1. リフォーム費用見積もり比較「ハピすむ」
  2.  > 
  3. 外壁リフォーム
  4.  > 
  5. 塗装工事の費用相場や作業工程、トラブル事例などをご紹介

2022年09月21日更新

塗装工事の費用相場や作業工程、トラブル事例などをご紹介

この記事では屋根や外壁の塗装工事について、必要性や機能性を解説しています。施工にかかる大まかな費用や工事期間、施工事例も説明しているため、塗装工事を検討している方におすすめの内容になっています。最後まで読み、ぜひ参考にしてください。

光熱費が抑えられ地球環境にも優しいエコキュートは、近年人気が高まっています。

しかしさまざまな原因により、トラブルが起こることも事実です。

ここではエコキュートのトラブルや、修理または交換のどちらを選択するべきか、そしてそれぞれの費用について紹介します。

エコキュートのトラブルとは?

エコキュートは機械である以上、故障やトラブルは避けられません。

エコキュートのトラブルにはどのようなものがあるのでしょうか。

エコキュートのトラブル例

水漏れなどエコキュートに発生する具体的なトラブルとその対処法をご紹介します。

タンクから水漏れしている

エコキュートの運転中は、水がお湯の温度まで上がるため体積が増え、膨張して貯水タンクから水漏れしているように見えます。

この場合は、エコキュートの故障でない場合が多いです。

シャワーの水圧が弱い

初期のエコキュートは水圧が弱いというトラブルが多いです。

この場合は、低水圧用シャワーヘッドを使うことで解決することが多いようです。

勝手に水やお湯が出てくる

水道から勝手に水やお湯が出てくることがあるかもしれませんが、これは故障でない場合が多いです。

エコキュートに自動配管洗浄機能がついている場合、配管の中にある古いお湯を押し出して洗浄することがあります。

その時に水やお湯が勝手に出てくるように見えるのです。

なお、外気温が低い時も、凍結防止のために配管のお湯を排出するため、水道から水やお湯が勝手に出てくることがあります。

足し湯をしても水しか出てこない

足し湯をしても水しか出てこないというトラブルは、お湯を使い切ってしまったことが原因の場合があります。

お湯の沸き上げをすると解決するでしょう。

他の原因として、温度調整をする基盤が劣化している場合もあるので、エコキュートをいったんリセットするという対処法もあります。

お湯が止まらない

お湯が止まらないトラブルの原因は、浴槽循環口が汚れで詰まっていることが多いです。

循環口を掃除してみましょう。

それでも直らない場合は、水位センサーの故障かもしれません。

リモコンにエラーコード

リモコンのエラーコードはメーカーごとに異なります。

まずは取り扱い説明書で確認し、それでも解決しない時はメーカーに問い合わせてみましょう。

近所から騒音の苦情が来る

エコキュートの室外機から出る騒音が近隣トラブルになるケースもあります。

設置スペースに余裕があれば、隣家の寝室などから10m以上離すなど設置場所を工夫してみましょう。

敷地の関係で離すのが難しければ、防音シートをヒートポンプユニットに貼ることで解決することもあります。

エコキュートの耐用年数とは?

エコキュートの耐用年数は一般的に約10年~約15年です。

そのため購入して10年前後からエコキュートの故障が多くなるようです。

ただ、設置場所の環境やメンテナンスによって、トラブルや故障を少なくし、長く使い続けられる場合もあります。

逆に設置場所の環境が悪かったりメンテナンス不足だったりすると、10年に満たないうちにエコキュートの故障やトラブルが多くなり、寿命を迎える場合もあるようです。

エコキュートの故障の見分け方とは?

