1. ハピすむトップ
  2.  > 
  3. トイレリフォーム
  4.  > 
  5. トイレの増設や増築リフォームにかかる費用は?

キーワードから探す


2020年08月20日更新

トイレの増設や増築リフォームにかかる費用は?

同じトイレの増設リフォームでも、行う工事の種類や、発生する付随工事の数によって、合計金額が異なります。今回は、2階、マンション、バリアフリーなど、様々なトイレ増設リフォームにかかる費用の相場について解説します。

  • 【監修者】ディバルコンサルタント株式会社 代表 明堂浩治
  • この記事の監修者
    ディバルコンサルタント株式会社
    明堂浩治
    大手建設会社20年勤務

トイレを増設するリフォームの費用相場は?

トイレの増設リフォームは、工事の内容や設置する場所によって費用の相場が異なります。

トイレの増設や増築リフォームにかかる費用は?

工事の種類ごとの相場を知るためにも、まずは、トイレ増設リフォームの基本的な費用を把握しておきましょう。

トイレ増設で基本的に発生する費用

個室のトイレを増設リフォームする場合は、トイレの本体価格と設置費用だけでなく、壁の解体・設置、クロス・床材張替え、照明器具の設置、電気や排水管の配線工事、それに伴う廃材処分など、様々な費用が発生します。

・トイレの本体価格:約10万円
・トイレの設置費用:約10万円
・壁の解体・設置費用:約20万円
・壁クロス張替え:約5万円
・床材張替え:約3万円
・照明器具の取り付け費用:約5万円
・電気配線工事費用:約3万円
・給排水管工事費用:約5万円
・廃材処分費用:約8万円

合計:約70万円

トイレの増設にかかる費用のうち、トイレの本体価格や設置費用はリフォーム会社によって相場が異なります。

また、電気配線工事や給排水管工事を下請け業者に依頼する会社であれば、相場以上の料金になることがあります。

トイレの増設リフォームを行う場合は、自社で一貫して工事を行い、かつトイレの施行経験が豊富なリフォーム会社を探すと良いでしょう。

ちなみに、トイレの増設リフォームの工期は、壁の解体や新設など大掛かりな作業を伴うため、約5日は必要です。

トイレ増設にかかる費用の無料見積もり比較はこちらから>>

トイレ増設に伴う付随工事の費用

トイレ増設には、以下のような付随工事の金額がプラスされることも、前もって予想しておきましょう。

手洗い場の増設

増設したトイレの近くに手洗い場がない、または、便器の後部に手洗いがないタンクレストイレを設置する場合は、トイレの室内や出口周辺に簡単な手洗い場を設ける必要があります。

トイレの増設や増築リフォームにかかる費用は?

・手洗い場の増設費用:約10万円

床下の補修工事

床下に、シロアリ被害や湿気による腐食が発生している場合は、補修工事が発生します。

特に、トイレなどの水回り機器を設置した床下は劣化しやすいため、リフォームの際に点検・補修をしっかり行っておきましょう。

・床下補修工事費用:約5~10万円

給排水管の延長工事

トイレを増設する位置によっては、トイレまで給排水管を大きく延ばす工事が発生します。排水管を延ばすと、床下などの防水処理や、水流を増すためのポンプの追加などが発生し、その分料金も高額になります。

・給排水管の延長工事費用:
10メートルまで:約10万円
20メートルまで:約20万円

2階にトイレを増設するリフォーム

2階にトイレを増設する場合は、給排水管を横に延長する工事の有無で費用が大きく異なります。

既存の1階トイレの真上にトイレを増設した場合は、給排水管を上に横に延ばすだけで良く、横に延長する必要がないため、工事費も大きく増えることはありません。

トイレの増設や増築リフォームにかかる費用は?

