1. ハピすむトップ
  2.  > 
  3. フルリフォーム・リノベーション
  4.  > 
  5. 2階をリフォームするメリット・デメリットは?

キーワードから探す


2018年10月12日更新

2階をリフォームするメリット・デメリットは?

住宅の2階部分のみをリフォームする場合、どのようなメリットやデメリットが考えられるのでしょうか?二世帯住宅化によるキッチンやトイレ、風呂などの増築リフォームや、床暖房や内装、間取りの変更などのリフォームを行う場合について見ていきましょう。

  • 【監修者】株式会社フレッシュハウス 樋田明夫
  • この記事の監修者
    株式会社フレッシュハウス
    樋田明夫
    営業戦略室 室長

2階部分のみをリフォームするメリットとは

2階をリフォームするメリット・デメリットは?

両親との同居を目的として二世帯住宅にする、家族構成の変化にともなって部屋が足りなくなるなどの理由でリフォーム、リノベーションを行う場合、2階部分のみの施工ではどのようなメリットが得られるのでしょうか?

2階部分をリフォームして間取りを変更したり、増改築したりする場合、建物全体をリフォームする場合に比べて費用を抑えることができます。

また、工事範囲を2階部分だけに絞ることができるため、1階部分に住んだままでの施工が可能となり、仮住まいを用意する費用や手間を抑えることもできるでしょう。

二世帯住宅へとリフォームする場合についても2階部分のみのリフォームを行えば大きなメリットが得られます。

完全分離型などの二世帯住宅へのリフォームで、リビングやキッチンや風呂、トイレなどを別々に用意する場合、1階に水回り設備が既にあるなら、2階に追加するだけで比較的簡単に二世帯住宅化することが可能です。

もし、建物を全面的にリフォーム、リノベーションして二世帯住宅化する場合、1階部分の水回りの変更が必要となる場合もありますので、費用を抑えてリフォームしたいという方は2階のみのリフォームを選ぶと良いでしょう。

2階部分のみをリフォームするデメリットとは

2階部分のみをリフォームする場合、どのようなデメリットが考えられるのでしょうか?

2階部分のみをリフォームした場合のデメリットとして考えられるのは、1階と2階で内装に差ができてしまうことです。

二世帯住宅として両親と子の家族が別々に生活するならあまり気にはならないかもしれませんが、2階部分を家族で共有する間取りの場合や、部屋の追加といった目的でリフォームする場合は内装の不一致が問題となるでしょう。

このような場合については、壁紙や床などの内装部分については1階も全面リフォームする、2階部分の内装を1階に合わせるなどの方法で対応可能です。

注意点として、もし2階を増築して部屋を増やす場合には、1階部分で新しい部屋の重量を支えなければならないため、1階部分の補強工事が必要となります。

この場合、1階部分にも大がかりな工事を行うこととなりますので、費用的にやや高額になるでしょう。


2階リフォームはどのような間取りにすると良いのか?

戸建て住宅の2階部分のリフォームで間取りを変更したいという場合には、どのような設計がおすすめなのでしょうか?

間取りについては、リフォームの目的によって適切な設計が変わってきますので、目的別に見てみましょう。

まず、子供部屋を増やすために間取りを変更する場合ですが、この場合は階段の側に子供部屋を作ることをおすすめします。

階段の側なら1階から声をかけやすいため、食事の際に呼びやすくなりますし、お子様が小さい場合には扉の無い構造にしておけば、様子を把握しやすくなるでしょう。

トイレの追加も2階リフォームの際にはおすすめです。

トイレが1階にのみある場合、トイレのたびに階段を上り下りしなければならなくなるため、騒音や移動距離の問題が発生します。

2階にトイレを設置しておけば、このような問題に悩む必要がなくなり、生活しやすくなるでしょう。

2階建ての建物をリフォームして3階建てに増築することはできる?

2階をリフォームするメリット・デメリットは?

部屋や居住空間の不足、両親との同居を目的に戸建てを二世帯住宅へリフォーム、リノベーションを行う際に、2階建ての建物を3階建てに変更するということは可能なのでしょうか?

