1. ハピすむトップ
  2.  > 
  3. 屋根リフォーム
  4.  > 
  5. 招き屋根・差し掛け屋根のメリット・デメリットとは?

キーワードから探す


2018年12月29日更新

招き屋根・差し掛け屋根のメリット・デメリットとは?

住宅の屋根形状はさまざまですが、招き屋根(差し掛け屋根)の人気が高まっているようです。招き屋根はなぜ人気となっているのでしょうか?招き屋根の特徴と家屋の屋根を招き屋根にする場合のメリットとデメリットについてご紹介していきます。

  • 【監修者】下久保彰
  • この記事の監修者
    下久保彰
    二級建築設計事務所経営30年

招き屋根とはどのような屋根の形状なのか?

招き屋根・差し掛け屋根のメリット・デメリットとは?

招き屋根とは、差し掛け屋根ともいい、切妻屋根の片方の屋根面を伸ばし、反対側の屋根面を短くしずらして段違いにした形状の屋根のことです。

片方の短い屋根上部に壁を作るので屋根裏空間が広くなることで、さまざまなメリットがあるとして人気となっています。


招き屋根のメリットとデメリット

一般家屋に多く用いられている切妻屋根や陸屋根などの屋根形状と比較した場合、招き屋根にはどのようなメリットやデメリットがあるのでしょうか?

耐久性や機能性、形状などの面から招き屋根のメリットとデメリットを見てみましょう。

招き屋根のメリットとは

招き屋根、差し掛け屋根のメリットは、屋根と屋根の間に壁を作ることができるため、天窓のような雨漏りのリスクを抑えて採光窓を取り付けられることです。

また、広い屋根と狭い屋根の組み合わせのため、日当たりの良い方角に広い屋根を設置することにより、太陽光発電パネルの効率を高めることができます。

その他にも、施工費用が比較的安価、陸屋根に比べて風に強い、屋根裏の断熱性、通気性に優れているといった機能性の高さが招き屋根のメリットです。

招き屋根のデメリットとは

招き屋根・差し掛け屋根のメリット・デメリットとは?

招き屋根そのものの耐久性は高いのですが、下側の屋根が壁から直接出る形状となるため、この部分の雨仕舞いが不十分だった場合に雨漏りが起こりやすくなります。

そのため、施工の際に雨仕舞いを十分に強化するよう依頼しておけば、特に屋根の形状によるトラブルは起こらないでしょう。

機能性を重視した家づくりをお考えなら、機能性がと耐久性に優れた招き屋根がおすすめです。

雨漏りが発生した場合の対処法

差し掛け屋根の雨仕舞いから雨漏りが発生した場合、原因が施工ミスによるものだった場合については、施工した会社が加入している保険やリフォーム会社の保証によって修理を受けることができます。

しかし、建築後にある程度時間が経ち、経年劣化などによる理由で雨漏りが起こった場合には補償を受けることができません。

一方で、築年数が経っていても台風や地震によって雨仕舞いが破損して雨漏りが発生した場合については、風災害対応の火災保険なら補償を受けることができます。

もし台風や地震の後に雨漏りが起こった場合には、保険会社に問い合わせて調査を依頼すると良いでしょう。

屋根リフォームに対応する優良な会社を見つけるには?

ここまで説明してきた屋根リフォームは、あくまで一例となっています。

「費用・工事方法」は物件やリフォーム会社によって「大きく異なる」ことがあります。

そのとき大事なのが、複数社に見積もり依頼して必ず「比較検討」をするということ!

この記事で大体の予想がついた方は次のステップへ行きましょう!

「調べてみたもののどの会社が本当に信頼できるか分からない…」

「複数社に何回も同じ説明をするのが面倒くさい...。」

そんな方は、簡単に無料で比較見積もりが可能なサービスがありますので、ぜひご利用ください。

大手ハウスメーカーから地場の工務店まで全国800社以上が加盟しており、屋根リフォームを検討している方も安心してご利用いただけます。

無料の見積もり比較はこちら>>

一生のうちにリフォームをする機会はそこまで多いものではありません。

後悔しない、失敗しないリフォームをするためにも、リフォーム会社選びは慎重に行いましょう!

一括見積もりを依頼する