1. ハピすむトップ
  2.  > 
  3. トイレリフォーム
  4.  > 
  5. トイレの壁紙選びのポイントは?張替え費用も解説

キーワードから探す


2019年02月12日更新

トイレの壁紙選びのポイントは?張替え費用も解説

トイレは毎日使う場所なので、快適に過ごせるような環境づくりが大切です。また、壁紙の中には黄ばみや黒ずみなどの汚れや臭いなどを軽減させる機能が付いているものもあります。今回は、トイレの壁紙選びのポイントと貼り替え費用などをご紹介します。

  • 【監修者】株式会社KURODA一級建築士事務所 坂田理恵子
  • この記事の監修者
    株式会社KURODA一級建築士事務所
    坂田理恵子

トイレの壁紙の機能の種類

他の部屋より狭い空間であるにもかかわらずトイレは使用回数も多いため、トイレの壁紙選びの際は、お掃除のしやすさや快適さを重視して選ぶことが大切です。近年販売されている壁紙には「機能性」を持った壁紙があります。

この機能性壁紙は、黄ばみや黒ずみなどの汚れ防止や消臭機能、防カビや抗菌機能などの効果があり汚れやすい場所(トイレやキッチンなど)の壁紙としてよく選ばれる傾向にあります。

では、トイレの壁紙に有効な機能の種類別に詳細を見ていきましょう。

防汚機能付きの壁紙

トイレは、使用頻度が高いため毎日掃除をしていても汚れやすくなってしまいます。頻繁に掃除をしなければならないため、汚れが落ちやすく付きにくい防汚機能が備わっているものがおすすめです。

壁紙に「防汚機能」を表示する場合、壁紙工業会が規定した基準に適合した壁紙のみが表示できることになっています。基準を決めるための試験内容は以下の通りです。

【防汚機能試験】

  1. コーヒー・クレヨン・しょうゆ・水性サインペンの4種類の汚染物を規定通りに商品に付着させ、24時間放置する。
  2. 24時間経過した後、指定の除去剤(水または中性洗剤)で汚染物を拭き取る。
  3. さらに1時間放置した後に汚れの付着具合(黄ばみや黒ずみなど)を目視で判定する。

上記の試験によって、壁紙が1級~5級に評価されます。判定基準が4級以上の商品が合格となり、「防汚機能」の表示をすることができます。

防汚機能付き壁紙は、フィルム層・印刷層・樹脂層・裏打ち紙層の4層構造になっており、表面がラミネート加工されているため水分や汚れが壁紙内部に浸透せず、水拭きで汚れを簡単に落とせるのが特徴です。

その他の防汚機能付きの壁紙は、表面に凸凹加工が施されており壁紙に黄ばみや黒ずみなどの汚れなどが付着しにくく落としやすくなっています。

トイレは狭いながらも壁紙が占める割合が多く掃除する場所も広範囲なため、このような防汚機能が付いた壁紙を選ぶと、お掃除しやすく清潔な空間を保ちやすくなるでしょう。

消臭機能付きの壁紙

トイレを使用する時に気になるのが「臭い」です。目に見えない尿の飛び散りなどは、時間が経過するとアンモニア臭が発生する原因になります。そこでおすすめなのが消臭機能付きの壁紙です。

消臭機能付きの壁紙は、アンモニア臭などの嫌な臭いを吸収することができる壁紙のことです。消臭機能付き壁紙の中には、表面に半永久的に吸着・分解・再生を行うサイクル消臭機能が付いているものもあります。

サイクル消臭機能とは、アンモニアなどの悪臭の原因となる物質を触媒作用によって水と二酸化炭素に分解する機能のことです。アンモニア以外にも7つの臭いの原因物質を分解すると言われています。

消臭・分解できる7つの悪臭の原因物質は以下の通りです。

  • アセトアルデヒド(タバコ臭など)
  • ホルムアルデヒド
  • 硫化水素(生ごみの臭い、トイレの匂い)
  • 酢酸(タバコ臭)
  • アンモニア(ペット臭など)
  • トリメチルアミン(生ごみの臭い、ペット臭)
  • メチルメルカプタン(生ごみの臭い、ペット臭など)
  • ニコチン(タバコ臭)

光も電気も使わずに半永久的に消臭できるため、経済的でトイレの壁紙に相応しいと言えるでしょう。

その他にも、消臭剤の層を含んだ壁紙や天然鉱石を配合し空気中の水分と反応してマイナスイオンを発生させる壁紙もあります。

防カビ機能付きの壁紙

トイレは小さな空間で水を使う場所なので、他の部屋より湿度が高い場合があります。既存のトイレの湿気で悩んでいる場合には、湿度を調節したり防カビ機能が付いた壁紙がおすすめです。

湿度を調節する機能が付いた壁紙の場合、壁紙自体の透湿性が高くなっているため、壁を通してカビの発生を抑えることができます。

また防カビ機能付きの壁紙の場合、防汚機能と同じく「防カビ機能」と表示するためには壁紙工業会の性能基準をクリアしなければなりません。

基準を決めるための試験内容は以下の通りです。

【防カビ壁紙性能の試験】

  1. 一般的なカビ(青カビや黒カビなど)5種類に対して菌糸の発育状態を顕微鏡や目視にて確認する。
  2. 開始から28日経過後まで観察する。

上記の試験によって、0~5に評価されます。判定基準が0の商品が合格となり、「防カビ機能」の表示をすることができます。

トイレの湿度が気になったり、過去にトイレの壁紙にカビが発生していたら、貼り替え時に防カビ機能の壁紙を選ぶといいでしょう。

トイレの壁紙の選び方のポイントとは?

