1. ハピすむトップ
  2.  > 
  3. 費用を調べる
  4.  > 
  5. 屋根
  6.  > 
  7. 屋上の防水工事の費用や価格の相場は?

キーワードから探す


2018年12月27日更新

屋上の防水工事の費用や価格の相場は?

屋根や屋上の防水工事では、ウレタン塗料による塗装や、防水シートなどの工法がよく用いられますが、費用や工事内容がよくわからないとなかなか選ぶことができません。防水工事の相場と、各工法のメリットとデメリット、耐用年数についてご紹介します。

  • 【監修者】株式会社フレッシュハウス 樋田明夫
  • この記事の監修者
    株式会社フレッシュハウス
    樋田明夫
    営業戦略室 室長

防水工事にはどんなものがある?

屋上の防水工事は、防水シートの貼り付け、FRP工法、アスファルト工法、防水塗装が一般的です。

これらの工法には、それぞれ利点と欠点があり、メンテナンスの頻度や屋上の利用目的などに合わせて選ばなければあっという間に性能が低下して雨漏りなどのトラブルがおこってしまいます。

各工法の特徴をよく知り、より自宅の環境に合ったものを選びましょう。

ウレタン塗装による防水工事の特徴

比較的安価に施工でき、施工に時間もかからず、複雑な形状にも対応できるのがウレタン塗装です。

外壁塗装や塗装が必要な屋根材でよく使われているので、対応できる業者が多いのも利点でしょう。

リフォームで使用する場合は、まず下地として躯体のひび割れなどを補修し、プライマーという下地剤を塗った後にウレタン塗料を塗布していきます。

耐用年数は約10~12年、使用中に剥がれてしまったときには上からウレタン塗料を塗り重ねることで簡単に補修できるため、メンテナンスにあまり手間がかからないのも利点です。

防水層となるウレタンの強度や劣化を防ぐためにトップコートを施工し、5年程度でトップコートを塗りなおすことで耐久性を上げる事ができるでしょう。

ただ、強度的にはやはり少々不安が残りますし、頻繁に人が出入りする場合や、重量物を移動させる場合には耐用年数より短い期間で再塗装が必要となる可能性もあります。

耐用年数が近い場合でも、塗膜に問題が無いようなら洗浄後に重ね塗りを行うことで強度と工事期間の短縮を図ることができるので、コストパフォーマンスの良い防水工事といえるでしょう。

屋上の防水工事の費用や価格の相場は?

防水シートによる防水工事の特徴

こちらは塩化ビニール製のシートを専用の接着剤で貼り付けていく工法です。

シートはある程度の強度と厚みがあり、多少の歩行では殆ど痛みませんが、やはり重量物などには弱いので注意しなければいけません。

また、シートに隙間ができたりしわができると防水性能を十分に発揮できないため、施工には高い技術が必要となります。

耐用年数はウレタン塗装と同じく約10年~12年。

もし破損した場合には上からゴムシートを上貼りして対処できますが、見た目が悪くなるため、できる限り痛めないように気を遣いましょう。

耐用年数が過ぎてしまうと、シートを一度剥がしてから新しいシートに貼り替えなければいけません。

どうしても貼りかえ工事となると時間がかかってしまうのが難点です。

FRPによる防水工事の特徴

こちらはガラス繊維でできたマットに樹脂を染みこませながら貼り付けていき、最後にトップコートで仕上げる工法です。

樹脂とガラス繊維によって強力な層が作られるため、重量物が頻繁に通るような環境でも破損しにくいのが特徴といえます。

ただ、耐用年数はやや短く、約10年程度でリフォームしなければいけません。

しかし、FRPは剥がして張り直すのでは無く上貼りをすることができるため、劣化度合いによっては楽に施工できます。

下地の状況によってはやり直しも視野に入れなければなりませんので劣化の状態を見極めることが必要となります。

また、軽量なので地震対策としてもおすすめの防水工事です。

アスファルトによる防水工事の特徴

こちらはあまりリフォームでは使われない工法です。

主に新築でよく使われており、化学繊維でできたマットにアスファルト樹脂を浸透させたものを貼り付けていきます。

道路工事でアスファルトを敷設するのと同じく、熱を加えてアスファルトを溶かしながら作業する必要があるため、どうしても臭いや煙が出てしまうのが難点。

防水性が高く、耐用年数も約20年と優れた工法ではありますが、施工の際の臭いや煙、防水層そのものの重さが気になりますので、木造の家屋ではほとんど採用されていません。