エコキュートの故障やトラブルの見分け方には、どのようなものがあるのでしょうか。

エコキュートの故障やトラブルの判断の仕方をご紹介します。

リモコンにエラーモードがたびたび表示される

リモコンにエラーモードが表示される状況や表示の意味合いについては、メーカーごとに異なります。

故障の可能性もあるので、まずは取り扱い説明書で確認し、それでも解決しない時はメーカーに問い合わせましょう。

設定した温度までお湯が温まらないことが多くなった

貯水タンクの中のお湯を使い切ってしまったことが原因の場合があります。

お湯の沸き上げをしてみると解決する場合もあるでしょう。

それでも解決しない時は、温度調整をする基盤が故障している場合もあります。

使用中、水になってしまう

お湯張り、足し湯、給湯などを同時に行った時や、お湯を出したり止めたりを何度も繰り返した時は、使用中に水になってしまう場合があります。

また2カ所でお湯を使用した時などもこのようなことが起こる場合がありますが、故障ではありません。

水漏れをしている

エコキュートの運転中は、水の温度が上がるため、体積が大きくなり膨張して、貯水タンクから水漏れしているように見えることがあります。

この場合は故障ではありません。

運転音に違和感がある

エコキュートの運転音は、ヒートポンプユニットからの低周波音です。

これは昼間はあまり気にならなくても、夜間に気になる方が多いようです。

運転音にどうしても違和感がある場合、ヒートポンプユニットの設置場所を変えたり、防音シートを設置したりすることである程度は改善できるでしょう。

お湯張り・沸き上げができない

お湯張りができない場合は、貯水タンクのお湯を使い切ってしまったことが原因の場合があります。

沸き上げボタンを押してもすぐ止まってしまう、夜間沸き上げができないなどの場合は、故障の可能性があります。

業者などに問い合わせてみましょう。

お湯になるまで時間がかかる

エコキュートと蛇口までの配管が長い場合は、お湯になるまでに時間がかかる場合もあります。

故障ではない場合が多いですが、通常とは異なるほど時間がかかるという場合は業者に問い合わせてみましょう。

エコキュートが故障する原因

エコキュートが故障する原因は、経年による老朽化ばかりではありません。

故障の原因は大きく分けて3つあります。

ここではエコキュートの故障原因の3つのパターンを詳しく見ていきましょう。

初期故障

初期故障はエコキュートを購入してすぐに起こる故障です。

原因は設置をした時のミスや初期不良とされています。

この場合はメーカーが無償修理をすることがほとんどになります。

摩耗故障

ある程度の期間エコキュートを使っていると、パッキンなどの部品の劣化が始まります。

こうした部品が摩耗して起こる故障を摩耗故障といいます。

偶発故障

偶発故障は、製造した時や設置した時のミスが時間をかけて故障となって現れてくるものです。

まれに欠陥商品として起こることもあります。

エコキュートの修理費用と工期は?

エコキュートが故障した場合は修理を依頼しますが、修理にかかる費用が気になる方は多いでしょう。

あらかじめ修理費用の相場を知っておけば安心です。

また、どのくらいの工期になるかも知っておきましょう。

ここではエコキュートの修理費用と工期についてご紹介します。

エコキュートの修理費用

エコキュートの修理費用は、以下の表のとおりです。

なお修理費用は各業者によって異なりますので、詳しくはメーカーやリフォーム業者に問い合わせをお願いいたします。

エコキュートの修理にかかる時間

エコキュートの故障による修理にかかる期間は、業者に部品の在庫がある場合は半日から1日です。

そのため午前中からの修理を依頼できれば、その日のうちに完了してお風呂に入れるわけです。

もし業者に部品の在庫がない場合は取り寄せになるので、工期は数日から2週間程度になる場合もあります。

エコキュートの交換費用と工期は?

