1. ハピすむトップ
  2.  > 
  3. 基礎知識
  4.  > 
  5.  > 
  6. 人気でおすすめできる内窓・二重窓のメーカーはコレ!

キーワードから探す


2018年12月07日更新

人気でおすすめできる内窓・二重窓のメーカーはコレ!

省エネを重視した住まいづくりには窓ガラスの交換がおすすめです。インテリアとしてだけでなく、機能性をプラスした窓ガラスへのリフォームで快適な暮らしを実現します。そこで注目なのが内窓・二重窓。オススメのメーカーもまじえて人気の秘密を紹介していきます。

  • 【監修者】下久保彰
  • この記事の監修者
    下久保彰
    二級建築設計事務所経営30年

省エネを目指すなら内窓、二重窓がおすすめ

今ある窓ガラスに、もう一つの窓をプラスするのが内窓です。

窓が二重になるため二重窓、二重サッシとも呼ばれているので、耳にしたことがある方も多いでしょう。

内窓・二重窓のリフォームの効果の3原則である「防音」「断熱・結露防止」「防犯」について考えて見ましょう。

内窓、二重窓は複層ガラスとは違う

最近よく耳にする複層ガラスですが、内窓、二重窓とは構造が違います。

窓そのものが二重になっているのが内窓と言いますが、ガラス本体が2枚のガラスに層を設けた状態で1枚になっているものを複層ガラスと言います。

交換しなくてもいい?リフォームは簡単にできる

窓ガラスの交換というと、サッシから窓枠まですべてを交換する大がかりなイメージがあります。

しかし、内窓、二重窓は交換ではなく、後付けが可能なものもあるので簡単です。

内窓を取り付けるだけという施工なので、特別な問題がない限り1時間程度でリフォームが完了することもあります。

サッシ交換不要!今ある窓に「プラス」するだけ!

家の中で空気の出入りが激しいのが窓部分です。窓の機能が不十分だと、冬には温かい空気が外へ逃げてしまいます。

また、夏にはエアコンで冷えた空気が外に逃げ、光熱費がかさんでしまいます。

そこで、内窓を取り付け二重サッシにすることで、冷暖房費を節約することに繋がります。

内窓でおすすめのメーカー「LIXIL」

内窓の取り付けにおすすめのメーカーとして、LIXILがあります。樹脂製のサッシの内窓を取り付け、結露を軽減します。

また、遮熱タイプの商品なら、夏の強い日差しもカットし、冷房の効きが良くなります。

さらに省エネの効果が実感できるのが魅力ポイントです。内窓をプラスするだけで「暖房効果」も「冷房効果」もグンとアップ。

快適な暮らしが可能になるだけでなく、家計の節約にもなるのが嬉しいところです。

内窓・二重窓を取り付けリフォームするメリット・デメリットをさらに知りたい方はこちら!

プラスするだけだから「インプラス」

LIXILの内窓で人気なのが「インプラス」。言葉の通り、内側(イン)にプラスするだけの簡単施工です。

今ある窓サッシはそのままで、内に取り付けるだけです。約1時間というスピード施工で人気となっている商品です。

豊富なラインナップが魅力のメーカー

2006年に合併により誕生した三協立山株式会社では、窓やサッシ、インテリア、ドアなど多彩なラインアップが魅力のメーカー「三協立山」です。

その他、各メーカーが競い合うブランドでは「内窓プラスト」「プラマードU」「プラメイク」「まどまど」「インプラス」「メルツェンサッシ」「MOKUサッシ 」などもあります。

二重窓で人気のプラメイク

後付けできる樹脂窓として人気なのがプラメイクです。

今ある窓の内側に後付けするだけでリフォームが完了するので、「断熱効果を高めたい」と思ったタイミングでリフォームを実行することもできるでしょう。

また二重サッシにするだけで防犯効果が高まります。

空き巣は侵入しやすい家庭を選ぶ傾向にあり、窓が二重になっていると警戒する傾向にあると言われています。このように、お家の安全を守ることができるメリットもあります。

清潔なお部屋を実現

結露が多いと窓のお手入れも大変になりますし、カビの発生が心配になります。

カーテンにカビが生えて、何度も新調しなくてはならないケースもあるでしょう。プラメイクなら、そんな悩みを解決してくれます。

内窓を取り付けることで、窓と窓の間に空気の層ができ外の空気を内側に伝えにくくしてくれます。結露を減らすことで、快適と健康を叶えてくれる、そんな窓が人気です。

リフォームする際のポイント

もしリフォームを実際に行うとなった際には、ぜひお近くのリフォーム会社に一度ご相談することをおすすめします。

リフォーム会社に相談する時に一番気になるのは「いくらかかるのか」という金額の部分かと思います。

正確なリフォーム金額を知るためには、リフォーム前に「現地調査」を受ける必要があります。

その際に、損をしないリフォームを実現するために重要なことが一点あります。

それは、リフォーム会社1社のみに現地調査と見積もりをお願いするのではなく、複数社に依頼して、必ず「比較検討」をする!ということです。

複数の会社に依頼する時のポイントは「同じ条件」で依頼することです。バラバラの条件で依頼をすると、正しい比較ができません。

このポイントをきちんと押さえ、複数の会社の提案を受けることでご希望のリフォームの適正価格が見えてきます。

「色んな会社に何度も同じことを伝えるのがめんどくさい…。」という方はカンタンに複数社を比較検討できるサービスもございますので、ぜひご利用ください。

無料の見積もり比較はこちら

一生のうちにリフォームをする機会はそこまで多いものではありません。

後悔しない、失敗しないリフォームをするためにも、リフォーム会社選びは慎重に行いましょう!

一括査定を依頼する