1. ハピすむトップ
  2.  > 
  3. 壁紙・壁リフォーム
  4.  > 
  5. 壁紙を貼り替えリフォームする際の単価と費用の仕組みとは?

キーワードから探す


2019年01月23日更新

壁紙を貼り替えリフォームする際の単価と費用の仕組みとは?

壁紙の貼り替えリフォームでは、どのように費用が計算されているのでしょうか?壁紙リフォームの費用がどのように計算されているのか、単価ごとの紹介と、単価を抑える方法、工事を依頼する際に注意することなどについてご紹介します。

壁紙リフォームの単価は何によって決まる?

リフォーム 壁紙 単価

壁紙のリフォームでは、1平方メートルあたりや1mあたりなどの単価で施工価格が計算されます。

業者によっては部屋の大きさで一括計算している場合もありますが、多くの内装業者はこれらの単価を元に合計費用を算出することがほとんどです。

この単価はどのようにして決められているのでしょうか?

クロスのグレード

住宅の内壁に用いられるクロスは、製品の品質、性能、原料別にさまざまな種類のものが販売されており、このクロスの違いが単価計算の基本として使われています。

例えば、賃貸アパートなどで用いられている平均的なクロスの場合、単価の相場は1平方メートルあたり約700円ですが、同じ賃貸物件向けクロスでもデザイン性の良いものは1平方メートルあたり約1,000円の単価が相場です。

また、珪藻土壁紙や和紙壁紙などの製造に手間がかかる製品の場合は1平方メートルあたり約2,000円以上の単価が付けられているものが多いでしょう。

施工業者による違い

施工業者では、壁紙を施主に販売した利益と、工事費用の合計を1回の工事で得られる利益として計算することが多く、この利益をどれだけ確保するかによって単価が変わってきます。

例えば、大きな会社の場合、内装工事の件数が多いため、大量の壁紙を一括購入で安く仕入れることができ、利益を追加しても単価を抑えることができるでしょう。

逆に、会社が小さい場合などは施工する職人以外にかかる経費が少なく済むため、確保しなければならない利益も少なくて済むかもしれません。

壁紙本体以外にかかる料金の有無

内装リフォーム業者の価格設定は、基本的に工事費用と壁紙の価格を合わせたものが提示されていますが、実際の工事ではこれ以外にもさまざまな費用が発生します。

これは、施工箇所まで資材を輸送する費用や、既存の壁紙の処分費用などですが、この費用が単価に含まれているかどうかも、業者間で単価が違う原因なのです。

単価に輸送費や処分費用が含まれる業者なら一見単価は高く見えますが、これらの費用が含まれていない業者と見積もりを比較してみると、合計価格はほとんど変わらないということもよくあります。



壁紙リフォームの単価の相場とは?

壁紙リフォームの単価はどれくらいが相場なのでしょうか?

一般的に多く用いられている量産タイプのクロスの場合、1平方メートルあたりの単価は約800円から、メートル単価の場合は約750円からが相場です。

これに施工時の汚れや傷を防止する養生費が約5,000円、既存壁紙を除去した後に下地を調整する費用が約10,000円、廃材処分費が約2,000円かかるでしょう。

その他の費用の目安としては、輸送費が約5,000円、家具などの移動を依頼する場合には、1点あたり約2,000円、もし有料駐車場を使用しなければならない場合には、別途駐車料金も必要になります。

壁紙リフォームの単価をチェックする際の注意点

リフォーム 壁紙 単価

見積もりの単位に注意する

壁紙リフォームの単価は、平方メートルあたりや1mあたりで表されています。

平方メートル単価は、1平方メートルの広さに施工した場合の価格で、メートル単価は壁紙のロール1mあたりの価格です。

一般的なクロスは、トイレットペーパーのように丸めた形状で販売されており、幅は0.9mを基本としています。

そのため、メートル単価の場合、1mの壁紙で貼ることのできる面積は、0.9平方メートルとして計算できます。

施工費用を計算する際には、単価の違いによる施工面積の差を考慮した上で比較するようにしましょう。

また、施工単価については、部屋の広さに合わせて一括で値段を提示している業者もあり、こちらは「帖」で表されています。

このような業者の場合は、壁紙の単価と付随する工事全てをまとめた価格になっていることが多いため、比較を行う際には合計費用で比べるようにしましょう。

相見積もりをとり複数の業者を比較する

壁紙リフォームの単価を比較する際には、メートル単価や平方メートル単価、帖単価に工事費用や廃材処分費などの費用がどれだけ含まれているかにも注意が必要です。

業者に見積もりを依頼すれば、これらの費用を含めた合計費用を算出してくれますので、業者選びの際には相見積もりを行い、合計費用で比較すると良いでしょう。

相見積もりを行うことで価格の比較を行うことができますが、もし安すぎる見積もりがあった場合にはどうすれば良いのでしょうか?

もし、安すぎる見積もりが提示された場合には、見積書に省かれている項目がないかどうかを調べておきましょう。

このような見積もりの場合、工事後に追加費用が請求される可能性が高く、想定より高い価格となってしまうことも考えられます。

価格が他の見積もりと大きく違う場合には、なぜこの価格になるのかを問い合わせ、納得できる理由があるか確認しておきましょう。

壁紙・壁リフォームに対応する優良な会社を見つけるには?

ここまで説明してきた壁紙・壁リフォームは、あくまで一例となっています。

「費用・工事方法」は物件やリフォーム会社によって「大きく異なる」ことがあります。

そのとき大事なのが、複数社に見積もり依頼して必ず「比較検討」をするということ!

この記事で大体の予想がついた方は次のステップへ行きましょう!

「調べてみたもののどの会社が本当に信頼できるか分からない…」

「複数社に何回も同じ説明をするのが面倒くさい...。」

そんな方は、簡単に無料で比較見積もりが可能なサービスがありますので、ぜひご利用ください。

大手ハウスメーカーから地場の工務店まで全国800社以上が加盟しており、壁紙・壁リフォームを検討している方も安心してご利用いただけます。

無料の見積もり比較はこちら>>

一生のうちにリフォームをする機会はそこまで多いものではありません。

後悔しない、失敗しないリフォームをするためにも、リフォーム会社選びは慎重に行いましょう!

一括見積もりを依頼する