1. ハピすむトップ
  2.  > 
  3. 屋根リフォーム
  4.  > 
  5. 屋根をガルバリウム鋼板にリフォームする価格や費用の相場は?

2021年06月10日更新

屋根をガルバリウム鋼板にリフォームする価格や費用の相場は?

ガルバリウム鋼板屋根は軽さやメンテナンス費用などの点で瓦に対するメリットがあります。ガルバリウム鋼板は金属のため、断熱性や防音性を高める工事が必要になることがあります。このリフォーム工事の費用相場やカバー工法での費用相場を取り上げます。

  • 【監修者】株式会社フレッシュハウス 樋田明夫
  • この記事の監修者
    株式会社フレッシュハウス
    樋田明夫
    営業戦略室 室長

ガルバリウム鋼板の屋根へのリフォームの費用相場

屋根のリフォームをする際に屋根材としてガルバリウム鋼板を用いる方法があります。特に現在スレート屋根の住宅をリフォームする場合にはおすすめの材料です。

リフォームの工法や費用は現在の屋根の材料によって変わってきます。ガルバリウム鋼板を用いる屋根リフォームの費用相場はどの程度なのでしょうか。瓦屋根とスレート屋根それぞれの場合に分けてご紹介します。

屋根をガルバリウム鋼板にリフォームする価格や費用の相場は?

ガルバリウム鋼板の特徴とは?

外壁はもちろん屋根に使われることもあるガルバリウム鋼板とはどのようなものなのでしょうか。ガルバリウム鋼板の素材としての特徴をいくつか紹介していきます。

ガルバリウム鋼板は素材の耐久性が高いことが特徴として挙げられます。特に錆びに強いことが特徴であり、建材としての耐用年数と耐久性が極めて高い素材になります。ここで注意が必要な点があります。

情報によっては、ガルバリウム鋼板はメンテナンスフリーで半永久的、という表記を見かけることがありますが、メンテナンスは必要ですし、半永久的ではありませんので注意が必要です。

きちんとメンテナンスをすることで、耐久性を維持し、長い間健全な状態で維持することは可能です。

また、素材が軽いという点も特徴で、建材が軽い上に丈夫な素材ですので、耐震性能に関する負荷が軽くなります。

最近では、そのデザイン性も注目を集めています。他の外壁材などでは実現しにくい黒などの暗色カラーがあり、印象的な外観を演出することができます。また、加工も容易な点から重宝されています。

また、ガルバリウム鋼板はアルミめっき鋼板に相当するほどの耐熱性を持っています。本来黒色などにすると、日射熱で高温になり劣化するリスクが伴います。しかし、耐熱性が高い建材だからこそ暗色カラーも実現できています。

ガルバリウム鋼板屋根のメリットとデメリットは?

ガルバリウム鋼板屋根には様々なメリットとデメリットがあります。ガルバリウム鋼板屋根を検討する上で、これらのことを把握しておくことが重要となります。代表的なものをそれぞれ紹介していきます。

まずメリットについて紹介します。素材の特徴として錆びに強い点です。金属系サイディングの中でも、非常に錆びにくい素材として有名です。しかし、全く錆びないものではないので、定期的なメンテナンスを心掛けましょう。

ガルバリウム鋼板屋根のメリットとして、耐久性の高さも挙げられます。特に酸性雨に強く、トタン屋根と比較すると約3倍の耐久性があります。耐用年数としては約10年~約20年と言われています。

ここで間違えてほしくないのが、メンテナンスフリーではないということです。メンテナンスフリーと勘違いをしている方も多いと思いますが、そこまで強い素材ではありませんので、きちんと定期点検などを行うようにしましょう。

ガルバリウム鋼板屋根は、サイディングなどと比較して素材が軽くて丈夫なことが特徴としてあります。軽い理由は薄さ1mm~3mmと非常に薄い板で、屋根材として軽量ですので住宅の耐震性能の面で有利になります。

最近注目されているのが、ガルバリウム鋼板のデザイン性の高さです。他の建材では実現しにくい暗色カラーも豊富にあり、印象的な外観を演出することができます。デザインを好んで使う業者も増えています。

熱反射率と耐熱性が高いこともメリットの一つです。屋根材として日射熱反射率が高く、暑い季節には表面温度や屋内温度を抑えることができます。また、建材自体の耐熱性が高いので、劣化を抑えることができます。

