1. ハピすむトップ
  2.  > 
  3. 屋根リフォーム
  4.  > 
  5. 屋根をガルバリウム鋼板にリフォームする価格や費用の相場は?

キーワードから探す


2018年12月26日更新

屋根をガルバリウム鋼板にリフォームする価格や費用の相場は?

ガルバリウム鋼板屋根は軽さやメンテナンス費用などの点で瓦に対するメリットがあります。ガルバリウム鋼板は金属のため、断熱性や防音性を高める工事が必要になることがあります。このリフォーム工事の費用相場やカバー工法での費用相場を取り上げます。

  • 【監修者】株式会社フレッシュハウス 樋田明夫
  • この記事の監修者
    株式会社フレッシュハウス
    樋田明夫
    営業戦略室 室長

ガルバリウム鋼板の屋根へのリフォームの費用相場

屋根のリフォームをする際に屋根材としてガルバリウム鋼板を用いる方法があります。特に現在スレート屋根の住宅をリフォームする場合にはおすすめの材料です。

リフォームの工法や費用は現在の屋根の材料によって変わってきます。ガルバリウム鋼板を用いる屋根リフォームの費用相場はどの程度なのでしょうか。瓦屋根とスレート屋根それぞれの場合に分けてご紹介します。

屋根をガルバリウム鋼板にリフォームする価格や費用の相場は?

現在瓦屋根の場合の費用相場

現在瓦屋根の場合は既存の瓦を撤去する必要があります。その後、防水のためのルーフィングシートを敷き込みガルバルウム鋼板の屋根材を設置していきます。

それぞれの価格と費用相場を考えていきましょう。

それぞれの価格を1平方メートルあたりで考えると、瓦の撤去費用約2,000〜3,000円程度、ルーフィングシート約600〜900円程度、ガルバリウム鋼板(断熱材一体型)約6,000〜10,000円程度が相場です。

上記費用のほかに足場設置の費用、棟部分、軒先部分の板金費用などが必要となります。このような費用を合計しますと、通常の大きさの屋根で概ね約150〜200万円程度の工事となります。

瓦屋根からのリフォームで注意すること

瓦屋根からガルバリウム鋼板の屋根へリフォームする際には瓦を撤去しますので、下地を確認することができます。

この時に下地の腐食や劣化が発見されることがあります。下地の修理はこのような時にしか行えませんので、ぜひこの機会に直しましょう。そのための補修費用も考慮に入れておきましょう。

また屋根の上に温水器やソーラーパネルを設置している場合にはその撤去費用や移設費用が必要となります。この点も考慮に入れておき、リフォーム会社によく相談しましょう。

現在スレート屋根の場合の費用相場

現在スレート屋根の場合は既存の屋根を撤去することなく、ガルバリウム鋼板を重ね張りをすることができます。このような工法をカバー工法と言います。

カバー工法では瓦撤去の費用が無くなりますので、そのための費用が必要ありません。また工期もその分短縮できます。通常の大きさの屋根で概ね約100〜200万円程度がリフォーム費用の相場となるでしょう。

カバー工法によるリフォームで注意すること

カバー工法では既存のスレートを撤去しません。そのため下地が悪くなっていてもその部分を見逃してしまうことがあります。もしすでに雨漏りをしている場合にはリフォーム会社によく確認してもらいましょう。

また、既存のスレートの状態がひどく悪い場合には、既存スレート屋根の上からコンパネ板を重ね張りしてからアスファルトルーフィングを敷き込まなければならないこともあります。

