1. リフォーム費用見積もり比較「ハピすむ」
  2.  > 
  3. トイレリフォーム
  4.  > 
  5. トイレ交換を安く行うには?格安施工事例とコツを解説

2022年10月18日更新

トイレ交換を安く行うには?格安施工事例とコツを解説

毎日使用するトイレですが、リフォームするなら安い価格で満足度の高いリフォームをしたいものです。ここでは費用を抑えて満足度の高いリフォームをするためのコツと施工事例の紹介を行っています。リフォームを検討している方は参考にしてみてください。

この記事は満足いくトイレリフォームを希望の予算内で実現したい方に向けて、費用を抑えるコツや目安となる費用相場などを紹介しています。

トイレリフォームを行う場合、トイレのタイプやグレード、機能、リフォーム内容などによって費用が増減してしまうため、費用を抑えて希望通りのリフォームをするのは、容易ではありません。

しかし、費用を抑えるという点に特化して考えれば、同じ内容のトイレリフォーム見積もりを複数社で相見積もりすることが近道です。

場合によってはこの方法を取ることで満足いくトイレリフォームを実現できるかもしれません。

記事を最後まで読んで頂いた上で、ぜひ無料で比較見積もりが可能なハピすむをご活用ください。

トイレの交換リフォームの費用相場と内訳

冒頭で説明した通り、トイレの交換リフォームはタイプやグレード、機能によって価格が大きく増減します。

また、手洗いを設置したり、内装工事も同時に行う場合にはさらに費用が増額となるため、リフォーム内容によっても価格が増減すると言えるでしょう。

トイレの交換リフォームの費用相場は約10万円〜約50万円が一般的とされていますが、前述した通り工事内容が複雑であったり、トイレのグレードを高いものにした場合には50万円以上になる場合もあります。

代表的なトイレリフォームの例を3つ挙げ、費用相場と目安の工期を紹介します。

和式トイレから洋式トイレにリフォーム

和式トイレから洋式トイレにリフォームする場合には、給排水工事、内装工事が必要です。

費用相場:約25万円〜約50万円
工事期間:約2日〜約5日

タンクレストイレに交換

タンク付きトイレからタンクレストイレへの交換リフォームは、現在トイレ内に手洗いがない場合、手洗い器を新たに設置することになります。

費用相場:約20万円〜約60万円
工事期間:約1日〜約2日

トイレ交換と内装工事のまるごとリフォーム

トイレ交換と内装工事のまるごとリフォームはトイレリフォームにおける代表格とも言える組み合わせです。

費用相場:約10万円〜約30万円
工事期間:約1日

こちらの記事に記載の金額はあくまでも一例です。

費用相場、工事期間は現場の状況によって大きく変わるため、専門業者の現地調査が必要となります。

詳しくは複数の専門業者に見積もりをしてもらい、工程表を出してもらうようにしましょう。

トイレリフォームの内訳

ここではトイレリフォームをする際に必要な工事を目安となる費用を踏まえて説明します。

5つの項目に分けて工事内訳を説明しますが、現場の状況によってはさらに必要な工事が発生する可能性がありますので、工事種類の判断は専門業者に委ねるようにしましょう。

便器交換費

トイレリフォームをする上でまず必要なのが便器交換の費用です。

現在のトイレを取り外して、新しいトイレを設置する工事ですが、既存のトイレが和式トイレの場合には価格が高くなる可能性があります。

目安の費用は約2万円〜約4万円が一般的とされています。

廃材処分費

撤去した便器や配管部材、そのほかに手洗いや紙巻きなどの廃材を処分する費用です。

目安の費用は約1万円〜約2万円ですが、大規模な解体が伴う場合には廃材の量が多くなるため費用が高くなります。

給水管移設費

トイレ交換のみの場合には発生しないことも多い給水管移設工事ですが、手洗いを新設する場合や、和式トイレから洋式トイレに交換する場合には必要になることが多い項目です。