しかし、間取りに制約がある場合など、やむを得ず1階のトイレから離れた位置に設けなくてはならないときは、給排水管の延長工事、さらに階下への水漏れを防ぐための防水工事が発生し、費用はやや高額になります。

2階にトイレを増設するリフォームの費用相場

・基本的なトイレ増設費用:約70万円
・給排水管延長工事費用:約10~20万円
・防水工事費用:約5万円

合計:約90万円

2階にトイレを増設する際のリフォーム費用はこちら>>

2階のトイレ増設費用を抑える方法

押し入れやクローゼットなど既にあるスペースを利用すると、壁の撤去や増設が不要になり、工事費用を抑えることができます。

このとき、できるだけ給排水管の近くにあるスペースを使うことで、給排水管の延長工事の料金も省くことができますので、合計金額は約60万円程度に収まります。

トイレの増設工事が得意なリフォーム会社を探すには

自分が住んでいる地域でトイレの増設工事を得意としているリフォーム会社を知りたい場合は、リフォーム会社紹介サービスを使うと良いでしょう。

リフォーム会社紹介サービスの「ハピすむ」は、お住まいの地域やリフォームのニーズを詳しく聞いた上で、適切で優良なリフォーム会社を紹介してくれます。

運営会社のエス・エム・エスは、東証一部上場企業なので、安心してご利用いただけます。

無料の比較見積もりはこちらから


バリアフリーリフォームに伴うトイレの増設

生活に欠かせないトイレは、バリアフリーリフォームの需要も高い箇所です。新たに増設するトイレをバリアフリー化する場合は、バリアフリーパーツに応じた費用が必要です。

バリアフリーパーツには、足腰の弱い方でもトイレの利用が楽になる、介護用のリフトや手すりなどがあります。

トイレの増設や増築リフォームにかかる費用は?

あるいは、和式から洋式トイレへの変更も、代表的なトイレのバリアフリーリフォームです。

和式トイレは、介護が不要で足腰がしっかりしている方でも、しゃがんだ姿勢から立ち上がるときに血圧が急上昇する恐れがあります。

そのほか、便器までの段差の昇り降りが足腰への負担となり、ケガや転倒の恐れがありますので、増設の際は洋式を選んでおくことをおすすめします。

また、これらに追加して、軽い力で開け閉めできるように、開き戸を引き戸にしたり、開口部の段差を解消したりといった、トイレの出入り口付近のバリアフリーリフォームもおすすめです。

バリアフリーリフォームの例と費用

・和式トイレを撤去して洋式トイレを増設:約80万円
・手すりの取り付け:約5~15万円
・介護用トイレリフトの設置:約20万円
・開き戸を引き戸に変更:約15万円
・入口の段差解消:約10万円

バリアフリーリフォームの費用はこちら>>

部屋にトイレを増築する費用

車椅子の移動に配慮して、洗面所などの広い部屋に、新たにトイレのみを増設するバリアフリーリフォームもあります。

トイレの増設や増築リフォームにかかる費用は?

この場合は、室内に便器を設置する簡単な工事のみで、壁の解体・設置やクロス張替えなどの工事を伴いません。

しかし、床や壁の穴あけ工事が必要となるほか、他のトイレ増設と同じく、設置位置によっては給排水管の延長工事費用が必要です。

・トイレの本体価格:約10万円
・トイレの設置費用:約10万円
・壁クロス張替え:約5万円
・床または壁の穴あけ工事費用:約5万円
・床材張替え:約3万円
・照明器具の取り付け費用:約5万円
・電気配線工事費用:約3万円
・給排水管工事費用:約5万円
・廃材処分費用:約3万円

合計:約50万円

追加の照明器具は、既存の室内照明の明かりがトイレまで届けば必要はありませんが、暗くて使いにくいトイレにならないよう、リフォーム前に照明が必要かどうか確認しておくことをおすすめします。

マンションのトイレ増設リフォーム

条件をすべて満たせば、マンションでもトイレを増設することは可能です。ただし、工事前に管理組合にリフォームの内容を相談し、様々な制約をクリアしていることを確認しなくてはならず、簡単ではありません。

トイレの増設や増築リフォームにかかる費用は?

