1. ハピすむトップ
  2.  > 
  3. 介護・バリアフリーリフォーム
  4.  > 
  5. バリアフリーの間取りのポイントをご紹介!

キーワードから探す


2019年02月14日更新

バリアフリーの間取りのポイントをご紹介!

住宅をバリアフリー仕様にリフォームする場合、間取りはどのようにしたらいいのでしょうか。生活動線などを意識した間取りづくりをすることで高齢者や車いす使用者でも快適に過ごすことができます。今回はバリアフリーの間取りについて詳しくご紹介します。

  • 【監修者】下久保彰
  • この記事の監修者
    下久保彰
    二級建築設計事務所経営30年

バリアフリーの理想的な間取りとは

バリアフリーの間取りのポイントをご紹介!

高齢になったり車いすを利用した生活になると、一般的な間取りの場合、生活に支障が出てくる可能性があります。障害となるものを取り除き快適に生活するためにはバリアフリーリフォームがおすすめです。

バリアフリーリフォームでは、高齢者でも車いすを利用する方でも快適に過ごせるように様々な箇所で工夫を凝らしています。

特に間取りはスムーズに日常生活を送るために重要な項目となるため、自分の生活パターンなどに合った使い勝手の良い間取りにすることが大切です。

一般的なバリアフリーの間取りの理想とは、ワンフロアに生活に必要な設備がそろっているコンパクトな空間だと言われています。

例えば、2階の寝室へ移動するためには階段の昇り降りが必要ですが、高齢者になった場合、階段を使用する生活が難しく感じられる可能性があるでしょう。また、階段でバランスを崩すと転落や転倒の恐れがあるため危険です。

しかしながら、生活する上で全く移動をしない生活は運動機能を衰えさせることにもつながり、できる限り自分で生活することは精神的にも肉体的にも健康を維持する上で大きな価値があると言えます。

そのため間取りをワンフロアにまとめることで、高齢者や体の不自由な方でも適度に体を動かしながら自分で生活しやすい快適な環境をつくることができるでしょう。


バリアフリーの間取りの条件とは

バリアフリーの間取りの具体的なポイントは3つあります。それぞれどのような内容なのか詳細を見ていきましょう。

バリアフリーの間取りは「リビングダイニング」を中心に

リビングやダイニングは生活する上で滞在時間が長い空間であるため、バリアフリーの間取りの中心はリビングダイニングを中心に考えていきます。

リビングダイニングをほぼ中心に置き、周りにはキッチン・浴室・トイレなどの水回りをコンパクトに配置することで、短い距離ですべてにアプローチが可能な生活動線が確保できます。

例えば、キッチンから浴室や洗濯機などへも行けるようにすると、料理の準備をしながらお風呂の用意をしたり洗濯したりすることができ、楽に移動ができます。

普段どのように生活しているかを考え、どのように配置したら家事などがしやすいかを考慮しながら決めていくと失敗しない間取りづくりができるでしょう。

リビングは明るく快適に

リビングは家族が集まりやすい空間であるため、みんなが快適に過ごせるよう明るい部屋になるような工夫をすると良いでしょう。

例えば、窓は間口が大きめタイプを採用することで太陽の日差しが降り注ぐ暖かく明るい空間になるだけでなく、車いすの出入りもスムーズになります。

また、リビングにいくつか窓があると風通しが良くなり、空気の循環ができるためより快適な空間にできます。また、日当たりが確保できない場合は間接照明などの照明器具で部屋全体を明るく照らせるようにすると快適さが増すでしょう。

そしてリフォームの際、リビングに使用するクロスはホワイトやベージュ系などの明るめな色を使い、フローリングや建具に木材などの木目調のものを取り入れると、優しくあたたかな印象を与える空間にすることができるでしょう。

トイレは寝室のすぐ横に

夜、寝室で寝ているときにトイレに行きたくなった場合、暗い中遠いトイレに行くとなると転倒の原因になったり、トイレに行くのが億劫になりトイレを我慢してしまうこともあるかもしれません。

