1. ハピすむトップ
  2.  > 
  3. 屋根リフォーム
  4.  > 
  5. 雨樋の修理方法と費用相場について

キーワードから探す


2019年02月27日更新

雨樋の修理方法と費用相場について

雨樋が壊れると、屋根に降った雨が屋根からそのまま落ちてきます。雨の日にならないと不便さがわからない雨樋の破損ですが、雨樋には大切な役割があります。雨樋の壊れる原因や修理方法、交換方法、費用相場を知っておきましょう。

  • 【監修者】タクトホームコンサルティングサービス
  • この記事の監修者
    タクトホームコンサルティングサービス
    亀田融

雨樋の役目とは?

雨 樋 修理

雨樋は、屋根の軒先にある「軒樋」と外壁に沿って取り付ける「竪樋(たてとい)」があります。

軒樋で屋根に降った雨を受け、竪樋で排水設備(側溝や下水設備)まで雨を流します。

屋根に降った雨を雨樋が処理しています。

屋根に降った雨を雨樋で処理することで、軒先や軒裏・外壁・基礎に雨が流れたり、あたらないようになったりして住宅の耐久性を保つことができます。

雨樋がなかったり、壊れていたりすると、軒先や軒裏・外壁・基礎を濡らし、傷めたり、雨が落ちる場所の地面では泥が跳ねたり、溝を作ったりします。

雨樋は住宅の耐久性のために大事な役割をしています。

自分でできる雨樋のチェックポイント

雨樋が壊れているかどうかは雨が降らないとなかなか気づきません。

しかし、雨樋が壊れ、長期間放置していた場合、外壁に雨水がはいってしまったり、軒先にカビがはえたりなど被害が大きくなるケースがあります。

雨樋を定期的にチェックしたり、台風や大雨・大雪の後には雨樋に問題がないか見回りをして、壊れていた場合は早めの修理をしましょう。

自分でできる雨樋のチェックポイントは、7つあります。

① 雨樋に割れやヒビはないか、軒樋・竪樋とも確認する

割れているかもと思ったら、雨の日にチェックしましょう。

雨の日であれば、割れているところからは水が漏れている場合があるので、確認できます。

② 雨樋が歪んでいないか、確認する

特に暑い夏の場合、雨樋の種類によっては熱による変化で歪みが出るケースがあります。

目視で確認してみましょう。

③ 軒樋の傾きに問題がないか、確認する

軒樋は、屋根の軒先に沿って取り付られています。

竪樋に向かって、下がり勾配の傾きとなっているのが通常の状態です。

(雨水を流すため)勾配が逆になっていると、雨が流れなくなり軒樋からあふれてしまいます。

傾きを見てみましょう。

④ 継目が壊れていないか

軒樋は、1本の長さが3m60cmで、継ぎ目があります。

経年劣化などで継ぎ目が壊れていることがあるので、継ぎ目から雨が漏れていないか確認しましょう

⑤ 金具がしっかり固定されているか

軒樋の金具が外れていると、外れている部分が垂れてきます。

樋がまっすぐになっているかチェックしましょう。竪樋は外壁にしっかり固定されているか確認しましょう。

⑥ 枯葉やゴミが詰まっていないか

軒樋が詰まっていると、竪樋に雨水が流れなくなるため、軒樋から雨水があふれてきます。

雨の日にそんな症状があったら、雨樋に枯葉やゴミが詰まっていないか確認しましょう。

⑦ 雨だれで土がえぐられていないか

軒からの雨だれで土がえぐられている場合、樋から雨があふれています。

軒樋に問題がないか確認しましょう。

雨樋修理が必要となる主な原因と対処法

雨樋の修理は、壊れた主な原因により対処方法が違います。

雨樋修理の原因別の対処方法をみてみましょう。

竪樋や集水器にゴミが詰まっている

竪樋や集水器にゴミが詰まるのは、軒樋に入った落ち葉やゴミが集水器にたまり、竪樋に流れるからです。

樋が詰まっている場合は、ゴミを取り除いて掃除をします。

掃除をした後、周辺に割れやヒビなどがないか確認しておきましょう。

雨樋の傾斜に問題がある

傾斜に問題がおきる原因は、金物の破損・はずれ、雨樋の破損などがあります。

また、屋根に雪が積もった場合に、雪の重みで軒樋が下がってしまうことがあります。

正しい傾斜に直すには、金物・雨樋のチェックを行い、その後水平器を使い、規定の勾配になるように直します。

高所作業になりますので、専門業者にお願いするのが良いでしょう。

金具が外れている

金物が外れる原因は、雪の重みや強風・雨樋の熱膨張、経年劣化による腐食などです。

金具が外れていると、雨樋がゆれたり、風のある日にガタガタと音がしたりします。