ガルバリウム鋼板屋根のデメリットについて紹介していきます。一番気になる工事費用について、他の建材に比べると若干高めになります。施工する際に注意する点が多く、その分コストが高くなる傾向にあります。

メンテナンスの費用が割高になることもデメリットの一つと言えます。ガルバリウム鋼板は特性上、汚れが付着しづらい素材ですが、塗装も乗りづらいという点があります。

ですので、経験の少ない業者が塗装を行うと、数年で塗装が剥がれるという結果になることもあります。経験のある職人が手間をかけてメンテナンスをする必要があることが、メンテナンス費用が割高になる要因です。

ガルバリウム鋼板屋根にはメーカー保証が付いているケースが一般的です。しかし、その保証の前提条件が少し厳しい点が、デメリットとして挙げられます。保証内容には注意が必要となります。

代表的な例を紹介すると、台風などによる破損や施工会社の瑕疵が原因での塗膜の剥がれ、劣化などが保証の対象外となります。最も厳しいものでは、現場加工したガルバリウム鋼板については、保証対象外となる場合もあります。

メリットで紹介した錆びについても、全く錆びないわけではないという点です。錆びには強いですが、塩害や小さな傷から錆びが広がることがあります。これは定期的なメンテナンスで耐久性を維持するようにしましょう。

ガルバリウム鋼板のデザイン性は、好みが分かれてしまいます。トタンに近い建材になるので、見た目が安っぽく感じる方もいますので、建材の特徴として好みが分かれることを理解しておきましょう。

ガルバリウム鋼板屋根の使用を検討する場合は、これらのメリットとデメリットを理解して検討するようにしましょう。また、実際にガルバリウム鋼板屋根の住宅や外壁に使用している住宅を見学することをお勧めします。

ガルバリウム鋼板屋根は急勾配でも大丈夫?

ガルバリウム鋼板屋根は素材の特徴から屋根勾配の対応幅にも特徴があります。まず素材の特徴として水はけが良い点があります。屋根の葺き方によっても幅広い勾配に対応できますので、簡単に紹介していきます。

まずガルバリウム鋼板屋根は一般的に緩い勾配から急勾配まで対応することが可能な屋根材です。しかし、屋根の葺き方により変わってきますので、屋根の葺き方と屋根勾配について説明していきます。

屋根の葺き方には大きく2種類あります。「縦葺き」と「横葺き」です。縦葺きにも種類があり代表的なものとして、瓦棒葺きと立平葺きがあります。

これらの屋根の葺き方により対応できる屋根勾配も変わってきます。どこまで緩やかな勾配に対応しているかを紹介していきます。

縦葺き:0.5寸(5/100)勾配以上
横葺き:3.0寸(30/100)勾配以上

このようにガルバリウム鋼板屋根では縦葺きは勾配が緩やかでも工事が可能となります。

また、ガルバリウム鋼板屋根は急勾配の屋根にも対応可能です。ただし、緩やかな屋根に比べると施工面積が増えることもありますので、施工業者ときちんと打ち合わせを行うようにしましょう。

ガルバリウム鋼板屋根が使えない場所とは?

ガルバリウム鋼板屋根は、その素材の特徴から不向きな場所や条件がいくつかあります。場所だけではなくその他条件により多少異なりますが、ガルバリウム鋼板屋根を検討する際の参考のため紹介していきます。

まず、錆びに強いガルバリウム鋼板ですが、特に注意が必要なのが「塩害」です。塩害地域ではその他の地域に比べ、耐用年数が短くなる傾向にあります。ですので、海岸沿いや潮風がかかる地域では注意する必要があります。

一部製品によっては、海岸線から5km以内のエリアでのガルバリウム鋼板の使用について保証が付かない場合もあります。屋根など外装材としての保証は将来的にとても大切なものですので、施工をする際には確認することをお勧めします。

また、ガルバリウム鋼板の錆びの原因になるものに、排気ガスや鉄粉などがあります。ですので、例えば交通量の多い幹線道路沿いや高速道路付近、工業地帯などでガルバリウム鋼板屋根にすると、劣化が進みやすいリスクがあります。

これらの地域でも定期点検や水洗い、傷の補修、塗装メンテナンスなどを定期的に行うことで、耐久性を少しでも長く維持することが出来ますので、検討する際は業者と綿密に打ち合わせを行いましょう。

