1. ハピすむトップ
  2.  > 
  3. トイレリフォーム
  4.  > 
  5. 人気でおすすめできるトイレの手洗い器メーカーはコレ!

キーワードから探す


2018年11月30日更新

人気でおすすめできるトイレの手洗い器メーカーはコレ!

毎日使用するトイレに手洗い器を取り付けて、使い勝手を良くするリフォームがおすすめです。埋め込みタイプで取り付けることもできるので、今お使いのトイレのスペースに合わせた手洗器が採用できます。そこで、人気の手洗い器メーカーをご紹介します。

  • 【監修者】下久保彰
  • この記事の監修者
    下久保彰
    二級建築設計事務所経営30年

トイレに手洗器だけを取り付けるリフォームが人気のある理由

トイレといえば、一般的な広さでも0.75帖ほどのスペースしかなく、寸法で言えば約1050mm×1500mmの広さになります。

狭いと感じることの多いトイレであっても、毎日使用する場所として、トイレに快適さを求めたくなります。

近年では、戸建て、集合住宅問わず、洋式トイレが採用された建築スタイルが一般的になっています。

そのため、1990年代後半からはほとんどが洋式トイレに変わり、スペースを広くさせる手洗器一体型の便器も普及してきました。

スペースの確保には効果的な手洗器一体型も、年々変化するご家族のライフスタイルを考えるとリフォームの検討が必要です。

手洗い器を設置するだけで、無理のない姿勢で手を洗い、衛生面を配慮した使い方が可能になります。

リフォーム前に知っておきたい!おすすめメーカーの特徴

トイレに手洗い器を取り付けるなら、「トイレのスペース」や「手洗い器のスタイル」などからリフォームを検討することが必要です。

各住宅設備メーカーは、スペースや使い勝手の良さを特徴とする手洗い器を展開しています。

ここでは、水洗トイレの開発のトップメーカーでもあるTOTO、住宅設備機器の種類を多数扱うLIXIL、汚れのつきにくい素材や節水機能などに特化したパナソニックの、3社の製品を取り上げてみました。

スペースを有効的に使える小型の手洗い器が高評価の「TOTO」

埋め込みタイプで狭いスペースにすっきりと納めることのできる手洗い器は、特に幅の狭いトイレにおすすめです。

出幅の少ない収納キャビネットも取り付けることができ、スリム+機能を考えた手洗い器も人気があります。

約0.4~0.5坪の空間があれば設置できる小型の「Sサイズ」も幅広く採用されています。

奥行きは175~220mmで取り付けることのできるタイプで、角形や丸形、モダンなタイプの角形から選べるのも特徴です。

また、TOTOが展開する埋め込みタイプの手洗い器は、カウンターや手洗器下部キャビネットもサイズが選べます。

清掃用のアイテムやトイレットペーパーのストックなど、収納にも便利です。

インテリア感覚で選べるユニット型も人気の「LIXIL」

狭いトイレに収納スペースを加え、すっきり納まるキャビネットが付いた手洗器や、ユニットを組み合わせるインテリア感覚の手洗い器も揃えています。

コーナー用小型の手洗い器などは、空間を有効利用できる優れものです。

薄型でシンプルな手洗い器に、キャビネットやカウンターも取り付けられるベーシックな製品から、大理石調のモダンな商品も揃え販売しています。

手洗い器の品揃えが多く、トイレの内装に合わせやすいのも特徴です。

柔らかなフォルムと節水型手洗器が人気の「パナソニック」

トイレの使用頻度は浴室よりも高く、お住まいの中でも頻繁に使用する場所です。

それだけに、清掃のしやすさも手洗い器を選ぶポイントになり、パナソニックの展開する壁付手洗器は、この条件をしっかりと満たしています。

汚れが付着しにくい有機ガラス系の素材を使用しているのも特徴です。

使いやすいだけでなく、少し深めの手洗い器や節水型自動水栓などが組み合わせられたスタイルも人気があります。

「省スペース・使いやすい・衛生的」は手洗い器のポイント

戸建て住宅でも、トイレ内部の便器の位置などは違いがあるため、今お使いのトイレのスペースに合わせた手洗器を選ぶことができます。

スペースによっては、埋め込みタイプで取り付けることも可能です。

小型サイズ、シンプルな形状、収納やディスプレイを考えたタイプなど、使う人によって手洗い器を選ぶポイントは変わります。

各メーカーとも、省スペース・使いやすい・衛生的であることを特徴として展開しています。

Webサイトだけでなく、実際に見て選ぶのもおすすめ

サイトの情報や口コミなどで、ある程度の人気のあるメーカーや製品は調べることができるかもしれません。

しかし、毎日使うトイレですから、本当に使いやすい製品をショールームやホームセンターなどで見てみることもできます。

設置場所に合う丁度よいサイズや使い心地の良い高さなど、リフォーム前に見ることもおすすめです。

トイレの手洗い器の価格は、水栓金具・止水栓・排水金具・固定金具のセットで約2万円~程度ですが、設置費は給排水工事が伴いますので場所・構造により異なります。

場合によっては床・壁工事も必要になる場合もあります。2~3社見積もりは検討しましょう。

トイレリフォームに対応する優良な会社を見つけるには?

ここまで説明してきたトイレリフォームは、あくまで一例となっています。

正確なリフォームの金額を知るためには、リフォーム前に「現地調査」を受ける必要があります。

そのとき大事なのが、複数社に見積もり依頼して必ず「比較検討」をするということ!

「調べてみたもののどの会社が本当に信頼できるか分からない…」

「複数社に何回も同じ説明をするのが面倒くさい...。」

そんな方は、簡単に無料で比較見積もりが可能なサービスがありますので、ぜひご利用ください。

大手ハウスメーカーから地場の工務店まで全国700社以上が加盟しており、トイレリフォームを検討している方も安心してご利用いただけます。

無料の見積もり比較はこちら>>

一生のうちにリフォームをする機会はそこまで多いものではありません。

後悔しない、失敗しないリフォームをするためにも、リフォーム会社選びは慎重に行いましょう!

一括査定を依頼する