金具が外れていると雨樋の破損が大きくなる場合もあるので注意が必要です。

金物が外れているだけなら、正しく取り付け直します。金具が破損して外れている場合は、金物を取り替えてから、取付直します。

雨樋の継手(接続部分)に隙間がある

雨樋の継手の隙間は、継手は雨樋の熱膨張や積雪・強風などの原因でできることがあります。

隙間を修理せずにそのままにしておくと継手がはずれてしまうこともあるので、早急に補修しましょう。

継手の隙間の補修は、隙間の大きさや破損の程度によって方法を選びます。

雨樋のはずれによる小さな隙間は、雨樋用の接着剤で雨樋を接着し直します。

コーキング材や補修用テープで補修することもできます。

補修場所をきれいに掃除してから、シーリング材や補修テープで補修します。

大きな隙間の場合は、雨樋の熱膨張が大きかったり、金物が破損している場合があります。

部分的に交換が必要な場合があるので、まず雨樋と金物を確認してから、補修をします。

経年劣化

雨樋は風雨にさらされているため、経年劣化が早い場所です。

特に直射日光のあたる場所は経年劣化が早く、熱による雨樋の形状変化も起こります。

樋の割れや金物の破損が複数個所あり、15~20年経っている場合は、樋をすべて交換する修理が必要です。

風や雪による影響

積雪が多い地域や風が強い地域、雹などが降りやすい地域は、雨樋に被害があることが多くなります。

多くは、雨樋が割れたり、穴があいたり、金物がはずれたりするといった症状です。

小さな穴や割れは、補修テープで直します。穴や割れが数ヶ所になる場合は樋を交換した方が良いでしょう。

金物が外れているだけの場合は樋を取付け直しますが、金物が破損している場合は、金物を交換しなければなりません。



雨樋の交換方法

雨樋を交換するには、まず雨樋の形状・素材を理解してから交換方法を知っておきましょう。

雨樋の種類・形状

雨樋には、屋根の軒先に取り付ける「軒樋」と外壁に取り付ける「竪樋」があり、軒樋の形状は半月型と角型・特殊型があり、竪樋の形状は丸型と角型があります。

軒樋の半月型は、半円型・半丸型とも言われています。

昔からよく使われている形状で、最近はゲリラ豪雨等にも対応できるよう直径が大きめなタイプもあります。

軒樋の角型は、半月型と比較すると雨量を多く処理できる雨樋です。

洋風の屋根にマッチするデザインで、ここ20年ぐらい主に使われています。ゲリラ豪雨等に対応するために片方が高いタイプ形状もあります。

軒樋の特殊型は、積雪地域の屋根に使われるもので、雪で樋を傷めない構造になっている雨樋などがあります。

雨樋の種類・素材

雨樋の素材には、塩化ビニール・合成樹脂・ガルバリウム鋼鈑・銅・アルミ・ステンレスがあります。

塩化ビニールは、安価なので雨樋によく使われている素材です。

しかし、雨や紫外線による変色や経年劣化・破損しやすい素材なので、住宅を建てる地域の気候条件に合う物を使用することが重要です。

合成樹脂製は、塩化ビニールより耐久性が高いという特性を持っています。

雨樋は紫外線により延びて樋の継ぎ目や金物がはずれたり、色落ちしてしまうケースがあります。

熱による形状変化や色落ちを少なくするために、合成樹脂製の雨樋には、紫外線に強い塗装や芯材にアイアンを使用したものなどがあります。

ガルバリウム鋼鈑製は、金属であるため形状が安定していて、錆びにくく、耐久性がある素材です。

また、金属製の雨樋の中では、加工しやすい素材です。

銅製の雨樋は、耐久性が高く、酸化して銅色から緑青(ろくしょう)に変わるため古くから、純和風の住宅で使われてきました。

しかし、酸性雨により穴が空くケースがあるため、注意が必要な素材です。

アルミ製は、錆びにくくて加工がしやすく、紫外線による熱膨張も起こりにくい素材です。

ステンレス製は、錆びにくくて耐久性が高い素材です。

雨樋の交換方法

雨樋を交換するには、準備が重要です。

高い場所での作業になりますので、業者に依頼する場合は足場を掛けます。自分で交換する場合は梯子や脚立・ヘルメットが必要です。

また、雨樋カット用のノコギリ(パイプカッター)・釘抜き(バール)・コーキング材・ビス・接着剤なども必要です。

手順1:既在雨樋・金具を外す

まず、今ついている雨樋と雨樋金具を外します。

次に雨樋本体を金物から外します。雨樋はつながっていますので、ノコギリで切断しながら外します。

