1. ハピすむトップ
  2.  > 
  3. 屋根リフォーム
  4.  > 
  5. 屋根を塗装するリフォームのメリットは?

キーワードから探す


2018年12月29日更新

屋根を塗装するリフォームのメリットは?

屋根は家を守ってくれる大切な部位です。屋根の経年劣化は外構の中でも気付きにくい場所ですね。剥がれたり腐蝕することを未然に防ぐためには、定期的な塗装が有効的。屋根を塗装するメリットや、塗料の種類や効果をご紹介します。

  • 【監修者】下久保彰
  • この記事の監修者
    下久保彰
    二級建築設計事務所経営30年

屋根は専門業者による定期的な点検とリフォームが必要

屋根は目が行き届かない場所なので見逃しがちですが、腐食や剥離などの経年劣化が起きる可能性を頭の中に入れておかなければなりません。

劣化した状態で放っておくと、雨漏りの原因になったり地震や台風で剥がれ落ちる危険性もでてきます。屋根を長持ちさせるためにも、専門業者による定期的な点検とリフォームが必要です。

屋根のリフォーム方法は、屋根材を取り替える「葺き替え」、カバー工法による「重ね葺き」、塗料を使用した「塗装」の3通りがあります。

塗装は屋根にとって有効的なメンテナンス方法です。定期的に塗装することで屋根を長持ちさせることができるのです。

屋根を塗装するリフォームのメリットは?

屋根を塗装するリフォームのメリット

屋根を葺き替えたりカバー工法で重ね葺きをすると新築の屋根のようになりますが、材料費や工事費用もそれなりにかかってしまいます。その点、塗装によるリフォームはきれいになる上、費用を抑えられるメリットがあります。

塗装は美観目的だけではありません。屋根の表面を保護し耐久性を高めて経年劣化を防いでくれます。シリコン塗料の場合は一般的に10年に一度、塗り替えをすることが望ましいとされています。

劣化が進んで修理不可能な状態になれば、屋根全体の葺き替えや重ね張りを余儀なくされます。大事に至る前に、定期的な塗装で屋根を長持ちさせましょう。

ただし粘土系の瓦は塗装の必要がありません。粘土系の瓦とは日本家屋に使われているような焼きものの瓦で、表面に釉薬を塗る釉薬瓦と、釉薬を塗らずに焼き上げるいぶし瓦や素焼瓦があります。

表面がガラス質にコーティングされる釉薬瓦は、雨が染み込まず耐久性に優れているので瓦自体は100年でも持ちますが、福資材の漆喰や水切り板金などは約10年毎の点検メンテナンスは必要です。

リフォームに比べれば少ない費用(約5万~10万円)で維持管理できます。

屋根のリフォーム事例の費用比較

外構リフォーム業者による施工事例より、塗装・重ね葺き・葺き替えのリフォーム費用を比較してみましょう。

100平方メートルスレート屋根にシリコン塗料を塗装
リフォーム費用:約43万円前後(仮設足場工事・高圧洗浄・下塗り・上塗り等)

85平方メートルのコロニアル屋根にガルバリウム鋼板をカバー工法で重ね葺き
リフォーム費用:約85万円(仮設足場工事・材料費・本体工事等)

85平方メートルのコロニアル屋根をガルバリウム鋼板に葺き替え
リフォーム費用:約120万円(仮設足場工事・既存屋根撤去工事・材料費・本体工事等)

リフォーム事例からも、費用の差が歴然としますね。


屋根を塗装するリフォームのデメリット

屋根をリフォームする方法として、葺き替えや重ね張りに比べて塗装はリーズナブルですが、定期的(約8年~15年に1度)に行わなければならない点がデメリットかもしれません。

塗装の耐久性は塗料の種類によって変わってきます。一般的に価格の安い塗料は高い塗料よりも耐用年数が短く数年ごとに塗り替えが必要ですが、耐用年数の長いハイグレードの塗料ならリフォーム周期も長くなります。

外壁のように塗装面積が広い場合は塗料の価格が大きく影響しますが、屋根のみの塗装なら価格の高い塗料で塗り替えたとしても、葺き替えリフォームほどの費用にはならないでしょう。

屋根を塗装する塗料の種類

屋根を塗装する塗料は、主にウレタン系、シリコン系、ラジカル系、フッ素系、無機系があり、次世代塗料と呼ばれる機能性塗料には、遮熱塗料や光触媒塗料などがあります。

屋根を塗装するリフォームのメリットは?

ウレタン塗料

塗膜が柔らかく下地との密着性に優れています。価格は安いけれど耐用年数が約8~10年と短く、最近ではシリコン塗料の価格が下がってきたこともあり、ウレタン塗料の使用は減ってきたようです。

シリコン塗料

アクリルベースの塗料の中にシリコンが入った塗料です。カラーバリエーションが豊富で艶もあり、耐用年数は約10~15年でコストパフォーマンスが良いことから、現在最も主流となっている塗料です。

ラジカル塗料

塗膜の劣化原因になるラジカルの発生を抑制する効果があり、耐用年数は約12~15年とされています。近年開発されたばかりの注目の塗料です。

フッ素塗料

高価ですが耐久性に優れています。耐用年数は約15~20年です。屋根は外壁より劣化が早いことや、外壁に比べ面積が小さくなることから、屋根をフッ素塗料、外壁をシリコン塗料、と使い分けるケースもあります。

無機塗料

現在最も耐久性の高い塗料で、耐用年数は20年を越えると言われています。石やガラス、鉱石などの炭素を含まない無機物を混ぜたハイブリッド塗料で、塗膜の最大の劣化原因である紫外線から屋根を守ります。

とても高価でシリコン塗料の倍ぐらいの価格です。

遮熱塗料

遮熱塗料はシリコン塗料の一種です。太陽熱を反射させて屋根の温度上昇を抑制し、省エネ効果に繋がります。耐用年数は約15~20年です。

価格は高くなりますが、塗料メーカーのエスケー化研によると、真夏の屋根の表面温度は約マイナス20度、室温は約マイナス2度低減する効果があるとされています。

光触媒塗料

光触媒塗料は、太陽の力で汚れを分解し浮き上がらせ、雨で洗い流すセルフクリーニング効果のある次世代塗料です。耐用年数は約10~15年。価格が高いことが欠点です。

点検は早めに

高品位の塗料の耐用年数は大変長くなりましたが、住宅の立地、環境や他の部材(サッシ・雨樋・天窓・ソーラーパネルなど)との接合部など劣化促進のリスクは多々あります。

少なくても10年に1度の点検はやっておくべきでしょう。

屋根リフォームに対応する優良な会社を見つけるには?

ここまで説明してきた屋根リフォームは、あくまで一例となっています。

「費用・工事方法」は物件やリフォーム会社によって「大きく異なる」ことがあります。

そのとき大事なのが、複数社に見積もり依頼して必ず「比較検討」をするということ!

この記事で大体の予想がついた方は次のステップへ行きましょう!

「調べてみたもののどの会社が本当に信頼できるか分からない…」

「複数社に何回も同じ説明をするのが面倒くさい...。」

そんな方は、簡単に無料で比較見積もりが可能なサービスがありますので、ぜひご利用ください。

大手ハウスメーカーから地場の工務店まで全国800社以上が加盟しており、屋根リフォームを検討している方も安心してご利用いただけます。

無料の見積もり比較はこちら>>

一生のうちにリフォームをする機会はそこまで多いものではありません。

後悔しない、失敗しないリフォームをするためにも、リフォーム会社選びは慎重に行いましょう!

一括見積もりを依頼する