防水性だけでみた場合、アスファルトは4つの中で最も効果的ですので、安心して屋上を利用したいという方におすすめです。

こちらも防水シートと同じく重ね張りができますが、やや厚めなので複数回の重ね張りを行うと層が分厚くなりすぎ、施工に影響を及ぼす可能性があります。

アスファルトの場合は重ね張りを3~4回行うたびに一度全て剥がして貼りかえるようにすると良いでしょう。


防水工事にかかる費用

屋上の防水工事では、一般的な屋根のリフォームと違い、足場が必要ありません。

そのため、洗浄及び下地作りの費用と材料の価格がわかればある程度費用を計算することができます。

各工法別に、工事の価格と内訳について調査しました。

ウレタン塗装にかかる費用

ウレタン塗装で防水工事を行う際にかかる費用は、塗料代が平米あたり約3,000円、洗浄費が約30,000円、下地にかかる費用は元々の防水加工にもよりますが、補修なら1平米約2,000円、調整だけなら1平米約700円です。

80平米程度の屋上に施工する場合の費用は約650,000円、シーリングの状態や躯体の状態によってはもう少し費用がかかります。

防水シートの施工費用

防水シートの場合も、塗装と同じく洗浄が約30,000円、下地作りもひび割れなどの補修が約2,000円、調整が約700円となります。

貼り付けにかかる費用は材料費、工賃込みで約450,000円。

壁際に雨の浸入を防ぐパーツを取り付ける場合には、1カ所あたり約15,000円かかりますが、通常のシーリングによる防水に比べ、耐久性が向上するのでおすすめです。

工事費用は合計で約700,000円が相場となります。

屋上の防水工事の費用や価格の相場は?

FRPによる防水工事の施工費用

FRP場合についても高圧洗浄と下地の補修は欠かせません。

ただ、FRPの施工については上の2つのものと比べてもやや割高で、約750,000円が相場になります。

重ね張りできるのでメンテナンスにかかる時間を短くできますが、1度剥がして新しく施工する場合には、元々の防水面の処理に処分費として約2万円程度必要です。

アスファルト工法にかかる費用

こちらは施工価格が約800,000円、これに足場代と洗浄費が追加され、合計で約900,000円程度が相場です。

全体でみるとやや割高に感じるかも知れませんが、耐用年数が他の防水工事に比べ、倍近い長さとなっているので、長い目で見れば総費用があまりかかりません。

ただ、基本的に新築に使用する防水工事ですので、リフォームとなると対応してくれる業者が見つけにくいという問題もあります。

屋根リフォームに対応する優良な会社を見つけるには?

ここまで説明してきた屋根リフォームは、あくまで一例となっています。

正確なリフォームの金額を知るためには、リフォーム前に「現地調査」を受ける必要があります。

そのとき大事なのが、複数社に見積もり依頼して必ず「比較検討」をするということ!

「調べてみたもののどの会社が本当に信頼できるか分からない…」

「複数社に何回も同じ説明をするのが面倒くさい...。」

そんな方は、簡単に無料で比較見積もりが可能なサービスがありますので、ぜひご利用ください。

大手ハウスメーカーから地場の工務店まで全国700社以上が加盟しており、屋根リフォームを検討している方も安心してご利用いただけます。

無料の見積もり比較はこちら>>

一生のうちにリフォームをする機会はそこまで多いものではありません。

後悔しない、失敗しないリフォームをするためにも、リフォーム会社選びは慎重に行いましょう!