現場の状況によって費用が大きく変わる項目ですが、トイレ交換のみの場合の費用相場は約3万円〜約5万円が一般的です。

手洗いに関しても必要な場合には約1万円〜約2万円の追加費用がかかる場合がありますので事前に確認するようにしましょう。

排水管移設費

排水管移設費は設置したいトイレのタイプによってはトイレ交換のみでも必要な場合があり、具体的には現在の排水管を前後に移設していく工事内容になります。

費用相場は約1万円〜約3万円ですが、和式トイレから洋式トイレに変更など、排水管を大きく変更しなければならない場合には、この範囲を越える可能性があります。

内装工事費

天井や壁、床などの内装工事を指します。

一般的なクロス張り替え、クッションフロア張り替えの費用相場は約4万円〜約6万円ですが、使用する内装材が異なる場合には価格が上がります。

特に床材がクッションフロアではなくフローリングの場合、下地工事などの木工事が必要になるケースもありますので、費用、工期ともに専門業者に確認するようにしましょう。

20万円以内でトイレリフォームを実現した事例

ここでは実際に20万円以内という低価格でトイレリフォームを実現させた事例を紹介します。

工期や費用を踏まえて3つの事例を紹介していますので、低価格でのトイレリフォームを希望されている方はぜひ、参考にしてみてください。

リクシル「アメージュZ」を導入した事例

リフォーム費用約13万円
工期約1日
建物戸建て
リフォーム内容
  • 便器の交換
  • 温水洗浄便座交換

さまざまな排水方向や排水芯に対応できるリクシルの「アメージュZ」を使用することで必要な施工費を交換工事費のみにして施工費を抑えました。

また、便座もシンプルな機能の商品を選定することで、全体的に費用を抑えてリフォームができました。

トイレ交換とクッションフロアの張り替えを行った事例

リフォーム費用約13万円
工期約1日
建物戸建て
メーカー名東芝(温水洗浄便座)
リフォーム内容
  • 便器と便座の交換
  • クッションフロアの張り替え

トイレの交換とクッションフロアの張り替えを行いました。

リクシルやTOTOなどの水回りメーカーの温水洗浄便座は高価になりやすいため、東芝の温水洗浄便座を使用することで価格を抑えています。

そのため、クッションフロアの張り替えを行っても15万円以下という価格に抑えることができました。

便器とタンクはリクシル製、温水洗浄便座は東芝製にして費用を抑えた事例

リフォーム費用約17万円
工期約1日
建物戸建て
メーカー名リクシル(便器とタンク)、東芝(温水洗浄便座)
リフォーム内容 便器と便座の交換

トイレの交換とクロス、クッションフロアの張り替えを行いました。

先程の事例でも紹介しましたが、価格を抑えることができた要因はやはり東芝の温水洗浄便座です。

便器とタンクはリクシルの商品を使用し、温水洗浄便座のみ東芝製の商品を使用しましたが、リモコンも壁面についていて非常に使用感が良い仕上がりになりました。

20万円~30万円でトイレリフォームを施工した事例

ここでは20万円〜30万円の費用でトイレリフォームを施行した事例を紹介します。

工事の内容は先程紹介した事例のものと大きく変わりはないですが、トイレの性能やデザインが先程紹介した事例よりも優れているものになっています。

ここでも3つの事例を紹介しますので、トイレの性能やデザイン性を重視したトイレ交換を希望される方は参考にしてみてはいかがでしょうか。

掃除がしやすいリクシルの一体型トイレ「アメージュZA」の施工事例

リフォーム費用約22万円
工期約1日
建物マンション
メーカー名リクシル(アメージュZA)

トイレの交換とクロス、クッションフロアの張り替えを行いました。

トイレはタンクと温水洗浄便座が一体型の「アメージュZA」を使用しています。

アメージュZAはタンクと温水洗浄便座の間に隙間がなく、汚れが溜まりにくいため、お手入れが非常に簡単になりました。

コンパクトなデザインのTOTO「GG-800」の施工事例

リフォーム費用約25万円
工期約1日
建物マンション
メーカー名TOTO(GG-800)

トイレ交換とクロス、クッションフロアの張り替えリフォームをしました。

TOTOの一体型トイレ「GG-800」を使用してリフォームを行いましたが、タンク付きトイレにも関わらず、コンパクトなデザインのため、トイレの空間が広く感じるようになりました。

一体型トイレのため掃除が簡単なところも良かった点です。

夜間ライト付きリクシル「アステオ」の施工事例

リフォーム費用約29万円
工期約1日
建物マンション
メーカー名リクシル(アステオ)

