1. ハピすむトップ
  2.  > 
  3. 基礎知識
  4.  > 
  5.  > 
  6. 人気でおすすめできるシャッター・雨戸のメーカーはコレ!

キーワードから探す


2018年12月07日更新

人気でおすすめできるシャッター・雨戸のメーカーはコレ!

シャッターや雨戸のメーカーは、エクステリア設備を取り扱っているメーカーを選んでおくと良いでしょう。窓への後付けを想定した設計時の配慮や、外観と調和する意匠性などに優れた、リフォーム時におすすめのシャッター・雨戸メーカーを3社ご紹介します。

  • 【監修者】下久保彰
  • この記事の監修者
    下久保彰
    二級建築設計事務所経営30年

リフォームでおすすめのシャッター・雨戸メーカー3選

まずは、シャッターを取り扱う人気のエクステリアメーカーをご紹介します。

・リクシル(LIXILは、建築材料・住宅設備機器業界最大手のグループ企業)
・三協立山アルミ(大手アルミ4社の一角で業界3位の建材・マテリアルメーカー)
・三和シャッター(シャッター、ドア、アルミフロントサッシでは、業界第1位)

以下からは、それぞれのメーカーのおすすめポイントや特徴をご紹介します。

意匠性と快適さが揃った「リクシル」

住宅設備最大手のリクシルでは、豊富なシャッターや雨戸商品が用意されており、機能面の充実度や、他の住宅部材と調和する意匠性の高さなどから人気を得ています。

シャッター・雨戸に求める機能を完備

リクシルのシャッター・雨戸の特徴は、使用時のニーズを徹底的に網羅している点です。

軽い力で無理なく開閉できるシャッターや、レール式で開閉も楽に行える雨戸など、手動式のシャッター・雨戸のデメリットを設計でカバーしています。

もちろん、電動式シャッターの機能にも力を入れており、タイマー設定できるものや、1つのリモコンで9台まで個別に操作できるもの、さらにチャイルドロック機能付きのものなども選ぶことができます。

また、既存のサッシ枠を使って取り付けできるシャッターや、雨戸枠のないサッシにも設置できる雨戸など、既存の窓でも施工がしやすい点からも、リフォームで高い人気を得ています。

快適さにこだわって作られた機能

室内に日光を取り入れる大切な窓は、部屋の空気が逃げやすい箇所でもあります。

リクシルのシャッターや雨戸には、断熱性もしっかり配慮されています。さらに、ルーバーの角度も調節でき、シャッターや雨戸を閉めたまま、室内の通風や調光も可能です。

リフォームにおすすめの「三協立山アルミ」

三協立山アルミは、窓サッシや門などのエクステリア設備を中心に販売している人気メーカーです。

シンプルで馴染みやすいデザイン

雨戸を後付けしたとき最も気になるのが、取り付け後の外観の見た目ではないでしょうか。

三協立山アルミの雨戸は、無骨さを感じさせないシンプルなデザインが特徴です。

シルバーやブラウンのシャッターや雨戸は、様々な住宅の外観によく馴染むだけでなく外観に豪華な雰囲気を与えます。

リフォームの後付けに対応

三協立山アルミでは、壁付け用の後付けシャッターを豊富に用意しています。雨戸枠が取り付けにくい装飾窓も、後付け部材でシャッターにすることができます。

断熱機能付きの雨戸は戸車式でスライドしやすく、手動開閉のデメリットをカバー。さらに、雨戸の下枠は75ミリメートルで作られており、狭いスペースでも後付けが可能です。

雨戸枠が取り付けにくい装飾窓用のシャッターも用意されていますので、装飾窓に対応する雨戸が見つからず、お困りの方にもおすすめのメーカーです。

選びやすさなら「三和シャッター」

三和シャッターは、シンプルな商品ラインナップが非常に選びやすく、求める機能を持つシャッターや雨戸をすぐに見つけることができます。

新築・リフォームともに設置可能

三和シャッターでは、既存の雨戸枠を再利用できるものや、木造やRC造の壁に後付けできるものなど、リフォーム用の雨戸やシャッターが多く取り扱われています。

表面材・框・枠・戸皿を、ベージュやブラウン、木目調、ブロンズなど、お好きなカラーを組み合わせて雨戸をオーダーすることができ、さらに断熱タイプの表面材なども選択可となっています。

選びやすさと機能を両立

三和シャッターのシャッター・雨戸のほとんどは、手動式・電動式どちらも選択することができます。

さらに「マドモア チェンジ」では、手動式を選んでも、後から電動式と交換することが可能です。

「電動式は使い心地がわからない」「予算が高くて手が出せない」という方は、一度手動式を選んでおき、様子を見て電動式にしても良いでしょう。

もちろん、電動式タイプには停電時操作機能も付いており、非常時にも安心してシャッター・雨戸を使用することができるだけでなく、ルーバーの角度を調整して、調光や通風を設定することも可能です。

リフォームする際のポイント

もしリフォームを実際に行うとなった際には、ぜひお近くのリフォーム会社に一度ご相談することをおすすめします。

リフォーム会社に相談する時に一番気になるのは「いくらかかるのか」という金額の部分かと思います。

正確なリフォーム金額を知るためには、リフォーム前に「現地調査」を受ける必要があります。

その際に、損をしないリフォームを実現するために重要なことが一点あります。

それは、リフォーム会社1社のみに現地調査と見積もりをお願いするのではなく、複数社に依頼して、必ず「比較検討」をする!ということです。

複数の会社に依頼する時のポイントは「同じ条件」で依頼することです。バラバラの条件で依頼をすると、正しい比較ができません。

このポイントをきちんと押さえ、複数の会社の提案を受けることでご希望のリフォームの適正価格が見えてきます。

「色んな会社に何度も同じことを伝えるのがめんどくさい…。」という方はカンタンに複数社を比較検討できるサービスもございますので、ぜひご利用ください。

無料の見積もり比較はこちら

一生のうちにリフォームをする機会はそこまで多いものではありません。

後悔しない、失敗しないリフォームをするためにも、リフォーム会社選びは慎重に行いましょう!