トイレの壁紙選びのポイントは?張替え費用も解説

トイレの壁紙で有効な機能付き壁紙のご紹介をしましたが、次は色や柄などのデザインを選ぶときのポイントを見ていきましょう。

淡い色や柄物の壁紙を選ぶと汚れが目立ちにくい

トイレの壁紙には、清潔感を感じられるデザインを選びたいと思う人は少なくないのではないでしょうか。「清潔感=ホワイト系」と考える人は多いかもしれませんが、ホワイト系だと汚れが目立ちやすくなることがあります。

ホワイト系のような明るい色でおすすめなのが、クリーム系や淡いブルー、淡いグレーのような薄く色が入った壁紙です。トイレの場合、壁紙が大部分を占めるため汚れが目立ちにくく、圧迫感を与えないような色がおすすめです。

またトイレでは、花柄などの柄物を選ぶ人が多いようです。もし、トイレの壁紙で柄物を取り入れたい場合は、柄の小さいものを選ぶといいでしょう。トイレのような狭い空間で大きな柄が入った壁紙を取り入れると、圧迫感を与えてしまう恐れがあるからです。

もう1つのポイントとしては、便器や手洗い場などを含めた色を意識して壁紙を選ぶと統一感が出ます。便器や手洗い場と同じような色味で揃えることによって、トイレのコーディネートがまとまるでしょう。

デザインを重視したい場合は腰壁や異素材の壁紙を組合わせる

トイレの壁紙でデザインを重視したい場合は、数種類の壁紙を組合わせたり腰壁を設置したりすることも有効です。

個性的なトイレにしたい場合、濃い色や異素材でできたアクセントクロスを1~2面に取り入れるとおしゃれな空間に仕上がります。異素材の壁紙の中には和紙素材のものや木目調、折柄調などさまざまな素材や柄の壁紙があります。

一方腰壁とは、床から大人の腰程度の高さの位置まで板やタイル材などを貼り付けた壁のことを言います。

トイレの場合、汚れやすいこともあり掃除が簡単な腰壁を施工する方は多い傾向にあります。この腰壁に濃い色のアクセントクロスや柄物などの壁紙を張ることによって、デザイン性も上がりスタイリッシュなトイレになります。

アクセントクロスや腰壁を取り入れる場合、他の色は淡い色にするとコーディネートが上手くいきアクセントクロスの柄などがより引き立てられるでしょう。

その他にもトイレが複数ある場合、誰が使うかによってデザインを変えることもできます。

例えば子供がよく使用するトイレなら、子供も楽しめるような明るく可愛らしい柄を取り入れることで、楽しめる空間を作ることが可能になります。

トイレの壁紙の貼り替え費用の目安

では、既存のトイレの古くなった壁紙を貼り替えるときの費用相場はどれくらいなのでしょうか。

トイレの貼り替え費用相場

1畳程度のトイレの貼り替え費用相場は以下の通りです。

【トイレの広さが1畳の場合】

  • 価格:約39,000円~約45,000円
  • 施工範囲:壁4面、天井
  • 施工内容:既存壁紙剥がし、壁の下地補修、養生作業、廃材・ごみ処分費、壁紙商品代、人件費など

トイレの貼り替え費用相場は、選ぶ壁紙のグレードやデザインによって多少の差があります。また機能性壁紙でも比較的安価なものも多いため、トイレの壁紙を選ぶ際は機能性壁紙の中から選ぶといいでしょう。

その他に、トイレの1面のみのクロスの貼り替えの場合は、約15,000円~25,000円が費用相場になります。もし壁や天井に傷や穴が開いていた場合は、これらの金額よりさらに料金がかかる可能性があります。

壁や天井を修復したときの修復費用は以下の通りです。

  • 穴や傷が20cm未満の場合:約5,000円〜
  • 穴や傷が20cm以上の場合:約8,000円〜

トイレの壁に穴や傷があって貼り替えを依頼する場合、見積り金額に壁を修復する料金が含まれているかどうかを施工業者に確認しましょう。

トイレリフォームに対応する優良な会社を見つけるには?

ここまで説明してきたトイレリフォームは、あくまで一例となっています。

正確なリフォームの金額を知るためには、リフォーム前に「現地調査」を受ける必要があります。

そのとき大事なのが、複数社に見積もり依頼して必ず「比較検討」をするということ!

「調べてみたもののどの会社が本当に信頼できるか分からない…」

「複数社に何回も同じ説明をするのが面倒くさい...。」

そんな方は、簡単に無料で比較見積もりが可能なサービスがありますので、ぜひご利用ください。

大手ハウスメーカーから地場の工務店まで全国700社以上が加盟しており、トイレリフォームを検討している方も安心してご利用いただけます。

無料の見積もり比較はこちら>>

一生のうちにリフォームをする機会はそこまで多いものではありません。

後悔しない、失敗しないリフォームをするためにも、リフォーム会社選びは慎重に行いましょう!

一括見積もりを依頼する