1. ハピすむトップ
  2.  > 
  3. 基礎知識
  4.  > 
  5.  > 
  6. 人気でおすすめできる強化ガラスのメーカーはコレ!

キーワードから探す


2018年12月07日更新

人気でおすすめできる強化ガラスのメーカーはコレ!

窓サッシをリフォームするなら、安全性の高い強化ガラスに交換しませんか?取り付けるだけで、地震のときに割れたガラスで怪我をすることもなくなります。安全対策にもなる、強化ガラスを扱う人気でおすすめできるメーカーを紹介します。

  • 【監修者】下久保彰
  • この記事の監修者
    下久保彰
    二級建築設計事務所経営30年

安全対策のためのリフォームを

地震や台風などの災害を考えたとき、家の中には危険がいっぱいあります。大きな地震では家具の転倒や、照明や窓ガラスの破損で怪我をした方もいます。できる限り安全を確保して、万一のときに備えたいですね。

サッシに強化ガラスを取り付けると、フロートガラスより2~3倍の強度があり、割れたとしても粒状になるためガラスの破片で怪我をする危険性が低くなります。

よく間違えられるのが、防犯ガラスですが、これは合わせガラスの中間膜に特殊な強化フィルム材を使ったガラスのことで強化ガラスとは別物です。

東日本大震災や熊本地震を教訓に防災意識も高まり、安全対策のためのリフォームをするケースも多くなっています。窓サッシをリフォームするのであれば、安全対策の第一歩としてこの機会に強化ガラスに交換しませんか?

ガラスを交換するなら安心できるメーカーがいいですね。強化ガラスを手掛ける人気でおすすめメーカーをピックアップしました。

国内3大ガラスメーカー

3大ガラスメーカーとされているのは、旭硝子、日本板硝子、セントラル硝子の3社です。ガラス製造の歴史も古く、安心できるおすすめのメーカーです。

ダントツ人気は世界最大手の旭硝子

創立してから100年以上の歴史を持つ旭硝子は三菱グループの一員で、世界を代表する最大手ガラスメーカーです。建材用ガラス、車両用ガラスをメインに化学製品も製造しています。

世界の旭硝子は、商品の種類も最大級です。住宅から非住宅まで対応し、機能性の高いガラスを豊富に商品化しています。

住宅用透明強化ガラスのホームテンパは、通常のガラスより耐風圧強度が3倍で、割れた破片は粒状なので安心ですが一瞬で全面が砕けることもあります。二階に取り付ける場合などは、庇を設置するなどの安全対策が必要です。

視線を遮りたい窓には、ホームミストロンがおすすめです。浴室などにも向いていますが、型面側が水で濡れた場合、透けて見えることもあるそうです。

世界大手のピルキントンを買収した日本板硝子

日本板硝子は、フロートガラスを開発したイギリスの格上メーカーであるピルキントンを2006年に買収し、当時「小が大を飲んだ」と経済界を賑わせました。旭硝子に並んで世界屈指のガラスメーカーに名を連ねています。

建築用窓ガラスは強化ガラスを含め、複層ガラスやペアガラスなど住宅向け商品が多くラインナップされています。

自社開発したセルフクリーニング機能のあるスパッタ光触媒は、紫外線だけでなく室内光でも光触媒効果を発揮する技術です。

強化ガラスには、フロートガラスより2倍の強度がある倍強度ガラス、さらにその倍の強度があるタフライト、そして最高強度のパイクロリアはフロートガラスの6倍の強度があります。

防火試験をクリアしたパイクロリアは耐熱性も兼ね備えている上、16色のカラーバリエーションと視線を遮るエッジング加工やセラミックスプリントが可能な耐熱強化ガラスです。

確かな技術でおすすめしたいセントラル硝子

昭和33年に設立のセントラル硝子は、旭硝子や日本板硝子ほどの歴史はありませんが、平成15年にセントラル化学を吸収合併。ガラス製品と化学品を製造し、両方の技術を融合させた研究開発にも力を入れています。

化学品との融合技術を強みとするセントラル硝子には、さまざまな機能性ガラスが充実しています。旭硝子、日本板硝子の2社にも引けを取りません。

強化ガラスは、通常のガラスより3~5倍の強度を持つテンパレックスや、目隠し効果もある型板強化ガラスのミストレックスS、防火認定を取得しているファイアレックスなどがあります。

防災安全ガラスとしてラインナップされているラミレックスは、強靭な膜を2枚の板ガラスに挟んで圧着させた合わせガラスで、割れてもガラスの破片が飛散したり脱落することを抑制されます。

また紫外線を99%カットする性能も持ち合わせています。

防音タイプのラミレックスソネスや、赤外線カットタイプのラミレックスクールなど、中間膜の性能によって機能違います。ガラスを取り付ける場所によって、必要に応じた機能を選ぶことができるシリーズです。

強化ガラスに取替える

窓ガラスの交換方法は、強化ガラスの場合も、通常のガラス交換の方法と同じですが、はめ込み固定されるまではキズや歪み、取付け寸法など非常にデリケートで神経を使う仕事なのでDIYでは難しい・・と言うより止めておいた方が賢明でしょう。

予算的には、テラスサイズ(90×180cm)1枚交換で約4万~6万円(工事費込み)が相場でしょう。

リフォームする際のポイント

もしリフォームを実際に行うとなった際には、ぜひお近くのリフォーム会社に一度ご相談することをおすすめします。

リフォーム会社に相談する時に一番気になるのは「いくらかかるのか」という金額の部分かと思います。

正確なリフォーム金額を知るためには、リフォーム前に「現地調査」を受ける必要があります。

その際に、損をしないリフォームを実現するために重要なことが一点あります。

それは、リフォーム会社1社のみに現地調査と見積もりをお願いするのではなく、複数社に依頼して、必ず「比較検討」をする!ということです。

複数の会社に依頼する時のポイントは「同じ条件」で依頼することです。バラバラの条件で依頼をすると、正しい比較ができません。

このポイントをきちんと押さえ、複数の会社の提案を受けることでご希望のリフォームの適正価格が見えてきます。

「色んな会社に何度も同じことを伝えるのがめんどくさい…。」という方はカンタンに複数社を比較検討できるサービスもございますので、ぜひご利用ください。

無料の見積もり比較はこちら

一生のうちにリフォームをする機会はそこまで多いものではありません。

後悔しない、失敗しないリフォームをするためにも、リフォーム会社選びは慎重に行いましょう!

一括査定を依頼する