ越してみると失敗した…ということにならないためにも、これらの点について把握しておきましょう。

こだわりすぎると費用が高くなり工期も伸びる

あまりにも凝ったプランや仕様にすると、予想以上に期間や費用が掛かってしまいます。複雑な仕様にするとその分手間がかかるため、工期が長くなり職人の人件費もかさみます。

また、こだわりのあまり、逆に使い勝手が悪くなってしまうケースも聞かれるため、妥協できる点できない点を明確にした上でプランニングを進めていきましょう。

入居後の生活を具体的にイメージしておくことが必要

注文住宅は実際に物件を見てから購入することはできないため、入居後にイメージと違っていたというケースも耳にします。

例えば、開放感のある大きな窓を設置したものの、外からの視線が気になってしまったり、夏場に強い光が室内に入って温度が上がり、冷暖が効きづらいなどのケースです。

ほかにも、吹き抜けを設置したけれどメンテナンスが大変だったという声や、コンセントの位置の使い勝手が悪かったなどの声も聞かれます。

音の伝わり方についてもしっかり確認しておく必要があります。キッチンが家の中心にあるような間取りだと、匂いの伝わり方も考えなければなりません。

このように、取り入れる予定の設備や間取りには、デメリットが存在するケースもあります。そのため、プランニング時には入居後の生活を具体的にイメージした上で、どれを選ぶか慎重に検討する必要があるでしょう。

希望がかなわないケースもある

例えば、柱を取り払ってリビングをできるだけ広くしたいと考えていても、家の強度を保つためには構造上取り除くことのできない柱などが存在します。

このように、たとえフルオーダーの注文住宅であっても、構造上、希望がかなわないケースがある点にも注意しておきましょう。

1つとして同じ住宅がない注文住宅だからこそ、どのような間取りや仕様は構造上可能なのか、もしくは不可能なのか等を判断するにはより専門的な知識や経験が不可欠です。

そのため、注文住宅を建てる際には建築物についての専門的な知識と技術をしっかりともった業者を選ぶことがとても大切になってきます。

依頼者の希望を取り入れつつも、不可能なことは率直に根拠を示しながら意見を述べてくれる業者を見つけ、安心して住み続けることのできる注文住宅を建てましょう。

建て替え・注文住宅に対応する優良な建設会社を見つけるには?

ここまで説明してきた建て替えは、あくまで一例となっています。

注文住宅の設計プランや費用は、施工店によって大きく異なることがあります。

そのときに大事なのが、複数社に見積もりを依頼し、「比較検討」をするということ!

実際に注文住宅を建てるには時間がかかるので、この記事で大体の予想がついた方は早めに次のステップへ進みましょう!

「調べてみたもののどの会社が本当に信頼できるか分からない…」

「複数社に何回も同じ説明をするのが面倒くさい...。」

そんな方は、簡単に無料で一括査定が可能なサービスがありますので、ぜひご利用ください。

無料の一括見積もりはこちら>>

一生のうちに注文住宅を建てる機会はそこまで多いものではありません。

後悔しない、失敗しない建て替えをするためにも、建設会社選びは慎重に行いましょう!

一括見積もりを依頼する