リクシルのハイグレードトイレ「アステオ」に交換しました。

このトイレはプラズマクラスターなどの機能を搭載しているだけでなく、コンパクトでスタイリッシュなデザインのため、空間が引き締まって見えます。

また、夜間ライトもついており、夜中のトイレ時も便器内と足元の床を照らしてくれるため、安心して使用することができます。

30万円~40万円でトイレリフォームを施工した事例

ここでは30万円〜40万円という価格帯でのリフォーム事例を2件紹介します。

収納棚つきの機能性トイレを導入した事例と和式トイレから洋式トイレへの交換を費用を抑えて行った事例の2件になります。

どちらも非常に参考になる事例ですので確認してみてください。

キャビネット収納も魅力的!リクシル「リフォレ」の施工事例

リフォーム費用約33万円
工期約1日
建物戸建て
メーカー名リクシル(リフォレ)

収納棚付きのトイレ、リクシルの「リフォレ」を使用してトイレの交換を行い、クロスとクッションフロアの張り替えも一緒に行いました。

タンク付きトイレのリフォレですが、タンク部分が収納棚一体となっているため、非常にスッキリした印象を与えてくれます。

収納棚もトイレットペーパーや掃除用具を片付けるのに最適で、トイレに近い位置にあるため便利です。

和式から洋式へ!リクシル「アメージュ」の施工事例

リフォーム費用約36万円
工期約2日
建物戸建て
メーカー名リクシル(アメージュ)

和式トイレから洋式トイレに、さまざまな排水に対応できるリクシルの「アメージュ」を使用してリフォームを行いました。

費用を抑えるためにさまざまな排水に対応できる便器を選定して排水工事の価格を抑え、また、解体範囲も最低限の床のみにして、腰壁のタイルはそのまま残しています。

結果的には約36万円という価格でのリフォームを実現することができました。

40万円~50万円でトイレリフォームを施工した事例

ここでは40万円〜50万円という高価格帯でのリフォーム事例を2件紹介します。

狭い空間に手洗いとタンクレストイレを設置した事例と高級トイレを設置した事例になりますので、似たようなリフォームを検討している方には特におすすめです。

狭い空間にコンパクトな一体型トイレTOTO「GG」を施工した事例

リフォーム費用約48万円
工期約2日
建物戸建て
メーカー名TOTO(GG)

狭い空間にTOTOのタンクレストイレ「GG」を使用して、手洗いも新たに設置しました。

また、狭いスペースのなかで通路を確保するために手洗い器は埋め込み型の物を設置し、動線を広く確保できるように工夫しました。

クッションフロアとクロスの張り替えも同時に行い、特に床は縦張りにすることで奥行きがあるような印象を与えられる施工になっています。

お掃除機能が充実したリクシル「サティス」の施工事例

リクシルの高級トイレ「サティスG」を使用してトイレの交換を行い、まとめてクッションフロアとクロスの張り替えを行いました。

サティスGは角のないたまご型のデザインが高級感のある印象を与えてくれ、機能性としても男性が立ち小便をした際の飛び散りを軽減してくれる泡クッションが標準装備されています。

デザイン性、機能性ともに優れたトイレで、リフォーム後の満足度も高いです。

リフォーム費用約49万円
工期約1日
建物戸建て
メーカー名リクシル(サティス)

リクシルの高級トイレ「サティスG」を使用してトイレの交換を行い、まとめてクッションフロアとクロスの張り替えを行いました。

サティスGは角のないたまご型のデザインが高級感のある印象を与えてくれ、機能性としても男性が立ち小便をした際の飛び散りを軽減してくれる泡クッションが標準装備されています。

デザイン性、機能性ともに優れたトイレで、リフォーム後の満足度も高いです。

50万円以上でトイレリフォームを施工した事例

ここでは50万円以上という高価なトイレリフォームを行った事例を2件紹介します。

これまで紹介してきた事例とは異なり工事日数が長いものもある他、事務所のトイレリフォームの事例もありますので、自宅以外でのトイレリフォームを検討している方は参考にしてみてください。

高機能なTOTO「ネオレストRH」を施工した事例

リフォーム費用約68万円
工期約4日
建物マンション
メーカー名TOTO(ネオレストRH)