瓦屋根の場合の費用相場

現在瓦屋根の場合は既存の瓦を撤去する必要があります。その後、防水のためのルーフィングシートを敷き込みガルバリウム鋼板の屋根材を設置していきます。

それぞれの価格と費用相場を考えていきましょう。

それぞれの価格を1平方メートルあたりで考えると、瓦の撤去費用約2,000円〜約3,000円程度、ルーフィングシート約600円〜約900円程度、ガルバリウム鋼板(断熱材一体型)約6,000円〜約10,000円程度が相場です。

上記費用のほかに足場設置の費用、棟部分、軒先部分の板金費用などが必要となります。このような費用を合計しますと、通常の大きさの屋根で概ね約150万円〜約200万円程度の工事となります。

屋根瓦のリフォーム費用の無料見積もり比較はこちら>>

瓦屋根からのリフォームで注意すること

瓦屋根からガルバリウム鋼板の屋根へリフォームする際には瓦を撤去しますので、下地を確認することができます。

この時に下地の腐食や劣化が発見されることがあります。下地の修理はこのような時にしか行えませんので、ぜひこの機会に直しましょう。そのための補修費用も考慮に入れておきましょう。

また屋根の上に温水器やソーラーパネルを設置している場合にはその撤去費用や移設費用が必要となります。この点も考慮に入れておき、リフォーム会社によく相談しましょう。

スレート屋根の場合の費用相場

現在スレート屋根の場合は既存の屋根を撤去することなく、ガルバリウム鋼板を重ね張りをすることができます。このような工法をカバー工法と言います。

カバー工法では瓦撤去の費用が無くなりますので、そのための費用が必要ありません。また工期もその分短縮できます。通常の大きさの屋根で概ね約100万円〜約200万円程度がリフォーム費用の相場となるでしょう。

スレート屋根のリフォーム費用の無料見積もり比較はこちら>>

カバー工法によるリフォームで注意すること

カバー工法では既存のスレートを撤去しません。そのため下地が悪くなっていてもその部分を見逃してしまうことがあります。もしすでに雨漏りをしている場合にはリフォーム会社によく確認してもらいましょう。

また、既存のスレートの状態がひどく悪い場合には、既存スレート屋根の上からコンパネ板を重ね張りしてからアスファルトルーフィングを敷き込まなければならないこともあります。

これらの補修費用や追加費用が発生する可能性があることも考慮に入れておきましょう。

ガルバリウム鋼板の断熱性や防音性は

ガルバリウム鋼板屋根は簡単に言うと薄い金属の屋根となります。そのため基本的には断熱性能は低いものです。また家の中で雨音が気になることもあります。

これらの特徴からガルバリウム鋼板を用いて屋根リフォーム工事をする際には、断熱材一体型のガルバリウム鋼板を用いることをおすすめします。

断熱材一体型の材料は0.3mm〜0.4mmの金属に断熱材をサンドイッチしている材料です。この材料を用いると断熱効果と遮音効果を同時に得ることができます。

カバー工法でのリフォームでは屋根に新たに断熱材などを入れる工事をしませんので、断熱材一体型の材料を用いると良いでしょう。リフォームにおすすめの材料です。

断熱や防音の工事を同時にする場合

断熱材一体型ではないガルバリウム鋼板瓦を用いる際には、屋根下地に断熱材を設置する工事をお勧めします。断熱ボードを敷設する工事ですが、価格は概ね一坪あたり約3,000円〜約5,000円程度でしょう。

なお、屋根下地に敷設する方法の他に屋根裏に断熱材を敷きこむこともできます。この場合の価格相場は一坪あたり約6,000円〜約10,000円程度です。どちらの場合でも、費用の差は断熱材の性能の違いによって生じてきます。

断熱の工事をしますと、同時に防音効果も得ることができます。天井裏に断熱材を設置した場合よりも屋根下地に断熱ボードを設置した場合の方が高い防音効果を得ることができます。


ガルバリウム鋼板屋根のメンテナンス

ガルバリウム鋼板の屋根は基本的にあまり手がかかりません。しかしながら全くメンテナンスをしないと耐久性が落ちます。ガルバリウム鋼板屋根の最大の敵は錆びです。

錆びが生じてきたら確実に錆びを落として塗装をしないと錆びが広がっていきます。それで概ね約10年〜約15年程度経過した際には塗装工事が必要となります。

沿岸地域や酸性雨の酸性度合いが高い地域では、切り口や接合部、キズなどから錆びが出てきやすいので数年に一度屋根面のチェックをするとよいでしょう。

このメンテナンスをすることで錆びの発生を遅らせ耐久性を保たせることができます。

可能であれば高圧洗浄機を使って作業することをお勧めします。高所での作業が危険である場合にはリフォーム業者に相談してください。概ね約30,000円〜約40,000円程度で施工してもらえるでしょう。

屋根をガルバリウム鋼板にリフォームする価格や費用の相場は?

