1. ハピすむトップ
  2.  > 
  3. 断熱リフォーム
  4.  > 
  5. 壁断熱リフォームにかかる費用は?工事の方法やコストダウンのコツも大公開

キーワードから探す


2019年02月04日更新

壁断熱リフォームにかかる費用は?工事の方法やコストダウンのコツも大公開

住宅の外壁をリフォームすることで、光熱費の削減や夏場や冬場の快適性が向上しますが、費用はどの程度かかるのでしょうか?壁断熱リフォームの方法と施工による効果、施工の際にかかる費用の詳細、コストダウンのコツなどについてご紹介します。

  • 【監修者】株式会社フレッシュハウス 樋田明夫
  • この記事の監修者
    株式会社フレッシュハウス
    樋田明夫
    営業戦略室 室長

壁の断熱リフォームで快適空間

壁断熱リフォームにかかる費用は?工事の方法やコストダウンのコツも大公開

 
壁の断熱リフォームでは、住宅の内側と外側に伝わる熱を遮ることで、冬は暖かく、夏は涼しい家にすることができます。

屋外と屋内で熱の移動が抑えられるため、外気温によって変化する室温を空調で調整する必要がなくなり、真夏や真冬の光熱費を抑えることができるでしょう。
 

どこを断熱する?

壁断熱リフォームでは工事方法にいくつかの種類があります。

ひとつめはリビングなどの一部の部屋に断熱を施す局所断熱です。

局所断熱では、費用や工期を抑えつつ快適な部屋を作ることができますが、断熱が施されていない場所に移動すると断熱の効果を得ることができません。その温度差によりヒートショックなどをおこす場合もありますので慎重に計画する事が必要です。

ふたつめは、局所断熱とは逆に建物全体に断熱を施す全体断熱です。

全体断熱では、家全体に断熱を施すことにより、屋内のどこに移動しても断熱の効果が得られます。

しかし、家全体に断熱を施すためには、外壁や屋根、内壁部分など、建物のほぼ全ての部位にリフォームを施さなければなりません。

そのため、どうしても施工費用や、施工期間といったコスト面の負担が大きいのが全体断熱のデメリットと言えます。

局所断熱では利便性、全体断熱ではコストや手間が問題になりますが、これらのデメリットをできるだけ抑えつつ住居に断熱を施すことはできるのでしょうか?

部分断熱と全体断熱のデメリットをできるだけ抑えられる工法に、ゾーン断熱というものがあります。

ゾーン断熱とは、生活の中で移動する機会が多いリビングやキッチン、水回りのみを断熱する工法で、費用と工期といった全体断熱のデメリットを軽減することが可能です。

また、部分断熱に比べて広い範囲に断熱を施すため、日常生活で不便に感じにくいというメリットもあります。

さらに、ゾーン断熱では室内の一部エリアのみに断熱リフォームを行うため、工事を行わない部屋についてはそのまま住みつづけることができ、引っ越し等の手間がかかりません。
 



断熱リフォーム工事とその費用

 
断熱リフォームではどのような工事が行われるのでしょうか?

住宅内部から工事を行う場合と、外部に工事を行う場合についてご紹介します。
 

内側から断熱する場合の工事方法

住宅の内部から断熱工事を行う場合は、クロスや内装下地を解体し、壁内部の空間に断熱フォームを詰めたり、断熱ウレタン材を噴霧器で吹き付けるというような工事となります。

この工法では、内壁部分を解体するため、廃材の撤去費用及び床面の養生、新しい内壁材の施工費用などがかかるのですが、室内での工事のみとなるため、近隣地域へのホコリや塗料の飛散も少なくて済み、騒音といった問題が起こりにくくなります。

断熱リフォームの施工にかかる費用の相場

施工費用については、内壁に断熱材を追加する工事が1平方メートルあたり約10,000円、天井や床下に関しては、天井裏や床下から直接施工でき、解体作業が必要ないため、1平方メートルあたり約5,000円が相場です。

また、内壁に断熱パネルを貼り付けるという施工方法もあり、こちらは1平方メートルあたり約4,000円が目安となります。
 

外壁を断熱する場合の工事方法

壁断熱リフォームにかかる費用は?工事の方法やコストダウンのコツも大公開

 
住宅の外部、外壁や屋根を断熱する場合は、内壁の場合と同じように外壁を外して断熱材を充填したり、外壁に断熱パネルを追加したりするという形になります。

費用は断熱材を内部に設置する場合で1平方メートルあたり約9,000円から、断熱パネルについては、1平方メートルあたり約7,000円からが目安です。

屋根については屋根材の交換や追加という形になり、葺き替えなら1平方メートルあたり約1万円からとなります。

また、既存の屋根材に新しい屋根材を重ねるカバー工法なら解体費用が必要ありませんので、1平方メートルあたり約7,000円からが相場です。

その他にも、外壁や屋根に高性能な断熱塗料を塗布する方法もあり、こちらは1平方メートルあたり約15,000円が相場となります。

費用や工期などを考えると塗装による断熱が優位ですが、壁などの内部に断熱材を設置した方が長期的なコストは抑えられるため、建て直しやリフォームなどのタイミングに合わせて工事方法を選ぶと良いでしょう。
 

コストを抑えるコツ

 
住宅の断熱リフォームについては、壁だけを断熱するのではなく、窓やドアなども同時に断熱すればより断熱の効果が得やすくなり、光熱費をさらに抑えることができます。特にガラスなどだけで外界と接している窓は熱が逃げる量も多く、ガラス部分をペアガラスにしたり、サッシを2重にしたりすると熱の逃げる分量を抑えられます。

壁以外の部位についても同時に施工すれば、別々でリフォームする場合よりも足場や解体費用などの共通した費用を削減することができるため、コストダウンにも繋がるでしょう。

工事方法によるコストダウン以外にも、国による住宅エコ補助金制度の活用も効果的です。

この制度は窓枠や壁、天井、床などの断熱工事にかかる費用を一部助成する制度で、2018年6月現在では、施工費用の3分の1、最大120万円が助成されます。

さらに、次世代建材に指定されている蓄熱素材や高断熱パネル、調湿建材を用いた場合には、補助金の金額が変わり、費用の半額、最大200万円まで補助を受けることができるのです。

また、各自治体によって独自の断熱リフォームに関する補助金制度が実施されている場合もあります。

これらの補助金制度については、どちらかの制度を利用すると別の制度の利用ができないことが多く、助成件数についても上限が定められている点には注意が必要です。

申請や助成金額など、についてもっと詳しく知りたいという方は、お住まいの地域の役所に相談してみると良いでしょう。
 

断熱リフォームに対応する優良な会社を見つけるには?

ここまで説明してきた断熱リフォームは、あくまで一例となっています。

正確なリフォームの金額を知るためには、リフォーム前に「現地調査」を受ける必要があります。

そのとき大事なのが、複数社に見積もり依頼して必ず「比較検討」をするということ!

「調べてみたもののどの会社が本当に信頼できるか分からない…」

「複数社に何回も同じ説明をするのが面倒くさい...。」

そんな方は、簡単に無料で比較見積もりが可能なサービスがありますので、ぜひご利用ください。

大手ハウスメーカーから地場の工務店まで全国700社以上が加盟しており、断熱リフォームを検討している方も安心してご利用いただけます。

無料の見積もり比較はこちら>>

一生のうちにリフォームをする機会はそこまで多いものではありません。

後悔しない、失敗しないリフォームをするためにも、リフォーム会社選びは慎重に行いましょう!

一括見積もりを依頼する