TOTOの高級タンクレストイレ「ネオレストRH」を使用してトイレ交換を行い、大工工事により手洗いの配管を隠し、内装工事までのまるごとリフォームを行いました。

除菌水やトイレ暖房、消臭といった機能を搭載しており、タンクレスであることからスペースも広く確保でき、機能性、デザイン性ともに申し分ないトイレに仕上がっています。

また、大工工事により手洗いの配管を隠すことで空間に統一感が生まれ、アクセントの壁紙が映えるようになっているところも大きなポイントです。

事務所のトイレを和式から洋式に!小便器付きトイレにリフォームした事例

リフォーム費用約66万円
工期約1週間

和式トイレだったスペースに小便器と洋式便器を設置しました。

事務所内で男性が利用するケースが多いことから小便器を設置することで用途別に使用できるようにし、天井、壁の仕上げにキッチンパネルを使用することで、優れた掃除性を確保しています。

内装、照明も一新して会社の顔とも言われるトイレが非常に綺麗になって生まれ変わりました。

格安・激安でトイレリフォームを行うコツ

費用相場の幅が広いトイレリフォームですが、格安・激安でトイレリフォームを行うためには抑えるべきコツがあります。

ここではそんなコツを5つ紹介します。

部分的に取り入れることで価格を抑えるだけではなく、満足度の高いリフォームを実現させることができますので参考にしてみてください。

トイレの本体のグレードを落とす

トイレ本体の価格はトイレリフォームの費用において大きなウェイトを占めています。

そのため、価格の増減幅が大きいのもトイレ本体の価格と言えるのです。

トイレ本体の機能を必要最低限に絞ってグレードを落とすことで、トイレリフォーム全体の価格を安価に抑えることができます。

便座(温水洗浄便座)のみを交換する

トイレの交換リフォームは、設備費用がどうしても高価になります。

そのため、現在使用している便器が水漏れやひび割れなどの不具合がない場合や、導入してから年数が経過していない場合には便座だけの交換というのも有効な選択肢です。

特に便座に洗浄機能が欲しい場合や、暖房機能が欲しい場合など、要望している機能が便座の交換のみで叶えられる場合には余計な費用をかける必要がなくなるため、低価格で満足度の高いリフォームになります。

また、今後便器に不具合が現れた際には、交換した便座をそのまま利用し、便器のみを交換することで、無駄なくトイレリフォームを進めることができるためおすすめです。

費用対効果の高いトイレを選ぶ

格安・激安でのトイレリフォームという点からは少し外れますが、費用対効果の高いトイレを選ぶこともコツの一つです。

特に節水型トイレの費用対効果は非常に大きいものがあり、長い目で見るとお得になる場合があります。

補助金・助成金が活用できないか検討する

トイレリフォームは補助金・助成金が活用できる場合があります。

国の施策であるこどもみらい支援事業や、地方自治体によるリフォーム補助金などさまざまな補助金・助成金制度がありますが、それぞれの制度が提示している要件を満たしていれば補助を受けられるのです。

トイレリフォームの場合にはバリアフリー化や節水型のトイレを活用したリフォームを行うことで要件を満たす可能性があり、対象になるかもしれません。

国の補助制度はホームページを確認することで詳細を知ることができますが、自治体による補助金は各自治体によって詳細が異なるため、詳しく確認したい場合には担当部署に問い合わせをし利用しましょう。

※2022年7月15日時点での情報です。

複数社の相見積もりを行う

価格を抑える近道がこの複数会社への相見積もりを行うことです。

同じ工事内容の見積もりを複数会社にしてもらうことを指しますが、ただいろいろな会社から貰うだけではあまり意味がありません。

トイレのリフォームに強い会社や自社で施工している会社を中心に探して依頼することで、価格を抑えより質の高い施工を行うことができます。

複数会社で見積もりを取ることで、費用相場を把握することができ、比較することができるようになります。

また、価格交渉の材料にすることができるため非常に多くのメリットがあるのです。

ハピすむでは無料で見積もり比較を行っているため、ぜひハピすむをご活用して頂ければと思います。

トイレリフォームにもリフォームローンは使える?