これらの補修費用や追加費用が発生する可能性があることも考慮に入れておきましょう。

ガルバリウム鋼板の断熱性や防音性は

ガルバリウム鋼板屋根は簡単に言うと薄い金属の屋根となります。そのため基本的には断熱性能は低いものです。また家の中で雨音が気になることもあります。

これらの特徴からガルバリウム鋼板を用いて屋根リフォーム工事をする際には、断熱材一体型のガルバリウム鋼板を用いることをおすすめします。

断熱材一体型の材料は0.3〜0.4mmの金属に断熱材をサンドイッチしている材料です。この材料を用いると断熱効果と遮音効果を同時に得ることができます。

カバー工法でのリフォームでは屋根に新たに断熱材などを入れる工事をしませんので、断熱材一体型の材料を用いると良いでしょう。リフォームにおすすめの材料です。

断熱や防音の工事を同時にする場合

断熱材一体型ではないガルバリウム鋼板瓦を用いる際には、屋根下地に断熱材を設置する工事をお勧めします。断熱ボードを敷設する工事ですが、価格は概ね一坪あたり約3,000〜5,000円程度でしょう。

なお、屋根下地に敷設する方法の他に屋根裏に断熱材を敷きこむこともできます。この場合の価格相場は一坪あたり約6,000〜10,000円程度です。どちらの場合でも、費用の差は断熱材の性能の違いによって生じてきます。

断熱の工事をしますと、同時に防音効果も得ることができます。天井裏に断熱材を設置した場合よりも屋根下地に断熱ボードを設置した場合の方が高い防音効果を得ることができます。


ガルバリウム鋼板屋根のメンテナンス

ガルバリウム鋼板の屋根は基本的にあまり手がかかりません。しかしながら全くメンテナンスをしないと耐久性が落ちます。ガルバリウム鋼板屋根の最大の敵はサビです。

サビが生じてきたら確実にサビを落として塗装をしないとサビが広がっていきます。それで概ね約10〜15年程度経過した際には塗装工事が必要となります。

沿岸地域や酸性雨の酸性度合いが高い地域では、切り口や接合部、キズなどからサビが出てきやすいので数年に一度屋根面のチェックをするとよいでしょう。

このメンテナンスをすることでサビの発生を遅らせ耐久性を保たせることができます。

可能であれば高圧洗浄機を使って作業することをお勧めします。高所での作業が危険である場合にはリフォーム業者に相談してください。概ね約30,000〜40,000円程度で施工してもらえるでしょう。

屋根をガルバリウム鋼板にリフォームする価格や費用の相場は?

瓦屋根との比較

ガルバリウム鋼板と瓦にはどんな性能の違いがあるのでしょうか。

瓦の耐久性は約50年以上あると言われています。この点でガルバリウム鋼板は長くても約15年程度で塗装が必要となります。しかしながらガルバリウム鋼板は瓦と比較して圧倒的に軽く、地震に強い住宅となります。

またメンテナンス費用や雨漏りのリスクの点でも瓦よりガルバリウム鋼板の方が低くなります。

後悔しないリフォームを

屋根のリフォームは何度もできるようなリフォームではありません。そのため後悔しない材料でリフォームをしましょう。

施工の良し悪しが雨漏りなどと直結しますので、安心できるリフォーム会社を選びましょう。

屋根リフォームに対応する優良な会社を見つけるには?

ここまで説明してきた屋根リフォームは、あくまで一例となっています。

「費用・工事方法」は物件やリフォーム会社によって「大きく異なる」ことがあります。

そのとき大事なのが、複数社に見積もり依頼して必ず「比較検討」をするということ!

この記事で大体の予想がついた方は次のステップへ行きましょう!

「調べてみたもののどの会社が本当に信頼できるか分からない…」

「複数社に何回も同じ説明をするのが面倒くさい...。」

そんな方は、簡単に無料で比較見積もりが可能なサービスがありますので、ぜひご利用ください。

大手ハウスメーカーから地場の工務店まで全国800社以上が加盟しており、屋根リフォームを検討している方も安心してご利用いただけます。

無料の見積もり比較はこちら>>

一生のうちにリフォームをする機会はそこまで多いものではありません。

後悔しない、失敗しないリフォームをするためにも、リフォーム会社選びは慎重に行いましょう!

一括見積もりを依頼する