マンションの給排水管の制約

マンションの室内にトイレを増設するためには、何よりもまず給排水管の制約をクリアする必要があります。

マンションの中を通る給排水管のうち、各階を貫いて縦に延びている「立て管」は共用部となり、横に延びた「横枝管(よこえだかん)」は専有部として区別されています。

このうち、共用部である「立て管」は、入居者が手を加えることはできませんので、元の位置から移動させることはできません。

そのため、トイレを増築する際は、立て管まで横枝管を延ばさなくてはなりませんが、水流を保つためには横枝管に一定の勾配を取る必要があります。

しかし、このときに床下に十分な空間がなければ、横枝管の勾配を確保することができず、詰まりや漏水の原因となるため、増築そのものが不可能となってしまいます。

マンションのトイレ増設リフォーム費用相場

マンションのトイレ増築費用は、一戸建てにトイレを増築したときの費用の、約70パーセントが相場です。

・マンションのトイレ増築費用:約50万円

ただし、タンクレストイレに交換して手洗い場が必要となった場合や、管理規約に指定されている床材を使用する場合などは、上記の金額に対し、約20~30万円の追加費用が発生する恐れがあります。

トイレ以外の水回りもリフォームする場合

トイレを含む水回り機器の耐用年数は、約15~20年と言われます。そのため、トイレのリフォームを行うときは、他の水回り機器も交換や変更などが必要になることがあります。

トイレ増設に伴う間取り変更で、お風呂や洗面台などの水回り機器もリフォームする場合は、それぞれ下記の金額も必要です。

・お風呂の増設費用:約100万円
・キッチンの増設費用:約120万円
・洗面台の増設費用:約70万円

お風呂やキッチン、洗面台も、トイレと同じ水回り機器ですので、設置する位置によっては給排水管の延長工事が発生し、費用が高額になることがあります。

また、ガス管や換気ダクトが必要なキッチンは、壁の穴あけや元栓の移動など多くの工事を伴うため、他の水回り機器に比べて費用相場はやや高めです。

洗面台の増設費用のより詳しい記事はこちら

キッチンの増設費用のより詳しい記事はこちら

同時に行なうと節約できる工事について

上記の相場費用は、あくまでも単独でそれぞれの工事を行った場合の金額です。

それぞれの工事は、トイレリフォームとセットで行なうと、壁の解体・撤去作業や、床の養生、廃材の処分費用などを一回で済ませることができ、単独で1度ずつ行ったときよりも費用を節約することができます。
また、トイレと他の水周り部材をまとめて発注することで、商品価格を割引するリフォーム会社もあります。

ですので、もし、トイレ以外の水回り機器もリフォームする場合は、まとめて作業できるものがあれば一回で工事を済ませておくことをおすすめします。

トイレリフォームに対応する優良な会社を見つけるには?

ここまで説明してきたトイレリフォームは、あくまで一例となっています。

「費用・工事方法」は物件やリフォーム会社によって「大きく異なる」ことがあります。

そのとき大事なのが、複数社に見積もり依頼して必ず「比較検討」をするということ!

この記事で大体の予想がついた方は次のステップへ行きましょう!

「調べてみたもののどの会社が本当に信頼できるか分からない…」

「複数社に何回も同じ説明をするのが面倒くさい...。」

そんな方は、簡単に無料で比較見積もりが可能なサービスがありますので、ぜひご利用ください。

大手ハウスメーカーから地場の工務店まで全国800社以上が加盟しており、トイレリフォームを検討している方も安心してご利用いただけます。

無料の見積もり比較はこちら>>

一生のうちにリフォームをする機会はそこまで多いものではありません。

後悔しない、失敗しないリフォームをするためにも、リフォーム会社選びは慎重に行いましょう!

一括見積もりを依頼する