結論から申し上げるとトイレリフォームでもリフォームローンを活用することができます。

リフォームローンを組むことで得られるメリットが大きいことをご存知でしょうか。

具体的に3点のメリットを紹介します。

住宅ローンが残っていても利用ができる

住宅ローンが残っている場合にも利用できるのが、リフォームローンの強みです。

また、金融機関によっては金利も融通してくれる場合があるため、メリットが大きいです。

手元に現金を残しておける

リフォームローンを利用することで、手元に現金を残しておくことができるため、急に現金が必要になった場合にも対応することができます。

いざという時に使用できる現金を残せるというのは安心感にもつながります。

最適な時期にリフォームができる

リフォームローンを活用することで予算を準備する期間を短くすることができるため、最適な時期にリフォームを進められます。

特にトイレなどの水回りリフォームにはリフォームをするべき時期が分かりやすいため、この時期にリフォームを行えるのは、非常に効率が良いです。

トイレリフォームはDIYや施主支給でもできる?

トイレリフォームはDIYでも可能ですし、商品のみを自分で準備して専門業者に取り付けしてもらうことも可能ですが、おすすめはできません。

ここではDIYや施主支給がおすすめできない理由を6つの項目に分けて説明します。

施主支給とは?

施主支給という言葉をご存知でしょうか。

施主支給とは、使用する機器をリフォームを依頼する業者に注文するのではなく、自分でインターネットやホームセンターなどから商品を調達して、工事のみ専門業者に依頼するやり方になります。

間に入る業者が少ないこともあり、商品の価格を安くできることが最大のメリットです。

しかし、これから詳細を説明していきますが、さまざまなリスクのあるため、専門知識を有していない方が独断で商品を選定して施主支給として準備をすることはおすすめできません。

対応してもらえないリスクも

施主支給という形を取ることで、業者としては売上や利益の金額が大きく減ってしまいます。

特にトイレ交換のみとなると工事の量も少ないため、専門業者側からすると、良い案件とは言えないかもしれません。

そのため、トイレ交換などの小規模リフォームの際には特に施主支給という形を取ることで工事を受けてもらえない可能性があるということを覚えておきましょう。

サイズや仕様の不備が起きる可能性

こちらも施主支給の際のリスクの一つですが、専門業者と打ち合わせもなしに独断で商品の選定をした場合、サイズや仕様に不備が起きる可能性があります。

本来設置するべき寸法ではない商品の場合には、空間が窮屈になったり、使い勝手が悪かったりというような不満を抱えてしまうかもしれません。

また、仕様が違う場合には、想定していた機能がなかったり、場合によっては追加で電気工事が必要になるケースもあるためリスクを伴います。

配管トラブル時のリスクが大きい

こちらはDIY時の注意点ですが、配管トラブルが起きた場合の対処が難しいことが挙げられます。

特にトイレ交換は給水工事と排水工事の両方が必要になるため、トラブルが起きてしまう可能性が高いのです。

実際に配管トラブルは迅速に対応しなければ大事になるケースもあり、専門資格も必要です。

そのため、DIYで工事費を安く抑えようとしても結局のところトラブル対応を専門業者に依頼することで余計な費用がかかる可能性があります。

マンションなどの集合住宅はできないリフォームがある

こちらもDIYでトイレリフォームを行う場合に注意が必要な点ですが、現在の住まいがマンションなどの集合住宅の場合、できないリフォーム内容があります。

一般的には専有部分のみリフォームをすることが可能ですが、規約によって異なるため管理組合などに確認をする必要があります。

また、リフォームを進める際には専門業者に依頼するよう促される場合もあります。

トイレ交換と内装交換をまとめて依頼することで格安になる場合がある

費用を抑えるためのDIYや施主支給ですが、1つのリフォーム会社にトイレ工事と内装工事をまとめて依頼することで、値引きをしてくれて工事費が格安になる場合があります。

さまざまなリスクを考えると、まとめて工事をしてくれる業者を探して価格交渉を行った方が、問題も少なく、満足度の高いリフォームになる可能性が高いため、DIYや施主支給を行うよりもおすすめです。

安かろう、悪かろう?よくある失敗事例

トイレは毎日複数回使用する場所であり、家族以外の人も使う可能性が高い場所です。

そのため、清潔感がある見た目や機能性のあるトイレへリフォームすることで与える印象が良くなる可能性があります。

しかし、トイレのクロスが剥がれてきているから変えたい、床が輪染みで汚いから変えたいと日頃思っていてもなかなか踏み切れない場合が多いのではないでしょうか。

そんな時にリフォームを行うきっかけとしてトイレ交換は非常に有効です。

トイレ交換をする際には壁紙の張り替えがやりやすく、床の張り替えも綺麗に行うことができるため、非常に良いタイミングといえます。

また、手洗いの設置やその他の付帯工事を希望する場合にも、トイレの交換をするタイミングの方が施工スペースを確保しやすく、より丁寧な作業をしてもらうことができるためおすすめです。