金物を釘抜きで抜き、釘の後をコーキング剤で補修します。

強度不足を避けるため、同じ場所に金物を設置することはありません。防水のためにコーキング剤を打っておきます。

手順2:軒樋の支持金具を取り付ける

雨樋をはずしたら、新しい支持金物を取り付けます。

取付位置は、今まであった位置の2~3cm横とし、高さに注意して取り付けます。

軒樋は、雨を流すための勾配が必要です。今までと同じ向きの勾配となるように取り付けます。

支持金物の取付けは、まず両サイドの金物を取付けて勾配を確認します(タコ糸などでチェック)。

確認した勾配通りに金物を取り付けます。

手順3:新規の軒樋を金具に取り付ける

新しい軒樋を支持金物に取り付けます。

サイズを確認して、ノコギリで切断して長さを調整しながら取り付けます。

軒樋の竪樋を取り付ける部分には、事前に軒樋用の穴あけをしてから取り付けします。

手順4:軒樋に集水器や継手を取り付ける

軒樋を支持金物に取り付けたら、集水器や継手を接着剤で取り付けます。

接着剤は雨樋専用の接着剤を使用しましょう。

手順5:竪樋を取り付ける

軒樋・集水器の取付けが終わったら、竪樋を取付けます。

集水器からエルボという部品を使って外壁にそった竪樋までのななめの竪樋を取り付けます。

竪樋の支持金物を新しくする場合は、新しい位置に打ち替えます。

以前の金物があった穴はコーキング剤をうって、防水処理をしておきます。

雨樋修理・交換にかかる費用

雨 樋 修理

雨樋の修理の費用相場は、修理する内容と修理する箇所により違います。

修理を業者に依頼する場合は、修理の見積もりを取り、費用相場を参考に検討しましょう。

雨樋の修理では、2階建てやハシゴがかけられない場合などに足場が必要なケースもあります。

業者に確認しておきましょう。

内容 費用相場 備考
雨樋の掃除 10,000~30,000円
継手の修理・補修 5,000~20,000円/箇所
傾斜・曲がった金具の修正 10,000~30,000円/箇所
雨樋の破損・欠落補修 10,000~30,000円/箇所
軒樋のヒビ割れ修理 10,000~30,000円
雨樋全体の交換 150,000~600,000円
  • 雨樋の種類により金額が異なる
  • 他に足場代がかかります
雨樋の塗装 50,000~100,000円 塗装業者が塗装する

雨樋が壊れて修理・交換が必要になった場合、壊れた原因よっては火災保険の適用が受けられる場合があります。

火災保険は、特約事項に風災・雪災・雹災などの保障があります。

修理・交換をする前に保険会社に確認しましょう。

保険会社に連絡する時には、事前に保険証の準備・破損部分の写真撮影・免責金額などの確認をしておきましょう。

雨樋修理を業者に依頼するなら

雨樋の修理を依頼する業者は、症状により違います。

しかし、雨樋は高い場所にあり点検がむずかしい場所です。

雨樋が壊れているような症状があったら、まず屋根業者や板金業者・雨樋修理業者に点検をしてもらうか、家を建てたハウスメーカーや住宅会社・工務店に相談してみましょう。

雨樋の修理、交換には危険がともなうので、無理をしないで業者に依頼することをオススメします。

樋の取付けを行うのは板金業者なので、樋に問題がある場合は板金業者に修理を依頼します。

雨樋の塗装が必要な場合は、塗装業者に依頼しますが、樋の不具合があったら教えてもらうようにしておきましょう。

屋根リフォームに対応する優良な会社を見つけるには?

ここまで説明してきた屋根リフォームは、あくまで一例となっています。

「費用・工事方法」は物件やリフォーム会社によって「大きく異なる」ことがあります。

そのとき大事なのが、複数社に見積もり依頼して必ず「比較検討」をするということ!

この記事で大体の予想がついた方は次のステップへ行きましょう!

「調べてみたもののどの会社が本当に信頼できるか分からない…」

「複数社に何回も同じ説明をするのが面倒くさい...。」

そんな方は、簡単に無料で比較見積もりが可能なサービスがありますので、ぜひご利用ください。

大手ハウスメーカーから地場の工務店まで全国800社以上が加盟しており、屋根リフォームを検討している方も安心してご利用いただけます。

無料の見積もり比較はこちら>>

一生のうちにリフォームをする機会はそこまで多いものではありません。

後悔しない、失敗しないリフォームをするためにも、リフォーム会社選びは慎重に行いましょう!

一括見積もりを依頼する