ここまでエコキュートの修理費用と工期についてお伝えしました。

では、エコキュートの基盤などの交換費用と工期はどの程度なのでしょうか。

ここではエコキュートの交換費用と工期についてご紹介します。

エコキュートの交換費用

エコキュートの基盤などの交換費用について、かなり費用がかかるのではないかと心配な方も多いでしょう。

エコキュートの交換費用の相場は、約40万円~約50万円とされています。

エコキュートはお湯を沸かす「ヒートポンプユニット」と沸かしたお湯を貯める「貯水タンク」の2つで構成されます。

現在はこの2つのどちらかだけを交換することは少なく、両方の機器を合わせて交換することがほとんどです。

交換費用の目安としては、本体価格と工事費など一式で、タンク容量370Lの場合約39万円~、タンク容量460Lの場合約42万円~とされています。

ただしこの金額は標準タイプのものなので、特殊なタイプの場合やオプションをプラスした場合は、さらに金額がプラスされることになります。

エコキュートの交換にかかる時間

エコキュートの基盤などの交換が必要になると、どのくらい時間や日数がかかるか心配な方も多いでしょう。

業者の在庫状況にもよりますが、在庫があれば交換作業は半日から1日で済みます。

そのため長期間お風呂が使えないのではという心配は不要でしょう。

万が一在庫がない場合は、取り寄せに数日から2週間ほどかかる場合もあります。

エコキュートの故障には修理と交換どちらを選ぶべきか?

ここまでエコキュートが故障した場合の修理や交換にかかる費用と工期についてお話しました。

費用と工期を比較して、修理と交換のどちらを選ぶべきか迷う方も多いのではないでしょうか。

ここでは、エコキュートの故障には修理と交換どちらを選ぶべきかについてご紹介します。

エコキュートを修理する場合

まず、エコキュートを修理する場合について、メリットとデメリットを詳しく見ていきましょう。

エコキュートを修理するメリット

エコキュートを修理するメリットとしては、次の点があげられます。

  • 安い費用に抑えられる

修理の内容にもよりますが、比較的安い費用に抑えることが可能です。

  • 故障の原因を調べてもらえる

業者に見てもらうことによって、故障の原因を突き止めることができます。

エコキュートを修理するデメリット

エコキュートを修理するデメリットとしては、次の点があげられます。

  • 別の故障がすぐ起きる可能性がある

1つの故障が直っても、他の場所が故障する可能性はあります。

修理の回数が増えれば、修理代もかさんできます。

  • 修理漏れがある

修理をしてもらっても、ミスや漏れのある場合もあります。

エコキュートを交換する場合

次にエコキュートを交換する場合について、メリットとデメリットを詳しく見ていきましょう。

エコキュートを交換するメリット

エコキュートを交換するメリットとしては、次の点があげられます。

  • 繰り返し故障しない

エコキュートを新品に交換することで、しばらくの間は繰り返し故障をする可能性が少なくなります。

  • すぐに故障をするリスクを減らせる

初期故障を除けば、交換後すぐに故障するリスクはかなり減らせるでしょう。

エコキュートを交換するデメリット

エコキュートを交換するデメリットとしては、次の点があげられます。

  • 高額な費用の負担

修理に比べると、費用の負担はかなり大きくなります。

修理と交換どっちを選ぶべき?

エコキュートの寿命は約10年~約15年とされています。

エコキュートを10年ほど使い続けることで、故障の頻度も多くなる可能性があります。

いくら修理代が安くても頻度が多くなればトータルの修理代はかさみます。

エコキュートを10年ほど使い続けている場合は交換を選択した方がよいでしょう。

また、修理見積りが高い場合は交換を選択した方がよい場合もあります。

エコキュートの交換費用を抑える方法とは?