さて、そんなトイレリフォームですが残念ながら失敗してしまう可能性もあります。

ここでは、トイレリフォームをした後で失敗したと感じてしまった事例を3つ紹介します。

同様の失敗を避け、満足度の高いリフォームに仕上げるためにも、ぜひ確認してみてください。

掃除がしやすいトイレを選べばよかった

費用を抑えるためにトイレの形状や性能を蔑ろにしてしまった場合に起きてしまう失敗です。

最近のトイレには掃除が楽なフチなしのトイレや、自動洗浄の機能が付いているトイレなど清掃性やさまざまな機能性に優れたものがあります。

このようなトイレは通常のトイレより価格が少し高いため、費用を抑えようとすると選択肢から外れてしまいがちです。

トイレは一度交換したら約15年程度は使うものですので、多少値段は張りますが、利便性の高い商品選定を行った方が失敗が少ないでしょう。

欲しい機能がついていなかった

こちらも先程説明した掃除がしやすいトイレを選べば良かった事例と似たような失敗になります。

現在のトイレには節水機能や瞬間暖房便座、脱臭・消臭機能、間接照明などさまざまな機能を持った商品があります。

しかし、機能が増えれば増えるほど商品の価格は高価になってしまう場合があります。

価格を抑えるため本来欲しかった機能がついているのか確認せずに商品選定をしてしまうと、実際に交換した後で欲しい機能がなかったということになってしまいます。

トイレ交換と同時にトイレリフォームを行えばよかった

意外にもトイレ交換と同時にトイレ空間のリフォームを行えばよかったという失敗が多いのです。

トイレ交換と内装リフォームは関連しているため、トイレ交換と同時に内装リフォームを依頼すると、通常より安い価格で施工できる場合もあります。

また、扉の開き方やスライドドアへの変更、窓の設置や撤去による明るさ調整など、以前から気になっていた部分を同時にリフォームすれば良かったという後悔も非常に多いです。

さらに、トイレ空間が狭いと感じていたにも関わらず、トイレ交換のみを行ってしまった場合にもトイレ交換のタイミングで拡張工事を行えば良かったと工事が終わった後で思うケースがあります。

トイレが新しくなったことで、これまで気になっていた部分が余計に明確になってしまうため、このように感じてしまうと考えられます。

トイレ空間のリフォームは既存のトイレを取り外した状態が施工スペースを確保しやすく、邪魔になるものがないため、一番工事を行いやすく、希望通りの工事をしやすい状況なのです。

そのため、今トイレ空間に不満がある場合にはトイレ交換のタイミングで同時にトイレ空間のリフォームをおすすめします。

トイレリフォームに対応する優良な会社を見つけるには?

ここまで説明してきたトイレリフォームは、あくまで一例となっています。

「費用・工事方法」は物件やリフォーム会社によって「大きく異なる」ことがあります。

そのとき大事なのが、複数社に見積もり依頼して必ず「比較検討」をするということ!

この記事で大体の予想がついた方は次のステップへ行きましょう!

「調べてみたもののどの会社が本当に信頼できるか分からない…」

「複数社に何回も同じ説明をするのが面倒くさい...。」

そんな方は、簡単に無料で比較見積もりが可能なサービスがありますので、ぜひご利用ください。

大手ハウスメーカーから地場の工務店まで全国1000社以上が加盟しており、トイレリフォームを検討している方も安心してご利用いただけます。

無料の見積もり比較はこちら>>

一生のうちにリフォームをする機会はそこまで多いものではありません。

後悔しない、失敗しないリフォームをするためにも、リフォーム会社選びは慎重に行いましょう!

この記事の監修者プロフィール

【監修者】久田麻里子

2級建築士、インテリアコーディネーター、住環境福祉コーディネーター。ハウスメーカー、リフォーム会社での建築業を幅広く経験。主婦・母親目線で様々なリフォームアドバイスを行う。主な担当は水回り設備リフォーム、内装コーディネート、戸建てリフォームなど。

LINE 友達追加
無料一括最大3社
リフォーム見積もりをする