1. ハピすむトップ
  2.  > 
  3. トイレリフォーム
  4.  > 
  5. タンクレストイレのメリットとデメリットは?

キーワードから探す


2018年12月22日更新

タンクレストイレのメリットとデメリットは?

トイレと言えば洋式トイレが主流となっている近年ですが、その中でもじわじわと人気が高まっているのはタンクレストイレです。タンクレストイレをまだ知らない方は必見!リフォームする前に知っておきたいタンクレストイレのメリットとデメリットを一挙公開!

  • 【監修者】株式会社KURODA一級建築士事務所 坂田理恵子
  • この記事の監修者
    株式会社KURODA一級建築士事務所
    坂田理恵子

タンクレストイレとは?

従来の住宅用のトイレは洋式・和式を問わず、そのほとんどがタンク式のトイレと言ってよいでしょう。

タンクレストイレとは水を溜めるタンクがなく、トイレを水道管に直結させるタイプのトイレです。

国内の大手トイレメーカーからもタンクレストイレがラインナップされていますが、タンク式とタンクレス式ではどちらがよいのでしょうか。

トイレリフォームするなら、どちらにしようか迷うところですね。

タンクレストイレのメリットは?

タンク式トイレと比較しながら、タンクレストイレのメリットを探してみましょう。

タンクレストイレのメリットとデメリットは?

スペースを広く使用できるタンクレストイレ

タンクレストイレのメリットは、タンクがない分、場所を取らないので、トイレを広々と使用できることでしょう。

トイレは限られたスペースなので、このメリットは大きいですね。

従来のタンク式トイレは、便器の背面にタンクがあるタイプと、隅付きタンクタイプがありますが、どちらも便器より高い位置に設置されているので圧迫感があります。

タンクレスなら見た目もすっきりとして、トイレ内の壁面も広く利用できるので、棚を取り付けたりインテリア性を重視することが可能です。

お掃除が簡単なタンクレストイレ

タンクがないとお掃除も楽です。

便器の後ろ側も手が届きやすく、拭き掃除も簡単にできるでしょう。

また、手洗い付きのタンクだと水が飛び跳ねることもありますが、タンクレスならその心配もありません。



タンクレストイレのデメリットは?

ではタンクレスであるためのデメリットはあるでしょうか。

またその解決策についても触れてみます。

タンクレストイレのメリットとデメリットは?

水圧が低いと使用できないタンクレストイレ

タンク式のトイレはタンクに溜めた水を一気に流し、水流の勢いを利用して流しますが、タンクレストイレは、水道管から直接給水するので、水圧が弱いと設置が不可能な場合があります。

水圧が弱いと流れが充分でなくなり、トイレの詰まりの原因となってしまうからです。

最低必要水圧を満たしているか、リフォーム前に必ずチェックしましょう。

一般的には、マンションなどの高層階では水圧が低いためタンクレストイレは使用不可のようです。

停電時はバケツに水を溜めて使用

タンクレストイレは電気を使用して流します。

そのため停電のときにはタンクに水を溜めておけないため、バケツなどで水を用意するなど、タンク式に比べると少し手間がかかります。

最近のタンクレストイレには、緊急対策として手動レバーがあったり、一時的な小さなタンクを内蔵しているものもあります。

タンクレストイレにリフォームする費用はこちらの記事で説明しています

タンクレストイレは省スペースでデザイン性に優れているため、採用したいと考えている人も多くいると思います。リフォームで取り入れる際は、もともとタンク式のトイレで、手洗いを兼用していた場合、手洗いがトイレ内に無くなってしまいます。手洗いを別でつける必要が出てくるというデメリットがありますので、検討する際は頭に入れておくとよいでしょう。

トイレリフォームに対応する優良な会社を見つけるには?

ここまで説明してきたトイレリフォームは、あくまで一例となっています。

正確なリフォームの金額を知るためには、リフォーム前に「現地調査」を受ける必要があります。

そのとき大事なのが、複数社に見積もり依頼して必ず「比較検討」をするということ!

「調べてみたもののどの会社が本当に信頼できるか分からない…」

「複数社に何回も同じ説明をするのが面倒くさい...。」

そんな方は、簡単に無料で比較見積もりが可能なサービスがありますので、ぜひご利用ください。

大手ハウスメーカーから地場の工務店まで全国700社以上が加盟しており、トイレリフォームを検討している方も安心してご利用いただけます。

無料の見積もり比較はこちら>>

一生のうちにリフォームをする機会はそこまで多いものではありません。

後悔しない、失敗しないリフォームをするためにも、リフォーム会社選びは慎重に行いましょう!

一括見積もりを依頼する