瓦屋根との比較

ガルバリウム鋼板と瓦にはどんな性能の違いがあるのでしょうか。

瓦の耐久性は約50年以上あると言われています。この点でガルバリウム鋼板は長くても約15年程度で塗装が必要となります。しかしながらガルバリウム鋼板は瓦と比較して圧倒的に軽く、地震に強い住宅となります。

またメンテナンス費用や雨漏りのリスクの点でも瓦よりガルバリウム鋼板の方が低くなります。

ガルバリウム鋼板屋根の工事業者選びについて

ガルバリウム鋼板屋根の工事業者選びについて、失敗しないためにも抑えておくべき大切なポイントを紹介していきます。

まずは、十分な施工実績のある工事業者を選ぶようにしましょう。特に地元で施工実績があるとベストです。また業者を決める際には、実際に施工した建物をいくつか案内してもらうことも重要なポイントです。

工事業者を選ぶポイントとして見積書の内容も確認するようにしましょう。業者によっては「工事一式」という見積書を提出する業者がいます。しかし、これはとても危険で、施工中や施工後にトラブルになるリスクがあります。

見積書の内容は詳細まで工事内容が記載され、それぞれに金額や数量、単価が記載されている見積書を提出してくれる業者を選択するようにしましょう。

ハピすむでは、無料見積もりから施工対応可能な業者選びまでサポートしていますので、お悩みの際はお気軽にご相談下さい。

後悔しないリフォームを

屋根のリフォームは何度もできるようなリフォームではありません。そのため後悔しない材料でリフォームをしましょう。

施工の良し悪しが雨漏りなどと直結しますので、安心できるリフォーム会社を選びましょう。

自分が住んでいる地域で屋根リフォームが得意なリフォーム会社を知りたい場合は、リフォーム会社紹介サービスを使うと良いでしょう。

リフォームをすることはそこまで多くはありません。失敗しない後悔しないためにも、専門家にアドバイスをもらうことをおすすめします。

リフォーム会社紹介サービスの「ハピすむ」は、お住まいの地域やリフォームのニーズを詳しく聞いた上で、適切で優良なリフォーム会社を紹介してくれます。

複数の大手リフォーム会社が加盟しており、高額のリフォームを検討している方も安心してご利用いただけます。

運営会社のエス・エム・エスは、東証一部上場企業なので、その点も安心です。

「ハピすむ」でリフォーム費用の無料見積もり比較をしてみる>>

屋根リフォームに対応する優良な会社を見つけるには?

ここまで説明してきた屋根リフォームは、あくまで一例となっています。

「費用・工事方法」は物件やリフォーム会社によって「大きく異なる」ことがあります。

そのとき大事なのが、複数社に見積もり依頼して必ず「比較検討」をするということ!

この記事で大体の予想がついた方は次のステップへ行きましょう!

「調べてみたもののどの会社が本当に信頼できるか分からない…」

「複数社に何回も同じ説明をするのが面倒くさい...。」

そんな方は、簡単に無料で比較見積もりが可能なサービスがありますので、ぜひご利用ください。

大手ハウスメーカーから地場の工務店まで全国1000社以上が加盟しており、屋根リフォームを検討している方も安心してご利用いただけます。

無料の見積もり比較はこちら>>

一生のうちにリフォームをする機会はそこまで多いものではありません。

後悔しない、失敗しないリフォームをするためにも、リフォーム会社選びは慎重に行いましょう!

この記事の監修者プロフィール

【監修者】株式会社フレッシュハウス 樋田明夫

株式会社フレッシュハウス

樋田明夫

フレッシュハウスでリフォームの営業担当を長年経験し、数々のリフォームコンテストでの受賞実績を持つ。現在はフレッシュハウス本社における営業戦略室の室長として、大規模リフォームから通常のリフォーム物件まで幅広く対応中。

一括見積もりを依頼する