お住まいの地域の法律にもよりますが、基本的に宅地には高さ制限が設定されているため、2階建ての建物を3階建てにリフォームするのは難しいと考えておいた方が良いでしょう。

もし法律上の問題がなく、3階建てにリフォームが可能な場合についても、建物全体に3階部分を支えるだけの補強工事が必要となりますし、増築部分と既設部分を接続するために大がかりな工事も必要です。

間取り変更や2階や1階部分の一部増築などで空間が確保できない場合には3階の増築という手段もありますが、コスト面でも法律面でも難しい部分が多いため、実現は難しいと考えておいてください。

3階の増築が可能かどうかについては、お住まいの地域で増築リフォームを得意としているリフォーム会社に相談してみると良いでしょう。

2階部分のリフォームにかかる費用

戸建て住宅の2階部分をリフォームした場合の費用について、部位ごとに見てみましょう。

まず水回り設備を追加した場合の費用ですが、トイレが約20万円、キッチンが約120万円、風呂、ユニットバスについては約100万円が相場です。

これは、大がかりな間取り変更や増改築を行わない場合の費用となります。

二世帯住宅へのリフォームでユニットバスやキッチンなどを増設し、給湯器を追加する場合については、ガス給湯器なら約15万円が相場です。

給湯器については、1階部分で利用している給湯器を大容量のものにするといった方法もありますので、ユニットバスの浴槽の大きさや水回り設備の配置、配管に合わせて選ぶと良いでしょう。

床や壁紙といった内装工事については、施工範囲によって価格が変わります。

フローリングへの張替えなら1平方メートルあたり約6,000円、壁紙については1平方メートルあたり約1,500円が目安です。

生活音対策として防音フローリングを導入する場合については、1平方メートルあたり約8,000円が相場となります。

リビングに床暖房を設置する場合については、ガス式床暖房か電気式床暖房かによって費用が変わり、ガス式なら6畳で約100万円、電気式なら同じく6畳で約60万円が相場です。

2階部分の間取りを全面的に変更し、リビング等の内装までリフォームする場合は約400万円からが相場となり、一部の部屋をリフォームしてリビング等に変更する場合は、約100万円が相場となります。

ベランダやバルコニーといった屋外設備を2階に増改築する場合については、1階の屋根上に取り付けられるタイプか、地面から延長するタイプかによって価格が変わりますので、注意しましょう。

1階の屋根上に取り付けられるタイプのベランダやバルコニーなら工事費込みで約30万円から、地面に基礎を作り、そこから足場を伸ばして設置するタイプの製品なら約40万円です。

ベランダやバルコニーに既製品を用いず、作り付けでリフォームする場合については、構造や材質によって価格が大きく変わりますので、リフォーム会社に相談してみると良いでしょう。

増築による生活空間の拡張については、6畳で約140万円が相場です。

こちらについても、構造や規模によって価格が大きく変わりますので、リフォーム会社への相談をおすすめします。

フルリフォーム・リノベーションに対応する優良な会社を見つけるには?

ここまで説明してきたフルリフォーム・リノベーションは、あくまで一例となっています。

「費用・工事方法」は物件やリフォーム会社によって「大きく異なる」ことがあります。

そのとき大事なのが、複数社に見積もり依頼して必ず「比較検討」をするということ!

この記事で大体の予想がついた方は次のステップへ行きましょう!

「調べてみたもののどの会社が本当に信頼できるか分からない…」

「複数社に何回も同じ説明をするのが面倒くさい...。」

そんな方は、簡単に無料で比較見積もりが可能なサービスがありますので、ぜひご利用ください。

大手ハウスメーカーから地場の工務店まで全国800社以上が加盟しており、フルリフォーム・リノベーションを検討している方も安心してご利用いただけます。

無料の見積もり比較はこちら>>

一生のうちにリフォームをする機会はそこまで多いものではありません。

後悔しない、失敗しないリフォームをするためにも、リフォーム会社選びは慎重に行いましょう!

一括見積もりを依頼する