1. ハピすむトップ
  2.  > 
  3. 屋根リフォーム
  4.  > 
  5. スレート屋根をカバー工法でリフォームする費用は?

キーワードから探す


2018年12月26日更新

スレート屋根をカバー工法でリフォームする費用は?

スレート屋根をリフォームする方法にはカバー工法という工法があります。この工法では既存のスレートを撤去することなく屋根をリフォームできます。さらに雨漏りの防止や断熱性能を上げる点でのメリットもあります。カバー工法のリフォーム費用や特徴を取り上げます。

  • 【監修者】株式会社フレッシュハウス 樋田明夫
  • この記事の監修者
    株式会社フレッシュハウス
    樋田明夫
    営業戦略室 室長

カバー工法について

スレート屋根で既存のスレートを撤去することなく、ガルバリウム鋼板の屋根材を重ね張りすることで屋根リフォームをする工法があります。このような工法をカバー工法と言います。

カバー工法では撤去工事がありませんので、アスベストを含むスレート瓦の場合は特に撤去処分費用を抑えたり、施工時間を短縮したりすることができます。また雨漏りを防いだり既存の屋根を長持ちさせたりするる点で塗装工事よりも効果的です。

見た目も新しい屋根のようになりますので工事後の満足感も高いリフォーム工事と言えます。

スレート屋根をカバー工法でリフォームする費用は?

カバー工法の費用

カバー工法でのリフォームではどの程度の費用が必要になるのでしょうか。この工事で必要な工種は主に足場設置、防水シート(ルーフィングシート)敷き込み、ガルバリウム鋼板屋根材の取り付けとなります。

これらの費用を合計しますと、通常の大きさの屋根で工事価格は概ね約150〜200万円程度の工事となります。では、それぞれの工種で必要な単価を見てみましょう。

足場設置の費用

足場は約40坪の住宅で、工事単価としては約20〜30万円程です。工事する部分は屋根の上だけですが、重い材料を上げる際の安全性や周囲の安全を確保するために必要となります。

注意点として、急勾配の屋根や3階建て以上の住宅は追加の費用が必要となる場合があります。この点はリフォーム会社の担当者に確認してください。

防水シートの費用

既存スレートの上に防水ルーフィングシートを敷きこんでいきます。この工事価格は1平方メートルあたり約600〜900円です。

防水ルーフィングはアスファルトルーフィングと呼ばれます。ルーフィングの中には材質の改良により、上から釘を打たれても釘穴に雨が漏れにくくなっている材質のものもあります。

そのような材料を用いる際には概ね約1割費用が上がります。予算と比べながら選択しましょう。

ガルバリウム鋼板の費用

ガルバリウム鋼板は大きく分けて2種類のものがあります。断熱材が入っていないものと、断熱材一体型です。現在、カバー工法によるリフォームでは断熱材一体型を用いることが主流となっています。

ガルバリウム鋼板(断熱材一体型)の工事単価は1平方メートルあたり約6,000〜10,000円が相場です。断熱材が入っていない材料でも材料の価格は約1割しか変わりません。

断熱材が入っている材料の方が断熱や遮音の観点からメリットが大きいので、1平方メートルあたりの費用としては高いものの快適性や将来的なメンテナンスを考えると、お得といえます。

さらに、棟部分や軒先部分の板金費用などが必要となります。これらの費用はそれぞれの屋根の形状によって異なります。必要となる長さが屋根形状によって大きく異なるからです。

スレート屋根をカバー工法でリフォームする費用は?

カバー工法によるリフォームで注意すること

カバー工法では既存のスレートを撤去しません。そのため下地が悪くなっていてもその部分を見逃してしまうことがあります。そのため、現在すでに雨漏りをしている場合にはリフォーム会社によく確認してもらいましょう。

また、既存のスレートの状態がひどく悪い場合には、既存スレート屋根の上からコンパネ板を重ね張りしてからアスファルトルーフィングを敷き込まなければならないこともあります。

コンパネ板を重ね張りするような大きな補修が必要となった場合、その費用は1平方メートルあたり約2,000〜3,000円でしょう。

これらの補修費用や雨漏り修理のための追加費用が発生する可能性があることも考慮に入れておきましょう。


葺き替えとカバー工法

スレートの屋根を葺き替えるのとカバー工法ではどちらが良いのでしょうか。

スレートの葺き替え工事ではスレートを撤去した際に、雨漏りや劣化の確認ができ必要であれば屋根下地を新しくできるというメリットがあります。

またこの先40年以上その住宅に住み続けたいという場合には、カバー工法ではなく葺き替えの方が良いかもしれません。

一方でカバー工法では工事価格の安さや断熱性能が上がる点などにメリットがあります。一般的に
ガルバリウム鋼板屋根自体の耐久性としては20年以上あると言われています。

約10年に一度の塗装や日頃のメンテナンスをしていくことで長く使っていくことができます。スレート屋根でも塗装のメンテナンスが必要であることを考えると、リフォームの際の工事価格の安さは大きなメリットと言えます。

葺き替えとカバー工法のどちらが良いのかは、それぞれの住み方や計画によっても変わってきます。ご自身の家庭にあったリフォームをしましょう。

屋根リフォームに対応する優良な会社を見つけるには?

ここまで説明してきた屋根リフォームは、あくまで一例となっています。

正確なリフォームの金額を知るためには、リフォーム前に「現地調査」を受ける必要があります。

そのとき大事なのが、複数社に見積もり依頼して必ず「比較検討」をするということ!

「調べてみたもののどの会社が本当に信頼できるか分からない…」

「複数社に何回も同じ説明をするのが面倒くさい...。」

そんな方は、簡単に無料で比較見積もりが可能なサービスがありますので、ぜひご利用ください。

大手ハウスメーカーから地場の工務店まで全国700社以上が加盟しており、屋根リフォームを検討している方も安心してご利用いただけます。

無料の見積もり比較はこちら>>

一生のうちにリフォームをする機会はそこまで多いものではありません。

後悔しない、失敗しないリフォームをするためにも、リフォーム会社選びは慎重に行いましょう!

一括見積もりを依頼する