エコキュートを交換する時のデメリットは、高額な費用がかかることです。

しかし、交換費用を抑える方法もいくつかありますので、ここでご紹介していきます。

修理方法や修理箇所を細かく聞くことで費用を冷静に判断する

修理方法や修理箇所によっては費用がかなりかさむことがあります。

どのような箇所をどのような方法で修理するのかを細かく業者に聞くことで、交換費用に対して冷静な判断ができるでしょう。

見積もりを複数の業者に依頼する

業者に見積りを依頼するとき、1社だけでなく複数の業者に相見積もりを取るようにしましょう。

業者に相見積もりを取っていることを伝えれば、不当な見積もりをされることもなく適正価格で検討することができます。

既存の配管をそのまま利用する

エコキュートを交換する時、配管が劣化していなければそのまま使用できることもあります。

信頼できる業者に配管の状態を確認してもらいましょう。

本体は自社施工の業者から購入する

自社で施工を行っている業者から購入することで、費用を抑えられることがあります。

その場合、信頼できる業者かどうか必ず確認しましょう。

火災保険を利用する

エコキュートの故障に火災保険が適用になるかどうかは、契約内容によって変わってきます。

加入している火災保険の契約内容を確認してみましょう。

適用になれば、かなりの費用を抑えることができるでしょう。

新しいエコキュートの選び方とは?

新しいエコキュートを購入すると決めたら、どんな選び方をすればいいか気になりますよね。

予算はもちろん、メーカーだけでなくそれぞれの商品の機能もたくさんありますから、迷ってしまいそうです。

新しいエコキュートの選び方にはコツがあります。

ここでは新しいエコキュートの選び方のコツをいくつかご紹介しますので、ぜひ参考にしてみてください。

予算で選ぶ

エコキュートの工事費用は約10万円~約15万円とされています。

その他にエコキュートの本体価格がかかります。

タンクの容量や種類によって価格が変わってきますので、予算に合わせてエコキュートの本体を選びましょう。

先に予算を決めておいて、その予算に合う容量や種類を選ぶのもよいでしょう。

家族構成と生活スタイルで選ぶ

家族の人数に合わせた最適なタンクのサイズを選びましょう。

一般的な使用状況でのタンク容量の目安は、1人~2人家族で185L、2人~3人家族で300L、3人~4人家族で370Lとされています。

また、生活スタイルも考慮にいれておきましょう。

例えば来客が多い、近い将来家族が増える予定がある、シャワーを浴びる頻度が高い、などの場合は上記の目安より1つ容量の多いのタンクにするとよいでしょう。

機能で選ぶ

エコキュートを機能で分けると、給湯専用タイプ、オートタイプ、フルオートタイプの3タイプに分かれます。

給湯専用タイプは蛇口から浴槽へ給湯するタイプです。

オートタイプは設定した温度でお湯張りをし、追い炊きや保温機能はありません。

フルオートタイプはお湯張り、保温、足し湯まで自動で行うタイプです。

ここでも生活スタイルに合ったものを選ぶようにするとよいでしょう。

その他、多機能タイプもあります。

操作のしやすさで選ぶ

エコキュートは毎日家族みんなが使うものなので、操作のしやすさはとても大切です。

エコキュートはいくつかのメーカーから出ていますが、操作の仕方はメーカーによって若干異なります。

購入する前に必ず各メーカーの操作方法を確認して、家族みんなが操作しやすいものを選ぶようにしましょう。

エコキュートを長く使い続けるための注意点とは?

