1. ハピすむトップ
  2.  > 
  3. フルリフォーム・リノベーション
  4.  > 
  5. 【借主】賃貸マンション・アパートをリノベーションする費用や価格の相場は?

キーワードから探す


2019年02月02日更新

【借主】賃貸マンション・アパートをリノベーションする費用や価格の相場は?

従来の賃貸マンションやアパートでは退去時に原状回復義務があったので、借主がリフォームやリノベーションをすることは不可能に近い物件ばかりでしたが、最近ではDIY可能物件なども出てきました。どの程度のリノベーションが可能なのか、その工事費用や家賃にどう影響するかについて解説します。

  • 【監修者】株式会社フレッシュハウス 樋田明夫
  • この記事の監修者
    株式会社フレッシュハウス
    樋田明夫
    営業戦略室 室長

低家賃設定が魅力の借主負担DIY型物件

築年数が古い賃貸マンションやアパートは人気が下がる傾向にあり、入居者が見つからず空室率が高くなっているのが現状です。

貸主側で壁紙などを張替えるリフォームや、物件の間取りや住宅設備を一新するリノベーションを行う物件もありますが、最近では「借主負担DIY型」物件が登場しました。

賃貸マンションやアパートでは原状回復義務が一般的でした。

しかし、借主負担DIY型物件では事前に合意書を交わすことで原状回復の条件を規定する事ができ、その条件に合わせて、借主側で自由にリフォームやリノベーションができます。

入居者はリノベーションにかかる工事費用を負担したとしても、現状の状態での家賃設定で借りられることがメリットとなります。

貸主側もリノベーションにかかる費用を負担しなくても良い上に、空室対策にも繋がる点で大きなメリットがあるのです。

【借主】賃貸マンション・アパートをリノベーションする費用や価格の相場は?

どの程度のリノベーションが可能か

入居者がどの程度までリノベーションして良いかは、貸主との契約内容によっても変わってくるので、まずはよく確認することが重要です。

間取りを変更する場合、間仕切りなどの造作壁は解体できることもありますが、躯体となる壁や柱は建物を支えている部分なので壊すことはできません。

またフローリングの床を張り替える例を挙げれば、マンション規約によって遮音性の問題から使用できる床材が決められているケースも多くあるので注意が必要です。

リノベーションの際には、マンションやアパートの設計や構造、規約などを充分に調べることをおすすめします。



リノベーションにかかる工事費用の相場

マンションやアパートにおけるリノベーション費用は、部屋の広さによっても変わってきますが、平米単価で約10~15万円が相場となっているようです。60平方メートルであれば約500~1,000万円前後です。

工事の内容はリノベーション内容によって、解体工事、木工工事、電気工事、給排水管工事などが必要となります。リノベーションで多い事例の参考工事価格をご紹介します。

キッチンを移動する工事価格の相場

壁付きキッチンから対面型キッチンにするケースでは、排水管や換気ダクトの移動を伴うため約300万円を見込んでおくと良いでしょう。

キッチンの移動費用はこちらの記事でより詳しく解説しています

2DK を1LDKに間取りを変更する工事価格の相場

近年では広いリビングルームにリノベーションする事例が増えています。間仕切りの壁を解体し、2DKを1LDKにする工事費用は約500~600万円が目安となります。

カーペットからフローリングへ張り替える工事価格の相場

広さ15~20平方メートルのリビングのカーペットを剥がし、フローリングに張替える工事費用は、約25~35万円前後です。

カーペットからフローリングへの張り替え費用はこちらの記事でより詳しく解説しています

フルリフォーム・リノベーションに対応する優良な会社を見つけるには?

ここまで説明してきたフルリフォーム・リノベーションは、あくまで一例となっています。

「費用・工事方法」は物件やリフォーム会社によって「大きく異なる」ことがあります。

そのとき大事なのが、複数社に見積もり依頼して必ず「比較検討」をするということ!

この記事で大体の予想がついた方は次のステップへ行きましょう!

「調べてみたもののどの会社が本当に信頼できるか分からない…」

「複数社に何回も同じ説明をするのが面倒くさい...。」

そんな方は、簡単に無料で比較見積もりが可能なサービスがありますので、ぜひご利用ください。

大手ハウスメーカーから地場の工務店まで全国800社以上が加盟しており、フルリフォーム・リノベーションを検討している方も安心してご利用いただけます。

無料の見積もり比較はこちら>>

一生のうちにリフォームをする機会はそこまで多いものではありません。

後悔しない、失敗しないリフォームをするためにも、リフォーム会社選びは慎重に行いましょう!

一括見積もりを依頼する