1. ハピすむトップ
  2.  > 
  3. トイレリフォーム
  4.  > 
  5. 人気でおすすめできるトイレの床材はコレ!

キーワードから探す


2018年11月30日更新

人気でおすすめできるトイレの床材はコレ!

トイレの床材のリフォームを検討しているのであれば、多くの人に選ばれている人気の床材を確認しておきましょう。また、自分が求めることに合わせて床材を選ぶことが大切です。今回は、人気でおすすめできるトイレの床材を紹介します。

  • 【監修者】下久保彰
  • この記事の監修者
    下久保彰
    二級建築設計事務所経営30年

床材によっておすすめな理由が異なる

多くの人に選ばれる人気の床材には、デザイン性が高いものや掃除がしやすいものなどがあります。

おすすめな理由は様々なので、自分がトイレの床材に何を求めるのかということに合わせて、床材を選びましょう。

掃除がしやすい

トイレはいつの間にか汚れてしまうので、掃除がしやすい床材を選ぶことをおすすめします。

そうすることで、いつも清潔で気持ちのよいトイレになるでしょう。

凹凸が少ない床材は汚れを落としやすいのでおすすめです。

また、防汚加工が施された床材を選びましょう。

人気でおすすめできるトイレの床材はコレ!

また、掃除の際に水や洗剤を使用する場合は、吸水性が低い床材を選びましょう。

吸水性が高い床材は、水や洗剤などを吸収して腐食や変色が起こる恐れがあります。

このような被害を防ぐ耐水や耐アンモニアの床材が人気です。

フローリングは水に弱いため、トイレに使用するには不向きです。

耐水性を高める加工が施されているものを選びましょう。

また、フローリングを選ぶ理由が木目調が好みということであれば、木目調のクッションフロアも検討してください。

クッションフロアは床を水拭きできて値段も安いので人気です。

トイレの床をフローリングに張り替える費用はこちらの記事で説明しています

トイレの床をクッションフロアに張り替える費用はこちらの記事で説明しています

工賃が安く済む床材を選ぶ

どれだけ耐水性に優れている床材であっても、どうしても定期的なリフォームが必要になります。

床の張替えリフォームに大がかりな工事が必要な場合は、それだけ工賃が高くなります。

タイルは人気の床材ですが、張り替えるときに便器も一度取り外さなければならないため、コストを考えるとおすすめできません。

人気でおすすめできるトイレの床材はコレ!

トイレの床をタイルに張り替える費用はこちらの記事で説明しています

トイレの床をタイルにするメリット・デメリットはこちらの記事で説明しています

来客の頻度で選ぶ

来客が多い場合、おしゃれなデザインの床材を使用することをおすすめします。

フローリングや人工大理石、大理石がデザインされたクッションフロアなどが人気です。

また、高級感のあるダークブラウンやブラック、おしゃれなオレンジなども人気です。

床材の色と壁紙の色を合わせることで、より一層おしゃれな空間になるでしょう。

落ち着きのある空間を好むのであれば、暗い色の床材と壁紙を選びましょう。

暗いイメージになりすぎないよう、カラフルな絵画やカレンダーなどを飾ることをおすすめします。


セラミックタイルがおすすめ

トータルで見て、最もおすすめな素材がセラミックタイルです。

百貨店やショッピングセンターなどの床に使用されていることが多いセラミックタイルは、とても美しい光沢を放っています。

高級感があり、耐久性にも優れています。また、耐水性にも優れているので、水や洗剤を使用して簡単に掃除できます。

大手建材メーカーのホームページにはWebカタログや用途別の推奨床材のサイトなど多くの参考シュミレーションが紹介されています。

これらを参考にしながら、ご希望のリフォームイメージを明確にしていきましょう。

トイレリフォームに対応する優良な会社を見つけるには?

ここまで説明してきたトイレリフォームは、あくまで一例となっています。

「費用・工事方法」は物件やリフォーム会社によって「大きく異なる」ことがあります。

そのとき大事なのが、複数社に見積もり依頼して必ず「比較検討」をするということ!

この記事で大体の予想がついた方は次のステップへ行きましょう!

「調べてみたもののどの会社が本当に信頼できるか分からない…」

「複数社に何回も同じ説明をするのが面倒くさい...。」

そんな方は、簡単に無料で比較見積もりが可能なサービスがありますので、ぜひご利用ください。

大手ハウスメーカーから地場の工務店まで全国800社以上が加盟しており、トイレリフォームを検討している方も安心してご利用いただけます。

無料の見積もり比較はこちら>>

一生のうちにリフォームをする機会はそこまで多いものではありません。

後悔しない、失敗しないリフォームをするためにも、リフォーム会社選びは慎重に行いましょう!

一括見積もりを依頼する