快適な暮らしのために手に入れたエコキュート、せっかくならできるだけ長く、故障なく使いたいですよね。

そのために最も大切なことは日常のお手入れです。

ここではエコキュートを長持ちさせる方法についてご紹介します。

メンテナンスをしっかり行う

エコキュートには内部自動洗浄機能がついているので、ボタンを押すだけで簡単に内部洗浄ができます。

また、水漏れがないかどうか、こまめに目視で確認するだけでもメンテナンスになります。

タンク・ヒートポンプのお手入れをする

貯水タンクのお掃除はとても大切です。止水栓を開き、タンクの中の水を数分間排水しましょう。

これだけで、タンクの中の不純物などを取り除けます。

年に3回程度でよいので、忘れないように行いましょう。

ヒートポンプのメンテナンスも大切です。

ファンにほこりが詰まっていないか、異物が入っていないかを確認して取り除きましょう。

家族の人数・習慣に合った機種機能を選ぶ

ご家族の人数や生活習慣に合った機種、機能を選ぶことも大切です。

人数や生活習慣に合わない使い方をしていると、機械に無駄な負荷をかけてしまうことになり、寿命を短くする原因になります。

使用する入浴剤を慎重に選ぶ

使用する入浴剤によっては、機器を破損させる可能性があります。

そのため、入浴剤はなるべく使用しないことが望ましいです。

どうしても使用したい場合は、メーカーが推奨している入浴剤を選ぶようにしましょう。

環境に合った機種選びをする

エコキュートには一般地仕様の他に、寒冷地仕様、耐塩害仕様、井戸水対応仕様など、環境に合わせた機種があります。

環境に合った機種選びをすることが大切です。

吸込口近くに物を置かない

エコキュートのヒートポンプ周りに物を置いてしまい、吸込口を塞いでしまうことは避けましょう。

吸込口を塞いでしまうと、故障や機器の性能低下の原因になってしまいます。

エコキュートの周りには物を置かないようにし、ある程度のスペースを確保しておきましょう。

長期不在時は電源を切る

エコキュートは毎日自動で沸き上げるように設定して使いますので、長期不在時は電源を切っておきましょう。

不在時に電源を切らないと、不在時もずっと沸き上げることになり電気代も無駄になります。

無駄な運転量が多いと機械の寿命を短くすることにもなります。

エコキュートの修理・交換はどの業者に頼むべき?