しかし、寝室のすぐ隣にトイレがあれば夜中にトイレで目が覚めても短距離で行けるため、我慢してしまうこともなく、転倒などの家庭内事故も防ぐことができるでしょう。

また、介護中の場合は介護する人もトイレのお世話がしやすくなるため、バリアフリーの間取りで寝室の隣にトイレを配置することはメリットが大きいと言えるでしょう。

一棟丸ごとの室温管理が理想的

近年冬の建物内の温度差で心筋梗塞や脳梗塞、脳内出血などの健康被害を引き起こすヒートショックが問題視されています。

ヒートショックは室内にいる場合でも、リビングと廊下やお風呂、脱衣所などとの温度差で血圧が急に上下することで起こります。そのため高齢者がいる住宅の場合、リビングだけではなく廊下やお風呂などを含めて一棟丸ごと室温管理するのが理想的です。

特に裸になる脱衣所はお風呂との寒暖差が激しくヒートショックが発生しやすくなるため、浴室暖房機などの設置が望ましいでしょう。

動線の確保は必須

先程も触れましたがが、バリアフリーリフォームで大切なのは動線の確保です。高齢者や車いすを利用する方の場合、ちょっとした段差でも障害になるため段差のないフルフラットな床が相応しいでしょう。

また、ドアや扉は開き戸だと開閉時に体のバランスを崩して転倒したりドアや扉に挟まれたりする可能性があるため、すべて引き戸にするとよいでしょう。そうすることで出入りしやすくなり、容易に移動することができます。

その他にも、手すりをトイレや廊下、玄関などの移動する場所全てに設置するのが理想的でしょう。この場合、高さや設置する場所などは自分が使う姿を想像しながら決めていくといいでしょう。

ワンフロアが難しい場合はホームエレベーターという選択肢を

バリアフリーの間取りのポイントをご紹介!

もともと2階建てだった住宅を減築しワンフロアにするためには、大規模なリフォームが必要となります。バリアフリーのために多額の費用を使用するとその後の生活に支障が生じてしまう可能性もあります。

ワンフロアが予算的に無理な場合、ホームエレベーターという選択肢もあります。一般的にホームエレベーターの設置費用は約300万円~約500万円が相場ですが、減築リフォームよりも比較的安価で施工できるでしょう。

ホームエレベーターには油圧式とロープ式の2種類の駆動方式があります。

油圧式は電動ポンプで油圧を制御し上下させエレベータールームを昇り降りさせる方法で、ロープ式はエレベータールームをワイヤーで吊り、巻き上げ機で上下させる方法となります。

また、ホームエレベーターは木造やRC、鉄骨造りの建物に対応しているため、ほとんどの一般的な住宅でも設置可能です。エレベータールームの広さは1畳弱~1坪弱くらいが目安です。

ホームエレベーターのデザインもユニバーサルデザインとなっており、高齢者や車いすを利用される方でも簡単に操作できる仕様になっています。

バリアフリー工事への補助制度

住宅のリノベーションやリフォームには各種の減税や補助金の制度があり、一定の条件で支援を受けることができます。

バリアフリーや省エネ、耐震など、特定のリフォーム工事ではなく、リビングやダイニング、個室の一般的なリフォーム工事についても、自治体によっては補助策や所得税、固定資産税の減税、贈与税の非課税や登録免許税の減税などの制度を利用できる可能性があります。

補助金については、各自治体により各種の制度が増えたり、内容が変化していますので最新の情報を確認しておきましょう。

介護・バリアフリーリフォームに対応する優良な会社を見つけるには?

ここまで説明してきた介護・バリアフリーリフォームは、あくまで一例となっています。

正確なリフォームの金額を知るためには、リフォーム前に「現地調査」を受ける必要があります。

そのとき大事なのが、複数社に見積もり依頼して必ず「比較検討」をするということ!

「調べてみたもののどの会社が本当に信頼できるか分からない…」

「複数社に何回も同じ説明をするのが面倒くさい...。」

そんな方は、簡単に無料で比較見積もりが可能なサービスがありますので、ぜひご利用ください。

大手ハウスメーカーから地場の工務店まで全国700社以上が加盟しており、介護・バリアフリーリフォームを検討している方も安心してご利用いただけます。

無料の見積もり比較はこちら>>

一生のうちにリフォームをする機会はそこまで多いものではありません。

後悔しない、失敗しないリフォームをするためにも、リフォーム会社選びは慎重に行いましょう!

一括見積もりを依頼する