ここまでエコキュートの修理や交換について詳しくご紹介してきました。

それではエコキュートの修理や交換はどのような業者に頼むべきなのでしょうか。

エコキュートの修理後や交換後の満足度は、業者選びにかかっていると言っても過言ではありません。

大切なのは、信頼できる業者やメーカーに依頼することです。

ここでは信頼できる業者の選び方や、業者やメーカーに依頼する時のメリットとデメリットについてご紹介します。

信頼できる業者のポイント

まず信頼できる業者選びのポイントには、どのようなものがあるのでしょうか。

順番にご紹介していきます。

地域に根ざしている

ある程度の年数、地域に根ざしていて、その地域に住む人たちからの信頼がある業者はよい業者といえるでしょう。

なぜなら、そのような業者は長年にわたって誠実に仕事を行っていたり、細かい要望にも丁寧に対応したりすることで信頼を獲得し、地域に根ざしていると考えられるためです。

業者の自社ホームページを確認する

業者の自社ホームページには、その業者の実績やお客様の感想などを掲載している場合があります。

できればエコキュートの修理や交換の実績がある業者を選びましょう。

また、ホームページの更新がまめにされているか、情報が新しいかを確認することも大切です。

自社ホームページに実績が載っていない場合は、口コミサイトなどで調べる方法もあります。

修理や交換にかかる時間を確認

修理や交換にかかる時間を確認することも大切です。

こちらの要望に迅速に対応してくれるのか、誠意をもって最短の時間で工事してくれるのかを確認しましょう。

業者にこうした確認をする際に、やりとりの丁寧さや誠意さをチェックするのも大切です。

保証やアフターサービスの内容を確認

修理や交換をお願いしてもすぐにトラブルが起こるのは困りますよね。

万が一そのようなことが起こっても、保証制度やアフターサービスがあれば安心です。

そのような保証やアフターサービスが充実している業者は信頼できるといえるでしょう。

過度に格安ではないか

過度に格安な料金をうたっている業者は要注意です。

あまりにも料金を安く設定している業者は、工事をいい加減に行う可能性もあると疑った方がよいです。

メーカーに依頼するメリット・デメリット

エコキュートを製造しているメーカーは、自社でエコキュートを製造しています。

そういったメーカーに依頼する場合、どのようなメリット・デメリットがあるのでしょうか。

メーカーに依頼するメリット

  • エコキュートを製造している会社だから安心

なんといっても一番のメリットは、エコキュートを製造している大手の会社ならではの安心感です。

  • 自社製品の修理対応が早い

自社製品の修理ということで、対応から工事の手配までスムーズに運ぶことが多いです。

  • 複数業者から選ばなくていいから悩まない

メーカーに依頼すれば、自分で複数の業者から選ぶ手間が省けます。

自分で選んだ業者が果たして大丈夫だろうかという不安とストレスも感じずに済みます。

  • 保証期間内であれば修理費用を抑えられる

エコキュートの保証期間内であれば、修理費用を抑えることができるのも大きなメリットです。

メーカーに依頼するデメリット

  • 製品の割引率が低い

メーカーに依頼する場合、他の業者よりエコキュートの割引率が低いというデメリットがあります。

  • メーカーの製品内から選ばなければならない

エコキュートを交換する場合も、依頼したメーカーの製品の中からしか選べません。

他メーカーと比較検討したい方にはあまりおすすめできません。

  • 施工業者を選べない

実際に工事を行う業者はメーカーが決めるため、自分で施工業者を選べないということもあります。

給湯器販売・工事業者に依頼するメリット・デメリット

それでは給湯機販売・工事業者に依頼する場合、どのようなメリット・デメリットがあるのでしょうか。

給湯器販売・工事業者に依頼するメリット

  • さまざまなメーカーの製品の中から選べる

給湯器販売・工事業者が取り扱っているメーカーであれば、さまざまなメーカーの製品を比較検討できます。

  • 費用を抑えられる

給湯器販売・工事業者にはたくさん競合がいるため、市場競争が起こり価格が安い場合が多いです。

  • アフターサービスや保証内容が手厚い

他業者との差別化のため、アフターサービスや保証内容を手厚くしているところが多いです。

給湯器販売・工事業者に依頼するデメリット

  • 自分で業者を見つける必要がある

数多くの業者の中から依頼先を見つけることは、なかなか大変なことです。

たくさんの業者に相見積もりを取って比較検討することは、かなりの時間と労力がかかります。

  • 信頼できない業者もある

業者の中にはまれに信頼できない業者もあります。

あまりにも価格が安すぎたり、地域の評判が悪かったりする業者は要注意です。

外壁リフォームに対応する優良な会社を見つけるには?

ここまで説明してきた外壁リフォームは、あくまで一例となっています。

「費用・工事方法」は物件やリフォーム会社によって「大きく異なる」ことがあります。

そのとき大事なのが、複数社に見積もり依頼して必ず「比較検討」をするということ!

この記事で大体の予想がついた方は次のステップへ行きましょう!

「調べてみたもののどの会社が本当に信頼できるか分からない…」

「複数社に何回も同じ説明をするのが面倒くさい...。」

そんな方は、簡単に無料で比較見積もりが可能なサービスがありますので、ぜひご利用ください。

大手ハウスメーカーから地場の工務店まで全国1000社以上が加盟しており、外壁リフォームを検討している方も安心してご利用いただけます。

無料の見積もり比較はこちら>>

一生のうちにリフォームをする機会はそこまで多いものではありません。

後悔しない、失敗しないリフォームをするためにも、リフォーム会社選びは慎重に行いましょう!

この記事の監修者プロフィール

【監修者】岩納年成

大手ゼネコン会社にて、官公庁工事やスタジアム、免震ビル等の工事管理業務を約4年経験。
その後、大手ハウスメーカーにて注文住宅の商談・プランニング・資金計画などの経験を経て、木造の高級注文住宅を主とするビルダーを設立。
土地の目利きや打ち合わせ、プランニング、資金計画、詳細設計、工事統括監理など完成まで一貫した品質管理を遂行し、多数のオーダー住宅を手掛け、住まいづくりの経験は20年以上。
法人の技術顧問アドバイザーとしても活動しながら、これまでの経験を生かし個人の住まいコンサルテイングサービスも行っている。

LINE 友達追加
無料一括最大3社
リフォーム見積もりをする